" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ロボテック:実写映画の構成案


( Japanese language translation )

Tatsunoko Production appeared as a director of Tatsunoko at Harmony Gold Ltd (Hong Kong) at the time of signing the original license agreement with Robotech on September 11, 1984 to the US Initial agreement concluded above, despite the fact that no agreement item regarding the right to sell media to the copyright manager of the original Japanese work was assumed, the Robotech series home video software (VHS, VFA-6 LEGIOSS and other deformed toys that appear in "shadow · chronicle" sold by Toyami , fee-based web distribution of works, media sales income such as Blu- Since royalty was not paid since the original contract was concluded in 1985, it is a breach of contract, and in November 2016 to Harmony Gold USA , Asked for the cumulative sum of the above-mentioned right and the earlier dollars of 15 million US dollars (1,663,035,000 yen in terms of Japanese yen, about 1,663 million yen), but this is indeed an unjustified claim in the competent court It was dismissed from California state court there was.

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%9C%E...

(Original Japanese language)

タツノコ・プロダクションは 1984年9月11日の原初のロボテックの米国へのライセンス付与契約締結当時、「ハーモニーゴールド株式会社〔香港〕」 ( Harmony Gold Ltd (Hong Kong) ) においてタツノコ側の取締役が出頭の上で締結された[11]当初の契約には日本側の原作の著作権管理者に対する媒体販売の権利に関する契約項目が想定されていないにも関わらず、ロボテックシリーズの家庭用ビデオソフトウェア( VHS 、 作品の有償ウェブ配信、Blu-ray 、DVD などの媒体販売収入 ) 、およびトイナミ ( Toynami ) が販売する『シャドウ・クロニクル』〔影の年代記〕に登場するVFA-6 レギオス ほか変形玩具の販売に関する権利金 ( ロイヤルティー ) が、1985年の原初の契約締結以来、支払われておらず契約違反だとして、ハーモニーゴールド USA社に対して2016年11月に、過去から遡った前記権利金の累積総額として、1,500万米ドル ( 日本円換算で 1,663,035,000円 、約16億6,300万円 ) を求めたが、これはさすがに不当な請求であるとして、管轄裁判所であったカリフォルニア州裁判所 (アメリカ合衆国)より却下されている。

ロボテック II:センチネルズ-【 太空堡垒 哨兵 】より



うわさ
そのむかし高畑勲が旧知の吉田竜夫と出先で出会って話し込んでいるとタツノコのTVアニメの放映権がアメリカで売れたとかでそのまま飲みに行くことになった。 そういえばいくらで売れたのかと聞くと吉田氏は満足気に60万円程と答えた。 酔いが回っていたのと奢りということもありその場はそれは良かったなと一緒になって喜んでいたそうだけど、酔いが醒めてから冷静に考えてみたら、このままいくと日本のアニメはやっぱりヤバいんじゃないかと暗い気持ちになったらしい。

スタジオぬえ を用いずに

  1. 旗艦「リベレーター
  2. 戦艦 雷(イカヅチ)級・超時空大型戦艦【 Ikazuchi-class Super Dimensional Large Cruiser,SCB】
  3. 軽巡「ガーフィッシュ

  • クリックにて原寸 1,600 pixel x 900 pixel に復帰し、実寸画像を展開します。
再現してみました!!

超時空要塞マクロス 第24話 グッバイ・ガール

シグナルだわ:「貴君の、目的の、達成と、マクロスへの、無事帰艦を、祈る」

  • JPEG 画像 ( 102.74 KB ) , 957 pixel × 639 pixel ( 660 pixel × 441 pixel で表示)

超時空シリーズ、マクロスシリーズとの相関・概念図

  • ニコニコ動画/静画/大百科のプレミアム会員加入につき、2016年2月2日に当方で最初の原型となる新記事作成。メガゾーン関連を補正頂いた“10”氏に感謝します。
ニコニコ静画 5533549i (400 x 268 pixels)



テストデザイン 『バルキリー』

全然違う!

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方

実写映画用の小道具

HBT「複合水素燃料」3号 標準規格筒 レギオス, トレッド用。 海外ロボテック版の正式名称は プロトカルチャー (資源)No.3 tube

  • 携帯電話からの閲覧用のサムネイル画像。クリックにて巨大画像〔“ 原寸 1,361 pixel x 2,048 pixel ”〕の実寸画像を展開します。

ハリウッド実写映画ロボテック マクロスサーガ用イメージボード

  • クリックにて、原寸 1,024 pixel x 647 pixel に復帰します。
許諾が必要なデザインが イメージボード中に3つも! スタジオぬえ許諾は無事取得できるのだろうか?
The required design of consent. It is three in an image board! Is studio Nue consent acquirable safely?
  1. SDF-1 マクロス
  2. VF-1 バルキリー
  3. ガウォーク
  • For viewers feel Japanese characters touch mind,willingness to read the documents is , I created above URL Web-page that describes the full text in English.

標題に関する注意

  1. 1982年10月に初回放映された日本版「超時空要塞マクロス」(初代テレビシリーズ 36話のみ、1984年7月公開の劇場版*1は対象外)と、『ロボテック:マクロス・サーガ』 は“全く別の作品”です。
  2. ですから、正確な記事のタイトルは本来『ロボテック:マクロス・サーガ実写化・和解調停案』とすべきであることは理解しています。
  3. しかし、初めてロボテックに触れる方に両者の違いを一言で説明し理解して貰うのは難しく、話を分かりやすくする為、便宜的に『ロボテック:マクロス・サーガ』の実写映画とせず『マクロス実写化・和解調停案』という記事名にしました。

The notice about the title of this webpage
  1. Original Japan version of the first broadcasting in October 1982 "The Super Dimension Fortress Macross " (only first generation TV series 36-episodes, The Movie DYRL in July 1984 is excluded), and "Robotech: Macross Saga "That each works completely different" Is.
  2. So, I understands the title of an exact report that I should consider as "Robotech Macross Saga live-action, the settlement proposal."
  3. However, it was difficult to explain, understand and get the difference among both from the direction those who Japanese people touches the Robotech series for the first time at a word, and in order to talk intelligible, it did not consider it as the "Robotech Macross Saga live-action, the reconciliation mediation plan." for convenience, but I made it into the report name of "Macross live-action, the reconciliation mediation plan.
  • Big West Ad., and Studio-Nue and companies involved in the Harmony Gold USA,"in the opening paragraph in advance", I'll caution so there are not misunderstood.

Conclusion summary
  • In order to be able to use the live-action film production, the design of SDF-1 and VF-1 at least, Harmony Gold and "Sony Pictures and Columbia Pictures Joint venture" will be negotiated with design rights holders in Japan.
  • Consequently it may be that they choose whether payment royalty to the Big West in order to make successful live action film or they accept the movie failure risk because of whole redesign works difficulty.

大前提の確認 (法的な決着を簡潔に掲載)



ロボテック・ファン制作映像作品で書きましたが、マクロスサーガの実写映画化は「スタジオぬえ」がデザインに関して 意匠権 を持つ『VF-1 バルキリー』のデザインを使う限り、法的問題により一歩も前進出来ないでしょう。
日本国の最高裁の判決のまとめ
西暦2001年から2005年にかけて東京地方裁判所、東京高等裁判所にて、知的財産権を巡る民事訴訟が行われた。

1:著作権
製作会社のタツノコプロが、広告代理店のビックウエストと企画のスタジオぬえを相手取り、著作権はタツノコプロにあると主張して訴訟を起こした。
制作費の支出を担ったことが評価*2され「作品、より正確には“ 36本分のフィルムマスター ”の著作物としての権利」はタツノコプロが所有すると認められた。

2:図柄(デザイン)意匠権
本作の登場人物のデザイン、更には登場機体や艦船・車輛類のデザインを巡る裁判では、タツノコプロ側が敗訴し、人物と機械の図柄の 意匠権『ビックウエスト』と『スタジオぬえ』の共有である との判断(判決)がされた。

その他、本件外の注意事項
  • タツノコプロダクションが著作権放棄の内容にて テレビシリーズ全36話の「超時空要塞マクロス」を、他の2作品と一緒に売却したのは、アメリカ合衆国でのロボテックシリーズの放映が開始される1985年より以前の契約。
  • 西暦2001年から2005年にかけて為された裁判所の判決の効果は、判決以前、つまり 1985年の契約に遡及(さかのぼること)しない為、注意が必要。
  • なお、ビックウエストが制作した他のマクロスシリーズについては、タツノコ側が『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』『マクロス7』『マクロスプラス』『マクロス ダイナマイト7』『マクロス ゼロ』などについて、同社の関与のないまま類似名称の作品が制作・販売されているとして、バンダイビジュアルやビックウエストを相手取り、名称の使用差止めと賠償を求める訴訟を起こしたが、申し立ては却下されている。

Checking the major premise

I wrote about the Robotech fan film production,Argentina Creavision studio fanworks "Valkyrie project", Studio Nue has a design right for design live-action film of the Macross saga VF-1 Valkyrie, as long as they use the design of one step will not be advanced by the legal problem .

A summary of the ruling of the Supreme Court of Japan Tokyo District Court, Tokyo High Court, civil litigation over the intellectual property right has been conducted between 2001 to 2005 .
1 : Copyright
It filed a lawsuit and claims of Tatsunoko production company, sued the studio Nue of planning and Big West advertising agency , and is said to be in a Tatsunoko copyright .
" Rights as film works itself" was found Tatsunoko is owned that it was responsible for the expenditure of the production costs are evaluated .
2 : Design rights
Design of the characters of these works, in court over vehicle such vessels and aircraft the appearance (mecha) design further, Tatsunoko side is losing ,design right of the symbol of the machine and person , it is sharing with the Big West and Studio Nue judgment that is.
Others , Notes of this matter outside
Tatsunoko Productions was sold along with other two TV-series by the content of copyright abandonment of the TV-series all 36 episodes of " Macross " and , from 1985 broadcasting of ROBOTECH series in the United States is started previous agreement.
Because it is not retroactive, the effect of the judgment of the court that was made between 2001 to 2005 is necessary to pay attention to the contract prior to 1985.
It is to be noted that the Macross series of other BigWest has produced , Tatsunoko side "Macross II-LOVERS AGAIN- ", "Macross 7", "Macross Plus", "Macross Dynamite 7" and "Macross Zero", the involvement of the company filmworks similar names as being produced and sold without any , sued the Big West and Bandai Visual, and filed the lawsuit seeking damages and injunctive use of the name, but the claim has been rejected by the court in Japan.

目次 【Index】

  • ROBOTECH: New Generation (Genesis Climber MOSPEADA)
  • 超時空騎団サザンクロス (マスターズ編 または サザンクロス編)について
    •  
  • ROBOTECH: MASTERS Edition / Super Dimension Cavalry Southern Cross
  • 『スタジオぬえ』の意匠利用・権利金料率(案)
  • Royalties plan
  • 関連記事
  • 参考記事

  • それでは、映画を作ろうとすれは、どういうことになりますか?



    ハーモニーゴールド USAから実写映画化ライセンスを取得した ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ の共同事業体(旧:ワーナーブラザース)が「ロボテック:マクロス・サーガ」制作する際には、ストーリーは制約を受けないにしても、デザインは一切使うことが出来ません。

    加えて『VF-1 バルキリー』の意匠(デザイン)はもとより、意匠権を厳格に適用するならば「スタジオぬえ」発案である「ガーディアン」形態(日本版でのガウォーク形態のこと)すら使うことが出来ません。

    では、男優、女優が扮する登場人物は安心かといえば「配役自体は実在の俳優が肖像権を持つ」為に問題ありませんが、衣装はやはり、日本のスタジオぬえと、ビックウエスト・フロンティアが権利を持っている為、訴訟となれば ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ の共同事業体(旧:ワーナーブラザース)は全く別の衣装デザインを考案するより仕方ありません。

    「バルキリー」の名称すら、日本国内ではビックウエストが商標登録を設定している為、日本国内への配給時点で「ワルキューレ」、「ワルキュリー」などの代替名を振り付けする以外には回避の手段が無くなります。

    これらを全て封じられた『マクロス・サーガ』が、もし無事に公開出来たとしても、観客はこのように口にしながら映画館を途中で退出してしまうかもしれません。
    我々の観たかったマクロスは、こんな作品ではない!(IT IS NOT THIS! /コレジャナイ!)

    So what they try to make live-action film, What's going to happen?

    "Sony Pictures and Columbia Pictures Joint venture" has acquired the live-action film adaptation license from Harmony Gold USA is : When to "Robotech Macross Saga" production , that story itself even when not restricted, however they will not be able to use any design.
    Well as design of " VF-1 Valkyrie " the design, they will not be able to use even Gerwalk in Japan, which is the brainchild of "Studio Nue", The Guardian configuration strictly in addition .
    So, no problem, real-life actor has the right of publicity is cast of actor itself for speaking character actor,actress played by and or peace of mind , but still, it "Studio Nue" of Japan ,costumes rights Big West Frontier because they have,there is no choice but to devise costume design completely different Warner Brothers if it becomes litigation .
    Even the nickname of "Valkyrie", for the Big West has set the trademark registration in Japan, means of avoidance will be lost in addition to choreography alternative names such as " Walkyrie " at the distribution point in Japan.

    Even if the safety was able to show "Macross saga" enfeoffed all the use of these designs as, the audience may leave a movie theater on the way while feeling the impression that I write below.
    "Macross, we have wanted to see are not in such film !" (IT IS NOT THIS! / Kore Janai ! )

    判決を守ればこうなる

    • 艦船デザインも使えない! SDF-3 パイオニア のデザインを代用しますか?

    It becomes like this if the film production incompliance with the judgment
    • Can not be used also ship design! Are you sure you want to substitute the design of the SDF-3 Pioneer?



    1. ロボテック:マクロス・サーガは、物語“だけ”は自由に展開出来る。
    2. デザインは、SDF-1 マクロスはまるっきり別のデザインに。
    3. 可変戦闘機「ワルキュリー」*3が登場、ガーディアンことガウォーク形態は無し、バトロイド形態は、ロボテック形態と言い換える。
    4. デストロイドは登場しないか、或いは全く違うデザインに変更。
    5. 制服や、リン・ミンメイの衣装は、極力日本のテレビアニメのデザインと共通点が無くなるように、遠ざけるようにして全く新規の独自デザインにするほかはない。

    1. Robotech: Macross Saga, can be expanded freely "only"story.
    2. Design, the design of the different - wash the SDF-1 Macross.
    3. Valkyrie variable fighter appeared, without Guardian that Gerwalk form, Battroid configuration, in other words the Robotech form for example.
    4. Destroids do not appear, or change to a completely different design.
    5. And uniforms, costumes Linn Minmei , in common with the design of the TV anime series of Japan so as to eliminate as much as possible, there is no addition to the unique design of completely new in the away.
    衣装デザインすら使えない
    Can not be used even costume design
    • Are they sure want to divert for a substitute, the costume design of old Robotech II: The Sentinels in the 1980s?

    そんな実写化、観たいですか?

    これではまるで、骨抜きです。
    例えるなら、「ドラえもん」を、タイトルを「DORAE-MO」にしてストーリーだけは使えるものの、絵柄は使えないので、「のらくろ」や「フィリックス・ザ・キャット」で代用するようなものです。
    Such a live-action film, do you want to see?
    Though, it is watered down in this.
    Analogy, only story is available in the "DORAE-MO" the title, the "Doraemon", but does not use the picture,it's like a substitute or "Norakuro" and "Felix the Cat".

    『フィリックス・ザ・キャット』のデザインでは『ドラえもん』のフィルムにはならない
    "Felix the cat",that character design never substitute "DORAEMON" films !

    マクロスに関する泥沼化する法的訴訟戦争回避と「和解案」

    確認事項
    1. 「超時空要塞マクロス」と「ロボテック:マクロス・サーガ」は、後者が『前者を原作にした翻案作品』であること、『両者は各々別の作品である』ことを確認する。
    2. 両者は原作と翻案作品の承継関係は間違いなく存在する が、優劣は無い対等な関係であることを確認する。
    3. 各々の作品の権利者は各位、上記の事実を認め、真摯に問題解決と両作品の発展維持に努めなければならない。
    和解調停案
    1. ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ の共同事業体 と、ハーモニーゴールド USA社は、VF-1 バルキリーや人物の衣装デザインの利用権*4は「1985年にタツノコ側から譲渡されたテレビアニメーション」に関して“のみ”及ぶものであり、このアニメーションフィルムにて権利はいったん完結する為、新たにマクロス単独の物語*5について制作する場合には、所定のデザイン使用権利金を『アメリカ合衆国本土での公開時』と『日本国での配給により興行収入が入ったとき』の2段階に分割し一定の基準時にて締め切り、後者は成功報酬として所定の割合*6で支払う。
    2. 一方で『ロボテック:マクロス・サーガ』は、独自の物語構成を実行する限りに於いては「超時空要塞マクロス」の原作の物語構成の制約を受けない。
    3. デザインの改変は、原案者の意図を根本的に害しない範囲であれば、日本側への通知と確認で足りるが、この時点で原案者の拒否または争いの可能性が生じた場合は、所定の第三者による調停委員会を開催して調停を図るものとする。
    4. 前項目の決定は、米国側権利者が、デザインにつき任意で原案者の指導または監修を受けることを妨げない。

    Litigation and legal war to avoid stalemate on Macross "settlement "

    Checklist
    1. A original "The Super Dimension Fortress Macross" is former,the latter "Robotech: Macross Saga" ensure that the latter is adaptation works that the former to the original, both of the works are each another utterly different "Macross related film".
    2. Succession relationship of adaptations and original works exist definitely two , but it is confirmed that there is no superiority or inferiority equal relationship is .
    3. The admitted Dear , above , license holder of the works of three each shall endeavor to maintain the development of each other their film works and problem solving in sincerity .
    The settlement proposal
    1. Right to use of costume design of characters person or VF-1 Valkyrie is intended "only" for the " TV animation ,which is assigned from the Tatsunoko side in 1985 "span , and one Sony Pictures and Columbia Pictures Joint venture, Harmony Gold USA ,this in order to complete once , if you want to work for the story of Macross alone new ,right box office by the distribution of the " Japan as"at the time of its publication in the United States mainland , " the design right to use at predetermined animation film the deadline at the reference time constant is divided into two stages when" income entered , the latter a predetermined ratio as contingency fee paid.
    2. Robotech:Macross Saga is not restricted by the structure of the original story of " Macross " If they want in on as long as you run the story its own configuration in two while .
    3. As long as it does not impair the fundamental intent of the draft 's , modification of design , sufficient for confirmation and notification to the Japanese side, but if the possibility of conflict or rejection of the draft's occurs at this point , it is assumed that to achieve arbitration can hold arbitration committee by a third party given .
    4. Decision of 3 Previous item , does not prevent the U.S.A. adaptation license holders agency, subject to supervision or guidance of draft companions (Shoji Kawamori and so on...) in any per design .

    機甲創世記モスピーダ(新世代編)について

    1. 物語構成につきタツノコプロダクションと日本テレビ、デザインに関して解散した『アートミック』より意匠権を相続した『AIC社』が権利を有していることを確認する。
    2. 実写化の際は、タツノコ側は権利放棄をしている為、デザインについてのみ承継者『AIC社』に確認通知をすれば足りる。
    ROBOTECH: New Generation (Genesis Climber MOSPEADA)
    1. We make sure that it has inherited the design right disbanded NTV and Tatsunoko Production, design for each story structure from "Artmic", "AIC company" has the right.
    2. When live-action, because you have a waiver, Tatsunoko side shall be sufficient if the acknowledgment successor to "AIC's" only about the design.

    超時空騎団サザンクロス (マスターズ編 または サザンクロス編)について

    1. 原作番組本体、つまり 1984年のテレビアニメーションのシリーズ制作の権利は「ビックウエスト・フロンティア」が所有していることを確認する。
    2. デザインについてはアンモナイトとタツノコプロダクションの共有であるが、権利放棄による売却を明記した契約書により、デザインに関する意匠権をも含めて米国側は利用制約を受けない。
    3. 原作原案の著作権は 庄司菜穂子(当時の タツノコプロダクション文芸部)にあるが、包括特約により翻案権のみ米国側にある。この為、ロボテックとして物語構成を企画する場合は問題無いが、日本版の物語設定*7に沿って制作する場合にのみ、原案者の確認が必要となる。
    4. ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ の共同事業体(旧:ワーナーブラザース)の実写化の際、『ロボテック:マスターズ/サザンクロス』として物語構成を展開する限りに於いては、現在『ビックウエスト・フロンティア』が保有している原作テレビアニメーションシリーズ番組に関する権利は、1984年のテレビアニメーション原作、つまり日本語による言語と日本人声優による当時のままの『超時空騎団サザンクロス』の再放送*8と当時のフィルムを、"ウェブ配信を含む有償頒布" を実行した場合に "のみ" 及ぶ形であり「テレビアニメーションのシリーズに関する権利は、全23話のみで一旦完結している」為、制約を受けない。
    ROBOTECH: MASTERS Edition / Super Dimension Cavalry Southern Cross
    1. Super Dimension Cavalry Southern Cross films body of the original program , that right in the series production of TV animation in 1984 to ensure that the Big West Frontier owns .
    2. It is a share of Tatsunoko Productions studio Ammonite about the design , but by the waiver , the United States side is not subject to use restrictions .
    3. In the Tatsunoko Production literature club at the time, mistress "Ms. Nahoko Shoji" (now her familyname "Hasegawa") has copyright of the original draft, but by comprehensive special agreement, in the United States side only right of adaptation. For this reason, there is no problem if they are planning a story structure as Robotech adaptation only, but if production along the story setting Japanese version only *9, confirmation of the draft 's is required .
    4. During the live-action of Warner Brothers in the as long as you expand the narrative structure as " Robotech Masters / Southern Cross ",the rights to the original 1984 TV animation series of programs that " Big West Frontier " is held today , is a form that spans only to paid distribution and re-broadcasting of TV animation original of 1984, it is completed once only series all 23 episodes of the 1984 TV animation because, it is not restricted.

    『スタジオぬえ』の意匠利用・権利金料率(案)

    1. 特許権者は、特許発明について他人に実施権を許諾したときに実施許諾の対価として特許の実施料を実施権者から受けることができます。
    2. 実用新案権や意匠権の場合も同様です。
    3. 商標権の場合は使用料と言います。
    4. 実施料は通常、金銭からなり、英語ではroyalty(ロイヤルティ)またはlicense fee(ライセンス料)と言います。

    ロイヤリティ料率(正味販売高に対する料率)の平均値の関連部分抜粋
    商 標 権各種機械器具の 2.7 %
    Trademark royalty average in Japan2.7 % to each materials

    • デザイン使用料について、日本側からみれば、まだ低いんじゃないか、5%〜8%以上は欲しい意見もあると思いますが、「裁判官的な強力な第三者の権威が存在しない、当事者同士のみによる交渉」なら、当たるかどうかわからない作品の米国側のリスク判断による交渉決裂を回避するには、この位の料率にしないと恐らくは成立しないでしょう。

    1. ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ の共同事業体(旧:ワーナーブラザース) と ハーモニーゴールド USA は、デザインに関して、連帯して権利金(ロイヤリティ)をドル建てで支払う
    2. 日本国の「ビックウエスト・フロンティア」と「スタジオぬえ」は、受け取り先として一元化した金融機関を用意すること。
    締切日アメリカ合衆国での公開日
    (ハワイ州除く)
    日本国での配給日
    デザイン利用・包括権利金料率制作費の3%アメリカ合衆国に於ける興行収入による事業利益【EBIT】(イービット)の2%
    (レベニューシェア方式)

    Royalties plan

    1. With respect to design,"Harmony Gold USA" and "Sony Pictures and Columbia Pictures Joint venture",pay in dollars royalties in solidarity.
    2. "Studio Nue" and "Bigwest Frontier" of Japan includes providing a financial institution that was jointed as the recipient.
    DeadlineRelease date at the theater in USA
    (Except for Hawaii)
    Release date at the theater in Japan
    Royalties at the whole design usage3% of production cost2% of net operating profit in the Box office in USA
    (Revenue sharing)
    ALL English webpage

    • For viewers feel Japanese characters touch mind,willingness to read the documents is , I created above URL Web-page that describes the full text in English.
    *

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます