" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

今は亡き 株式会社やまと の 1/60完全変形


  • ダブルクリックにて原寸に復帰します。




操縦席

  • ダブルクリックにて 1200 x 825 pixels に復帰

やまと廃業に伴い、唯一の模型となった 1/144

VF-17D Nightmare fighter-bomber




VF-17D Nightmare battroid

完全変形VF-17Sナイトメア誕生秘話をINTERVIEW!やまとの新たなる挑戦

ステルス特化のバルキリーVF-17Sがやまと1/60完全変形に登場!

ジェネラル・ギャラクシー VF-17S【CAG/指揮官用】ナイトメア

D型


解説:変形指南
【 The way of Transformation by Mr. K 】
(Yamato Co., Ltd, System development member)】


秀逸( しゅういつ )な他者のレビューを最速紹介

株式会社やまと【ジェネラル・ギャラクシー社】 巧の技

ジェネラル・ギャラクシィ」社『アレクセイ・クラーキン』指揮下、 VF-4 ライトニング-III、イケメンガムリン木崎の VF-17D【もちろん、特務部隊『ダイヤモンドフォース』仕様もお願いします。
  • → その後本当に実現しましたが、株式会社やまと 自体は2013年3月に亡くなってしまいました。

淑女・紳士協定による自主規制表示

  1. この記事は、「ロボテック・シリーズ」VS「超時空要塞マクロス」間の商標権企業、及び著作権者(複数)び権利闘争に伴う事態打開の目的の為、「淑女・紳士協定」の自主規制の制約下で製作している為、記事の拡充・改良をしません。
  2. なお、株式会社「やまと」の完全変形 1/60 VF-17 Nightmare シリーズ の発表と、バンダイ玩具事業部による「マクロス・フロンティア」傾注 (けいちゅう) の現況に伴い、今後「( 主力商品としての高品質完全変形玩具又は精密模型、いわゆる【HG】 VF 17 開発の可能性は著しく低い」(保護法益価値が「現時点で」極めて低い)と見做(みな)して、ハセガワによる開発の噂も聞かれることから、過去のテクト【TECT】社のレジン樹脂製の改造キットの製品画像に関しては、自己判断でその一部を掲載します。 

Yamato 1/60 VF-17 Nightmare


テクト【TECT】社:改造部品セット・調達価格:2,800円

テクト【TECT】 VF-17S/D型用 1/144 バンダイ製 プラモデル(2機1組):細部再現度向上(ディティール)部品セット

Grade up kit includes new hands,detail parts, decals, display stand, seat, and radome. These fit on the Bandai 1/144 VF-17 Stealth(sold separately)
(and yes the box top says #6 but it is a misprint)



  • 表紙のNo.6は誤記。開発番号はNo.7が正しい。側面箱は修正済み。


説明書

  • 共通:デカール
  • 共通:エッチング1枚《主に角形・姿勢制御スラスター用途》

  • 飛行形態関連
  1. 展示台
  2. 脚収納庫扉
  3. 操縦席座席
  4. 早期警戒型用・改造用レドーム





  1. 首部関節軸・基部
  2. 手指(高精度・差し替え部品)

テクト【TECT】社:ガウォーク形態への改造部品セット・調達価格:2,500円

  • Grade up parts for Bandai 1/144 VF-17. Includes ability to build in Gerwalk mode.

  1. バンダイ製 1/144 VF-17 S/D 選択式(コンバージョン)キット・2形態1箱セット(標準小売価格500円)の「2形態分の部品の全量」を消費する為、事実上、調達価格 2,500円+500円=3,000円(西暦1997年当時価格)で1機の VF-17 S型、或いは D型のガウォーク形態を完成させることに注意が必要。
  2. 費用対効果を考えれば、不経済だが、ガレージキットでガウォーク形態を捜索・調達するよりは安価。



参考線画

  • 【実用機として初めて熱核バースト・エンジン(後にステージ1【Stage I】定義)を搭載した、VF-17「ナイトメア」【Nightmare】
(「MACROSS MECHA DESIGN より許諾引用」)

簡易解説



ゼネラル・ギャラクシー社が開発した多方面体式ステルス可変戦闘機。

一般大衆には「ステルス・バルキリー(一般名称)」と言う俗称で知られているが、あくまでも正確な名称は「ナイトメア」。

ステルス性能を追求した為に兵装、大気圏外予備プロペラントタンクを含む全てのFASTパックを内装(を標準作戦装備と規定)した事や、極端な多方面体ステルスにした事により、機体の大型化と空力特性の劣悪を招いた。

一方で、外部装備無しの状態でスーパーパーツと兵装ステーションフル装備のVF-11C サンダーボルトを凌ぐ出力、最大速度、攻撃能力を発揮できる事から、極限の作戦に投入される可変重戦闘機として採用される。

大気圏内での飛行は一応可能であるが、作戦行動上ガウォーク形態によるホバリング移動を多用する事も想定し、高速戦闘用と格闘戦用と言う二種類ガウォーク形態を持つ事になる。

軍事機密性が高い機種であったことから、生産はゼネラル・ギャラクシー社でのみ行い、各機種合わせて総生産数718機(ちなみに、VF-1各機種で8,245機)と言う少数生産にとどまった。

VF-22S シュトゥルムフォーゲル II|が実用化されると、順次ナイトメアは第一線から引退を始めたが、後にこの機体設計図を基本に一般量産機として、扱い易さと量産性を大幅に改善、大気圏内でも空力特性をも改良し高評価を得た為、同社初の統合宇宙軍の主力機の座を、宿敵「新星インダストリー」 から勝ち取った、戦闘爆撃機 VF-171 ナイトメア・プラスとして登場している。

武装はガンポットだが、ステルス性維持の為、脚部に収容されており、バトロイド形態での使用時には脚部パネルが『展開』射出。或いは「せり出す」形で手指で保持して使用する形になる。

またVF−11以降のガンポットは弾倉交換が可能になっており、ビーム砲として利用できる専用弾倉も搭載された。

金龍やミリア・ファリーナはS型、ガムリンやフィジカはD型に乗っていたが、後にガムリンはS型に乗り換えている。

なおT型はサウンドフォーズ”ファイヤーボンバー”のメンバーであるレイ・ラブロックとビビータ・フィーズが搭乗している。

派生型

  1. VF-17A:大出力エンジンであるFF−2100の開発が間に合わずにやむを得ずにFF-2009Eを搭載した増加試作型で生産数が少ない。
  2. VF-17T:機種転換訓練用副座機でコクピット後方に余裕がなく機首部分を前方に延長してその部分に前席を設けた。バトロイド形態への変形も可能だが、戦闘には向いてない。
  3. VF-17C:A型のアビオニクスを改良したモデル。
  4. VF-17D:出力向上、耐久性能引き上げを成功させた「FF-2100X」型核融合バースト・タービン・エンジン(ステージ II)を搭載した型で本格的に量産され、全型中で最も生産数が多い。
  5. VF-17S:指揮官専用機で、D型のチューンド・モデルで材質・精度も格段に優れた物を使用する為に、生産数も少ない。4砲身レーザー機銃や通信機能を強化。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます