" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

唯一の描き方資料、視聴層の反応は下記の通り。

10/12 ROBOTECH Mospeada01 by FranciscoETCHART

ロボテックの描き方:「新世代」編(1987-1988)より。

スピノサスモモ (blackthorn)出版【Blackthorne Publishing 】
「ロボテックの描き方」(1987-1988)より。

注記

主要な連続性作品に於ける言及が無く、無視されている状況の為、二次的連続性作品の記述と日本版機甲創世記モスピーダ、及びスカル大隊【Skull Squadron】、改マクロス級【SDFN】の記事より、母親の記事を記載することで、本人少年の記述を代替します。

実母ダイアナ・シュルツ【Diana Schutz】(後にランド姓)

G計画時代〜統合戦争初期

格納庫奥に見えるのは、YVF-14 タイガー・キャット


左側の若い男性はロイ・フォッカー中尉見習。


右側の女性は『アルモン』【Arumon】社の出向社員で、


G計画の人事責任者である


ミズ「ダイアナ・シュルツ」【MS.Diana Schutz*1


後に改マクロス級【SDFN-04 ”Groval”】の艦長となる。

構成

指揮官機

番機コールサインパイロット航法・射撃手
01スカル・リーダーロイ・フォッカーリサ・ハイエス

番機コールサインパイロット航法・射撃手
02ゴールド山本 研ヘレン・アリゾナ
【Helen Arizona】
03ホワイトサマンサ・ヒューストン
【Samanta Hauston】
コンスタンス・ブリューチャ
【Constance Blucher】
04ブラックバスター・ガニー
【Buster Gunny】
ケイトリン・ジョンストン
【Kaitlynn Jhonston】
05シルバーリンカーン・フッド
【Lincoln Hood】
イワン・マラト
【Ivan Marato】
02 ゴールド山本 研&ヘレン・アリゾナ【Helen Arizona】

SDFN-04 艦長『ダイアナ・シュルツ(後にランド姓)』と副官(名称不明:調査中)

少年兵「ジェイク・ランド」【Jake Rand】は 彼女の実子(長男)

実子(長男)「ジェイク・ランド」【Jake Rand】

ロボテック二次的連続性を持つ漫画世界に於ける『柿崎速雄』ことベン・ディクソン的な立場だが、憎めない性格だった。
 
なお、離婚につき(ただし、子供の都合を考えて復氏せず)女手1つで育てたという設定。

なお、次男は地球に残してきた機甲創世記モスピーダレイ・ランド【Ray Rand】

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます