" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ペトリャコーフ Pe-2 と

略歴

マリーヤ・イヴァーノヴナ・ドーリナ【Mariya Ivanivna Dolina /ロシア語:Мария Ивановна Долина、1922年12月18日シャローフカ - 】は、旧「ソヴィエト社会主義連邦」の赤軍の女性軍人。

第二次世界大戦において、急降下爆撃機の乗員として功績を残した。また、第1バルト戦線の 「第125 親衛爆撃飛行連隊」の司令官を務めた。

ロシア生まれのウクライナ人。

少女時代

マリーヤ・ドーリナは、ウクライナ系農民の一家の長女として、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国オムスク州の小村シャローフカに生まれた。兄弟は10人いた。

しかし、父がロシア内戦で両脚を失ったことから、一家は1932年には母国ウクライナへ帰郷、ザポロージエ州のミハーイロフカ村に居住した。村の中等学校を卒業したのち、マリーヤ・ドーリナは家族を養うため働きに出た。それと同時に、メリトーポリ航空クラブの支部であった村のグライダー学校に通うようになった。1930年代当時、ソ連では空への挑戦がひとつの流行となっていた。

1939年、マリーヤ・ドーリナはヘルソーン航空学校を卒業し、エンゲリス軍事航空学校へ入学した。また、ドネプロペトロフスクやニコラーエフの航空クラブでパイロット・インストラクターとして働いた。

表彰

ドーリナは、戦時中に72回の作戦任務を遂行し、合わせて45000 kgの爆弾を敵に投下した。さらに6 回の空中戦を経験し、3 機の敵機を撃墜した。ドーリナは、こうした戦中の功績により1945年8月18日にソ連英雄の称号と「金の星」メダルを与えられた。また、階級も親衛大佐となった。

戦後

戦後、マリーヤ・ドーリナは新設されたソ連空軍の爆撃飛行連隊の司令官となった。1950年に退役した。リトアニアのシャウリャイ、その後ラトヴィアのリガに居住し、勉学に励んだ。その後、ラトヴィアで共産党員として1975年まで働いた。

1983年以降は、ウクライナの首都キエフに居住している。現在までに、レーニン勲章をはじめ数々の賞を授与されている。

関連図書


ミリアのロボテック版の英文字綴り Miriya Parina (Sterling) や、戦後の活動歴は彼女から採られている。

その娘である次女(一説によれば三女)、四代目スカル飛行大隊の大隊長マイア・スターリング【 Maia Sterling 】中佐も同じ。

関連商品






コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます