" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

当時の人権団体からの抗議もありましたが、肉体労働以外に使い道が無かったゼントランの中で、彼女らの生活費を稼ぐのには手取り早い手段でした。

フォルモの概念自体は戦後地球上でも当初は実現出来ていた・・・

概要

マクロスフロンティア特有のゼントラーディ人の通常態、人類定義では「巨人態」専用の居住区(居住船)。
ゼントラーディ人に対して門戸を開くフロンティア政府特有の租界である。

フォルモの消失(失楽園≒パラダイス・ロスト)

第12話「ファステスト・デリバリー」【Fastest Delivary】の回において、グレイス・オコナーの策略により、惑星「ガリア4」を飲み込んだ「ディメンション・イーター」

第21話「蒼のエーテル」の回において、ルカ・アンジェローニの提案した作戦により、アイランド3(フォルモのある船団内のブロックを行政府ではこう呼ぶ)は、バジュラを殲滅する為の囮として使われ、ランカ・リーの唄「アイモ」によって、引き寄せられた、バジュラと共に、LAI が開発した半径50 kmの空間を切り取って食い尽くすという小型のフォールド爆弾()「リトルガール」【Little Girl】により消失してしまった。

超時空振動弾【Space/Time Oscillation Bomb】

超時空世紀オーガス(1983)に登場する「超時空振動弾」【Space/Time Oscillation Bomb】

【ABC / Atomic,Biological,Chemical】(核兵器、生物兵器、化学兵器)に次ぐ次元兵器、通称「D兵器」【Dimensional weapons】と呼ばれる*1に類似している。

巨人とマイクローンの体躯差生物間の共存環境設定



(本編第5話「スター・デイト」より。「フォルモ」回廊付近撮影)

マイクローン(Mäi-Clüanë)・サイズの人類が踏み潰されたりしないよう、人類サイズの回廊は別構造になっているが、基本的には両種族の共存を前提とした設計がなされている。

マイクローン【Mäi-Clüanë】用回廊の構造


(本編第5話「スター・デイト」より。「フォルモ」マイクローン【 Mäi-Clüanë 】回廊側より撮影)

なお、マイクローン【Mäi-Clüanë】側回廊は巨人達の目線より多少下にあり、ここに巨人サイズ向けの衣料品・下着の広告や花などの観賞商品の展示を行っているショップも多い。



(本編第5話「スター・デイト」より。「フォルモ」マイクローン【Mäi-Clüanë】&ゼントラン回廊共有域側より撮影)

商店街の広告と商品

商品の説明は基本的にゼントラーディ語でなされている。

また強度もオーバーテクノロジーにより巨人の使用に充分に耐えうるものである。



(前記注に同。「フォルモ」巨人用広場からマイクローン(Mäi-Clüanë)用の風船をせがむ子供に風船を買ってやる巨人女性)

ゼントラーディ人の生殖への疑問

本来標準サイズ(巨人体躯規格)では性交による生殖機能を持たず、クローン装置で擬似単為生殖により子孫を増やす以外に手段の無い筈のゼントラーディ人に「子供」の存在が確認されており、今後のフロンティア行政府の情報公開が待たれる。

なお、マイクローン【Mäi-Clüanë】の縮小体躯ではマイクローン化装置の高度な再構成機能により、プロトカルチャー (太古の異星人) と同様の身体への原子段階にまで及ぶ再構成が行われる為、生殖交接には特に支障の無いことが、既に第一次星間大戦末期間にミリア・ファリーナクアドラノ直衛艦隊【Quadrano Fleet】・(元)一級空士長 の縮小化の事例により確認されている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます