" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

SVMC-21【 "GMP" 所属車輛】

  • クリックにて、原寸 1,300 pixel × 793 pixel を展開します。
ファンアート制作集団『ロボテック・ヴィジョン』【 ROBOTECH visions 】提供
Facebook アカウント要 パソコン用Web頁URL
https://www.facebook.com/robotechvisions
Facebook アカウント要 モバイル用Web頁URL
https://m.facebook.com/robotechvisions
Amazon メガゾーン23 Blu-ray Archive BOX -30th ANNIVERSARY EDITION-

コアブロック構想

  • モーターサイクル部分がコアユニットとしてコアブロックに変形の後で戦闘機に装着。同様に手脚装着でバトロイドに、また設定上は ホバークラフト戦車のVHT-3ホプライト改造車輛にも変形装着可能。

開発統括



これは、計画に役立つことがありえる。  
  • クロムウェル技術少佐【研究開発部】

統合技術研究開発部 (特殊技術院)、別名:“ロボット工学・研究開発部”は、統合地球政府(UEG)の全世界的な憲兵隊(GMP)の管轄区域下の研究部門。
記述
統合ロボット工学・研究開発部(RRD)は、それが世界的な憲兵隊(GMP)諜報部の監督下にあったという点で、特異でした。
そのように全域統合軍事警察 は、情報あるいは技術的な利点を得ることを望んで、地球統合軍の中で軍自身の人員に対して諜報活動の働きをする隠密調査官(諜報員)の役割を果たすために定期的に「統合・技術研究開発部」人員を雇用するでしょう。

大部分の人々は、組織の不正直さとしばしば無情で冷酷な本質に気づきませんでした。
翻訳改良検討の対比文箇所
One such notable incident was a report filed by Pvt. Louie Nichols of the 15th Squad against a certain Major Cromwell after the former's invention, the Pupil Pistol (aka Nichols's Special Vison Track Firing System or VTFS ) was used to further the war effort, instead of just being limited to training as he had been promised.

  • 【逐一対応語訳】:1つのそのような特筆すべき事件の報告書がとある技術少佐である「クロムウェル」に対して、前者〔技術的な利点を得ることを望んで〕の調査の後に戦略機甲師団 第15分隊の一兵卒の ルーイ・ニコルス、「瞳の拳銃」【Pupil Pistol】〔通称:「ニコルズの特別な視覚追尾射撃システム」または“VTFS”〕が綴られ、これらは、彼ルーイ・ニコルス伍長が当初にクロムウェル技術少佐から約束されたように、単に新兵の訓練のみの利用に制限されることの代わりに、戦争勝利に対しての努力を促進するのに使用されました。
施設と資源の分散
  • インビッドの到来を予期して、統合技術研究開発部 (RRD) は、彼らの 遠征艦隊軍(UEEF)対応者によって経営された深宇宙の彼方の施設に これまでの世界から組織の人事課と装置の大部分を移転しました。 地球に残っているそれらの資源は堅固な地下壕に移され、 統合技術研究開発部 (RRD)の立案者がもし インビッドが人類の故郷の上に足場を確立するなら、これらの施設が有用になるであろうことを希望します。
機密情報
ある特定の高水準の隠密調査官(諜報員)が機密「ゼントラーディ・データベース」へのアクセスを持っていました。
このようなエージェントの1人であったジョルジュ・サリバンは、ゾル人アズシャール級・母船の詳細な概略図を(これまでに)持っていると伝えられました。
インビッドに関する不完全な諜報は、1つにはゾル人科学者らから、 インビッドの最初の侵略から我らが故郷である地球圏を守りきることは殆んど不可能であるという予測結果を示唆します。

アカデミー社の漫画より

カラー設定画


  • 写真:「映画『ロボテック・ザ・ムービー 語られざる物語
    (メガゾーン23 第1部)より。

アカデミー社漫画表紙

日本語名称

SVMC-21 「ハーガン」

英語名称

S emi V ariable M oter C ycle
(半可変・二輪車輌)-21
Hargan

目次【Index】



映画『ロボテック・ザ・ムービー 語られざる物語
(メガゾーン23 第1部)劇中より

◆【SVMC-21 ハーガン:データ】  

所属サザンクロス軍極東方面・メガゾーン23・トウキョウ特別区防衛軍
就役履歴統合憲兵軍の執行部隊で、2027年から2029年まで暫定的に使用された。
形式番号SVMC*1-21
通称ハーガン(はーがん)【HARGUN】
登場作品映画『ロボテック・ザ・ムービー 語られざる物語
(メガゾーン23 第1部のロボテック版翻案。)

極めて横溢(おういつ)な操縦室は最悪の居住性だが、それでもガーランドよりは良好だった

寸法

項目/形態自動二輪車 形態バトロイド形態
全高1.20m3.96m
前後長2.85m1.80m
(胴体前後厚)
左右幅0.88m2.50m
乾燥重量256kg930kg
  1. 「自動二輪車」形態の乾燥重量は、ネット・ランチャー等選択装備が無い状態。
  2. バトロイド形態の乾燥重量は、手足装着。火器と盾を含まず計量。

自動二輪車〔モーター・サイクル〕形態を後面から

動力源

  • 4本の標準型 プロトカルチャー (資源) 電池で稼動。筒型電池(キャニスター・セル)の挿入箇所は、車体/主胴体部に2本、バトロイド形態時の追加ユニットである、下部脚部の左右「ふくらはぎ」後部箇所に各々1本づつで計2本。

  • Power-source: 4 standard protoculture cells, two in the main body, two in the lower legs.

電動機

選択装備

2箇所のスラスター装備可能ポートが、背部と各々の脚部、そして補助スラスターの備えが、各々の足首部にある。

電磁吸着ワイヤー射出機

電子装備

電波探知及び追尾装置(レーダー

トムソン CSFサイクロプス【 Cyclops】短距離レーダー(最大有効探知距離 3 km)、 及びバトロイド形態に於けるヘッドアップ・ディスプレイ【Head-Up Display / HUD】。

光学追尾

  1. テキサス・インスツルメンツ【Texas Instruments】社製造の UV, IIR(赤外線画像) 及び、光量増倍【light intensifier】と射撃管制コンピューターにより機能強化された、光学照準システム。
  2. ホランド・シグナール【Hollandse Signaal】社製造・レーザー・ホログラフィック光学素子・コンピューター照準システム【stereoscopic laser targeting】
赤外線画像【IIR】

Imaging -Infra Red
「目標捜索装置」(シーカー)が自動追尾対象を画像として捉える、赤外線ビデオカメラを使用した、赤外線画像式ホーミング(≒自動追尾) 方式。

これはフレアなど航空機の形状をしていない赤外線源の妨害の影響を少なくすることができる。

電子技術の向上に伴って、検知距離は初期の2倍になり、欺瞞(フレア等)への耐性が高まり、かつ常温作動可能になって冷却不要となった。

最新型のオフボアサイト赤外線画像ミサイルR73 ARCHERなどは、

赤外線捜査追跡システム  ( infra-red search and track system, IRST system。 「赤外線照準追尾システム」とも訳される ) 

を使った中間指令誘導を介在させることによって発射後ロック (LOAL) を可能にし、ミサイルシーカーの視野外(オフボアサイト)の目標、

つまり、 「前方から最大60度離れた『横に居る目標』も撃てる」 新世代の赤外線ミサイルである。

1985年にR73 ARCHERが出現し、ソ連崩壊後に旧東側諸国製ミサイルから入手した現物をテストした旧西側諸国関係者に衝撃を与えたと言う。

現在ではアメリカのAIM-9Xをはじめとする同種のミサイルが開発されて珍しいものではなくなり、徐々に普及してきている。

武装

固定火器
無し
手持火器
1挺のコルト・ファイヤーアームズ【Colt Firearms】社製造 GU-19 32mm ガンポッド
  • 20発入り弾倉を最大3個装備可能。

このガンポッドは、デストロイド MBR-07『スパルタン』の Mk.2 と Mk.1 の末期に火力強化改装の対象となった「一部の残存車輛」に搭載された、旧地球統合軍・陸軍の「アストラ・TZ-IV ガンクラスター」の構成火器の一部であったエリコン・KPA 32mm 自動火砲を陸戦用の軽バトロイド手持火器に流用したもの。【註:*2。】
セミ・オート射撃、フルオート射撃が可能。 後に単位時間当たりの連続射撃弾数*3150発/分のバースト射撃モードが追加された。

  • The latter with a cyclic rate of 150 rounds per minute.
参考:アストラ・TZ-IV ガンクラスターの構成火器
エリコン・KPA 32mm 自動火砲(APHE砲弾 (Armor Piercing High Explosive / 徹甲榴弾) 又は HEI-T砲弾 (High Explosive Incendiary with Tracer/曳光焼夷榴弾) を装備、最大発射率850発/分。弾倉容量800発。最大有効射程範囲3,500m
ヴィッカース plc 180mm 直接射撃(Direct-Fire)迫撃砲75 kg の砲弾は有効打撃範囲500m。 火砲は12秒で1発の発射率で、グレネード(手榴弾)投擲は7発。
RRG mk3 レーザー砲毎秒 3 MJ の火力発火が可能。パルス発火率は、毎分 60回。
FN DFT 火炎放射器有効放射範囲100 m。1回の燃料供給で可能な火炎クラスター単位の放射は約1分間。

那智娘(用語集)より
・セミオート射撃:単発射撃の事。弾を無駄にせず、目標を良く狙って射撃できる反面制圧力に欠ける。
一般に拳銃はこの射撃方法である。(トリガーを引くと1発発射)
・フルオート射撃:連発射撃の事。短時間に大量の弾丸を発射できるので威力、制圧力はセミオート射撃に勝るが、反動により命中率は低い。
また一瞬で弾を使い切ってしまうためその効果が疑問視されている。(トリガー引きっぱなしで連射)
・バースト射撃:現在の自動小銃でフルオート射撃をすると一つのマガジンを2秒間程で撃ち尽くしてしまうため弾薬節約の為に考案された射撃方法。
一回トリガーを引くと銃によって決められた2〜3発の弾丸を射撃する。
これによりセミオートよりも多く、フルオートよりも控えめに弾を撃つ事ができるのである。

なお、一回トリガーを引くと2発銃弾が発射されるものは2点バースト(射撃)、3発発射されるものは3点バースト(射撃)と呼ばれる。

しかし、時としてフルオート射撃も必要なため、現在バースト射撃が可能な銃は、セミオート、フルオート、バーストの3種の射撃方法を兼ね備えている事が多い。

フルオート射撃を完全に否定し、バースト射撃とセミオート射撃だけの英断を下した銃はアメリカの「M16A2」だけである。分点射撃とも呼ばれる。

捕獲銃

N-1捕獲網・投射器×1基。この武器は、15m以内の中程度の規模のメカ目標を罠で捕らえることが可能なタングステン鋼フィラメントから成る捕獲網を発射する。

1 x N-1 Net launcher. This weapon fires a net composed of tungsten-steel filaments which can ensnare a medium mecha-sized target at 15m.

防盾

電磁吸着型の特殊な固定方式の為、ガーランド系を除く他のベリテックバトロイド、例えばQRP-19 ゴーレム や、SRP-19ボビィには、例えサイズが一致しても使用出来ない。

性能

自動二輪形態での最高速度(路上)340 kph.
バトロイド形態での最高走行速度(整地)50 kph.
バトロイド形態での最大飛行速度
(選択装備のスラスターパックを全て装着)
175 kph.
プロトカルチャー (資源) 耐久時間114時間の作戦使用毎に交換。

◆【SVMC-21 ハーガン:プロフィール】  

「半可変」の実態

  • 軍の主力となる機体。ガーランド同様、自動二輪車/バイク形態(マニューバクラフト)から バトロイド形態(マニューバスレイブ)に変形が可能。

    但し単独での変形はできず、専用トラック(のコンテナ部)に格納され、専用架設台座にて手足部を接続させる必要がある。

  • 写真「映画『ロボテック・ザ・ムービー 語られざる物語
    (メガゾーン23 第1部)より。手脚部ユニット接続の様子。



  

◆【SVMC-21 ハーガン:「ストライク・ガーランド」への布石】  


本機はGR-002A :「ストライク・ガーランド」への移行への技術検証車輌として開発設計された。
  • GR-002A Strike Garland






  

SVMC-21 ハーガン:商品   


          

◆【SVMC-21 ハーガン:支援車輌 2.5t トラック  

基本型 『2.5t トラック

左上の囲み部分の画は、衛星通信ドップラー・レーダー用の

パラボラ式アンテナ装備型、投光器2基1組の装備型の部分図である。
派生型の1例

C3I /移動式・指揮統制&情報通信室(bunker)
「2.5ton トラック」寸法
  • (基本型の典型例)
車長5.0 m
車幅3.85 m
車長2.85 m
乾重量2.5 t(自重)

S V M C - 21「ハーガン(Hargun)」専用

変型施設&軽バトロイド追加ユニット輸送型 
  • ▽ S.V.M.C. → S emi Variable Motor-Cycle(準可変自動二輪車輌)

One variant of this truck is the one-man specialized utility vehicle developed by the GMP for use by the Hargun to transform from cycle mode to battloid mode.

このトラックの1つの派生型は、統合憲兵軍 (GMP)によって開発された、準可変自動二輪車輌 SVMC-21「ハーガン(Hargun)」の、自動二輪形態から、バトロイド形態まで変形する為の追加ユニット及び火器&防盾類の装着と本体の変型動力供給、更には左記ユニット及び武装類の輸送目的の為に使用される、1名の運転手により運転(ワンマン運転)される 専門多用途車輌(specialized utility vehicle )である。

The GMP made extensive use of this vehicle before the Garland entered full production since it allowed its operatives to drive around town in an inconspicuous motorcycle, yet could rendezvous with the Hargun Insertion Ground Vehicle for transformation to a combat effective battloid.

諜報員が目立たない中型オートバイ(普通自動二輪車)によって市街地や郊外を走行するのを許し、さらに戦闘行動が必要な時点で任意に、SVMC-21「ハーガン(Hargun)」が、高速地上移動用である自動二輪形態から、戦闘に効果的なバトロイドに変形を可能とする、この『ハーガン戦闘投入用地上車輌』と待合可能であったので、その有効性を評価した、統合憲兵軍 (GMP)は、完全変型可能な「ガーランド」(Garland)系列が本格的な生産に入る以前、広範囲にこの車両を使用した。

・ 当時、OTM(Over Technology of Macross)解析により得られた先進的科学&工学技術の情報は、政策及び軍事的理由から、情報公開は現在(西暦2066年)時点よりも、より強度に制限されており、人型(バトロイド)の存在や可変機動兵器の存在も完全に秘匿する必要があった為、一見、通常の軍用自動二輪車輌、状況によっては民間の市販の中型自動二輪車オートバイ、と見間違う程の外観は諜報軍事行動に好都合だった。

・運転はワンマンで、後部コンテナの変型オペレーターは基本的に同乗せず、またコンテナ容積上も同乗は困難であり、作動部に操作手が巻き込まれる畏れがあり、現実の運用でも変型装着は自動で行われた。走行時のハーガン・バイク形態のコンテナ上の変形装着アーム部への挿入は、高速で回転するタイヤ部が、スリップ部でいきなり0km付近まで減速することになり、プロトカルチャー (資源)による電力と高性能ブレーキシステムを持つ、新世代の電動モーターの減速性能を以ってしても、前輪を浮かせるウィリー走行(Wheelie)や、後輪を浮かせる各種高度運転技術が必要であった。
後輪を浮かせる高度運転技術の一覧
後輪を浮かせる高度運転技術の一覧
エンドー
(Endo)
ブレーキを掛けて停止して浮かせる。
ノーズ・ウィリー
(Nose wheelie)

又は ストッピー (Stoppie)
ブレーキで減速しながら浮かせる。
ノーズ・マニュア
(Nose manual)
体重移動で浮かせたまま走る。
  1. 『 operatives 』: 《米口語》(複数形で)スパイ。諜報部員。
  2. 『rendezvous』:(複数形で時と場所を決めた会合の)の約束, 待合せ,ランデブー 〔with〕。待ち合わせの場所 〔for〕。動詞として、会う/ 集合・集結する。

トラック走行中の変形装着は想定外


  1. 劇中での自走による走行中のトラックコンテナ挿入は相当無理な運用である。
  2. タイヤ回転数の斜板接触時点でのゼロ停止問題がある為に、トラック側で保持アームを展開し、自動二輪車を掴み、コンテナ内部に自動挿入するのが、走行中の変形装着には合理的なはず。
  3. コンテナ自体にアーム機構を仕込む余裕が無かったのかも知れないが、トラック側が走行しながらの装着変形は、設計に予想されていないものと思われる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます