" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

名称【日本語変換】


ADR-04 Mk IX
「マタドール Zal (ツァル)」
防空ロボット、俗称ではデストロイド・マタドール


ADR-04 Mk IX "Matador Zal" Air Defense Robot

原典資料・最終更新日

(バージョン1.0 - 最終更新日:03/22/02)

ケニスオルソンによる背景とRPG統計

(Version 1.0 - Last updated:03/22/02)

Background and RPG Statistics by Kenneth Olson

背景【BACKGROUND】

第1章:試作背景


ADR-04 Mk IX「マタドールZAL」は、結局ADR-04 Mk X「ディフェンダー」になることの為の最終的な生産開始以前の試作型でした。

The ADR-04 Mk IX " Matador ZAL" was the final pre-production prototype for what would eventually become the ADR-04 Mk X "Defender".

第2章:生産数


製造ラインが、西暦 2009年6月からの『ディフェンダー』【Defender】の完全な生産のためにもう一度変更される前に、合計 10輛 は、2009年2月から 2009年3月まで製造されました。

A total of ten units were produced from February until March 2009 before the manufacturing lines were switched over for full production of the "Defender"in June.

第3章:第一世代との共通項

外面上、Mk.IX と Mk.X の両車輛は、共通するヴィッカース plc& クライスラー LLC 協同開発の脚構成部(下半身)以外の殆ど何も第一世代の 統合陸軍 デストロイドと共通項目を見出だせませんでした。

内部のシステムの全ては ADR-04 Mk.X『ディフェンダー』のそれらと実質的に同一です。

Although, externally the Mk.IX and Mk.X units appear to have little in common except for the Vicker-Chrysler leg assemblies found on all first generation RDF destroids, all of the internal systems are virtually identical to those on the Defender.

第3章:ADR-04 Mk X『ディフェンダー』との共通項

ADR-04 Mk IX 『マタドール ZAL』は、後の ADR-04 Mk X『ディフェンダー』のように、胴体の両脇に2門を上下に合計4門装備された無薬莢の自動砲を装備していました。

The Matador ZAL, like the later Defender, would mount four caseless autocannons in two over / under mounts in the torso.

しかしながら、両方の車輛は対空砲身にラインメタル【Rheinmetall】の製品を使用*1を使用しましたが、『ADR-04 Mk IX マタドール』 は、【Type PFG-943 70mm 自動砲】を、『ADR-04 Mk.X ディフェンダー』の、より大口径の【78mm エリコン【Oerlikon】社 TYPE 966 液冷・高速自動砲『コントラベス II』2連装×2基】の代わりに装備しました。

Although, both units make use of Rheinmetall models, the Matador mounts four Type PFG-943 70 mm instead of the larger 78mm found on the Defender.

第4章:PFG-943 型 70mm 自動砲


PFG-943は、1秒につき 3.5 キロメートル 以上の砲弾初速度で、毎分 200発の超高速の無薬莢の弾薬を発射することが可能でした。

胴体の中に自動砲を取り付けることによる、対空高射砲としての射界の制限の為に、腕部に当たる部分に装備する自動砲によって提供される垂直方向だけでなく水平方向にも『腕を振る』という ADR-04 Mk Xディフェンダー【Defender】のような広範囲な射界を許しませんが、それは対空高射砲の稼働・稼働システムの複雑さを最小にして、腕部に当たる部分に装備された円錐状に先細りになっている(テーパーの掛かった)円筒形をした、胴体両側面の、2つの大きな弾倉の弾丸の追加を認めるという利点がありました。

各々の弾薬倉には800発の収容力があり、戦術の野戦補給処の簡易な設備(簡易クレーン、簡易足場)でも容易に補充されました。

The PFG-943 are capable of firing 200 rounds per minute of hyper velocity caseless ammunition with an initial shell velocity of over 3.5 kilometers per second.
Although mounting the auto cannons in the torso does not allow the field of fire provided by arm mounts, it does minimize the complexity of the system and allow the addition of two large ammunition bins in arm mounts.
Each ammunition bin has a capacity of 800 rounds and are easily replenished inthe field.

第5章:第三世代・チョバム積層装甲


ADR-04 Mk.IX マタドールと ADR-04 Mk.X ディフェンダーは、第三世代のチョバム【Chobham】・積層(ラミネート)を成すプレートで装甲されます。

当時の最前線の統合陸軍モデルとして重装甲ではなく、マタドールが 25m口径程度でまでの「対車輌火器」と同様に全ての「歩兵火器」に免疫がある。

しかしながら、重機動兵器の複数の火砲の1撃、又は中機動兵器の複数の火砲の直撃は、この車輌を使用不可能にする。

Both the Matador and Defender are armored with a third generation Chobham laminar plate.

Although, not as heavily armored as front line RDF models, the Matador is immune to all "anti personal weaponry" as well as "light anti vehicle weaponry" up to 25 mm in caliber.
However, a couple of direct hits by medium or a single hit from "heavy anti mecha weaponry" can disable the unit.

第6章:敵対的環境能力

マタドール Zal のコックピットは与圧密封され、核、生物兵器、化学兵器に対しての完全な防護を全額保護を提供します。
The Matador Zal's cockpit is pressurized and when fully sealed will provide full protection against nuclear, biological, and chemical weapons.
左より、核兵器・生物兵器・化学兵器(毒)の標識

第7章:長距離監視レーダー・システム

マタドールは、強力な長距離 AN/SPS-50 UHF 監視レーダーを備え付けました。

レーダーは車輌上に設置されて、全方位角で、0 dBsm(デシベル・スクエアメーター)目標に対して全ての面範囲に 150 キロメートルの推定された探知範囲を提供する立面図の中で機械的に調べられます。

一旦潜在的目標が探索・追尾されて、40 キロメートル以内にまで追跡されるならば、AN/SPS-50は、胴体に密着配列の(コンフォーマル・アレイ・レーダー)の『マタドール Zal』の頭頂部に装備されたウエスティングハウス・エレクトロニック製 TPG-144に中継引継する為に、X-帯 パルス・ドップラー位相配列レーダーにデータを渡します。

The Matador mounts a powerful long range AN/SPS-50 UHF surveillance radar.
The radar is mounted on top of the unit and is scanned mechanically both in azimuth and in elevation to provide all aspect coverage with an estimated detection range of 150 kilometers against a 0 dBsm target.

Once a potential target has been detected and tracked to within 40 kilometers, the AN/SPS-50 hands off to the the Westinghouse TPG-144 X-band pulsed Doppler phased array mounted on top of the Matador Zal in a conformal array.
In addition to the radarsystems, the Matador possesses IR and night vision systems to allow the unit to operate in all conditions.

第8章:試験と問題修正


最初の試験は、2009年3月から始まり、最初の5輌は作戦状態に達しました。
その同月(3月)の後の試験の間、2輌は一連の実弾射撃試験を完了出来ませんでした。

失敗の素は、プロトカルチャー (資源)出力発生装置の不調に由来し、問題は後で戦闘コンピューターにあり、迅速に修正されました。
残り4か月の試験は、RDFの大多数の戦闘システムが ADR-04 Mk.X ディフェンダーに於いて完全な配備の準備が出来ているということを証明しました。

一旦ディフェンダー計画が作戦上の重要度に達するならば、原型の10車輌のうちの7輌は他の試験機の為に、一組の部品を剥ぎ取られてて定数上の用途廃止とされ『空』となりました。

そして、他の3車輌はモスボールに入れられました。


マタドールの全ての残存稼動車輌は、ゼントラーディ艦隊の地球への攻撃とその結果、戦闘行動に入ることもなく破壊されたものと、軍事歴史家の間では信じられています。

Initial testing began in March of 2009, when the first five units reached operational status.
During testing later that same months, two units were unable to complete a series of live fire tests.
The source of the failures were later traced to a malfunctioning protoculture generator and a problem in the combat computer and quickly fixed.
The remaining four months of testing proved to the RDF that a majority of the combat systems were ready for full deployment on the ADR-04 Mk.X Defender.

Once the Defender program reached operational status, seven of the original ten units were stripped of pair parts and the other three were placed into mothballs.
All of the remaining units were believed to have been destroyed during the Zentraedi assault on Earth and as a result none of the Matadors ever saw combat action.

RPG ステータス

車輌種別防空ロボット(デストロイド
非変形型のデストロイド
開発・製造者ヴィッカース plc
乗員1名
就役史地球統合陸軍に於いて、西暦 2009年から 同2010年まで就役した、先行生産デストロイド
定義マタドール・ツアル【Matador Zal】

  • Vehicle Type: Air Defense Robot
  • Class: Non-transformable Destroid
  • Manufacturer: Vickers
  • Crew: One
  • Service History: Pre-production destroid which servedwith the RDF Army from 2009 until 2010
  • MDC BY LOCATION:
  • Location:Matador Zal

注記

頭頂部のセンサー・ヘッドの破壊は、振動検知と音響検知を除いた車輌の外界検知器【センサー】の全てを破壊するでしょう。
NOTES:Destruction of the head will destroy all of the external sensors for the unit, except for seismic and acoustic.

性能

速度(走行)51 kph (全備重量時)
65 kph (空虚重量)
渡河速度15 kph(上半身が浸水しない水深で)
跳躍能力15kph

SPEEDS:
RUNNING:
  • 51 kph (fully loaded)
  • 65 kph (empty)
  • UNDERWATER PERFORMANCE:15 kph
  • LEAPING:10 m
  • STATISTICAL DATA:

寸法

全高12.1 m (頭頂部監視レーダー含まず)
前後幅9.4 m
全幅5.0 m
重量乾燥自重 22.8t/全備重量 29.1t

  • HEIGHT:12.1 m (not including surveillance radar)
  • DEPTH:9.4 m
  • BREADTH:5.0 m
  • WEIGHT:22.8 metric tons (dry)/29.1 metric tons (fully loaded)

強度

60 ps 相当

PHYSICAL STRENGTH:
  • Equal to a P.S. of 60

貨物搭載量

無し
CARGO:None

動力源

RRL-1 超小型プロトカルチャー (資源)・電池・出力発生装置(エナジャイザー)×1基
36 本の標準プロトカルチャー (資源)小缶(キャニスター)

POWER PLANT:
  • 1 RRL-1 miniaturized protoculture cell energizer with 36 standard canistersof protoculture

宇宙空間作戦推進機関

不明

PROPULSION IN SPACEBORNE OPERATIONS: N/A

デルタ-V

不明

DELTA V:N/A

出力発生装置耐久能力

2,000時間の作戦使用毎に交換

GENERATOR ENDURANCE:2,000 hours of operational use

推力増強装置

無し

BOOSTER UNITS:None

兵器システム:

ラインメタル社 PFG-943 型 70 mmM 自動砲 ×4門。 2組の無薬莢式の超初速の自動砲は胴体の両脇に設置されまます。


各々の砲は、1秒あたり3,500 m の初速で、1分当たり250発まで発火可能です。

典型的な標準搭載砲弾は、終末レーザー誘導装置付きの徹甲榴弾【Armor iercing High Explosive/APHE】 多目的運動エネルギー矢(フレシェット)・徹甲弾【Multiple Kinetic Penetrator Flechette-Armor Piercing / MKPF-AP】、および曳光焼夷榴弾【(High Explosive Incendiary - Tracer)/HEI-T】の混合砲弾。

それぞれの組の1砲身当たり400発の最大能力を持つ火砲は、戦場で容易に補給可能な2基の弾薬倉によって給弾され、車輌の両方側面で設置されます。
  • 主目的: 防空
  • 副次目的: 対ミサイル
  • 範囲: 1万4,000m (14km)
  • 損害: 単射:1D6 MDC、短バースト:2D6(3点バースト)、または 5D6 (長バースト:10発)。
  • 発射率: パイロットの協同攻撃と等しい炸裂
  • 搭載砲弾数: 1門当たり最大400発。(130回の3点バーストか、40回長バースト/10発 分)
バースト(射撃)
銃をフルオート射撃する時、引き金を引き続けるのではなく、間を置いて引き金を引く事。

フルオート射撃を続けると、反動で銃身がぶれるために散布界が広がったり、銃身が焼きついたり、弾丸を浪費したりするなどのデメリットがある為に、よほどの接近戦でない限りバースト射撃が行われる。

銃によっては自動で出来るタイプもあるため、射手が手動で行う場合は指切りバーストとも呼ばれる。

WEAPON SYSTEMS:
  • 4 x REINMETALL TYPE PFG - 943 70MM AUTOCANNONS:
  • Two pair of 70mm caseless hyper velocity auto cannons are mounted on either side of the torso.
Each cannon is capable of firing up to 250 rounds per minute with an initial shell velocity of 3,500 meters per second.
The standard load out is typically a mix of APHE (ArmorPiercing High Explosive), MKPF-AP (Multiple Kinetic Penetrator Flechette- Armor Piercing) and HEI-T (High Explosive Incendiary - Tracer) rounds with terminal laser guidance.

Each pair of weapons are fed by two ammunition binds, easily replenished in the field, mounted on either side of unit with a maximum capacity of 400 rounds per gun.
  • PRIMARY PURPOSE: Air Defense
  • SECONDARY PURPOSE: Anti-missile
  • RANGE: 14,000 m
  • DAMAGE: 1D6 MDC for single round, 2D6 for short burst (3 rounds), or 5D6 forlong burst (10 rounds)
  • RATE OF FIRE: Bursts equal to the combined attacks of the pilot
  • PAYLOAD: 400 rounds per gun (130 short bursts or 40 long bursts)

格闘戦能力


マタドール Zal には 腕や手に当たる部分が無い為、車輌の格闘攻撃能力は限られた能力に制限されます。
編集者注記
これらは『卓上会話・役割演義遊戯』/テーブル・トーク・ロール・プレイング・ゲーム【TRPG】製作用の参考値(多くは行為判定正六面体ダイス値)であって、実車輌の想定データではありません。
効果:
  • キック:5D6
  • ボディーブロック/組み付き(タックル):3D6
  • 踏み潰し:5D6*10 (小さい対象物に対してのみ有効なだけの)

HAND TO HAND COMBAT:Because of the Matador Zal's lack of arms and hands,the unit is only capable of limited hand to hand attacks.
  • Kick: 5D6 MDC
  • Body Block/Tackle: 3D6 MDC
  • Stomp: 5D6 MDC (only effective against small objects)

標準電子装備


戦闘コンピュータ: マタドール Zal は、送られて来たデータを格納・計算して、操縦室の操縦士のヘルメットのコンピュータ・スクリーンかヘッドアップ表示(HUD)に伝達・表示させる戦闘コンピュータを備えています。
照準コンピューター付きの改修(パッチ)

外部音声拡大装置:最大範囲: 300フィート(91.5m)。最大300フィート離れたところで普通の会話を再開できる拡声装置。


STANDARD EQUIPMENT FOR MATADOR ZAL

COMBAT COMPUTER: The Matador Zal is equipped with a combat computer which calculates,stores, and transmits data onto the cockpit computer screen or head-up display (HUD) of the pilot's helmet.

Patches in with the targeting computer
EXTERNAL AUDIO PICKUP: Range: 300 ft (91.5 m).

A sound amplification system that can pick up normal conversation up to 300 feet away.

電波妨害装置(ジャマー)


赤外線とレーダー電子システムに干渉可能なセレーニア社『グランド・ウォリアー』アクティブ赤外線・電波妨害装置(ジャマー)

ELECTRONIC JAMMERS:Selenia Ground Warrior Active IR and Radar jammer capable of interfering with both infra-red and radar electronics systems.

熱と放射線遮蔽


特別な遮蔽装置は、熱と放射が脅かす生命危機の浸透を防ぎます。遮蔽装置と放射線の水準に何らかの破裂があれば、放射検出と警報装置は、遮蔽装置にリンクされて、警鐘を打ち鳴らすでしょう。

HEAT AND RADIATION SHIELDS: Specialshielding prevents the penetration of life threatening head and radiation.

A radiation detection and alarm system are linked with the shields and will sound an alarm if there is a rupture in the shields and what the levels of radiation are.

自動誘導信号装置

ホーミング・シグナルRomanian HS/TR-41有効発振距離400マイル(320km)。ADR-04 Mk IX は、救助隊により、不時着又は使用不可の車輛、又は射出座席と共に放出された生命救助ポッドの位置を突き止めることを可能にするホーミング(帰巣・回帰性)装置を備えている。信号の範囲は、100マイル(640km)。

殆どの地球統合軍、サザンクロス軍遠征艦隊軍のREF艦船とベリテックデストロイド等の戦闘機体は帰還信号を傍受・追跡が可能。そして、そのような信号が見つけられるならば、搭載コンピュータはそれらのパイロットに自動的に通知する。

HOMING SIGNAL: Range of the signal is 100 miles (320 km).

Most RDF, Southern Cross, and REF ships and veritechs can locate and track a homing signal.

The on board computers will automatically notify their pilots if such a signal is detected.

レーザー通信


長距離指向性通信システム。
有効範囲:100,000マイル(16,000km).

LASER COMMUNICATIONS:Long range,directional communication system.

レーザー照準システム


有効範囲:50マイル(80km)。敵目標を叩く際の増加した

精度を使って、機動兵器に対する打撃利得に対して部分的に責任があります。


  • Effective range: 100,000 miles
  • LASER TARGETING SYSTEM: Range: 50miles (160 km). Used for increased accuracy in the striking of enemy targets and is partly responsible for the mecha's strike bonus.

拡声器システム


拡声器システムは車輛に組み込まれます。

そして、それは90デシベルまで操縦士の声を拡大するのに使用することができます。

LOUDSPEAKER:A loudspeaker system is built into the craft, which can be used to amplify the pilot's voice up to 90 decibels.

光学(赤外線)

項目システム・スイートの各機能の説明
光学(赤外線)有効距離:2,000 フィート (610m)。

この光学システムは、通常目に見えないが、機体のセンサーで見つけられる赤外線光の光線(ビーム)を投射する。

システムによって、パイロットが彼らの赤外線反射によって隠れた、又は隠された物を発見可能。しかし、光線は「IRに敏感な光学」(赤外線感光レンズ)で誰の目にも見えるようになるでしょう。

OPTICS (INFRARED):
  • Range: 2,000 feet(610 m).
This optical system projects a beam of infrared light that is invisible to the normal eye, but detectable by the mecha's sensors. The system allows the pilot to detect hidden / concealed objects by their IR reflectiveness.
The beam will be visible to anyone with IR sensitive optics, however.

光学(夜間暗視装置)

項目システム・スイートの各機能の説明
光学(夜間暗視装置)有効範囲:2,000 feet(610 m)。

受動的な光学映像増倍管は、自ら光を発しないが、可視化映像を生み出す為に電子的に増幅される環境光(Ambient light)に依存する。

  • OPTICS (NIGHTVISION):
  • Range: 2,000 feet(610 m).
A passive light image intensifier that emits no light of its own, but relies on ambient light whichis electronically amplified to produce a visible picture.

光学(熱線暗視装置)

項目システム・スイートの各機能の説明
光学(熱線暗視装置)有効範囲:610 m (2,000 ft.)。

暖かい物体からの赤外線放射を探知し、そのデータを擬似色可視画像に変換する、昼間でも使用可能な受動的な光学的熱センサー。

システムはパイロットに、闇間(dark)、影(夕闇-shadow)で、そし、煙の背後まで見通せる。加えて操作者の追跡技術の習熟度により、+10%程度の利得(Bonus)向上が可能。

  • OPTICS (THERMAL IMAGER)-: Range: 2,000feet (610 m).

A passive optical heatsensor that detects infrared radiation projected by warm objects and converts that data into a "false color" visible image.

The system enables the pilot to see in the dark, in shadows,and through smoke, and also adds a +10% bonus to pilots using a tracking skill.

電波妨害装置

AIL Systems ALQ-54

・アクティブ・ センサージャマー
車輛搭載 ECM は広帯域の保護を提供する。推定システム有効放射出力 60 dbw.


RADAR JAMMER

AIL ALQ-54: On board self protection jammer providing broadband protection.

Estimated system effective radiative power 60 dBW.


レーダー(監視警戒)

ヒューズ AN/SPS-50 UHF帯域 レーダー推定有効探知半径は、目標 150 km.に対して 0dBsm.

RADAR (SURVEILLANCE):
Hughes AN/SPS-50 UHF-band radar.

Estimated range against 0 dBsm target 150 km.

RADAR (TARGETING):

Westinghouse TPG-144 X band pulse Doppler phased array medium range radar with battlefield surveillance mode.

Estimated range against 0 dBsm target 40 km.

【ラジオ/ビデオ・コミュニケーション装置】

ラジオ/ビデオ・コミュニケーション長距離、衛星リレー能力による双方向通信システム。

通信範囲:600マイル(960km)は、衛星リレー中継によって無期限に増幅可能。

  • RADIO/VIDEO COMMUNICATION:
Long range,directional communications system with satellite relay capabilities.
  • Range:600 miles (960 km) or can be boosted indefinitely via satellite relay.

【機密保持装置】

自爆装置敵による捕獲を防ぐために、パイロットは「マタドール ZAL」を自然崩壊させるシステムを起動させることが可能。

そして、それはデストロイドに最高60分(時間は、パイロットにより設定可能)の遅延の後、爆発する。

爆発被害は20フィート(6m)域の中で含まれ、爆発の半径の範囲内で、全ての対象に損害及び損傷を負わせる。

当然ながらこれにより全ての機体内部の構成システムは消滅する。

パイロットが射出手順(sequence)を「オーバーライド」で越えない限り、脱出ポッドは爆発の前に自動的に射出される。

SELF-DESTRUCT:

To prevent capture bythe enemy,the pilot can activate the self-destruct system,
which will cause the mecha to explode after a delay of up to 60 minutes (time is set by thepilot).

The explosive damage iscontained within a 20 foot (6 m) area and inflicts 1D6x10 M.D. to everything within the radius of the explosion.

All internal systems are obliterated.

標準搭載のサバイバル・キット

標準サバイバルキット全てのREF遠征艦隊軍所属デストロイド車輛が装備する、携帯用のサバイバルキット。

小さな補強された箱の内部には、

・中型フラッシュ、

・2つの手持ち信号紅炎(hand flares)、

・1つのロケット照明弾、

・コンパス、

・赤外線遠距離双眼鏡(infrared distancing binoculars)、

・小型の手鏡、

・ポケットナイフ、

・乾燥&濃縮食物(1人用ならば5日間分の供給に拡張可能)

・基本的な応急手当アイテム (アスピリン、包帯、殺菌剤、その他)、


が含まれる。

STANDARD SURVIVAL KIT:
All RDF come equipped with a portable survival kit.Inside the small reinforced box is a medium-sized flashlight, two hand flares, one rocket flare, a compass,infrared distancing binoculars, asmall mirror,a pocket knife,dehydrated and concentrated food (canbe stretched into a five day supplyfor one person) and basic first aid items (aspirin, bandages,disinfectants, etc.)

戦術生命維持システム

マタドール Zal操縦室内は与圧され、そのうえ追加の空気供給を加圧した呼吸を、提供する操縦士の専用服に提供する。

TACTICAL LIFE SUPPORT SYSTEM:

The Matador Zal cockpit is pressurized,and also provides additional air feedsto the pilot's flight suit thatprovides him with pressurizedbreathing.

SOURCES USED IN CREATION OF DOCUMENT

Palladium's Robotech RPG: Book OneMacross
Robotech Technical Files: ADR-04Defender
Macross: Hobby Handbook-1

米国側解説文ページ URL のブックマーク訂正について


上記ブックマークは、ARR-15モノクル【Monocle】航空偵察バトロイド【Air Reconnaissance Battloid】となっていますが、ADR-04 Mk IX マタドール・ツァル【Matador Zal】・対空防御デストロイド【Air Defense Robot】とすべき項目の誤りですので、日本国側編集長にて、訂正します。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます