" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

動画







Meltrandie Vessel Instructions

  • サムネイル画像をクリックにて原寸画像 4,385 pixel X 622 pixel を展開します。

使用艦艇

  • 以下2枚は、元画像縮小により画面表示サイズと同じ、横幅 660 pixelに統一。

カラー画像資料

  • サムネイル画像をクリックにて原寸画像 1,115 pixel × 881 pixel を展開します。


  • サムネイル画像をクリックにて原寸画像 950 pixel × 1,089 pixel を展開します。

人種例 (寒色系)

出典

  • クリックにて原寸 1,123 pixel x 1,384 pixel に復帰します。

名称

メルトラーティ

【Me'eltraeti】

日本版のメルトランディとの相違

スタジオぬえによるマクロスの公式年表では、日本版の大戦終結20周年記念映画、つまり「ゼントラーディ軍との第一次星間大戦の勝利から20周年を記念して、西暦 2031年 に公開された歴史映画」の影響で、女性ゼントランを「メルトラン」と呼称することが流行った、とする説もある。

解説

ヴァリヴェール恒星系の惑星 プラクシス【praxis】(語源はラテン語。練習、実習、習慣、慣習 を意味する語。)のヴァリヴェール恒星系アマゾーン【Ἀμάζων】と同様の種族。

但し「プラクシス」の民との相違は、起源がゼントラーディ人巨人(女性)兵士にある点が異なる。

居住惑星の重力が艦船の重力(地球型惑星の2/3)より大きい為に肉体に負担が掛かることと、資源節約的な問題からマイクロン化して生活をしている種族が大半であるが、装置の処置に不適な者達は、通常態(巨人体)のままで共同体を構成し、独自に暮らしている。

サーヤのように読心術など特殊な能力メンター能力、剣技を活かして傭兵的な職業に就く者もいる。

よくある誤解だが、下記の仮説
  1. ゼントラーディ【 Zentraedi 】女性、または『メルトラーティ』【 Me'eltraeti / Maltrandi 】が捕えた「プラクシアン」【 Praxians 】の DNA を取り入れることによって創造されたする説。
  2. 惑星プラクシス【praxis】(練習、実習、習慣、慣習)のヴァリヴェール恒星系アマゾーン【Ἀμάζων】種族が、逆に上記彼女らを起源にして造された、或いは遺伝子操作によって創造されたとする説

いずれも現在(西暦 2066年 現在)の通説では「誤り」とされている。
Praxis(プラクシス)の社会と、固有の人類。

これ以降の記事は「メルトラーティ」という巨人種族そのものではなく、その文化の参考となるべき種族「プラクシアン」に関する記述です。

混同誤解なきよう留意願います。

概要

アマゾン部族に分類されるプラクシアンは単純ながら、一方で複雑な構成と歴史を持つ民族です。

プラクシアン【 Praxians 】はガス惑星「ファントマ」惑星系【Fantoma System】で最も近似する疑わしき特徴を 太陽系第三番惑星(地球)のアトランティス神話に享有しています。

かつての幾つかの大災害によって破壊された、それの詳細が時代に失われた強力で広大な帝国。
残された彼らの過去の栄光の全ては、遺跡と幾つかの人工物です。

彼ら自身の最も顕著な生物遺伝的な痕跡は、肉体的に遺伝的欠陥もなく完全であるが、女性優性の特異なプラクシアン遺伝子のそれです。

幾つかの神話がプラクシアンを取り囲んでいます。

或る者たちは、 ゼントラーディ人【Zentraedi】女性、または「メルトランディ」【 Meltrandi 】が捕えた「プラクシアン」の DNA を取り入れることによって創造されたと言っていますが、これは誤っています。

ティロリアン支配達【Robotech Masters】は、「メルトランディの世紀」以前の、既にこれまでに使用していた土着(ローカル)遺伝子株を、巧妙に遺伝子操作しました。

この神話は主としてティロリアン支配達による「プラクシアン支配正当化」の為に伝播されました。

The Amazon’s of Praxis are a simple, yet complex people. The Praxians enjoy the dubious distinction of being the closest analog to Earths Atlantis Myth in the Fantoma System: a once powerful and vast empire, destroyed by some cataclysm, the details of which have been lost to the ages.
All that remains of their former glory is ruins, and a few artifacts.
The most notable relic being that of the Praxian genes themselves, physically perfect, but female dominant.

A few myths surround the Praxians. Some say that the Zentraedi females, or Maltrandi, were created by harvesting the DNA of captured Praxians, this is false.
The Robotech Masters had fielded the Meltrandi century’s prior using local gene stocks.
This myth was propagated primarily due to the ‘Praxian Occupation’.

プラクシアン達の被占領時代  【Praxian Occupation】

プラクシス【Praxis】の庭世界。

元々、瑞々(みずみず)しく草木の茂った、水資源の豊かな惑星「プラクシス」は、 テイレシアース支配民族ヴァリヴェール恒星系 星間帝国の勢力圏周辺の中心地を離れた僻地でした。

これには、支配達【Masters】が不可思議な生命の花を発見し、各殖民世界に種を蒔(ま)く為に落葉を行った、現在は不毛の惑星、インビッドの母星「オプテラ」【Optera】もかつて含まれました。
支配するのが容易な集団により構成される世界。
そうして C.E.1400年、またはその年の周辺で、最初の調査情報が収集・編纂(へんさん)された後、支配達(マスターズ)は、惑星プラクシスの地表に、彼らの新しく密かに投入された「メルトランディ」 【Meltrandi】軍人・第 1,175師団【division】を上陸させました。

戦いによる容易な勝利を予想していたメルトランディ軍人達は、 彼女らに比較して7分の1の大きさしかない、ちっぽけな(マイクラン)原住民の「プラクシアン」達が、活発に彼らの世界を防衛し抵抗したので、その健闘に驚いていました。
しかしながら、侵入してきた 「メルトランディ」の全く巨大な体躯*1と、強靱な筋力は「包囲された防衛者たち」の手に負えないのを立証しました。

古代文明の遺産である、これら反重力モジュールの使用と、戦争の古代遺物さえ、この流れを食い止めることが出来ませんでした。

彼女らマイクランの世界は僅か4ヶ月余りで帝国の下に陥落し、「プラクシアン」と「メルトランディ」との間に、今日まで続く何らかの形の敵意と競争心を産み出しました。

一度占拠が確保されたならば、彼女らに引き続き「占領軍」として降下した、組織化された正式なティロル人軍団の軍事力によって、生命の花の為の大規模な農場を設定されます。
星間帝国の支配達が女性のゼントラーディ人のみを送ったのと同様な理由で、そのようにして同様に惑星「プラクシス」を占領する為に女性だけの構成による ティロル人師団が派遣されたのでした。

殆どの場合、上記構成のみのティロル人は、巨人である「メルトランディ」戦士によって警備された彼女らの租界と農場の中に留められ、同様に彼女らの巨大な体躯の僕(しもべ)達は、その巨大な体躯による武力を以て、プラクシアン原住民達の組織化された抵抗を一蹴(いっしゅう)しました。

次の600年間、農場は栄え、プラクシスは非公式に 星間帝国にとって重要な世界になりました。
公式には、惑星を星間重力波探査レーダーから除く為に有効な巧妙な手口によって、この惑星世界は「訪問する価値の無い僻地」(へきち)のままにされていました。

それが利用可能な限り、平均的なティロル人 が、彼らが使用したプロトカルチャー (資源)の産地(どのような地域に由来するか)について、全く気にすることはありませんでした。

しかしながら、プラクシアン達に関して文化的に、それらの600年間の占拠は、「近代戦の概念と道具」を プラクシアンの民に紹介しました。

彼女らは既に強力な戦闘兵器を所有しており、優れた弓の射手であり、同時に騎手であり、これらの技能に伴う勇敢(大胆不敵)さ、を伴って銃器の伝来に伴い、戦闘機械は全く新しく魅惑的であり、 プラクシアン達の戦術と社会を変革するのに役立ちました。

殆どのプラクシアン達は部族の存在への生活、或いは彼女ら先祖が築いた「石と大理石の都市」に満足しましたが、幾つかの部族は、ティロル人 の阻界の半球形の居留屋敷を見て、その現代性に憧れ気に入りました。

プラクシアン達が彼女らの ティロル人占有者と対話が有り得る場所で、小さい交易場*2は確立されました。

これらは次第に小さな町に、次に中規模の都市に成長しました。

C.E. 1555年に、これらの拠点の中でも、最も巨大な『アマストリス』【Amastris】部族国家は直ちに プラクシアンの人々の為に中央政府の外套(権威の象徴)の地位を取得しました。

彼女らの指導者は、自身の地方文化にティロル人文化定足数を採用し、必要に応じて変更しました。

The garden world of Praxis.

Originally an outlying backwater on the periphery of the Masters Empire, Praxis was a lush world.
With Optera now a defoliated and barren planet the Masters sought to find other worlds to seed the enigmatic Flower of Life.
Worlds with populations easy to control.

So it was, at or around 1400 CE, after initial probe data had been compiled, that the Robotech Masters landed the 1175th Division of their newly decanted Meltrandi soldiers on the surface of Praxis.Expecting an easy battle the Meltrandi were surprised as the Praxians vigorously defended their world.
However, the sheer size and power of the invading Maltrandi proved too much for the beleaguered defenders.
Not even the use of their antigravity modules and ancient artifacts of war could stem the tide.
Praxis fell to the Robotech Empire in 4 short months, creating an enmity and rivalry between the Praxian and Meltrandi that exists in some form or another to this day.
Once secured, follow on forces of the Tirolian Legion formalized the occupation and set up massive farms for the Flower of Life.
For the same reason that the Masters had sent only female Zentraedi, so to were only female Tirolians of the Legion sent to occupy Praxis.
For the most part the Tirolians, having swept organized resistance aside stayed within their compounds and farms, guarded by their giant Meltrandi warriors.
Over the next 600 years the farms flourished and Praxis became an important world to the Empire, unofficially. Officially, the world remained a backwater, not worth visiting, this sleight of hand served to keep the planet off the radar.
Not that the average Tirolian cared one whit where the fuel they used came from, so long as it was available.
Culturally, for the Praxians however, those 600 years of occupation introduced the Praxian people to the concepts and instruments of modern warfare.
While they had alreadypossessed powerful melee weapons, were keen archers and expert riders, this along with skill and daring, the advent of the gun, and the mecha were all new and fascinating and served to revolutionize Praxian battle tactics and society.
While most Praxians were satisfied to live a tribal existence, or within their ancestral cities of stone and marble, some tribes saw the domed compounds of the Tirolians and were enamored of the modernity.
Small trading posts were established where Praxians could interact with their Tirolian occupiers.
These in turn grew to small towns and then medium sized cities.
In 1555 the largest of these sites, Amastris, soon took up the mantle of governmental center for the Praxian people.
Their leaders had adopted, and modified to fit their own local culture, the Tirolian Quorum.

部族と都市国家 【ポリス / πόλις 】

部族の派閥と隣接している都市国家が彼女らの、より大きくて強力な 「アマストリアン」【Amastrian】女皇国の姉妹によりもたらされたとき、この権力の獲得は、1世紀もの間の統一内戦を掻き立てるるでしょう。

空からの侵略者が戻ってきた時、これらを撃退する為に、人々が団結することを信念とする幾つかの部族が、高度な文明の服飾・装飾の流儀を歓迎して、快くこの抗戦に参加しました。

それ以外の部族は、 アマストリアン女皇国を「反逆者どもの国」か「売国奴」であると見做(みな)して、それほど容易には懐柔(かいじゅう)されませんでした。

しかし、プラクシアン議会、メラニッペー【Melanippe】の複数の統率者(素晴らしく肉体的に優れた能力のワタリガラスの黒髪の美人)は、戦争は不可避で、彼女らの部下はその準備をする必要があるだろうことを知っていました。

自分達で戦争をすることによって、(皮肉にも)彼女らの国の戦士達、および部族の者達は、多くの必要な戦闘経験を獲得するでしょう。

このマキャベリの計画*3は、何世紀も後にインビッド生命の花を制御するために彼らの欲に駆られ、この惑星を発見し、攻撃する際に実を結ぶでしょう。

予言者メラニッペー【Melanippe】の幻視 Vision (spirituality)は実を結び、そして、この種族は征服されました。

そして、 アマストリス【Amastris】の戦士は、彼女ら同族の民によって学習された知識を惑星の残りにもたらすのに着手します。

近代戦は構造、科学、および支配と並んで教えられました。

This power grab would spark a century of civil war as tribal factions and neighboring city states were brought to heel by their larger and more powerful Amastrian sisters.
Some tribes welcomed the trappings of advanced civilization and readily joined, other did so out of the belief that by banding together into one people, that they might throw the invaders back into the sky from whence they had come.
Other tribes would not be so easily mollified, seeing the Amastian nation as traitors and sell outs. But, the leader of the Praxian Council, Melanippe, a raven haired beauty of great physical prowess, knew that war would inevitably come, and that her people would need to be ready.
By warring upon themselves, her warriors, and those of the tribes, would gain much needed battle experience.
This Machiavellian scheme would bear fruit centuries later as the Invid would find, and then attack, the world in their lust to control the Flower of Life.
Melanippe’s vision bore fruit and the tribes were subdued.
The warriors of Amastris then set about bringing the knowledge learned by their people to the rest of the planet.
Modern warfare was taught, alongside architecture, science, and governance.

インビッド 【Invid】侵入

インビッド が到着する C.E.2002年時までに プラクシアン達は、秩序維持と彼女らの番人と並び、この惑星の大半を飼いならした ティロル人の影で拡張国家を自ら打ち立てました。
インビッド 襲撃は無情かつ、ある範囲で一心不乱でした。
しかしながら、衛星軌道上の防衛は十分な惑星警戒網を付与し、インビッド軍隊の第一波が衛星軌道周辺を突破したとき、インビッド 軍隊は メルトランディ【Meltrandi】とティロル人占領軍、及びプラクシアン戦士達の合同軍に会敵しました。
衛星軌道上の防衛網が一旦潰されると インビッド 主力部隊の全軍が地表に押し掛けたので、それらの インビッド 波の破壊は 惑星プラクシスの占拠者に対する唯一の勝利でした。

メルトランディ軍事施設が手始めに攻撃を受けて陥落すると、後ろ盾を失ったティロル人の租界とその周辺のプラクサ人(プラクシアン)の村落がこれに続き陥落しました。

アマストリス【Amastris】女皇国は、インビッド侵略を契機に、この後間もなく倒れました。

By the time the Invid arrived in 2002 the Praxians had built themselves an expansive nation in the shadow of the Tirolians, who alongside the maintenance staff and their guards had tamed most of the planet.

The Invid assault was ruthless and single minded in scope.

However, the orbital defenses gave those on the planet ample warning and when the first waves of Invid forces broke through the orbital perimeter they were met by a combined army of Meltrandi, Tirolian Legionnaire, and Praxian Warrior.

The destruction of those Invid waves would be the only such victory for the occupants of Praxis, for once the orbital defenses were smashed the full weight of the Invid host descended upon the surface.

The Meltrandi military installations were the first to fall followed by the Tirolian compounds and the Praxian settlements nearby.

Amastris fell shortly after.

インビッド占領支配下

次の12年は インビッド占領支配下でのプラクシス【 Praxis 】を見ました。

彼らの猛攻撃以前に存在した施設のうち、プロトカルチャー (資源)農場だけが残されました。

そしてそれらは、インビッドによって接収され、拡大強化されました。

共に生き残った メルトランディ、ティロリアン、及び プラクシアン達は、効果的な抵抗運動を形成する為に一致団結しました。

彼女が予測した方法ではありませんでしたが、メラニッペー【Melanippe】の予言は、正しいと判明しました。

プロトカルチャー (資源)の幾つかの要素が本当に持った『原始要素』が手中に無いにも関わらず、彼女らの幾つかの妥協手段となった闇市場売買か、インビッドからの明確な窃盗を通して、ティロリアンは貪欲にプロトカルチャー (資源)技術を維持しようとし、そこで彼女らはインビッド掃討軍団によって直ちに根絶されました。

しかし、プロトカルチャー (資源)が存在しなかった種族の地域の多くは最初の攻撃を免れました。

そして、これが抵抗運動を広める基盤となる固定基地として、再補給、休息と作戦計画を提供しました。

プラクシアン【Praxians】の抗戦に有効だった「プロトカルチャー (資源)放射(エマナチオン)を遮断しインビッドを効果的に盲目にする戦術」は、実際、太陽系・第三番惑星(地球)のレジスタンス戦士達がこれらの手段を見出だすずっと以前に此処にありました。

インビッドの多数は プラクシアンの手によって「待ち伏せ攻撃」【Ambush】と、罠で消え失せました。

遠征艦隊軍【UEEF】がこの世界からインビッドを追い払う為に到着する頃には、プラクシアン達は3箇所のインビッドの巣【Hive】を既に破壊して、15の既知の農場のうちの2箇所の休止施設にプロトカルチャー (資源)生産を再開をもたらしました。

遠征艦隊軍【UEEF】機動兵器(メカ)と武器の支援で、 遠征艦隊軍【UEEF】の斥候と案内役として務めて、プラクシアン達は彼らの故郷からインビッドを追放できました。

The next 12 years would see Praxis under the yoke of Invid occupation.

Of the facilities in existence prior to their onslaught only the Protoculture farms remained, usurped and reinforced by the Invid.

Together, the surviving Meltrandi, Tirolians, and Praxians banded together to form an effective resistance movement. The Melanippe Prophacy had proven correct, although not in the manner she had predicted.

Despite the Tirolians greedily keeping Protoculture technology out of the hands of the ‘primitives’ some elements of Protoculture had indeed, via a black-market, or outright theft, made their way to some of these settlements, where they were quickly eradicated by Invid sweep teams.

However, much of the tribal areas were spared the initial assault because no Protoculture was present, this provided a solid base of infrastructure for a resistance to promulgate, resupply, rest, and plan.

In fact, it was here, long before the resistance fighters on Earth ever figured it out, that, to shut down Protoculture emanations would effectively blind the Invid; a tactic that served the Praxians well.

Scores of Invid died at the hands of the Praxians, in ambush, and by trap.

By the time the UEEF arrived to drive the Invid from the world the Praxians had already destroyed three Invid hives and had brought Protoculture production to a standstill in two of the fifteen known farms.

Acting as scouts and guides to the UEEF the Praxians were, with UEEF mecha and armored support, able to expel the Invid from their home.

プラクシアンの社会構造

明白な女性社会の母権制の本質を超えて、考慮すべき他の側面があります。
プラクシスの民の社会は、戦士を階級要素の最上位に置いた、典型的なカースト制度社会(武家社会)です。

彼女らの下に職人と尼僧侶が位置し、最下層に雌商人(ししょうにん)【tradeswomen】と 婢隷(ひれい)/労働者が位置します。

Beyond the obvious matriarchal nature of an all woman society, there are other facets to consider. Praxian society is caste oriented, with warriors at the top of the ladder.

Beneath them are the artisans and priestesses, with the tradeswomen and slaves/laborers at the bottom rung.

婢隷(ひれい)制度

婢隷(ひれい)」制度は、プラクシアン【Praxians】社会で一般的であり、多くの副階級が未だ各々の区分に存在します。
しかしながら、彼女らの婢隷(ひれい)はその地位の割には十分良い待遇で扱われ、その多くが卑しい仕事に従事する傾向がありますが、一方でその婢隷の幾人かには、教師、文筆家、雌商人(ししょうにん)【tradeswomen】の例を見出すことが出来ます。

婢隷は、宗教祭事から除かれて、土地を所有出来ず、幾つかの市民権が否定されて、参政権(政治活動に参加する権利)がありませんでした。

しかしながら彼女ら婢隷は、殆どの正市民にとって、商業や貿易業自体が、卑しく大それたこととされていた時代に、それ故に自らこれらの賤業(せんぎょう、卑しい仕事の意味)に従事することで、商業取引の大部分に於ける支配を獲得し維持することが可能でした。
婢隷は、プラクシアン達の中で基本教育以外の何にも達しないと観られていましたが、一方でその教育の機会からは除かれませんでした。

彼女らのより若い婢隷(少女)に、仕事場/作業場に於ける見習期間を許容した主(あるじ)もありました。

プラクシアン達の大学/学士院/専門学校(アカデミー)のより裕福な学生の中には、彼女らの学級に自ら「所有する」婢隷を帯同し通学して来た学生達もいました。

婢隷仕事の就業区分は、室内での軽作業から、鉱山での炭鉱婦、或いは「その他の場所」での重労務作業までの幅広い範囲に及びました。

幾つかの場合、家内婢隷は迎え入れられた名家の「囲炉裏の周辺を歩くという儀式」によって歓迎され、子女婢隷間での養子縁組は珍しくありませんでした。

遠征艦隊軍【UEEF】の到着以来、名称上の「婢隷」を撤廃し、そして現在、全ての市民権を、かつて婢隷とし区分された者達に提供しています。
しかしながら、奇妙に映るかもしれませんが、古い婢隷階級(カースト)制度の多く(80%以上)は、彼らの主人(あるじ)たる貴婦人の家処(かしょ)での就労に残る道を選びました。

プラクシアン達の民の多くは「センチネルズ」【Sentinels】に参加する為に、故郷の惑星「プラクシス」を去って、センチネルズのヒューマノイド雌性種と共にインビッドらに抗戦しました。
他の民は、遠征艦隊軍【UEEF】に許可を得て義勇兵として参加し、彼女らの就役による戦を挙げて、彼女ら貴婦人の家柄に名誉をもたらします。

勇敢なる兵役への参加により婢隷は、彼女らの社会的な地位を提起し正市民となることが可能で、これがプラクシアン社会に於いて、社会的な階級上昇の移動を達成可能な僅かな手段の1つとして、古代より続く実践手法でした。

インビッド占領期間の注目すべき興味深い点は、信じられない量の元婢隷がインビッド占拠間、彼らの女主人(あるじ)【註記*4】と共に戦って、戦功で市民になり、その結果として、現在のプラクシアン社会では、婢隷人口の母集団がインビッド侵略前の水準の、ほぼ 20% 未満にまで減少しています。

これらの婢隷的階級で残ったものは、宮女で、より家内的、かつ行政的&管理的職業を占位します。

重労働は機械に置き換えられ、そしてその地位を占めた婢隷達は現在、様々な商取引・貿易の道具を操作し、重きを為す(尊敬される思慮深い)技能者数に見做(みな)されています。

Slavery was common in Praxian society, and in many instances still is.
However their slaves are well enough treated and while many tend to menial tasks, some are teachers, scribes, and tradeswomen.

Slaves were excluded from the religious festivals, could not own land, were denied some civil rights, and could not participate in political activities.
They were however, able to hold dominance over many of the trades, as trade work itself was appalling to most citizens.

Slaves were not expected to attain anything but a basic education on Praxis, but were not excluded from it.
Some masters allowed their younger slaves apprenticeships in their workshops.

Some of the wealthier students in Praxian academies brought a slave with them to their classes.

Slave work ranged from the light domestic work to the heavy work in the mines, and other places.

In some cases, domestic slaves were ritually welcomed into the house, by a walk around the hearth, and adoption was not unlikely among child slaves.

Since the arrival of the UEEF the name 'slave' has been abolished, and those that were labeled as slave are now afforded allow to those who were classified as slaves once, the citizenship of all.

l citizen rights; however, as odd as it may seem, many, (over 80%) of the old slave caste have elected to remain in the service of their lady.

Many of those have left Praxis to join the Sentinels, and in so doing fight alongside their lady.

Others have, with permission, joined the UEEF and bring honor to their Lady’s house by their service.

By brave military service, these slaves are able to raise their social status and become citizens, a practice continued from antiquity as this was one of the few ways a Praxian could achieve upward social mobility.

It is interesting to note that during the Invid occupation, an incredible amount of ex-slaves fought alongside their mistresses and became citizens, thus in current Praxian society, the slave population has dwindled to almost less than 20% of it's pre-invasion levels.

Those that remain are ladies in waiting and occupy more domestic and administrative occupations.

Hard labor has been replaced by machines, and the slaves that occupied those positions are now considered technicians, operating the various tools of the trade.

プラクシアンの服飾文化

プラクサ人(プラクシアン)【Praxians】達の控えている気候の中では、平均的なプラクサ人達は、彼女らの仕事場で彼女らの人生で要求されたものだけを着るでしょう。
したがって、戦士は1組の脚絆(きゃはん)、1セットの締め紐によって仕上げられた(ティロル人の入植後にブーツか靴に替わります)、サンダル、および「兜」(かぶと)を被るでしょう。

強力であるか、裕福な戦士だけ、胴鎧と、より装飾のある「兜」(かぶと)を被るでしょう。

ケープ類は、様々な服飾感覚の自己主張と識別の為に着こなされました。

それらに関する服飾様式は、彼女らの軍の為に命令すべき階級と部隊機能を決定付けるでしょう。
装飾のある兜(ヘルメット)は、プラクサ人(プラクシアン)指揮官が戦闘の中心に常に居るであろうとき、どんな角度からも目立ち、指揮官を区別するでしょう。

対照的に、鍛冶屋は、教師が、単にガードルサンダルを履いているだろうという間、鍛造の熱から保護する機能が全く無いにも関わらず、1双の手袋とブーツを履き、エプロン、或いはエプロンドレス」を着用するでしょう。

労働者は全く何も着ないでしょう。

また衣服の色は、定められた地位を決定付けるのを助けました。

上層階級(上位カースト)が赤、青、緑、紫など豊かな色彩の着衣を纏(まと)うとき、下位階級は、白と日焼けのリネンを着るでしょう。
絶対に必要性のあるものではないにせよ(全く不必要なものとまではいかないにせよ)、服飾の種類の乏しさの為に「社会に於いてその人が誰かを識別する為の他の方法」が必要とされました。

幾つかの衣類が機能を決めましたが、人々の地位の特定は、より困難でした。

社会的地位を決定する為の2つの方法には、衣服を着こなした時のより衣服を飾り立てる宝飾品と、彼女らの髪の長さをも含みました。

プラクサ人(プラクシアン)の社会階層の序列に関して、より高い階級であればある程、彼女らの髪はより長くなります。
  • (本ウェブサイト内の「軍隊と広告塔」記事の前半部を参照ください!)
従ってそうでなければ、女王がより長く、彼女の腰に届く程の長髪を蓄える間、労働者または奴隷には実労働に関して合理的な短髪があるでしょう。
髪を刈るのは、左遷降職の極みであり、本当に恥ずかしい行為の懲罰の為に取り置きされました。
この社会服飾規則への例外は戦士階級(カースト)のそれらです。

戦士であるものは彼女らの髪を、安全と実益主義の問題として短くします。
古代伝説によれば、宗主女皇「ハイエラ」【High Queen " Hiera " 】は、天下分け目の決戦前夜に、彼女の愛刀の長剣の柄を取って、自らの長い三つ編み*5を切って、こう宣言したと伝えられています。

「妾(わらわ)は汝(なんじ)ら臣民の女皇(きょうこう)だが、戦場では、私は『あなたたち』 の姉妹だ ! 」

【‘ I am your Queen, but on the field of war, I am your sister ! ’】

何世紀も後になって「ティロル人」租界屋敷の近辺の殖民開拓地を占領したプラクサ人(プラクシアン)は、さらに彼女らの隣人「ティロル人」の服飾文化に沿って、同種或いはその影響を受けて独自に発展させた衣服を採用するでしょう。

文化伝播の交差の例では、 ティロル人は全て女性の派遣団であり、 プラクサ人(プラクシアン)土着民を模倣する為に、彼女らの本星の服飾文化の固有の特徴である多層構造のドレスを脱ぎ替えました。
彼女らティロル人自身の謙遜により歴史書の表現は調子を合わせていますが、或る者たちは、彼女ら仲間の娯楽に対して「プラクサ人の土着」の服飾文化に非常に傾注しました。

そして遠征艦隊軍【UEEF】の到着で、彼女らの比較的に上品で厳格な(清教徒的な)文化的慣習にプラクシアンが再適応しながらも、未だ彼女ら自身の伝統を頑なに守る間、彼女らが遠征艦隊軍とそれらの同盟国が存在する状態に在ることを予期する場合、彼女らは少しばかり着飾ります。

  • Praxian Dress
In the temperate climes of Praxis, the average Praxian would wear nothing but what was required of their station in life.
Thus a warrior would wear a pair of leggings, a pair of sandals, (replaced by boots or shoes after the Tirolian landing) topped off by a set of bracers and helmet.
Only a powerful, or wealthy warrior, would wear a cuirass and a more ornate helmet.
Capes were worn more for identification then for any sense of fashion.
Patterns on them would dictate rank and unit function for their troops.
Ornate helmets would distinguish a leader, being visible from any angle, as a Praxian leader would always be in the thick of the fighting.
By contrast, a blacksmith would wear naught but a set of gloves, boots, and apron to protect from the heat of the forge while a teacher would wear little more than a girdle and sandals.
A laborer would wear nothing at all.
Colors of clothing also helped to dictate status.

The lower class would wear linen in whites and tans, while the upper caste would have richer colors such as red, blue, green, purple.
With clothing sparse if not altogether unnecessary, other manners of identifying who was who in society was needed.
While some articles of clothing dictated function, status was harder to identify.

Two methods to determine social status included more ornate items of clothing when clothing was worn, and the length of ones hair.
The higher up the social ladder a Praxian was, the longer their hair.
Thus a laborer, or slave, would have short hair while a queen would have hair to her waist if not longer.
To have their hair shaved was the height of degradation and was reserved for truly shameful acts.

The exceptions to this rule are those in the Warrior Caste.
Those that are warriors have their hair short as a matter of safety and pragmatism.

According to legend, High Queen Hiera, on the eve of a major battle took her sword and cut her long braids, declaring.

‘I am your Queen, but on the field of war, I am your sister!’

Many centuries later the Praxians that occupied settlements close to the Tirolian compounds would adopt clothing more in line with their neighbors.
In an example of cross culture propagation, the Tirolian’s, being an all female contingent, shed many layers of their dress to mimic the Praxian natives.
Although more in tune to their modesty, some went ‘native’ much to the amusement of their comrades.
With the arrival of the UEEF and their, by comparison prudish and puritanical cultural mores, the Praxian’s have adjusted yet again, and while still keeping to their traditions, do wear a bit more when they expect to be in the presence of the UEEF and their allies.

ラブリス【Labrys】、或いはプラクシアン流儀の斧

ラブリス【Labrys】は、何世紀もの間 プラクシアン戦士のエリート層【Praxian Warrior Elite】によって使用された古代の兵器です。

ラブリスが何時(いつ)頃、広範囲な使用に入ったのか知られていないものの、古代遺跡に残る彫像に彫られたこの武器を使用する戦士達について表現した情況に従い、歴史家達の研究によりこの武器は何千年間もの間、プラクシアン軍の主要な手持ち打撃武器の柱であったと信じられています。
武器は通常、刃の頭頂部と同じ長さである柄を軸として対称の両頭斧です。

既に信じられないほど鋭く致死的な武器は、ティロル人・婦人部隊【Legionnaires】によって持って来られた近代的な合金の伝来と遠征艦隊軍【UEEF】の『CADS』【Chemical Agent Detection System の略】(註記*6) により使用される振動領域内と結合されている状態で、武器の再起復活がプラクシアン・ファランクス【古典ギリシア語:φ λαγξ, phalanx】方陣の用兵運用中で有効であるのを確認しました。

  • The Labrys or Praxian Axe.
The Labrys is a ancient weapon used for centuries by the Praxian Warrior Elite.

It is not known when the Labrys came into wide use, but statues within the ancient ruins depicted warriors using the weapon, thus it is believed to have been a staple of the Praxian military for thousands of years.

The weapon is a symmetrical doubleheaded axe with the handle typically being the same length as the head of the blade.

Already incredibly sharp and deadly, with the advent of modern alloys brought by the Tirolian Legionnaires and coupled with the vibro-field used by the UEEF’s CADS the weapon has seen a resurgence of use within the Praxian phalanxes.
  • •Mega Damage: 3D6 + Strength bonus.

可動前背板(アスピス)

可動前背板(アスピス)かプラクシアン流儀の盾と呼称されます。

円形盾「アスピス」【Aspis】は、侵入してくる「飛翔体」 《矢・弾丸・石・瓶など》の、より良い偏向を考慮する為に、僅かに凹面です。

耐久性に関して 円形盾「アスピス」【Aspis】は、「メルトランディ」【 Meltrandi】によって使用された近代兵器の為には、全く適合を立証せず、最も強健で使用法を訓練された「盾壁」(シールド・ウォール」さえ、彼女ら巨人の猛攻撃でぼろぼろに崩れました。

プラクシアン【Praxian】武具鍛冶職人達が、一旦、ティロリアン由来の新しい近代的な合金鍛造鍛錬方法を学んだ後で、 円形盾「アスピス」【Aspis】は、再び実効防御の実行可能な防具になりました。

遠征艦隊軍【UEEF】の到着で、レーザーや低出力の粒子光線への抵抗力がある皮膜で防御盾を被覆(コーティング)する為の技術を利用可能にしました。
  • MDC: 100 (レーザー耐性被覆で覆われるならば、レーザー兵器からの1/2のダメージ低減効果。)

The Aspis or Praxian shield.
A circular shield, the Aspis is slightly concave to allow for better deflection of incoming missiles.

While durable, the Aspis proved no match for the modern weaponry employed by the Meltrandi, and even the most robust and disciplined‘shield-wall’ crumbled under their onslaught.

However once Praxian smiths learned to forge the new Tirolian alloys, the Aspis once again became a viable tool of defense.

With the arrival of the UEEF the technology to coat the shield with a laser resistant coating has been made available.
  • •MDC: 100 (1/2 Damage from laser weapons if coated with laser resistant covering.)

ガストラフェテス、或いはプラクシアン流儀のクロスボウ

ガストラフェテス【Gastraphetes】」プラクシアン流儀のクロスボウ

その一見原始的な外見によって、ティロル人占拠者達により左遷されましだが、上記同様の経緯で復活する、古代のもう一つの有力なプラクシアン武器。

重装甲に対しては無力なものの、このクロスボウは、近代的な合金使用で魅力的な狩猟道具として、さらにティロル人占拠間の時点で提供される、より致死的な矢として再生され、名の通り「爆発」を意味する『ガストラフェテス』は、こうして再び戦場に相見え【あいまみえ】ました。

クロスボウは、銃床の後部の開口部分を凹面の中に置いて、両手で弓の引金を引くことによって撃鉄を引かれます。

この武器は重く、しっかりと足を踏ん張り、確実に弓を引いて矢を掛け金に据えなければなりません。

先進の合金製造の小型版はプラクシアン長手袋に合致するように形作られ、しかしより軽量で少ない損傷力を以って、より小型の弓は戦闘に於いては遥かにより有効です。
  1. 射程半径(軽弓): 400フィート (400 ft = 121.9215 m)
  2. 射程半径(重弓/弩): 700フィート (700 ft = 213.3626 m)

  • The Gastraphetes or Praxian Crossbow.
Another seminal Praxian weapon of antiquity sidelined by the appearance of the Tirolians but resurrected by the same.
Useless against heavy armor, the crossbow, rebuilt using modern alloys became a fantastic hunting tool, and during the Occupation with the Tirolians now offering more lethal arrow points, namely those that exploded, the Gastraphetes once again see’s the field of combat.
The crossbow is cocked by resting the stomach in a concavity at the rear of the stock and cocking the bow with both hands.
This weapon is heavy and must be mounted or braced. A smaller version made of advanced alloys was fashioned to fit upon a Praxians gauntlet, though lighter and doing less damage, the smaller bow is far handier in combat.
  • •Mega Damage (Light Bow): 2D4 Light explosive arrow, 4D4 Heavy explosive arrow.
•Mega Damage (Heavy Bow) 4D4 Light explosive arrow, 8D4 Heavy explosive arrow.
•SDC: 8D6 for the larger bow, 4D6 for the smaller bow.
◦Range (Light): 400ft
◦Range (Heavy): 700ft

ペガサス

人類文化上の想像上の動物、しかしプラクシアン千年紀の昔に将に存在したかもしれない生き物。
古代彫刻は詳細に威厳のある雄大な生物について表現しますが、生物が神話に共有された存在か、それとも今日までに生き残りが今までに全く発見されたことの無い絶滅種であるかに関わらず、この生き物に関しての真実は未知のままです。

それにも関わらず、エミール・ラング工学博士は、翼ある馬の機械化サイバネティックス版を プラクシアン達の喜びにたくさん作成しました。

この贈り物の導入以来、 プラクシアン達と人間との関係は高く昇っていますが、一方で単なる安物玩具のような機械の装身具によって、余りに簡単に人類に対する態度が揺れるような、彼女ら姉妹の騙され易さと純朴無邪気さに思い悩む、幾人かの協力を拒む者達がいます。

  • Pegasus
A mythical creature to human cultures, but one that just may have existed on Praxis millennia ago. While ancient carvings depict the majestic creature in detail it is unknown if the creature is a shared myth or, since no remains have ever been found, an extinct species.

Never-the-less Dr. Lang created a mechanical version of the winged horse much to the Praxians delight.

Since the introduction of this gift the relations between the Praxians and humans have soared, although there are some hold outs, brooding over their sisters gullibility and naiveté, to be so easily swayed by a mere trinket.

竜猫【Saurofelis】

サウロフェリス【Saurofelis】、または文字通りまた、「竜猫」として知られている、リザード・キャット【Lizard Cat】。
非常に知的で6本の脚を持つこの生き物は、恐竜と猫との折衷の特徴を持ちます。

プラクシアン原住民達が知る限り、惑星「プラクシス」土着(ネイティブ)のこの生物は、歩哨として使用されて、 プラクシアン【Praxians】と同じくらい長い間動物に乗ることである 。

成熟した竜猫【Saurofelis】*7は、全高で 8 フィート 〜 10 フィート(243.8 cm 〜 304.8 cm)を妨げて、尾を含めた全長で 15フィート 〜 20フィート(457.2 cm 〜 609.6 cm)であり、1,200 ポンド 〜1,800ポンド( 544.3 kg 〜 816.5 kg)の体重があります。

  • Saurofelis
The Saurofelis, or literally, Lizard Cat, also known as dragon cat.

A highly intelligent six legged cross between a dinosaur and a cat.

Native to Praxis this creature has been used as a sentry and riding animal for as long as Praxians can remember.

A full grown Saurofelis stands between 8 to 10 feet tall, is 15 to 20 feet long, including tail, and weighs between 1200 to 1800 pounds.

反重力技術

古代以前に遺された強力な半導体人工遺物。
これらのモジュール構成単位で、巨大な物の幾つかと、小さい物の幾つかは、プラクシアン達の古代文明より遺された、何らかの高度技術による部品の一つです。

コンパクトで強力な技術は、驚くべき知識について語ります。

これらのモジュールはプラクシアン社会の全面で使用されています。

これらのモジュールは、その構造から戦争まで、女神からの贈り物であると考えられて、 プラクシアンによって大事にされます。

これらの装置がそう切望されているので、ティロリル人占拠に先行して部族と都市国家の相互間で、これらの稀少な人工物の所持の為の内戦が発生していたと観られています。

  • Antigravity Technology
Powerful solid state artifacts left over from before antiquity.

These modules, some large, some small are one of the few high technology items that remains of the Praxians ancient past.

Compact and powerful the technology within speaks of incredible knowledge. Used in all aspects of Praxian society.

From architecture to war these modules are considered gifts from the goddess and are cherished by the Praxians.

So coveted were these devices that, prior to the Tirolian occupation, tribes and city states would war upon each other for possession of these rare artifacts.

プラクシアンの休日・祭日と祭り

  • 【Praxian Holidays / Festivals】

プリィンテリア 【Plynteria】

浄化祭(フェスティバル)。

都市の家と公衆領域の儀式掃除は、晩に儀式入浴に先行するでしょう。 このフェスティバルは Praixan 太陽至Solstice】の前日に起こるでしょう。

Plynteria:A festival of cleansing. Ritual cleaning of the home and public areas of the cities would precede ritual bathing in the evening. This festival would occur on the eve of the Praixan Solstice.

パンプラクシア【Panpraxia】


パンプラクシア【Panpraxia】は、惑星「プラクシス」【Praxis】で最も重要かつ、プラクシアン・ディアスポラ【Diaspora】(民族四散)全体で最も壮大な祭礼の一つです。

婢隷(ひれい)を除いて、全てのプラクシアン達【 Praxians】が祭礼に参加できます。

アテネ【Athene】祭は数日間行われ、 プラクシアン達の主要な女神たちの誕生日を祝います。

  • Panpraxia:

The Panpraxia is the most important festival on Praxis and one of the grandest in the entire Praxian Diaspora.

Except for slaves, all Praxians can take part in the festival. The festival takes place over a few days and celebrates the birthday of the Praxians prime deity, Athene.

ヘラクリア 【Heraklia】

英雄祭の祭礼は何日も続き、様々な運動の、そして、音楽の競作会(コンテスト)【agones/アゴニス】から成り、生け贄(いけにえ)と同様に飾り立てた締め縄を勝者に与えました。

個々の居留地と都市は独立してこの祭を祝うでしょう。

しかしながら、各々の居留地の勝者が一堂に会して共同開催し、この後にもう3週間続く『大祭』は、しかる後に終息します。

Heraklia:A festival to heroes, the festivities lasted a number of days, and consisted of various athletic and musical contests (agones), as well as sacrifices.

The winners were awarded ornate bracers.

Each individual settlement and city would celebrate this festival on their own.

However a large festival that pitted the settlement victors together would be held afterward and lasts three weeks.

関連記事

【Boquomouxy design bureau "Quel-Quallie " Electronic warfare / long range recon Command Reconnaissance /Theatre Scout Pod】
【Terran codename: Cyclops/ Bug EYE】

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます