" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

文字

トミー・ユン
英: Tommy Yune 、ハングル表記韓国語: 토미 윤 、漢字変換 「尹泰 善」、愛称「ユーニー」" Yoonie " 。

翻訳開始理由について

様々な文献を調査した結果、YUNEの日本語カタカナ変換表記の最も発音に近い発音変換形式が、暫定の変換「ユネ」ではなく「ユン」が最も発音の正確性を維持できると判明したので翻訳を開始します。
カール・フランク・メイセック氏と同様に英語圏でも賛否両論ある人物ではありますが、この記事は随筆【Essay】ではなく、辞典記事なので、なるべく公正な翻訳に努める所存(しょぞん)です。

処女作品


代表作品【スピードレーサー:天性のレーサー】

  • 「スピードレーサー:天性のレーサー」(直訳:「競走のために生まれてきた」)【 Born to Race 】


  • スピードレーサーと覆面レーサーX: ジ・オリジン
  • 【Cover of Speed Racer & Racer X: The Origins】

代表作品2【危ない少女:神風旋風】

映像動画作品を意識した構成



日本語表記には英語字幕が付く等、映像作品を意識している。

氏名英文

Tommy Yune
토미  윤

氏名日本語カタカナ変換

トミー・ユン

愛称

ユーニー

Also known as: Yoonie

翻訳出典

Tommy Yune - Wikipedia, the free encyclopedia
(トミー・ユン - 英語版ウィキペディア、無料の百科事典から)

集合写真

左よりトミー氏、ジョ・チェン【咎 井淳 / Jo Chen】嬢、ジョージ武井氏


  1. ジョ・チェン《咎 井淳》【Jo Chen】は代表作品に愛と戦争のコンパニオン物語、リン・キール《カイフン》とリン・ミンメイが共に共演《ミンメイ側は初出演で初主演女優の異色作》【小白竜】【Little White Dragon】《日本語読み「シャオ・パイ・ロン」》がある。なお同じ台湾出身のアイドル歌手兼7Flowers(セブンフラワーズ、台湾広東語名:七 花)のサブリーダー『ジョー・チェン』《陳 喬恩》【Joe Chen】とは西洋人にとって台湾人女性同性かつ年齢が近い(3歳違い)場合、容姿が似ていることもあってよく混同されるようですが別人です。
  1. ジョージ・ホサト・武井・アルトマン(ブラッド・アルトマンとの婚約により改姓)氏‘はスタートレックのヒカル・スールーの俳優で著名。‘

ジョージ・ホサト・武井・アルトマン → 日本姓: 武井 穂郷、1937年4月20日-

『咎 井淳』【Jo Chen】嬢 代表作品

小白竜 《シャオパイロン》

小白竜 《シャオパイロン》  【Little White Dragon】
(2011年劇場公開の劇中設定)



吸血鬼殺しのバフィ:吸血鬼達の物語 『咎 井淳』【Jo Chen】嬢


Buffy the Vampire Slayer:Tales of the Vampires

人物概要

トミー・ユンは、トランスフォーマーなどの古典的なアニメショーの興味深いアニメ産業のリメイク版復活の潮流に続いた『スピード・レーサー・シリーズ』(邦題:『マッハGoGoGo』)の漫画化である『スピード・レーサー:天性のレーサー』【Speed Racer:Born to Race】(直訳:「競走の為に生まれてきた」)への日本漫画流儀(スタイル)描画作業によって知られるようになった韓国人の漫画(雑誌)作家です。


その他には、「バトル・オブ・ザ・プラネッツ」【Battle of the Planets】(初代テレビシリーズの「科学忍者隊ガッチャマン」)とロボテック・シリーズを仕上げました。

彼のテレビゲームクレジット表記は、キャラクターデザイナーとしての【FX Fighter】、「ロボテック:バトルクライ」(ロボテック:鬨の声(ときのこえ)*1)、および受賞を受けた【Journeyman Project】シリーズを含んでいます。

ユンの最初の漫画作品は、1992年の擬人観のカルトシリーズ『バスター・ザ・アメージング・ベアーズ』【Buster the Amazing Bear】(直訳:「やんちゃな凄い熊たち」)を始めて、何年も後にテレビゲームデザイナーとしてワイルドストーム・プロダクション【Wildstorm Productions】でジム・リーに加わりました。

1999年に「スピード・レーサー」【Speed Racer】(邦題:「マッハGoGoGo」)を描いて、イラストを図説した後に、日本の漫画流儀(スタイル)のミニシリーズ、「覆面レーサーX」【Racer X】、および「あられもない脚線美のセクシーギャルが跳ね回るような」漫画【Danger Girl: Kamikaze】「デンジャー・ガール:カミカゼ」(日本語彙変換は「危ない少女:神風旋風」)を仕上げました。

彼の原典の「スピードレーサー」もまた、西暦2000年に再出版された際、グラフィック・ノベルとして【Born to Race】「天性のレーサー」(直訳語:「レース/競走のために生まれてきた)と副題を与えられて出版されました。

米国流儀:英俗語への注記

★チーズケーキ【Cheesecake】《米俗語》(雑誌などの)女性の脚線美写真、転じて「セクシーなギャル」。
☆「(菓子の)チーズケーキ」。「脚のピンナップ写真」の意味で「レッグ・アート」【leg art】とも言う。一方で男性の筋骨逞しい「セミヌード」写真は 「ビーフケーキ」【beefcake】と言う。
romp(発音記号/rάmp)【動詞・自動詞】〈子供などが〉はね[跳び]回る,ふざけ回る,遊び戯れる。/《口語》〔…に〕楽々と成功する。/【名詞】【可算名詞】はね回る子供;(特に)おてんば娘.

Speed Racer:Born to Race
Tommy Yune is a Korean comic book author who became known for his manga-style work on Speed Racer, which was followed by a comic industry revival of classic anime shows such as Transformers Battle of the Planets and Robotech.

His video game credits include FX Fighter,Robotech:Battlecry, and the award-winning The Journeyman Project series.

Yune first began in comics with the 1992 cult anthropomorphic series Buster the Amazing Bear and joined Jim Lee at Wildstorm Productions after a number of years as a video game designer.

After writing and illustrating Speed Racer in 1999, he followed up with two more manga-style miniseries, Racer X and the shameless cheesecake romp Danger Girl:Kamikaze.

His original Speed Racer run was also re-released in 2000 as the graphic novel titled Born to Race.

今世紀【21世紀】以降の動向

長編アニメーションにおけるユンの処女作は、ケビン・アルティエリ【Kevin Altieri】のGen13(正確な表記は上付き数字の『Gen¹³』)のCGオープニング過程【シーケンス】を作成したことです。

2001年に彼はワイルドストーム社【Wildstorm】を退社[1]*2し、ハーモニーゴールド USA【Harmony Gold USA】社の『ロボテック・シリーズの再展開(再起動)』プロジェクトに伴い、同社の【クリエイティブ・ディレクター】の役職に就任しました。

トミー・ユンは実兄の「スティーブ・ユン」【Steve Yun】(彼の兄弟である『ロボテック公式ウェブページ』のウェブマスター)に参加しました。

彼はまた、ロボテック・シリーズの物語(サーガ)の後方支援スタッフの1人であり、同時に『ロボテック:シャドウ・クロニクル』(影の年代記)の映画監督でもあります。*3

Yune's first work in feature animation was creating the computer-generated opening sequence of Kevin Altieri's Gen13.

In 2001, he left Wildstorm to become creative director at Harmony Gold USA for the relaunch of Robotech.

He joined Steve Yun, the webmaster of the official Robotech webpage who is also his brother.
He is one of the persons behind the story of Robotech:The Shadow Chronicles and directed the movie.

インデックス(付随記事索引)

  1. アニメ・エキスポ 2007 パイ投げ事件
  2. 映像作品目録
  3. 発売されたテレビゲーム作品
  4. 図書目録
  5. 受賞
  6. 参照箇所
  7. 外部リンク

Contents
1 AnimeExpo 2007 pie incident
2 Filmography
3 Published video game works
4 Bibliography
5 Awards
6 References
7 External links

アニメ・エキスポ 2007 パイ投げ事件

カリフォルニア州ロングビーチに於いて 2007年開催された「アニメ・エキスポ 2007」の開催4日目である7月2日(月曜)に、「Mr.シラー」、「キーロン・プライム」【Khyron‐Prime】というユーザー名


《というユーザー名》でロボテック公式ウェブサイト【Robotech.com】のフォーラムに出入りしていた、この複数の名前を持つ不満鬱憤を抱えた、或る男性のコアなロボテックファンは、ホイップクリームを大量に盛ったアルミ箔製のパイ皿《プレート》をパイ投して、それは彼の意図した通りに遠距離にも関わらず、飛び越してトミー・ユネの顔に見事に命中しました。

シラーの意図した主攻撃対象は、ハーモニー・ゴールド USAハーモニーゴールド USA》【Harmony Gold USA】の従業員とロボテック公式ウェブサイト【Robotech.com】ウェブマスターのスティーブ・ユン【Steve Yun】で、トミー・ユンは二次的な攻撃目標でした。

パイ投げの後に、スティーヴ・ユンによって皮肉とも受け取られる、彼ら兄弟両名の写真撮影に際してカメラ目線でポーズをとる前に、ユンはパイ皿を拾って、シラーに恩返し《訳者注記:お返し/復讐の皮肉表現と思われます》をしました。

この事件の後、シラーはアニメ・エキスポから永久追放(除外・禁止・破門を表す単語【permanently-banned】)されました。[3]*4

  • AnimeExpo 2007 pie incident

On July 2, 2007 at the Anime Expo in Long Beach, California, a disgruntled Robotech fan by the name of Mr. Schiller (who went by the username "Khyron Prime" on Robotech.com's forums) hit Yune in the face with a plate full of cream pie.
Schiller's intended attacker was Harmony Gold employee and Robotech.com webmaster Steve Yun, with Yune as his secondary target.
After being pied, Yune picked up the plate and returned the favor to Schiller before they both posed for a picture, which was ironically taken by Steve Yun.
Following the incident, Schiller was permanently banned from Anime Expo.

映像作品目録

  1. シャドウ・クロニクル【影の年代記】(2006)年 - 監督(ディレクター)
  2. ロボテック・シリーズ三部作:デジタル・リマスター拡張編集版《エクステンド・エディション》(2003年) - 新規オープニング・フィルム製作と、各話の題字《エピソード・タイトル》
  3. Gen13(正確な表記は上付き数字の『Gen¹³』) - オープニング・CGアニメーション製作(2000年)

  • Robotech:The Shadow Chronicles (2006) - Director
  • Robotech:Remastered Extended Edition (2003) - Opening and episode titles
  • Gen13 (2000) - Opening title animation

テレビゲーム作品 (未発売除く)

ロボテック・シリーズ

熟練職人プロジェクト・シリーズ【Journeyman Project】

  1. Journeyman Project《熟練職人プロジェクト》(1992年)-- コンセプト・デザイン(概念設計)
  2. The Journeyman Project: Pegasus Prime《熟練職人プロジェクト:-極上の天馬(ペガサス)-》(1997年)-- コンセプト・デザイン(概念設計)特殊効果【VFX】
  3. The Journeyman Project 3: Legacy of Time《熟練職人プロジェクト3:-時の遺産-》(1998)年-- クリエイティヴ・ディレクターコンセプト・アート

その他


Published video game works
  • Robotech:Invasion (2004) - Producer
  • Robotech:Battlecry (2002) - Producer,Character design
  • The Journeyman Project 3:Legacy of Time (1998) - Creative Director,Conceptual design
  • FX Fighter (1995) - Character design

著書目録

ロボテック・シリーズ

その他


Bibliography
《Robotech series》
  • Robotech: From the Stars (2002-03) - Story, Cover Art
  • Robotech:Invasion (2004) - Story,Cover Art
  • Robotech:Prelude to the Shadow Chronicles (2005-06) - Story-The Art of Robotech:The Shadow Chronicles (2007)

Other

  • Buster the Amazing Bear (1992-1995) -Story, Art
  • Speed Racer/Speed Racer:Born to Race (1999-2000) - Story, Art
  • Racer X (2000) - Story, Cover art
  • Superman Y2K (2000) - CG Art
  • Danger Girl:Kamikaze (2001) - Story, Art

受賞


  • Book of the Month - August 1999 Wizard Magazine (Speed Racer)
  • Award of excellence:technical & creative excellence - 1997 NewMedia Invision Awards(Journeyman Project 3)
  • Gold medal:best overall design, animation - 1997 NewMedia Invision Awards(Journeyman Project 3)-Silver medal:best animation, graphics - 1996 NewMedia Invision Awards
  • Finalist:best action/arcade software program - 1996 Codies Awards
  • 1996Codies Awards(FX Fighter)
  • Gold medal:best animation, graphics - 1993 NewMedia Invision Awards
(The Journeyman Project)-Bronze medal:best production design - 1993 NewMedia Invision Awards (The Journeyman Project)
  • Award of Excellence - 1991 Society for News Design (Orange County Register)
  • 1st place:best graphics - 1990 California Newspaper Publishers Association (UCLA Daily Bruin)
  • 2nd place:best graphics - 1989 California Newspaper Publishers Association (UCLA Daily Bruin)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます