" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ブラジリアに於ける強制マイクローン化作戦

  • 整備不良かつ、調整不十分な装置の稼動により奇形や遺伝的疾患、心臓や脳などの異常による、後遺症に苦しんだ。


実行者の1人、20代の頃のトーマス・ライリー・エドワーズ



解説

サザンクロス軍の創設者アナトール・エリ・レオナルド(レナード)は地球に住む人々の第一次星間大戦の傷と、巨人態のゼントラーディ人への恐れを利用しました。

ゼントラーディー人が第二次星間大戦の元凶となるマスターズの襲来を引き起こす恐れがあると説き、予算を獲得していきました。

またアナトール・エリ・レオナルド(レナード)は地球のプロトカルチャー (資源)麻薬組合の会長でもあり、それが彼の資金源でした。

サザンクロス軍は統合軍内部で勢力を徐々に拡大し、一時はその全権を掌握するまでに至りました。

彼らの行動には強引なものが多く、南米のモニュメント市に於ける作戦では、ゼントラーディ人は全てが戦闘人員であるから、民間人は存在しないとして、1千人以上を通謀容疑で逮捕・収容所送りとし、さらに調整不十分なマイクローン化装置による強制変換措置で、副作用で死亡したり(ブロン・リコ・コンダ)、今なお肉体的、精神的後遺症に苦しむ者達を残したモニュメント・シティ事件など、非人道的作戦もしばしば行いました。

この事がサザンクロス軍への反発を強くし、反対勢力はヴァリヴェール恒星系でのマスターズとの直接交渉を目指す、遠征艦隊軍【UEEF , 旧称:REF】として結束していくことになっていったのです。

関連記事

  • ブロン・リコ・コンダが最初のマイクロン化後遺症+モニュメント市事件でゼントラーディ人の凶暴性を取り除く為と告げられた遺伝子変換装置の後遺症の合併症で、ダーナ【ジャンヌ】の12歳の誕生日を祝うことなく、病院で死亡した。記載の一部が記事にあり。



協同ペンネームである「ジャック・マッキーニ」両氏による二次的連続性へと左遷【decanonized】された本「南十字星」小説シリーズの第7冊)では、彼女の両親が西暦2022年に遠征艦隊軍任務とともに去った後、ダーナの幼児期は非常に難しいものとして示されます。

西暦2011年のゼントラーディ人大虐殺は後でまだ明白な年である人間によって心からの憎悪に終わりました。

そして、人類ゼントラーディ人同盟の唯一の子供の時、彼女の「混血児」(彼女の入り混じった遺産のための)(彼女は言葉で、または、身体的な暴力でしばしば応えます)に電話をした他の子供たちによって、ダーナはしばしばからかわれて、嘲笑(ちょうしょう、あざけり笑われること)されました。

ダーナがどんなゼントラーディ人血による地球の上のただ一人の残りの人でもあったことを意味して、地球の上のゼントラーディ人の全ては人種隔離政策によって遠征艦隊軍とともに去りました、そして、従って、ゼントラーディ人に対する彼らの憎悪を表明したくなっている人々の「生け贄の羊」(スケープゴート)として彼女がしばしば使われたように、ダーナは非常に孤独であると感じました。

彼女の両親が去ったあと、遠征艦隊軍への同行任務で去らなかった唯一のゼントラーディ人は、元第67グリマル級分岐艦隊の戦域司令部偵察艦艇ケル・カリア艇のコードネーム「青い風」のスパイ「ブロン・リコ・コンダ」(彼らはダーナを短い間、擬似家族の娘として世話をしました)でした。

3人が「少なくとも僅かな期間」そのような幸せな家庭生活を示されます
ブロン・リコ・コンダが縮小化装置の後遺症が突然に劇症化して、病院で亡くなった後、ダーナの少女期はさらに難しくなりました。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます