" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

デザインスケッチ(清書は無し)

形式番号と名称

LDR-04 "MAVERICK"
LDR-04「マーヴェリック(一匹狼)」

用途

中距離拠点・個艦防御用

解説原典更新情報

  • バージョン1.00
  • 最終更新日: 04/05/01

製作者情報

  1. ケネス・オルソンによるRPG統計と背景
  2. 宮武 一貴によるイラスト

  • (Version 1.00 - Last updated: 04/05/01)
  1. Background Information +derived from Robotech Technical Files
  2. Illustration by Kazutaka Miyatake

開発背景

第1章:開発意図

SDF-1 マクロスの冥王星宙域からの12ヶ月の地球への帰還航宙の途上、地球統合陸軍の兵器設計者達はゼントラーディ軍【Zentraedi】との継続する戦いからの戦闘データを慎重に精査しました。

オリジナルのデストロイド【Destroids】は、ゼントラーディ軍の軍事能力に関する予備情報だけで設計されていました。

幾つかの、より新しいデストロイドが、過去4ヶ月の困難な貴重な犠牲を経て得られ経験を使用することで作成されました。

地点防空が10〜50キロメートルまで可能な、重武装歩行車輌の必要性は明白でした。

他のデストロイド設計値は、SDF-1 マクロスの防御に於いて、艦から約10キロメートル外で有効でしたが、スパルタンは格闘から中距離までの広い範囲に於いて防御が可能でした。

LDR-04 マーヴェリック(マーベリック)は、統合軍主力艦の中距離拠点防空の為に設計されました

As the SDF-1 was making its 12 month to return trip to Earth, weapon designers with the Robotech Defense Forces carefully scrutinized the combat data from the continuing battles with the Zentraedi forces.
The original Destroids were designed with only preliminary information on the military capability of the Zentraedi military.
Several newer Destroid designs were created using the hard earned experience of the past 4 months.
The need for a heavily armed unit capable of point defense from 10 to 50 kilometers was obvious.
The RDF Spartan was capable to long range defense of the SDF-1 while the other destroid designs were effective out to approximately 10 kilometers.
The LDR-04 Maverick was designed for medium range point defense on RDF capital ships.

第2章:設計の特徴


統合陸軍の MBR-07 スパルタンの基本理念は維持されましたが、胴体の外装装甲とミサイル発射装置は変更されました。

肩に取り付けられた 44本 の大型長距離ミサイルに代わり、幾つかの、より小型サイル発射装置が加えられました。

2基の MM-8 中距離ミサイル・システムが、1発射装置あたり3回の再装填で8本の中距離ミサイルを発火させることが可能なように、肩部に設置されます。

下部に取り付けられているのは、それぞれ2基の長射程ミサイルを支える6本の長距離発射装置です。
これらは、マーヴェリックに合計64本の中距離ミサイルと12本の長距離ミサイルによる防衛能力を与えます。

拠点防空と対ミサイル迎撃(防衛)の為に、40mm の単砲身の薬莢不要【caselesss】のコルトブローニング・-17型 の自動砲が先端に取り付けられました。

The basic frame of the RDF Spartan was kept;however the exterior torso armor and missile launchers were changed.
In place of the massive 44 long range missiles mounted on either shoulder several smaller missile launchers were added.
Two MM-8 medium range missile systems are mounted on either shoulder capable of firing eight medium range missiles with three reloads per launcher.
Mounted underneath are six long range launchers each holding 2 long range missiles.
This gives the Maverick a total of 64 medium and 12 long range missiles.
For point defense and anti-missile protection a single 40mm caselesss Colt-17 autocannon was mounted on top.

第3章:生産と配備


合計72輌のマーヴェリック【Mavericks】が、2009年7月から2011年5月までに製造されました。
45輌は、来るべきゼントラーディ軍の襲撃に対する統合軍アラスカ本部基地(と「グランド・キャノン」)の防衛保護のために地球で組立てられて、アラスカ本部基地の周りに配置されました。

一方SDF-1 マクロス上の生産施設はそれらの製造ラインをより新しい設計車輌に適合させる際に苦労しました。

その結果、17輌の貧弱な生産合計が SDF-1 で組み立てられました。

地球の2011年5月に於けるゼントラーディ基幹艦隊の襲撃の際、アラスカ本部基地の周囲に配置されたマーヴェリック【Maverick】の全ては、その後のゼントラーディ軍の爆撃の間、一度もその搭載火器を発射することも無く破壊されました。

残っている車輌は、戦いの狭間を見事に生き残ったSDF-1 マクロスの艦上に配置されました。

しかしながら10輌は、艦内に侵入してくるゼントラーディ機動兵器【Zentraedi mecha】の波に対して、SDF-1 を防御しながら、破壊されました。

残っている7輌は、戦いの直後に予備役に置かれて、予備部品【スペア】の為に、第二次 星間戦争の間、地球統合軍の残存兵力によって部品取りの為に剥ぎ取られました。

A total of 72 Mavericks were built from July 2009 to May 2011.
Forty-Five units were built on earth and stationed around Alaska base for protection against any Zentraedi assault, while production facilities on the SDF-1 had difficulties in adapting their production line to the newer design.

As a result a meager total of 17 units were built on the SDF-1.
During the Zentraedi assault on Earth on May 2011 all of the Mavericks stationed around Alaska base were destroyed without firing a shot during the subsequent Zentraedi bombardment.

The remaining units were stationed on board the SDF-1 performed admirably during the battle;
however, 10 of the units were destroyed defending the SDF-1 against the waves of incoming Zentraedi mecha.
The remaining seven units were placed in reserve immediately after the battle and were stripped for spare parts by the remaining RDF forces during the Second Robotech War.

RPG統計

RPG STATS
車輌種別
1名又は2名の乗員による、全天候・重戦闘デストロイド機動兵器

Vehicle Type:One/two man, all weather heavy main battle Destroid mecha.
分類級
デストロイド

Class:Destroid
開発指示者
地球統合軍

Manufacturer:Robotech Defense Forces
乗員構成
戦術生命維持装置を着用した1名、或いは合計2名の操縦士

Crew:One/Two pilot(s) wearing Tactical Life Support System.

愛称

マーヴェリック
(一匹狼)

Location:Maverick

電子装置

  1. LHFレーダー/センサー・ユニット
  2. X-帯域電波探索装置
帯域表記の註記
★ Xバンド:8GHz〜12GHz 。
☆ “LHF”は、LF(low frequency)とHF(high frequency)の合成語。長波(30kHz - 300kHz)から短波(3 - 30MHz)までをカバーする可変帯域レーダー。

LHF Radar/Sensor Unit
X-Band Radar unit

注意

頂部に設置された監視レーダーを破壊すると、マーヴェリック【Maverick】の長距離レーダーシステムは損なわれるでしょう。
中央胴体のX-帯域レーダーシステムを破壊すると、火器管制装置の有効性は減少するでしょう、そして、車輌は行進間射撃【a -1 to strike】*1に苦労することになるでしょう。

Destroying top mounted surveillance radar will disable the Maverick's long range radar system.
Destroying the X-Band radar system in the center torso will reduce the effectiveness of the fire control system and the mecha will suffer a -1 to strike.

性能

最大走行速度96 kph
跳躍能力反動推進機関(スラスター)無しでの 20 m
跳躍飛行能力2分間の 281kph の跳躍飛行
最大推力背部 AST-06 複列(デュアル)反動推進機関(スラスター)集合体×2基による15 kN .

  • SPEEDS:RUNNING:96 kph
  • LEAPING:20 meters without thrusters.
  • FLYING:281 kph for two minutes
  • MAX ENGINE THRUST:2 x AST-06 dual thruster banks on back:total thrust 15 kN

寸法

全高13.9m
深さ6.0m
全幅9.3m
全備重量35.7トン

HEIGHT13.9m
DEPTH6.0m
BREADTH9.3m
WEIGHT35.7 metric tons
(fully loaded)

物理強度

  • 60 P.S.と等しい。

  • PHYSICAL STRENGTH:Equal to a P.S. of 60

貨物

  • 身の回り品のための操縦席の後ろの小さい区画。

  • CARGO:Small compartment behind pilot's seat for personal belongings

動力源

主動力源RRL-1A 超小型プロトカルチャー (資源)【Protoculture】電池エネルギー供給装置(エネルガイザー)×1基。

最大 12年間 の作戦使用の為の 27 MW の出力。
二次動力源ジェネラル・エレクトリック【General Electric / GE】 EM9G 水素/酸素 燃料電池。12時間の450kW の電力発生維持。

POWER PLANT:
  • Primary: 1 x RRL-1A miniaturized protoculture-cell energizer.
Output of 27 MW for a maximum of 12 years of operational use.
  • Secondary: GE EM9G hydrogen/oxygen fuel cell, 450 kW for twelve hours.

デルタ-V【δ-V】

デルタ-V【δ-V】選択装備
  • 背部の AST-06 四列(クアド/ quad )反動推進機関(スラスタ−)。最大デルタ-垢蓮25 kps.

DELTA-V:
δ-V:Optional: 1xAST-06 quad thruster on back. Maximum delta-V of 25 kps.

兵装システム

コルト・ファイヤーアームズ M-107 40.0 mm 自動砲1門の単砲身の 40.0mmの自動砲がマーヴェリックの頭頂部先端に装備されます。
M-107は、毎分 200 発の発射速度で高初速の無薬莢(カートリッジレス)の砲弾を発火します。
コルトM-107 は主として、内部装弾数の(追加弾倉無しの) 600 発の装弾量を以って、1,000 m 未満の侵入目標に対する拠点/個艦防御に使用されます。
主使用目的敵機動兵器
二次使用目的ミサイル防衛
有効射程600 m
装弾量200発、40回の短バースト射撃、20回の長バースト射撃、または10回のフルオート射撃。
バースト(射撃)
銃をフルオート射撃する時、引き金を引き続けるのではなく、間を置いて引き金を引く事。

フルオート射撃を続けると、反動で銃身がぶれるために散布界が広がったり、銃身が焼きついたり、弾丸を浪費したりするなどのデメリットがある為に、よほどの接近戦でない限りバースト射撃が行われる。

銃によっては自動で出来るタイプもあるため、射手が手動で行う場合は指切りバーストとも呼ばれる。

SHULIN-2
長距離ミサイル発射装置
Maverickは、中距離ミサイル発射装置の両方の下に6つの長距離ミサイル発射装置を設置します。
各発射装置は1回の再装填について、点火準備中の1本のミサイルの用意がある。
主目的襲撃/防衛
副目的対人員(巨人)
有効射程ミサイルの種類に応じて異なる。
与損害率ミサイルの種類に応じて異なる。
発射選択1、2、3、4、5、または全6本のミサイル
搭載量総計12本の長距離ミサイルの為に、1本の発射筒当たり2本のミサイルを有する

ボーイング MM-8
中距離ミサイル 発射筒
×2基。2本の中距離ミサイル発射筒は両腕部に装置される。
3回の再装填分を有する発射装置の総計40発の中距離ミサイルの搭載数につき、各ミサイル発射筒は点火準備の済んだ8本のミサイルを有する。
主目的襲撃/防衛
副目的対機動兵器
有効射程ミサイルの種類に応じて異なる。
与損害率ミサイルの種類に応じて異なる。
発射選択1回につき1発射の単射、又は 2、3、4、5 または全16本のミサイル一斉発射
搭載量総計64本の中距離ミサイル。

  • WEAPON SYSTEMS:
1x COLT M-107 40.0mm AUTOCANNON:A single 40.0 mm auto-cannon is mounted on the top of the maverick.
The M-107 fires caseless hypervelocity rounds at a rate of 200 rounds per minute.
The M-107 is primarily used for point defense against incoming targets can ranges less than 1000m The M-107 has an internal ammunition supply of 600 rounds.
PRIMARY PURPOSE:Anti-mecha
SECONDARY PURPOSE:Anti-Missile
RANGE600 m
DAMAGE: 4D4 for a short burst, 4D6 for a medium bursts, or 1D4*10 for a full melee burst for each gun.
RATE OF FIRE: Equal to the combined attacks of the pilot.
PAYLOAD: 200 rounds, or 40 short bursts, or 20 long bursts or 10 full melee bursts.
6x SHULIN-2 LONG RANGE MISSILE LAUNCHERS:The Maverick has six long range missile launchers mounted under both of the medium range missile launchers.
Each launcher holds a single missile ready to fire with a single reload.
PRIMARY PURPOSE:Assault/Defense
SECONDARY PURPOSE:Anti-personnel
RANGE:Varies with missile type
DAMAGE:Varies with missile type
RATE OF FIRE:One, two, three, four, five, or all 6 missiles
PAYLOAD:2 missiles per launcher for a total of 12 long range missiles
2 x BOEING MM-8 MEDIUM RANGE MISSILE LAUNCHERS:Two medium range missile launcher are mounted on either arm.
Each missile launch holds eight missiles ready to fire with 3 reloads for a total compliment of 40 mediumrange missiles per launcher.
PRIMARY PURPOSE:Assault
SECONDARY PURPOSE:Anti-Mecha
RANGE:Varies with missile type.
DAMAGE:Varies with missile type.
RATE OF FIRE:One at a time or in volleys of 2, 3, 4,5,6,7,8, or 16
PAYLOAD:64 medium range missiles

格闘戦闘

  • 必要なら、マーヴェリックは火器使用よりも格闘で噛み合うことができます。
    しかしながら、腕の欠如を理由として、格闘戦闘は最期の切り札として利用されるに過ぎません。
  • マーヴェリックは、格闘手段として、上半身の回転による発射筒部位による打撃、脚の蹴り等による衝撃のような手段を実行可能です。
これらは『卓上会話・役割演義遊戯』/テーブル・トーク・ロール・プレイング・ゲーム【TRPG】製作用の参考値(多くは行為判定正六面体ダイス値)であって、( 車輌・航空機・艦船・機動兵器・デストロイド/バトロイド/ベリテック)の想定値とは無関係の参考値です。
効果:
  • キック:4D6
  • 跳躍キック:6D6
  • ボディーブロック/組み付き(タックル):2D6
  • 踏み潰し:4D6 (小さい対象物に対してのみ有効なだけの)

HAND TO HAND COMBAT:
If necessary, the Maverick can engage in melee combat rather than use a weapon;however, hand to hand attacks are only used as a weapon of last resort because of the unit's lack of hands.
The Maverick can execute hand to hand attacks such as rolling with the impact, and kicks. s

DAMAGE:Kick:4D6 / Leap Kick:6D6 / Body Block/Tackle:2D6 / Stomp:4D6 . (only effective against small objects)

マーヴェリック標準装備

  • STANDARD EQUIPMENT FOR THE MAVERICK:

【戦闘コンピューター】

IBM-200戦闘コンピューターは、敵の軍隊の戦闘中でも、データを分析して格納可能。
特定の敵の目標を追跡・特定して、10,000以上の画像のデータベースをメモリーに保管可能。

コンピュータは、同時に最高500の目標を特定・追跡することが可能。
コンピュータは、同時に最大20個の目標を特定・追跡可能。

  • COMBAT COMPUTER:
The Maverick is equipped with a combat computer that can store and analyze data during combat with hostileforces.
The combat computer tracks and identifies specific enemy targets, and has a database of over 500 images storedin memory.
The computer can identify and track up to 20 targets simultaneously.

外部音声電子装備

外部音声ピックアップAURUMA-PU-166有効集音範囲:300ft (91.5m) 。

最高300フィート離れて通常の会話が可能な音声拡大システム。
ラウドスピーカー

(拡声器)
AURUMA-AC-130操縦繭(まゆ)に組込まれ、90dbまで操縦者の音声を増幅可能。

EXTERNAL AUDIO PICKUP:Range:300 ft (91.5 m).
A sound amplification system that can pick up normal conversation up to 300 feet away.
LOUDSPEAKER:A loudspeaker system is built into the craft, which can be used to amplify the pilot's voice up to 90 decibels.

熱と放射線遮蔽

特別のシールドが、生命の危険を脅かす、熱と放射線の浸透を防ぎます。
シールドと放射水準に何か異常な値の破裂があれば、放射検出と警報装置は、シールドと連繋して、警鐘を打ち鳴らすでしょう。

HEAT AND RADIATION SHIELDS:Special shielding prevents the penetration of life threatening heat and radiation.
A radiation detection and alarm system are linked with the shields and will sound an alarm if there is a rupture in the shields and what the levels of radiation are.

自動誘導信号

ホーミング・シグナルRomanian HS/TR-41有効発振距離400マイル(640km)。マーヴェリックは、救助隊により、不時着又は使用不可の車輛、又は射出座席と共に放出された生命救助ポッドの位置を突き止めることを可能にするホーミング(帰巣・回帰性)装置を備えている。信号の範囲は、400マイル(640km)。

大部分の遠征艦隊軍艦船とベリテックデストロイド等の戦闘機体は帰還信号を傍受・追跡が可能。そして、そのような信号が見つけられるならば、搭載コンピュータはそれらのパイロットに自動的に通知する。

HOMING SIGNAL:The Maverick is equipped with a homing device that enables rescue teams to locate a disabled craft or ejectedlife pod.
The range of the signal is 400 miles (640 km).
Most RDF ships and veritechs can locate and track a homing signal, and the onboard computers will automaticallynotify their pilots if such a signal is detected.

光学電子装備

トムソン CSF LT-3多波長・レーザー光波測距儀とレーザー目標指示装置(ディジネーター)。
有効範囲は10マイル(160km)。敵目標を叩く際の精度増加の為に使われた。機体の打撃利得増加に関して部分的に責任を受け持つ。

THOMSON LT-3MULTI-FREQUENCY LASER RANGER AND DESIGNATOR:Range:10 miles (160 km).
Used for increased accuracy in the striking of enemy targets and is partly responsible for the mecha's strike-bonus.

赤外線/熱・画像化電子装置

項目システム・スイートの各機能の説明
光学(赤外線)有効範囲:2,000 ft(1,000 m)。

この光学システムは、通常目に見えないが、機械センサーで見つけられる赤外線光の光線(ビーム)を投射する。

システムによって、パイロットが彼らの赤外線反射によって隠れた、又は隠された物を発見可能。しかし、光線は「IRに敏感な光学」(赤外線感光レンズ)で誰の目にも見えるようになる。
光学(夜間暗視装置)有効範囲:1,000 m。

受動的な光学映像増倍管は、自ら光を発しないが、可視化映像を生み出す為に電子的増幅される環境光(Ambient light)に依存する。
光学(熱線暗視装置)
Zeiss TSA-04
有効範囲:2,000ft(610 m)。

暖かい物体からの赤外線放射を探知し、そのデータを擬似色可視画像に変換する、昼間でも使用可能な受動的な光学的熱センサー。

システムはパイロットに、闇間(dark)、影(夕闇-shadow)で、そし、煙の背後まで見通せる。加えて操作者の追跡技術の習熟度により、+10%程度の利得(Bonus)向上が可能。

OPTICS:INFRARED:Range:2000 feet (610 m).
This optical system projects a beam of infrared light that is invisible to the normal eye, but detectable by the mecha's sensors.
The system allows the pilot to detect hidden/concealed objects by their IR reflectiveness.
The beam will be visible to anyone with IR sensitive optics, however.
OPTICS:NIGHTVISION:Range:2000 feet (610 m).
A passive light image intensifier that emits no light of its own, but relies on ambient light which is electronically amplified to produce a visible picture.
OPTICS:THERMAL IMAGER:Range:2000 feet (610 m).
A passive optical heat sensor that detects infrared radiation projected by warm objects and converts that datainto a false-color visible image.
The system enables the pilot to see in the dark, in shadows, and through smoke, and also adds a +10% bonus topilots using a tracking skill.

レーダー(電波捜索・探知機)

ヒューズ APG-198短距離(45km) Xバンド・パルスドップラー・フェーズド・アレイ・UWB レーダー。
  • ★ X バンド:8GHZ〜12GHZ 軍事通信・気象衛星・地球観測衛星用。
  • ★ UWB = Ultra Wide Band (超広帯域)
レイセオン LHF-レーダー:長距離監視レーダーは、マーヴェリックの頭頂上に取り付けられる。
このユニットは200キロメートルの有効監視半径を提供する。
  • ☆ “LHF”は、LF(low frequency)とHF(high frequency)の合成語。長波(30kHz - 300kHz)から短波(3 - 30MHz)までをカバーする可変帯域レーダー。

  • RADAR:
Hughes APG-198 short range (45 km) X band pulse Doppler phased array UWB radar.
RAYTHEON LHF-RADAR:A long range surveillance radar is mounted on top of the Maverick.
This unit provides coverage out to 200 kilometers.

無線/映像 通信装置:

ラジオ/ビデオ・コミュニケーション長距離、衛星中継能力による双方向通信システム。

通信範囲:600マイル(960km)は、衛星リレー中継によって無期限に増幅可能。

  • RADIO/VIDEO COMMUNICATION:Long range, directional communications system with satellite relay capabilities.
  • Range:600 miles (960 km) or can be boosted indefinitely via satellite relay.

機密保持装置

自爆装置敵による捕獲を防ぐために、パイロットは「マーヴェリック」を自然崩壊させるシステムを起動させることが可能。

そして、それはデストロイドに最高60分(時間は、パイロットにより設定可能)の遅延の後、爆発する。

爆発被害は20フィート(6m)域の中で含まれ、爆発の半径の範囲内で、全ての対象に損害及び損傷を負わせる。

当然ながらこれにより全ての機体内部の構成システムは消滅する。

SELF-DESTRUCT:To prevent capture of an advance variable fighter by the enemy, the pilot can activate the Maverick self-destruct system, which will cause the fighter to explode after a delay of up to 60 minutes (time is set by thepilot).
The explosive damage is contained within a 20 foot (6 m) area and inflicts 1D6x10 M.D. to everything within theradius of the explosion.
All internal systems are obliterated.

標準搭載のサバイバル・キット

標準サバイバルキット全てのUEEF遠征艦隊軍所属デストロイド車輛が装備する、携帯用のサバイバルキット。

小さな補強された箱の内部には、

・中型フラッシュ、

・2つの手持ち信号紅炎(hand flares)、

・1つのロケット照明弾、

・コンパス、

・赤外線遠距離双眼鏡(infrared distancing binoculars)、

・小型の手鏡、

・ポケットナイフ、

・乾燥&濃縮食物(1人用ならば5日間分の供給に拡張可能)

・基本的な応急手当アイテム (アスピリン、包帯、殺菌剤、その他)、


が含まれる。

  • STANDARD SURVIVAL KIT:All RDFs mecha come equipped with a portable survival kit.
    Inside the small reinforced box is a medium-sized flashlight, two hand flares, one rocket flare, a compass,infrared distancing binoculars, a small mirror, a pocket knife, dehydrated and concentrated food (can bestretched into a five day supply for one person) and basic first aid items (aspirin, bandages, disinfectants, etc.)

戦術生命維持システム

マーヴェリックは与圧され、そのうえ追加の空気供給を加圧した呼吸を提供するパイロットのフライトスーツに提供する

UEEF艦隊フライト・スーツも、高G旋回の間さえ、血液循環を促進し、操縦士が高荷重環境において意識を失う(ブラック・アウト)可能性を減少させる上下のG-スーツを含む。

  • TACTICAL LIFE SUPPORT SYSTEM:
The Maverick's cockpit is pressurized, and also provides additional air feeds to the pilot's flight suit thatprovides him with pressurized breathing.

電子警戒警報装置

電波探知機・警告受信機

エレクトロニカ【ELETTRONICA】

レーダー警告受信機 (型番不明)(RWR)
RF(レーダー誘導/無線周波)誘導ミサイルからの全ての方位【all-aspect】における広帯域の検出警告による保護。
OLDELFT(オルデルフト)

赤外線警告レシーバー(IRWR)
IR(赤外線誘導ミサイル)からのリア・アスペクト攻撃からの保護を提供する。
ウェスティングハウス・エレクトリック ALQ-250(V)

・アクティブ・ センサージャマー
内部ECMは広帯域の保護を提供する。推定システム有効放射出力 50 dbw.
フォードCLL-3ミサイル・ボックス・ランチャー《チャフ&フレア・ディスペンサー(散布器)》3基の発射装置がそれぞれ脚に取り付けられる。各々の箱の発射装置は4本の短距離チャフ/煙/ジャマーの積み込まれたロケット弾を最大250m外ま投擲(とうてき)可能。
  • その他、能動的なミサイル妨害装置各種。

  • ELETTRONICA RADAR WARNING RECEIVER (RWR)
  • OLDEFT INFRA-RED WARNING RECEIVER (IRWR)
  • WESTINGHOUSE ALQ-198(V) ACTIVE SENSOR JAMMER
  • FORD CLL-3 MISSILE BOX LAUNCHERS:Three launchers are mounted on either leg. Each box launcher can hold 4 short range chaff/smoke/jammerloaded rocket-propelled grenades out to a maximum distance of 250 m.
  • ACTIVE MISSILE JAMMERS

マーヴェリック訓練に於ける戦闘利得

  • 乱闘(パイロットに加えるもの)当たり2攻撃。レベル6と11で1つの追加措置/攻撃を加えます。
  1. 打撃12
  2. 受流し10
  3. 回避11
パンチとともに転がるか、衝撃で転倒する12(半分だけ損害を減らす)。
クリティカルな打撃は、パイロットの生身の格闘に於ける判定に準ずる

  • COMBAT BONUSES FOR MAVERICK TRAINING:
2 attacks per melee (plus those of the pilot).
Add one additional action/attack at levels six and eleven.
12 to strike
10 to parry
11 to dodge

12 to roll with a punch or fall with an impact, reducing damage by half. Critical strike same as pilot's hand-to-hand.

この設計の参照利用先

  1. ロボテック技術ファイル: RDF デストロイド
  2. パラディウム・ブックス:ロボテック・ロールプレイング・ゲーム
  3. 新マクロス・アーカイブ:LDR-04 マーヴェリック
  4. マクロス:『リメンバー・ミー』日本電気 PC9801 専用コンピューターゲーム

  • REFERENCES USED IN THIS DESIGN
  1. Robotech Technical Files:RDF Destroids
  2. Palladium Books:Robotech The Roll Playing Game
  3. New Macross Archives:LDR-04 Maverick
  4. Macross:Remember ME NEC PC9801

関連記事

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます