" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

語源 > Wikipedia より

エクスカリバー(英語: Excalibur)は、アーサー王伝説に登場する、アーサー王が持つとされる剣。

魔法の力が宿るとされ、ブリテン島の正当な統治者の象徴とされることもある。

同じくアーサー王伝説に登場し、アーサーの血筋を証明する 『“石に刺さった剣”』 と同じものとされることがあるが、別物とされることもある。

概要

本計画は、2002年2月に開始されたプロジェクト・バルキリー【Project VALKYLIE】に5ヶ月先行して発表された。
落下した異星人の宇宙船【ASS-1 未知の異星人艦船(シアン・マクロス級)】西側先進諸国で設立したオーテック?【OTEC】社の解析により「戦闘艦船」であることが判明し、
その名称をSDF-1 マクロスと改称した直後のことであった。

プロジェクト・エクスキャリヴァー

プロジェクト・エクスキャリヴァー【 "Project Excalibur" 】は、単に人型戦闘車輌であるデストロイド開発計画とも呼ばれるが、調査された戦闘艦の持ち主が人類の5倍〜7倍程度の巨人であるという、途方も無い現実に危惧を抱いた地球統合政府は、オーバー・テクノロジー・オブ・マクロス【Over Technology of Macross】OTMを一刻も早く応用した、対巨大異星人用の人型戦闘車輌を開発する必要に迫られた。

巨大異星人の戦術は、( 後に誤算であると判明したが )、上陸部隊を用いての惑星占領と予想された為、新設された統合陸軍の責任は重大であった。


開発責任者の選定

責任者には、アナトール・エリ・レオナルド(当時の階級は大佐【Colonel】) が選定されたが彼の提案は、大艦巨砲主義の申し子のような HWR-00-Mk.II デストロイド・モンスター など、頑迷な設計思想の車輌が多かった。

また、「プロジェクト・バルキリー」に対する数々の妨害工作の嫌疑が彼には掛けられ、その計画の進め方には問題が多かった。


引用
アナトール・エリ・レオナルドの記事より該当部分を引用する。詳細は彼の人物記事を参照されたい。

地球統合政府の進展を信用していなかったので、レオナルド(レナード)大佐【Colonel】は、さらに秘密の内に地球統合政府が支援する他のロボット工学技術プロジェクト【Robotechnology projects】を擱座させる為に、「トーマス・ライリー・エドワーズ」【Thomas Riley (T.R.) Edwards】を雇い入れました。

この計画は、ロイ・フォッカー【Roy Fokker】の干渉により失敗しました。

レオナルド(レナード)は、時を待つことにして、「第二次星間戦争」に導くまでの歳月の間「地球統合軍」の保護下に改訂「地球統合政府」を設立しました。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます