" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

運命の接触

氏名

マクシミリアン・フォッケ

氏名英文

【Maximilian Focke】

主な搭乗機体

  1. F-203 ドラゴン II【F-203 Dragon II】
  2. YVM-29 ラースタチュカ・ビス【Ласточка до】/『飛燕改』/【YVM-29 "BLUE MAX"】

素顔【Maximilian Focke】

運命の対峙

家族(一人娘)

アナスタシア・フォッケ【Anastasia Focke】という名前の一人娘が居た。

VF-X-1【試作第1号機】「バルキリー」3形態可変戦闘機との関係






VF-X 1 の「中島航空発動機製造株式会社(当時)/プラット・アンド・ホイットニー【Pratt & Whitney P&W】 / ロールス・ロイス plcFF-2001プロトカルチャー (資源)核融合・反応炉」(推力:11,500kg×2)の開発は難航していました。

この為、マクドネル・ダグラス F-203「ドラゴン II」の暫定的後継機として開発された YVF-14 「タイガー・キャット」には、「アルマン TF69-A-707B 推力偏向ターボファン機関 【Arumon TF69-A-707B Vectoring Turbofan】(1基当たり通常最大推力 17,327kg + 520kg)」が搭載されました。

なおMIL規格でのオーギュメンター推力は、【38,200 ポンド/lbs】( 17,327.23 kg) です。

VF-X1・『魔の2号機』とアナスタシア

  • VF-X1_Prorotype_002 1085 X 784 ダブルクリックで復帰
VF−X2の増加試作機は、バトロイド形態への変形試験と、1号機に引き続いて全く新しい動力源である、プロトカルチャー (資源)核融合ターボファンエンジンの搭載と実用試験を主な目的にしていました。

従来の航空機とは全く異なる形態へ、しかも飛行中に空気抵抗や、重力、慣性に逆らって、各部のアクチュエーターで各部ユニットを移動させるこは、如何に高度な革新技術OTM【オーティーエム、Over Technology of Macross】を用いても、当時の科学技術力では大変な困難が伴いました。

彼女、アナスタシア【Anastasia Focke】は、自ら志願してこの困難な飛行中の変形試験に挑んだのですが、残念ながらその過程で生命を失う結果となりました。

実父フォッケはこの結果を、地球統合政府の「統合思想の過ち」、つまり烏合の衆による衆愚政治【Ochlocracy】による、エミール・ラング工学博士らのチームの指導力不足と考えました。

こうしてフォッケは、これらの技術ファイルと自らのパイロットとしての素質、更には『アルモン』【Arumon】アルマン社の技術提携以後の改良型試作機である、YVF-X14 タイガー・キャット試作2号機そのものを持って、ソビエト連邦崩壊後に再結成されたロシア社会主義独立州【Eastern Bloc Soviet Independent State /EBSIS】に亡命します。

翻訳者注記

この設定はベン・ディクソンの戦死の設定根拠、つまり『バトルシテイ・メガロード』/『超弩級要塞・メガロード』企画時代の以下の設定を性別変更して適用したものということです。

VF−X1−2(魔の2号機)

リサ・ハイエス【Lisa Hayes】に、今は亡き一人娘への面影をみる


過去は過ぎ去り、もう1つの現実ではロイは帰らぬ人となり・・・・

  • 第33話「レイニー・ナイト」(雨の夜)【Rainy Night】

関連記事

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます