" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

20世紀当時の比較的原型機に忠実な復元機の飛行写真

画像最大規模へのリンク

操縦席付近鋼管骨組構造

翼間骨組構造

 

計器盤

機銃周り

 

操縦席内側。帆布の透け具合に注意!



  • 当時の機体の発動機(エンジン)の非力さがよく分かる。

試作機 V 24 179 kW (240 hp) メルセデス・ベンツ【Mercedes-Benz】 Bz.IVü engine

  1. この時代の航空機エンジンは、技術的な未熟の中で、軽量化するため耐久性が悪く、寿命が30時間、数回の飛行で廃棄などという発動機も珍しく無かった。
  2. 復元機を製作する際は、博物館などの飛ばすのが年に数回程度の需要であれば構わないが、飛行展示を前提条件にする際は1930年代以降の耐久力に優れたエンジン、或いは機体骨格の強度に合わせて、現代の低出力のターボプロップに積み換えが必要になる。

V 34 / V 35 / V36/ V 38 (Fokker C.I) 搭載の 138 kW (185 hp) BMW IIIa

右側(牽引式の発動機搭載の場合)

左側(牽引式の発動機搭載の場合)

記事の名称についての注意!

本記事名は今世紀の最新の技術で発動機をターボプロップエンジンに換装、曲技飛行【Aerobatic maneuver】に耐えられる用に今世紀(21世紀)の最新の科学技術で以下の徹底的な設計変更がなされています。

  1. 今世紀(21世紀)の最新「材料工学」【materials science and engineering】で機体強度を大幅に向上
  2. 現代の耐久基準や飛行基準に適合するよう「連邦航空局」【Federal Aviation Administration、略称:FAA】の安全審査基準を満たした
  3. 最新の〔近距離用〕航空無線電話装置を搭載。また近距離の移動に最低限必要な〔簡易な航法機器〕の搭載。
  4. 軍用機から機関銃と弾薬を除いた変更に伴う空力的な重心位置の移動につき、20世紀までの複元機では、死荷重となる重心位置調整用のバラスト(錘)を積んで対応していましたが、当初より飛行展示機として量産する前提の為、無駄な「オモリ」を積むことの無いように発動機の搭載重量を加味して、再設計の当初より発動機架と胴体を前方に延長し、重心位置を適正位置【主翼の空力位置から3分の2】に調整。

従って、原型機「フォッカー D.VII」【独:Fokker D.VII(フォッカー・デー・ズィーベン)】の形状を模した構造的には別の機体の性能や数値について記載しています。

アニメーション用画像設定

  • クリックにて、1,200 × 900 ピクセル の原寸集合写真に復帰します。

マクロス・クロニクル「第45巻」第6頁より



  • Fokker_D7_at_Macross-Chronicles_Volume_45_P6

マクロス・クロニクル「第45巻」第12頁より

  • Fokker_D7_at_Macross-Chronicles_Volume_45_P12

【ターボプロップ・D7】性能数値

注意! 今世紀の最新技術による形状を模した複製機の諸元

原型機体の設計者ラインホルト・プラッツ
〔 英語 Wikipedia 解説:Reinhold Platz
用途分類古典複葉戦闘機の複製機(レプリカ)。
曲技飛行強度強化機。
所有個人用途
乗員操縦士のみ
翼幅8.93 m
全高2.80 m
全長6.93 m
空虚重量698 kg�
標準重量850 kg
(内部燃料満載。乗員+装具重量合計 80�)
発動機チュルボメカアスタゾウ
TurbomécaAstazou】×1基
発動機要目重量 110 kg 。 最大回転数 40,000 rpm
最大出力240 kW (320 shp)を200ehpに減格使用
最大速度186 km/h
飛行継続時間72 分(時速150km 平均の飛行距離、約180km)
輸送(フェリ‐)航続距離約360km 。於:経済速度156km/h
(過荷重 1,020kg、左右両翼上に増設タンク各1基、総計2基)
武装非武装
ターボプロップエンジンでは後方へ向けての排気もジェット効果を持つ。この推力をそのときの飛行条件をもとに馬力換算し軸出力に加えた換算馬力 (ehp,equivalent shaft horse power)を上記軸出力の代わりに用いて計算するもの。
単位は kg / (ehp・h) となる。一般に sfc より esfc の方が 5 ないし 10 %低くなるが、排気ジェット推力の換算に飛行条件の要素が加わるため変化する。ターボシャフトエンジンではこの esfc は用いられない。


Equipment Type: combat airplane replica
Government: privately owned
Accommodation: pilot only
Dimensions: wingspan 8.93 meters; height 2.80 meters; length 6.93 meters
Mass: empty 0.698 metric tons; standard T-O 0.850 metric tons
Power Plant: 1 × turboprop engine.
Performance: 186 km/h
Armament: none.

原型機【D VII】の寸法と性能数値

初飛行1918年
全幅8.90 m
全長6.95 m
全高2.75 m
翼面積20.50 m2
空虚重量735 kg
通常離陸重量880 kg
発動機「BMW III a」航空機用水冷直列6気筒レシプロエンジン ×1基
出力185 馬力
最高速度186 km/h
飛行継続時間1時間30 分(約250km)
最大上昇率313 m/分
飛行上限高度7,000 m
乗員1 名
武装シュパンダウ区造兵廠LMG 08/15 7.92 mm機銃 ×2 挺

原型機の開発と製造・就役履歴

ウィキペデイア日本語版「フォッカー D.VII (航空機) 」より

西暦1917年に、当時のドイツ帝国航空隊から出されたメルセデス製エンジンを搭載した戦闘機の仕様に従って、フォッカー社のラインホルト・プラッツ技師は新型の複葉戦闘機フォッカー D.VIIの試作機を1918年に完成させた。

この機体は、成功作であった三葉機「フォッカー Dr.I」と多くの共通部分を持っていた。

胴体と機体構造は前任機を踏襲しており、尾翼は新設計のものに変更されていた。より高い飛行性能を得るためにより強力なエンジンが強く求められた。

このため、この複葉機には左右長と面積が大きな主翼が必要となった。

主翼の構造はDr.Iの自由支持翼に類似していたが、Dr.Iのものよりはるかに大きく厚いものであった。

これを支えるN型の支柱と胴体の間の張線は廃止されていた。

エンジン系統は、初期型ではメルツェーデス製の160 馬力のエンジンD.IIIが搭載された。

後にはいくつかのエンジンが搭載されたが、中でも特に強力な185 馬力の BMW III エンジンがもっとも広く使用された。

1918年1月に行われた比較審査においてD.VIIは速度性能、運動性、操縦性などライバルのどの機体よりも優れた性能を示した為、直ちに量産化の指令を受けた。

D.VIIの飛行性能は、すべての面でそれまでの主力戦闘機 アルバトロス D.V を凌いでいた。

1918年4月から就役を開始し、戦争末期の主力戦闘機とし終戦まで生産が続けられた。

前線においては連合軍機に対して速度性能でやや劣ったものの、上昇性能、運動性能、高高度性能で上回り、航空戦上で優位に立つことが出来た。

1918年11月11日にドイツは連合国に降伏したが、それまでに700機以上のD.VIIが生産されていた。

大戦中のフォッカー D.VII連合国は、戦中D.VIIをドイツ最良の戦闘機として非常に恐れていた。

そのため、終戦後にはドイツに対し可動状態の「フォッカー D.VIIと称する航空機」全機の引渡しを特に要求した。

また、終戦後の比較検査の結果、連合国ではD.VIIに匹敵する性能を持つ戦闘機はわずかにイギリスの新鋭戦闘機「ソッピース 7F.1 スナイプ」とフランスの新鋭戦闘機 「スパッド S. X III」だけであると結論付けられた。

アントニー・フォッカーは密かに数機のD.VII1 機をドイツから母国オランダへ送付した。

亡命したフォッカーはそこで新たに航空工場を立ち上げることに成功した。

第一次世界大戦後、1928年まではD.VIIの生産が続けられ、最終的に3,200機程度のD.VIIが製造された。

D.VIIは、ヨーロッパ諸国で空軍機として採用された。

ベルギー、オランダ、フィンランド、ポーランド、スイス、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、リトアニア、西ウクライナ人民共和国、ウクライナ人民共和国、ウクライナ国、ソヴィエト・ロシア、 ソ連などがその例である。

また、いくつかの発展型が開発され、現地改修機も存在した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます