" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

企業識別標識(ロゴマーク)


出典

日本語版ウィキペデイア「ロールス・ロイス plc より作成。

概要

ロールス・ロイス (Rolls-Royce plc) は、GE・アビエーションに続き、世界で2番目に大きいイギリスの航空用エンジン製造会社である。防衛航空宇宙、艦船、発電等も手がける。

ロールス・ロイスは、1971年に国営化され航空機エンジンの分野が長年、売上の大半を占めてきた。1973年、自動車部門を切り離した。1987年、サッチャー政権下で再び、民営化された。ロールス・ロイスの防衛航空宇宙部門は世界で16番目であり、2005年のグループの売上の21%を占める。民間航空機向けの売上は53%、船舶向けは17%、発電向けは8%を占める。

合弁会社

一覧表

企業形態公開会社(LSE: RR.)
設立1987年
本拠所在地ダービー, イングランド, UK
代表者等Simon Robertson (会長)
ジョン・ローズ (CEO)
業種航空、防衛、船舶
製品民間と軍用航空機エンジン
船舶推進システム
発電機器
売上高▲ £7,435 million (2007)
営業利益▲ £514 million (2007)
純利益▲ £600 million (2007)
従業員数38,000人 (2007年時点)
外部リンクwww.rolls-royce.com

前史

詳細は「ロールス・ロイス」を参照


1906年に設立されたロールス・ロイス社(Rolls-Royce Ltd)は当初自動車の製作を行う会社であり、最初の航空機エンジンが製作されたのは1914年だった。その後、1920年代末までには、航空用エンジンの販売は同社の売り上げの大部分を占めるようになった。

会社設立者の一人であったヘンリー・ロイスが最後に設計したマーリン・エンジンは1935年に完成し、第二次世界大戦では多くの連合国側航空機に搭載された。

1960年代、ロールス・ロイス社は、航空機用エンジン「RB211」開発のトラブルや自動車部門の不振などによって経営難に陥り、1971年には経営破綻、イギリス政府の管理下に置かれた。

設立の経緯

当時の首相であったエドワード・ヒースによって、ロールス・ロイス社(Rolls-Royce Ltd)はイギリス国有化された。1973年、自動車部門(ロールスロイス、及びベントレーブランドの乗用車を製造・販売)が、「ロールス・ロイス・モータース(Rolls-Royce Motors)」として分社され、ヴィッカース社に売却された。

航空機エンジンの製造を始めとする工業部門は国有企業として営業を継続、1980年代には、民間航空機向けエンジンへの参入を指向し、17機種の異なるエンジンを供給するまでに成長した。同時期、民間航空機向けに供給されるエンジンは、ゼネラル・エレクトリックが14機種、プラット・アンド・ホイットニーが10機種だった。マーガレット・サッチャー政権下の1987年、再度民営に戻すことが決定され、現在に至るロールス・ロイス社(Rolls-Royce plc)はここに成立した。

拡張

1988年、重工業で発電、送電に強みを持つノーザン・エンジニアリング・インダストリーズを傘下に収めた。

他社を次々に傘下に収め、業界再編を促す。

マーガレット・サッチャー政権下の追い風もあり、当時、衰退しつつあったイギリスの重工業に再び、競争力を取り戻すようにリストラを行う。

1990年、BMWと合弁でBMW 部品 ロールス・ロイス社を設立、BR700エンジンを供給する。

最新製品はガルフストリームG650用のBR750である。

アリソン・エンジン社の買収

1994年11月、米国の航空機エンジン製造会社であるアリソン・エンジン社を傘下に収めたと発表した。ロールス・ロイス plcは、かねてよりアリソンの買収を目論んでいた。

アリソンを傘下に収めた事により、新たに民間機向けのエンジンが4機種増えた。それにより、一部の機種で重複する物がでてきたが、後に集約される。また、それまでアリソンが供給していたアメリカ軍向けの供給の存続が危ぶまれたが、アリソンとロールス・ロイスは安全保障を危険にはさらさないという主旨の共同声明を出した。

ロールス・ロイス トレント 900

1996年にロールス・ロイス plcとエアバスは、A3XX(後のエアバスA380)向けのエンジンとしてトレント 900エンジンに選択権を与えることを合意し、ロールス・ロイス plcは大型機向けエンジン市場に参入した。また、テイエンジンの販売によって地域航空部門での地位を高めた。

1999年の買収

1999年にクーパー・エネルギー・サービシーズ (Cooper Energy Services)、ヴィッカース、エアモーティブ (National Airmotive Corporation) を買収した。2000年には、BMW ロールス・ロイスのBMW株を獲得し、ロールス・ロイス・ドイツとして傘下に収めた。これらの獲得に10.63億ポンドが費やされた。

ロールス・ロイス plcは、ヴィッカースの獲得によって、海洋分野への進出を本格化させた。ヴィッカースは、買収される以前にスウェーデンのウォータージェットメーカーであるカメワ、スコットランドの操舵機器やスタビライザーメーカーであるブラウン・ブラザーズ、ノルウェーの大型船舶向け機関メーカーであるウルスタイン (Ulstein) を買収し、その事業を拡大していた。ヴィッカースの軍用車両部門であるヴィッカース・ディフェンス・システムズは、2002年にアルヴィス plcへ売却した。

BMWとの航空機エンジン合弁会社の買収

2000年にBMWとの航空機エンジンの合弁会社を子会社化した。それに伴い会社名をロールス・ロイス・ドイツへ変更した。

製造技術

ロールス・ロイス社のターボファンエンジンは3軸式という特徴がある。

またファンブレードはチタンの板を3重に重ねて摩擦攪拌接合で接合して内部から加圧して成形された中空のファンブレードを採用している。
GEが複合材料製(バードストライク時の耐衝撃性を高めるため前縁部はチタン製)に対して、異なるアプローチを採っている。
RRが複合材料製のファンブレードを採用しないのはRB211の開発時に当初採用した複合材料製のファンブレードでの開発が難航したのが一因との見方がある。

製品一覧

民間機

旅客機

地域航空

ヘリコプター用

防衛関連

ヘリコプター用エンジン

現在運用されている唯一のティルトローター機であるベル・ボーイング V-22 オスプレイに使用されている。 エンジン出力は6,000 shp (4,470 kW)である。

回転翼機用エンジン

船舶向け

ガスタービン

ディーゼルエンジン

潜水艦

流体軸受け

  • ミッチェル ベアリングス

石油およびガス

ガスタービン

圧縮機

発電向け

往復機関

  • バーゲン B シリーズ
  • バーゲン K シリーズ

発電装置

関連項目

競合他社

(ゼネラル・エレクトリック【General Electric/GE】の一部門であるゼネラル・エレクトリック・アヴィエーション【GE-Aviation】とユナイテッド・テクノロジーズ【United Technologies Corporation、UTC】の一部門であるプラット・アンド・ホイットニー【Pratt & Whitney】の共同事業。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます