" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

名称日本語

VF-2 「ヨツン(ヨツゥン)・バルキリー』

用途

大気圏外専用・機体の可変を妨げない対艦攻撃/拠点防衛用FASTパック装着・可変戦闘機

(ヨツゥン):試作外部ブースター、重装甲と兵装パック、宇宙空間と強襲戦闘(拠点防衛・対大型艦用途を兼ねる)に最適化された。

(Jotun) : Prototype external booster, heavy armor and weapons pack optimized for space and assault combat.

バトロイド形態

  • クリックにて原寸 2,211 pixel x 1,500 pixel に復帰し、実寸画像を展開します。 (660 pixel × 448 pixel で表示)




Palladium社の新作RPGルールブックにも登場

VF-25/MF25メサイア の46年前に「変形可能なアーマード装備」を施した

可変対艦攻撃機を目指したが



2055年に歴史再現ドラマのファースト・シーズン『マクロス・サーガ』

スミス氏の資料作成時に「ガンカメラ」より再発見

航空軍事研究家ジェイソン・スミスによる

2055年のバトロイド推定図

実戦履歴

ヨツン・バルキリー試作機:地球統合軍宇宙軍に於いて2011年から2014年にかけて実戦参加。

ほとんどの機体はドルザの基幹艦隊との戦闘で破壊されたと推定される。

残った最後の機体もキーロン・クラヴシェラ【Khyron】の砲艦に対してSDF-1 マクロスを防御しながら、2014年 1月に戦闘行動中に破壊された。

Jotun Valkyrie: Prototypes pressed into service with the RDF Spacy from 2011-2014.
Most models destroyed during conflict with Dolza's forces.
Last remaining model destroyed in the final battle of the SDF-1 with Khyron's ship.

外部装備

--中央 背部--
右脚右腕右&左 背部左腕左脚
NP-FB-01NP-AR-02XNP-BP-01C
HMMP-02
GBP-2X
NP-AR-02XNP-FB-01
  • NP-FB-01:これは、宇宙空間活動を容易にする FASTパック系列バルキリーの脚に付随する一組の反動推進スラスターと装甲です。CTB-04胴体密着型(コンフォーマル)推進剤タンクと1基の LHP-04 と5基の NBS-1ヴァーニア反動推進スラスターを備えています。
  • NP-AR-02X:ヨトゥン族系列バルキリーの前腕に追加して、4本のHMM-01 スター・バースト【Starburst】ミサイル(装填済み、発射準備態勢の2本と再装填分の2本)を含む複合装甲・ミサイルパッケージ・ユニット。
  • NP-BP-01:FASTパック系列バルキリーの背部に付属する箱形のFASTブースターです。その主機関は、 +EF-2001 (推力:1,180kN) 反応反動推進スラスター、そして、3基のNBS-1ヴァーニア反動推進スラスターを持ちます。R X24 ニ連装備ビーム大砲、または HMMP-02マイクロミサイル発射装置ポッドは、このブースターの正面に設置されます。末尾の英文字(L、R、C)は、NBS-1反動推進スラスターの数量と装備位置、左・右・中央を示します。C型は、両側面に合計6基のヴァーニアを備える試作型モデルです。
  • HMMP-02:4本の短射程(宇宙空間の2.5kps)赤外線画像IIR】追尾または受動的レーダー・ホーミングの HMM-01 120mm スター・バースト【Starburst】ミサイル射出発射筒【ejection tubes】は、発射筒1本当たり3本の再装填分本数を備え、4本×4基の合計16本のミサイル。発射筒チューブにつきミサイルを再装填します。NP-BP-01 ブースターパックに装着されます。
  • GBP-2X:基本型 VF-1 バルキリーの生残性と近接戦闘能力を改善し、迅速な展開配備維持する為の、基本型の保有する全ての形態への変形能力を維持する試作型装甲システム。武装はは、一対の腰搭載の3連装の120mm スター・バースト【Starburst】ミサイル射出発射筒【ejection tubes】を含みます。
  • NP-AR-02X:VF-2 ヨトゥン族系列バルキリーの前腕に装着され、4本の HMM-01 120mm スター・バースト【Starburst】ミサイル(装填済み、発射準備態勢の2本と再装填分の2本)を含む複合装甲・ミサイルパッケージ・ユニット。

Jotun (Prototype)
--Center Back--
Right LegRight ArmRight & Left BackLeft ArmLeft Leg
NP-FB-01NP-AR-02XNP-BP-01C
HMMP-02
GBP-2X
NP-AR-02XNP-FB-01
  1. NP-FB-01 : This is a set ofthrusters and armor that attaches to the Super VF-1 series Valkyrie's leg that facilitatesmaneuvering in space. Equipped with a CTB-04 conformal fuel tank and one LHP 04 and five NBS-1 vernier thrusters.
  2. NP-AR-02X : Combined armor/missile package that mounts on the forearm of a Jotun series Valkyrie and contains four HMM-01Starburst missiles, two ready for launch and two reloads.
  3. NP-BP-01 : This is a box-shapedFAST booster that attaches to the back of a Super VF-1 series Valkyrie. Its main engine isthe +EF-2001 1180 kN reaction thruster and has three NBS-1 vernier thrusters. The R X24 beam gun or the HMMP-02 micro-missile launcher pod is mounted to the front of this booster. A terminating letter (L, R, C) indicates the number andlocation of the NBS-1 thrusters, meaning respectively left, right, center. The C is a prototype model with verniers on bothsides for a total of 6 verniers.
  4. HMMP-02 : 4 short range (2.5 kps in space) infra-red imager or passive radar homing HMM-01 120mm Starburst missile ejectiontubes, with three reloads per tube for a total of sixteen missiles. Mounted on the NP-BP-01 booster pack.
  5. GBP-2X : A prototype armor system to improve the survivability of the valkyie in close-combat while still maintaining its transformable capabilities for rapid deployment. Armament includes a pair of hip-mounted triple 120mm Starburst missile launchers.
  6. NP-AR-02X : Combined armor/missile package that mounts on the forearm of a Jotun series Valkyrie and contains four HMM-01Starburst missiles, two ready for launch and two reloads.

試作と実戦参加、そして終焉

バルキリー(VF-1 シリーズ)中、「VF-2(X1) ヨツン【Jotun】バルキリー」として知られ、開発されましたが、少数しか使用されなかった、より興味深い派生型の1つ。

このモジュールの付属パッケージ設計は、同一の概念をもっている、より旧いプロテクター・ウェポン・システム【GBP-1S】(俗称:アーマード・バルキリー)の為の設計媒介変数【paramaters】*1が、「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)のブースター・パック部分とその保有する3形態への可変能力の移動性への利点の大半を維持し、堅牢かつ厚い装甲のバトロイド形態を作成する試みとして、当初の「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)の開発意図に合致した動機を結合しました。

これは言い換えるならアーマード・バルキリーに基本型バルキリー(VF-1 シリーズ)の三段変形能力を維持させようという試み に外なりません。

「VF-2 Jotun【ヨツン】バルキリー」の最もよく知られている型は「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)の僅かに変更されたパック構成部品の幾つかの流用から構成されました: 脚、1本のみに減らされた1基の NP-BP-01CのためのNP-FB-01の推進剤と反動推進エンジン群(クラスター)/特別な装甲の構造外殻(以下参照)、および NP-AR-02Xを通して付けられる中心線の HMMP-02反動推進エンジン/ミサイル発射装置の組み合わせパックは「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)の武装強化ハードウェアのわずかに変更された型を支持し、NP-AR-01の各3本を超え、それぞれ4番目の【Starbust】ミサイルを搭載することができます。

FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)の部品に加えて、「VF-2 Jotun【ヨツン】バルキリー」は胴体の2枚の堅牢な装甲外殻を導入したした。 前部の胴体外殻は、各々の層毎の装甲がデストロイドトマホークの装甲のそれと同程度の厚さで構成され、前方攻撃から「VF-2 Jotun【ヨツン】バルキリー」を保護しました。

この前面装甲は機体に前衛(強襲突撃)用途の重装甲戦闘機としての許容量を与えました。

後面装甲板はより軽く、そのような方法で背部中心線に位置する、展開した状態では比較的脆弱な尾部区画、背部パックから発生する負荷を適切に分散するようにスラスターポッドを付けるために、主として上に言及されるように機能しました。
追加装甲板は、上方から発射されたミサイルから機体を保護するために肩の上に取り付けられました。

最終的に2基の3本の発射筒の【Starburst】ミサイル発射装置が、腰部の旋回可能な装着部のカウンタ・バーニヤ反動推進エンジンに加えられました。

「VF-2 Jotun【ヨツン】バルキリー」のミサイル搭載量は「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)より僅かに小さかったです。

設計理念

設計時点で、追加装甲が搭載弾薬の減少分を補うと考えられ、2つのボーイング HMM-02 スターバースト・ミサイル【Boeing HMM-02 Starburst】の損失は、部分的な腰部のポッド形式のミサイル発射装置と変更された前腕発射装置の添加で埋め合わされました。

それでも、「VF-2 ヨツン」【Jotun】バルキリーは、「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)の 38本の同ミサイル搭載量に対して、なお 30本のボーイング HMM-02 スターバースト・ミサイル【Boeing HMM-02 Starburst】の搭載量を誇示しました。

プロテクター・ウェポン・システム【GBP-1S】(俗称:アーマード・バルキリー)と異なって、「VF-2 ヨツン・バルキリー」は兵器搭載量に影響を与えずに変形できるように設計されました。

変形可能な「VF-2 ヨツン・バルキリー」は、「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)と比較して、その最大推力負荷の約58%(推力重量比に於いて約65%) しか持っていませんでしたが、一方でそれはブースターポッドの脚部の限られた推進剤貯蔵タンク容量 (δ-vのおよそ90%) と常に対比されました。

しかし推力は「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)の有り余る、持て余し気味の驚くべき力よりは、平凡な技量のパイロットにとって、まだ比較的制御可能であると考えられました。

FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)のように「VF-2 ヨツン・バルキリー」は、標準のクリーンなバルキリー(VF-1 シリーズ)の構成を残して、全ての外部モジュールを放出できました。

「VF-2 ヨツン・バルキリー」の最も興味深い構成要素(コンポーネント)は、新型のガンポッドでした。
半円型の盾の形をしている粒子ビーム砲の電力キャパシタ(コンデンサー)に取り付けられて、この火器は、ヒューズ GU-11 ガンポッドを小さくして、利得と容量において デストロイドトマホークのPBC-11 粒子ビーム砲と同様です。

「VF-2 ヨツン・バルキリー」は、2011年の「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)のほとんど導入直後に開発を受けました。

地球統合軍の生産施設の大部分はここにバルキリー(VF-1 シリーズ)に向かって連動し、艦船を防御する新型デストロイドの不足は感じられ始めていました。
「VF-2 ヨツン・バルキリー」が、増加する任務への柔軟性があるプロテクター・ウェポン・システム【GBP-1S】(俗称:アーマード・バルキリー)の短所に打ち勝って、非常に可動の拠点防衛機としてデストロイド防衛車輛派遣団のやせ細った戦力水準を満たす支援任務に就くことが可能であると考えられました。

妥協点

それと同時に「VF-2 ヨツン・バルキリー」が、装甲と加速力のせめぎあいで素晴らしい妥協をすると思われました。

加速力はある特定の種類の任務で「VF-2 ヨツン・バルキリー」を、「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)より有用にするかもしれません。

地球衛星機動上へのドルザ【Dolza】の基幹艦隊の到着までに「VF-2 ヨツン・バルキリー」装甲ユニット“5セット”が造られ、機体は個艦防衛戦闘任務で使われました。

その5セットの内、4セットは戦闘行動中に失われました。

ゼントラーディ基幹艦隊の艦砲射撃による虐殺の後に、機体設計が「今後少なくとも数年間」【the next couple of years】復興事業の優先の為に開発と生産の優先権を失ったので、「VF-2 ヨツン・バルキリー」装甲ユニットの設計は、戦後に苦しい生涯を送りました。

この機体における開発は全く見られませんでした。

そして、最後に残った試作機も、地球統合軍の艦船にゼントラーディの艦船が突入するという、2隻の艦船が衝突する攻防の、数分もしない時の狭間にキーロン・クラヴシェラ【Khyron】の砲艦に対してSDF-1 マクロスを防御しながら、2014年1月に戦闘行動中に破壊されました。

VF-4 ライトニングの開発は、特に装甲とミサイル搭載数に於いて、必ずしも「VF-2 ヨツン・バルキリー」の任務に必要とされた要求の全てを代替するものではありませんでしたが、大気圏内での活動能力の維持と粒子ビーム砲の能力、より長射程のミサイルによる遠距離打撃能力に加え、「VF-2 ヨツン・バルキリー」の特殊な構造のバトロイド形態時の“多層構造の前面装甲の生産性の劣悪さ”は「VF-2 ヨツン・バルキリー」・プロジェクトの消滅を示しました。
既に使用中の「FASTパック装備型バルキリー」(俗称:スーパー・バルキリー)、真新しい「ビーム粒子砲付きFASTパック装備型バルキリー」(俗称:ストライク・バルキリー)に、そうでなければ、すぐ入手可能な追加パッケージ、まだ討論での追加装甲の値、および“代替の同等の重砲火器を備えた、既に試験過程における機体”により、「VF-2 ヨツン・バルキリー」バルキリー」・プログラムの提供は取り消され、もう少しで歴史上から忘れ去られるところでした。

One of the more interesting variants that was developed, but little used,for the Valkyrie was known as the "Jotun Valkyrie".
This modular attachment package design combined the motivating design paramaters for the older "Armored Valkyrie" with components first fitted on the Super Valkyrie, as an attempt to create a more heavily armored Battloid with most of the mobilityadvantages of the Super Valkyrie's boosters and its retained transformation capability.

The best-known version of the Jotun Valkyrie consisted of several stock or slightly modified Super parts: NP-FB-01 fuel and thruster packs for the legs, a single NP-BP-01C / HMMP-02 thruster/missile launcher combination in the center back, attached through a special armored structural plate (see below), and the NP-AR-02X, a slightly modified version of the Super-Valkyrie's armaugmentation hardware, each capable of carrying a fourth Starbust missile over the NP-AR-01's three.

In addition to the Super components, the Jotun Valkyrie included two heavily armored exterior plates for the torso.
The forward torso plate consisted of armor every bit as thick as that on the Tomahawk Destroid, and protected the Jotun Valkyrie from attacks to the front.
This forward armor was to allow the mecha to act in a forward heavy battle mecha capacity. The rear armor plate was lighter, and mainly served, as mentioned above, to attach the thruster pod to the centerline of the back in such a way as distribute the loads it produced away from the relatively fragile tail section back-pack it straddled.
Additional armor plates were mounted at of the shoulders, to protect the mecha from missiles launched from above.

Finally, two three-tube Starburst missile launchers were added to the hips, attached on swivelling mounts to the counter-vernier thrusters.
The missile load of the Jotun Valkyrie was slightly smaller than that ofthe Super Valkyrie.
The loss of the second HMMP-02 was partially made upfor by the addition of the hip launchers and the modified forearm launchers.
Still, the Jotun Valkyrie sported only 30 Starbursts to the Super Valkyrie's 38, though at the time of design, it was thought that the additional armor would compensate for the loss of ammunition.

Unlike the Armored Valkyrie, the Jotun Valkyrie was designed to be able to transform without impacting its weapons load.
The transformed mecha had only about 58% of the maximum thrust (and only about 65% of the thrust:weight ratio) of the Super Valkyrie, but becauseof the limited fuelstorage in the booster pod comparedto the leg tanks, almost 90% of thedelta-v.
Moreover,its thrust was thought to be more controllable by the average pilot than the extraordinary power of the Super-Valkyrie.
As with the Super-Valkyrie, the Jotun Valkyrie was capable of ejecting all its external modules, leaving it in the standard Valkyrie configuration.
The most interesting component of the Jotun Valkyrie was its new gun-pod.
Attached to a shield-shaped capacitor, this weapon dwarfed the GU-11 and is similar to the PBC-11 of the Tomahawk destroid in yield and capacity.
The Jotun Valkyrie underwent development almost immediately after the introduction of the Super Valkyrie, in 2011. Most of the UEDF's production facilities had been geared toward Valkyries at this point, and the shortage of new Destroids to defend the ship was beginning to be felt.
It was thought that the Jotun Valkyrie would overcome the short comings of the Armored Valkyrie with its increased mission flexibility, and could serve to help fill the dwindling ranks of the Destroid defense contingent as ahighly-mobile point-defender.
At the same time, it was thought that the Jotun would make an excellent compromise between armor and acceleration,which might make it more useful than the Super Valkyrie on certain types of missions.
By the time of the arrival of Dolza's fleet over Earth, five sets of the Jotunarmor were built, and the mecha were employed in the defense of that ship in the battle.

Four of the five were lost inaction.
After the Holocaust, the design languished, as mecha designs lost priority to the reconstruction effort for the next couple of years.

No developmenton the mecha was seen, and the final prototype was destroyed in action defending the SDF-1 against Khyron's shipin the minutes before the two vessels collided, in January 2014.

2055年の再発見

第一次星間大戦の双方の軍のガン・カメラ記録映像を収集・保管(アーカイブ)する「ジェイソン・スミス軍事兵器研究所」の研究者が、2つの「ヨトゥン族・VF-2 バルキリー」の古い記録映像、大規模戦闘の1つとSDF-1 マクロス防衛戦に於ける、この巨大な艦上でデストロイドと共に実戦参加活動(イン・アクション)した場面が撮影されていたのが後世に発見されるまで、「VF-2 ヨトゥン・バルキリー」は現代(西暦2066年現在)の歴史家に知られていませんでした。

彼らは機体の増加パッケージの開発に関連したメモを発見したことにより、イヴ・コンピュータ・システム【EVE Coputer System】の保管庫に埋もれていたファイルを捜索する試みに辿り着きました。

この第一次星間大戦のガンカメラ場面の特殊効果により復元画像は、一般市民によって「ロボテック」として知られるティーン(10代後半)世代向けの立体映像【holovision】配信の歴史再現ドラマ(いわゆる旧世紀のテレビドラマ・シリーズに当たる)のファースト・シーズンである「マクロス・サーガ」の放送が西暦2055年から始まりました。

インビッドとのセンチネルズ戦争【Sentinels】の一部の退役・復員軍人がこのメカが密接に現地の「ペリトニアン【Perytonian 】惑星現住民?」により用いられた彼らの戦いの女神の名前である「オーガス」【Orguss】と呼ばれる、慣性制御装置によりして揚力を必要としない、我々人類の定義ではVERITECH(ベリテック)に相当する1つに似ていると発言して「ロボテック」の場面の外見の酷似するメカの出演が楽屋の冗談であると推測したけれども、類似はあくまでも表面的なものであって、「VF-2 ヨトゥン・バルキリー」は問題の「ペリトニアン【Perytonian 】惑星現住民?」【Perytonian 】のメカとは無関係であるだけでなく、それが第一次星間大戦の現実の戦史の現実の部分であることは、全く明白です。


The Jotun Valkyrie was unknown to modern historians until researchers atthe Jason Smith Institute for Mecha Studies, in the process of archivingthe gun camera footage from mecha in the First Robotech War, discovered old footage of two Jotun Valkyries inaction, one in the great battle, and one defending the SDF-1, taken from other Destroids on the hull of the great ship. This led them to search files buried in the EVE computer archives, where upon they discovered memos related to the mecha augmentation package's development.

A special-effects reconstruction of this gun camera footage was seen by the public in "Robotech", a teen-oriented historical drama airing on holovision beginning in 2055. Though some veterans of the Sentinels Wars have commented thatthis mecha closely resembles one used by the native Perytonian surface dwellers, and have speculated that the mecha's appearancein the footage of "Robotech" as an inside joke, it is quite clear that the resemblances are superficial, and that the JotunValkyrie not only has nothing to do with the Perytonian mecha in question, but it is indeed an authentic piece of the histories ofthe First Robotech War.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます