" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方

開発競争の統括:「統合技術研究開発部」(特殊技術院)



これは、計画に役立つことがありえる。  
  • クロムウェル技術少佐【研究開発部】

解説

統合技術研究開発部 (特殊技術院)、別名:“ロボット工学・研究開発部”は、統合地球政府(UEG)の全世界的な「統合軍事警察」(憲兵隊、GMP)の管轄区域下の研究部門。
記述
統合ロボット工学・研究開発部(RRDG)は、それが世界的な憲兵隊(GMP)諜報部の監督下にあったという点で、特異でした。
そのように全域統合軍事警察 は、情報あるいは技術的な利点を得ることを望んで、地球統合軍の中で軍自身の人員に対して諜報活動の働きをする隠密調査官(諜報員)の役割を果たすために定期的に「統合・技術研究開発部」人員を雇用するでしょう。

大部分の人々は、組織の不正直さとしばしば無情で冷酷な本質に気づきませんでした。

翻訳改良検討の対比文箇所
One such notable incident was a report filed by Pvt. Louie Nichols of the 15th Squad against a certain Major Cromwell after the former's invention, the Pupil Pistol (aka Nichols's Special Vison Track Firing System or VTFS ) was used to further the war effort, instead of just being limited to training as he had been promised.

  • 【逐一対応語訳】:1つのそのような特筆すべき事件の報告書が“とある”技術少佐である「クロムウェル」に対して、前者〔技術的な利点を得ることを望んで〕の調査の後に戦略機甲師団 第15分隊の一兵卒の ルーイ・ニコルス、「瞳の拳銃」【Pupil Pistol】〔通称:「ニコルズの特別な視覚追尾射撃システム」または“VTFS”〕が綴られ、これらは、彼ルーイ・ニコルス伍長が当初にクロムウェル技術少佐から約束されたように、単に新兵の訓練のみの利用に制限されることの代えて、戦争勝利に対しての努力を促進するのに使用されました。
施設と資源の分散
  • インビッドの到来を予期して、統合技術研究開発部 (RRDG) は、彼らの 遠征艦隊軍(UEEF)対応者によって経営された深宇宙の彼方の施設に これまでの世界から組織の人事課と装置の大部分を移転しました。 地球に残っているそれらの資源は堅固な地下壕に移され、 統合技術研究開発部 (RRDG)の立案者がもし インビッドが人類の故郷の上に足場を確立するなら、これらの施設が有用になるであろうことを希望します。
機密情報
ある特定の高水準の隠密調査官(諜報員)が機密「ゼントラーディ・データベース」へのアクセスを持っていました。
このようなエージェントの1人であったジョルジュ・サリバンは、ゾル人アズシャール級・母船の詳細な概略図を(これまでに)持っていると伝えられました。
インビッドに関する不完全な諜報は、1つにはゾル人科学者らから、 インビッドの最初の侵略から我らが故郷である地球圏を守りきることは殆んど不可能であるという予測結果を示唆します。
  • サムネイル画像をクリックにて原寸画像 1,740 pixel X 1,350 pixel を展開します。
視覚追尾射撃システム(射撃管制装置)
VisionTracking Firing System , VTFS
ビジョン・トラッキング・ファイアリング・システム
邦訳 : (視野内)「視覚追尾射撃システム」、俗称:Pupil Pistol 〔「瞳で撃つ拳銃」の意味。〕
日本原作
Sight Vision Tracking Link system , SVTL in JAPAN.
サイト・ビジョン・トラッキング・リンクシステム
邦訳 : 「視線画像化・誘導追跡・連繋照準システム」。
Vision Track Firing System / VTFS , SVTL in JAPAN


-2A2【VHT-2 スパルタス】から搭載された、射撃管制装置である、 Vision Track Firing System → VTFS【Pupil Pistol】 装備は、標的の動きの特性を学習し、連射速度、同時発射数、ロックオン特性を自動的に調整するもので、操縦者兼射撃手、又は複座機におけるガンナー(射手)の標的追随特性を飛躍的に改善する。
Sight Vision Tracking Link system , SVTL in JAPAN
※日本版では 「 S.V.T.L 」(サイト・ビジョン・トラッキング・リンクシステム 日本語: 視線画像化・誘導追跡・連繋照準システム )、海外Robotech版では Vision Track Firing System → VTFS (Pupil Pistol≒瞳の拳銃) と呼称するが原理は同一で、語彙の解釈の違いに過ぎない。



(本編第11話「デジャブー」(既視感)Bパートに於いて、ジャンヌがAI稼動の赤いバイオロイドと模擬戦をするが、この時に使用されたのが、本来搭載されるはずだった「ヴァーチャル・ディスプレイ」方式の操縦システムとグラス装甲コクピットの名残で、改造後にシミュレーターとして流用された。)

開発製造企業に関する内部記事

1.ブランシュ・フォンテーヌ

  • 横 660 pixel のPNG形式パイロット画像をクリックすることで、サーバー Onedrive に保管した Bitmap オリジナル原寸 1,575 pixel x 1,035 pixel 画像に移動します。
リージェ重工業 (発音上は「リエージュ・インダストリー」)

【 Liège 】
ノースロップ・グラマン・エリダヌス支社

リベルテ・グロリエ合弁会社:旧ダッソ・ブレゲーリベルテ及びグロリエ各支社
以上の合弁により地球圏内の親会社より独立し、成立した。

2.ジョルジュ・サリバン
クラウス=マッファイ・ヴェクマン

一覧表本文

架空の世界に基づくアニメシリーズ「ロボテック」(マクロス)世界に於いては、数多くの航空宇宙企業が、我々の現実世界に存在しない統合地球政府、或いは統合軍、遠征艦隊軍 の需要を満たす存在の一部として存在する。

多くは現実に存在する企業名に類似した発音名を持つが、作品中で新しい企業も現れてきた
これらは以下の2つの分類に区分可能である。
  1. 現実世界で実際に存在する企業を表現するが、法的に訴訟問題等に発展しないように同様の企業名を知恵ある人々には理解できる程度に「類似した発音」に聞こえる仮装した名称を用いるもの。
  2. そして、新興企業がこの世界の年表の進行に従って出現した。これらの企業は現実世界に於いて存在しないので由来は存在せず、目録に於いても変遷こそあれ、同一の名称で記載される。
用語解説可変戦闘機(攻撃機/爆撃機) (日本版ウィキペデイアより)
名称由来現況
ストンウェル(Stonewell)ロックウェル・インターナショナル(Rockwell International)を岩(Rock)→石(stone)ともじったもの。2007年から2009年にかけて、ベルコム(Bellcom)こと、ベル・エアクラフト(Bell Aircraft Corporation )&ベル・アエロスペース・テキストロン(Bell Aerospace Textron)によって吸収合併される。
ベルコム(Bellcom)ベル・エアクラフト(Bell Aircraft Corporation)&ベル・アエロスペース・テキストロン(Bell Aerospace Textron)2007年から2009年にかけて、ロックウェル・インターナショナル(Rockwell International)と合併。
ジェネラル・タイタニック(General Titanic)ジェネラル・ダイナミクス (General Dynamics Corporation、NYSE: GD)不明
ロッキー(Lockhee)ロッキード・マーティン(Lockheed Martin)不明
LVT→LTVの並び換え。リング・テムコ・ボート(Ling-Temco-Vought)不明
新星インダストリー(Shinsei Industries)2012年に「ストンウェル&ベルコム」(ロックウェル&ベル・テキストロン)社の航空機開発部門が独立合併(スピンオフ)したもの。2059年現在企業活動中。
ストンウェル&ベルコム(Stonewell Bellcom)上記で解説したロックウェルとベルの製造部門の理論的(theoretical)合併2012年に新星インダストリーとして独立し、2059年現在企業活動中。
マックネル・ドグラー(McNell Douglar)マクダネル・ダグラス(McDonnell Douglas)統合戦争(The Global Civil War)で、ロッキード・マーティン社ボーイング社が共同開発した高価なステルス万能戦闘機 F-22 ラプター(Raptor)を代替する比較的安価な制空戦闘機として採用された F-203「ドラゴン II」(Dragon II)の大量受注を受け、F-15F-15E 系受注以後最大の企業躍進をするも、第一次星間大戦で壊滅的な打撃を受け、以後再起不能となった。
ノースロム(Northrom)ノースロップ・コーポレーション(Northrop Corporation)経営危機のグラマン(Grumman Aerospace Corporation)社を吸収合併。

ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)となり、2051年現在も企業活動中。後にデストロイドに可変航空機の要素を採り込みVB-6 ケーニッヒ・モンスター(König Monster)という新概念機も開発した。
グラモア(Grumore)→ グラマン(Grumman Aerospace Corporation)上記解説の通り合併吸収され、ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)(ノースロム・グラマン)として2051年現在も企業活動中。
ジェネラル.ギャラクシー(General Galaxy)統合政府直営のOTM解析の為の先進諸国の合同研究機関「オーテック」(OTEC)社を母体として2017年に設立された。2059年現在も企業活動中。
メッシー(Messi)→ メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(Messerschmitt-Bölkow-Blohm/MBB)詳細は不明だが、現在も企業活動中。

VF-14「ヴァンパイア」(Vampire) / VA-14「ハンター」(Hunter)などゼントラーディ人寄りの質実剛健な設計を信念としている。
ダッソー・ブレゲー・アビアシオン
【Avions Marcel Dassault-Breguet Aviation; AMD-BA】社
ダッソー・アビアシオン社【Dassault Aviation】第一次世界大戦中にマルセル・ブロック(Marcel Bloch; ブロシュとも)がプロペラを発明し、1930年にマルセル・ブロック社 【Société des Avions Marcel Bloch】が創設された。
1936年、同社はSNCASO社 【Société Nationale de Constructions Aeronautiques du Sud-Ouest】 に統合され、国営化されたが、ブロック自身は設計者としてとどまった。ブロック社は第二次世界大戦で戦闘機MB152などを開発したが、生産の遅れにより戦力とならなかった。
ブロックは、1936年12月12日、SNCASO とは別に SAAMB 社【Société Anonyme des Avions Marcel Bloch】を設立し、この会社が現在のダッソー・アビアシオン社の創設とされている。

マルセル・ブロックはユダヤ人であったため、戦争中は収容所に入れられた。マルセルの兄、ダリウス・ブロックがレジスタンス運動において名乗った変名であるダッソー(「突撃」を意味する)というマルセル・ダッソー 【Marcel Dassault】 に戦後改名し、社名も1947年12月20日にマルセル・ダッソー社 【Avions Marcel Dassault】 に変更した。

1971年にブレゲーと合併し、ダッソー・ブレゲー社 【Avions Marcel Dassault-Breguet Aviation; AMD-BA】社となったが、オーナーへの配慮で1990年にダッソー・アビアシオン社【Dassault Aviation】に改名した。

ロゴマーク一覧

株式会社スホーイ・カンパニー
旧:スホーイ設計局【OKB-51】
ロシア航空機製作会社『MiG』(旧:ミコヤン・グレビッチ設計局)
ロックウェル・インターナショナル
ベル・エアクラフト
ベル・アエロスペース・テキストロン
ジェネラル・ダイナミクス
ロッキード・マーティン
リング・テムコ・ボート
新星インダストリー
ストンウェル&ベルコム
マクダネル・ダグラス
1939年に再び設立された第二次『ノースロップ・コーポレーション社』の企業意匠識別標識(ロゴマーク)。
詳細は、ジョン・ヌーデセン・ノースロップ
【John Knudsen Northrop】と 全翼機の記事を参照。
グラマン(変遷)
グラマン
ノースロップ・グラマン社意匠識別意匠文字図案(ロゴ文字/マーク)
ジェネラル・ギャラクシーの企業意匠識別標識(ロゴマーク)。
メッサーシュミット
メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム

ダッソー・ブレゲー
ダッソー・ファルコン
名称由来現況
クラウラー(Chrauler)クライスラー(Chrysler)デストロイドの開発企業の1つ。
ヴィッカースPLC (Vickers plc)左に同じ。上に同じ。
クラウラー(Krauler)クラウス=マッファイ・ヴェクマン

( Krauss-Maffei Wegmann GmbH & Co KG, 略称KMW )
MBR-07スパルタン等格闘系デストロイドの開発を得意とする。

地球本星では廃れたが、ヨーロッパ系植民惑星では、カリスマ性を持った天才設計技師と謳われたジョルジュ・サリバンを主務開発指揮者に据えて、海兵隊の御用達の軽デストロイド(重バトロイド)となった、MBR-08マサムネ やVHT-2スパルタス等意欲的な車輌を開発した。

後にVHT-10/12オーロラン等の対地直協機を得意としながらも、F-206 ファルコン IIや、VF-7シルフィード等純粋な迎撃機・制空可変戦闘機の開発も手がけた。
センチネンタル(Sentinental)コンチネンタル・アーゲー(ContinentalAG)MBR-04 トマホークの開発で有名。

その後他社の可変戦闘機の発達に煮え湯を飲まされながらも、可変戦闘攻撃機 VFA-6レギオスや、可変戦闘爆撃機 VFB-9/VE-12トレッドの開発に成功した。

その空力設計の強引さから、、航空機設計者や航空機よりの操縦士の間で'「レンガ(煉瓦)に巨大なエンジンを付けて強引に飛ばしたような設計原理だ」("brick with giant engines" principle)'と苦情を言われながらも、頑丈さや冗長度の高さで一定の評価を得た。
ダイムラー・アーゲー(Daimler)ダイムラー・アーゲー(Daimler AG)VF-14「ヴァンパイア」(Vampire) / VA-14「ハンター」(Hunter)メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(Messerschmitt-Bölkow-Blohm/MBB)と共同開発した。
スマート MCC(Smart MCC)左に同じ2.5t トラック等汎用車輌で成功した。
クライスラー
ヴィッカースPLC
クラウス=マッファイ・ヴェクマン
コンチネンタル・アーゲー
ダイムラー・アーゲー
スマート MCC

名称由来現況
レイセオン (Raytheon Company、NYSE:RTN)左に同じ2045年現在も企業活動中。
マウラー(Mauler)マウザー・ヴェルケ(Mauser Werke)

日本語では旧来の「モーゼル」の発音の方が馴染み深い。
2045年現在も企業活動中。
ハワード(Howard)ハワード・ロバーズ・ヒューズ・ジュニア」(Howard Robard Hughes, Jr.)の「姓名」の内、「名」の方を採り入れたもの。

ロボテック世界では、ヒューズ航空機社(Hughes Aircraft Company)だけでなく、ヒューズ電子株式会社(Hughes Electronics Corporation)に於いても航空機搭載用レーダーの開発が為されている為、"HA./HE." の略号を、VHT-1 セントール(Centaur)を例にすれば、ヒューズ(Hughes)TPG-115/HE.のように記載して区別する。
2066年現在も企業活動中。

ヒューズ GU-11 55mm 滑腔型3砲身・回転式ガンポッド(Hughes GU-11 55mm three barreled smoothbore pod) GU-11 ガンポッドが最も有名な軍需商品である。
レイセオン
マウザー・ヴェルケ
ヒューズ航空機社
ヒューズ電子株式会社

名称由来現況
新中州重工業(Shinakasu Heavy Industry)中島航空発動機製造株式会社(Nakajima Aircraft Engine Company)

→ 2014年以降、中島航空宇宙発動機製造株式会社(Nakajima Aerospace Engine Company)
ロボテック世界では、「中島飛行機株式会社」が20世紀の大戦後も解体されず、存続しているという設定になっている。20世紀の大戦後は航空機そのものの開発からは身を引いて、専ら航空機用ジェット・エンシンの開発と製造に専念することで、統合政府樹立後も一定の地位を構築した。

OTM由来の初の可変戦闘機バルキリー(VF-1 シリーズ)【Valkyrie】の為の「核融合炉タービン・エンジン」「(Nuclear fusion Turbine Engine)を苦心の実用化に成功し、その功績がその後の受注に繋がる結果となった。

VF-17ナイトメア以降の可変戦闘機に搭載された次世代型の「核融合炉バーストタービンエンジン」(Nuclear fusion burst Turbine Engine)の開発実用化成功で不動のの地位を得た。

この新世代エンジンに於いては熱交換器が進歩し、大気圏外でのプロペラント消費率が大幅に改善され、推力も従来型の2倍近くに達し、これにより単独での大気圏突破とファスト・パック(Fast Pack)なしでの宇宙巡航が可能となった。 なお、ライセンス下で VF-1J型の生産も行った。
P&W (Pratt and Whitney)プラット・アンド・ホイットニー最新型の機体である、シャドウ・ファイター(VFA-6ZX型 レギオス用の「- JG99型 インターミックス・可変サイクル融合エンジン」(最大出力 153kN)の開発企業として有名だが、実はこの技術は下記のロールス・ロイス plc (Rolls-Royce plc)が独自に開発したものを、plc側の生産能力の不足を口実に、同社が提携名目で特許を 奪い取ったものである為、両社間の関係は2066年現在、微妙な友好関係ともいえる状態になっている。
ロイス(Roice)ロールス・ロイス plc (Rolls-Royce plc)第一次星間大戦で壊滅的な打撃を受け、戦後は補助的に大気圏内能力を有する宇宙空間用エンジン

・「FF-2011-4S プラズマショック・エクシパション・反動エンジン」(AF-1ヴァルター)、

・「ロールス・ロイス PER-35 プラズマ・ショック・エキスパンション・リアクション・エンジン」

・ロールス・ロイス FT-5000 カウンターローテーション(→二重反転)ファン・タービン・エンジン (ARV-15 バンブルビー

「ロールスロイス FF-3001 融合インターミックス型タービン・エンジン」(VF-8 ローガン

・)等の特殊エンジン開発に専門化していったが、ヨーロッパ系植民惑星と親和性が高い事情から、可変戦闘機 VF-7 シルフィードでは久々に単独(共同開発でなく)で「ロールス・ロイス FF-3001/3031反応タービン・エンジン」を提供している。
ダイムラー(Daimler)ダイムラー・ベンツ (Daimler-Benz)

ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler AG )
中島航空発動機製造株式会社(Nakajima Aircraft Engine Company)(マクロス版で「新中州」)と共同開発した 「ダイムラー FF-2770D 核融合タービン・エンジン」VF-14「ヴァンパイア」(Vampire) / VA-14「ハンター」が有名。

新中州重工業のロゴマーク画像が探せません。誰か情報提供して下さる方を探しています。

NO IMAGE (I seek logo image contibutions ! )
新中州重工業

中島航空発動機製造株式会社(Nakajima Aircraft Engine Company)
 

→ 2014年 以降 中島航空宇宙発動機製造株式会社【 Nakajima Aerospace Engine Company 】
プラット・アンド・ホイットニー
プラット・アンド・ホイットニー

(タービン)
ロールス・ロイス plc
ダイムラー・ベンツ
ダイムラー・クライスラー(2007年10月まで)

ノースロップグラマンは、マクロス世界の中に存在していて、VF-0「フェニックス」Phoenix)戦闘機を生産する「ストンウェル」(Stonewell)こと「ロックウェル」(Rockewell)
とベルコム(Bellcom)こと「ベル・エアクラフト」(Bell Aircraft Corporation)&「ベル・アエロスペース・テキストロン」(Bell Aerospace Textron) が協同する合同企業体の一部であった。

しかしながら、オリジナルの「マクロス」シリーズが製作を始めた時(1980-1982)に、この後の10年間に於ける、彼らの現実世界での企業合併を未来に控えながらも、ノースロップとグラマンはまだ別々の会社であった。

物語世界の参考資料の多くでは、ノースロム(Northrom)とグラモア(Grumore)こと「グラマン」は別々の会社として扱われます。

このリスト(最も著しくゼネラル・ダイナミックス、ロックウェル・インターナショナル、およびマクドネル・ダグラス)のいくつかの映された会社が、1999年のSDF-1のクラッシュの前に本当の世界で存在するのをやめたか、または航空機産業を出ました。



適切な加工食品のための必要条件は、宇宙旅行に伴う当然の結果であった。

マクロスとその後継の船の船上で、地球上で人々にとって馴染み深い加工食品の例がみられるが、新惑星に足を踏み入れた状態で、人類にとって利用可能な食品の多様性と種類は当然に増加した。

以下の目録は参考例を含んでいるが、この例だけに制限されない:
コカコーラ(Coca-Cola)西暦2031年に公開された映画「大戦終結20周年記念映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の劇中で、一条輝とリン・ミンメイ が缶の旧式のプルタブ詰を開けた際に、無重力空間の空気中で炭酸の泡が弾けて、彼女の歌謡曲「0-G Love」 (ゼロ・ジー・ラブ)を背景音楽として、二人が閉じ込められた艦内閉鎖空間を跳び廻る場面がある。
『あっぱれ!元気』【Appare Genki】」)))マクロス・ゼロで、アリエス・ターナー博士【Dr.Aries Turner】がマヤン島住民を買収する為に利用した炭酸栄養ドリンク。健康飲料にも関わらず、食品添加物満載で健康には有害と地球少女アルジュナで皮肉を交えて描かれていた。
ヴァニラ・コーク(Vanilla Coke)マクロス・ゼロの劇中で、彼の「お熱」が自分に向かうのを感じて、この男の頭を冷やす為にアリエス・ターナー【Aries Turner】は、その1杯をロイ・フォッカーの頭上に注ぐ。
プロト・コーラ(Proto Cola)シャドウ・クロニクルアルス衛星基地内に自動販売機が設置。まがい物らしく、不味いらしい。
ペプシ・コーラ(Pepsi Cola)初代テレビシリーズを通じてみられるが、1984年に公開された映画「大戦終結20周年記念映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』の劇中で、マクシミリアン・ジーナスのブロック5以降の後期型 バルキリー(VF-1 シリーズ)【VF-1A, Block-5 late type Valkyrie 】 が放つミサイルの中にみられ、下記の「バドワイザー」(Budweiser)の意匠の塗装のミサイルとともに、製作スタッフの視覚的ジョークとして登場する。
バドワイザー(Budweiser)著名なアメリカン・ビールの銘柄。
マクロス・ナルド(Macrossnalds )マクドナルド(McDonalds)。マクロスの地球への帰還に於いて誕生した、いわゆる御当地(A localrebranding)ファースト・フード企業(店)。

プロト・コーラ自販機



「プロト・コーラ」とアレックス・ロメロ 。自販機真下にマーカス・ラッシュがいる。

VF-25G /(MF)と「LAI 技術研究所」の誇る特殊追加装備。

SPS-25S/MF25「 スーパーパーツ」(ファスト・パック) 、「スーパー・フォールド・ブースター」及び、フォールド・スピーカーとフル装備である。

なお、機体前方の人物は ランカ・リー

  • 第一次星間大戦(Space War I)の後、多くの新興メーカーが、様々な種類の製品の消費者需要を満たすために生まれた。

ダッソー・ブレゲー社は2033年にフランスをインビッドに占領され音信不通となったが、ヴァリヴェール恒星系の衛星ティロルの衛星軌道上に超時空要塞パイオニアを最高司令部として駐屯する遠征艦隊軍の需要を満たす為、プロキシマ恒星系の惑星「リベルテ」、エリダヌス恒星系イプシロン恒星付属の惑星「グロリエ」は星間技術ネットワークを利用して親会社から独立、ノースロップ・グラマンの各々の植民惑星ごとの支社を組み入れて合弁会社リージェ重工業を設立した。

【本ウェブページ内部記事】第二設計局(500メートル・トンまでの航空宇宙機、宇宙艇、人工衛星、打ち上げロケットを担当)
代表格の設計技術者〔設計集団の統括指揮者〕
  • 横 660 pixel のPNG形式パイロット画像をクリックすることで、サーバー Onedrive に保管した Bitmap オリジナル原寸 1,575 pixel x 1,035 pixel 画像に移動します。
リージェ重工業 (発音上は「リエージュ・インダストリー」)

【 Liège 】
ノースロップ・グラマン・エリダヌス支社

リベルテ・グロリエ合弁会社:旧ダッソ・ブレゲーリベルテ及びグロリエ各支社
以上の合弁により地球圏内の親会社より独立し、成立した。

2. ジェネラル.ギャラクシー(General Galaxy): (別の平行宇宙に存在するが故に、「淑女紳士協定」により、詳細を省略、ロゴマークは一覧表を参照。)----
3.LAI:先端技術会社(支社が銀河系の、地球人類植民者の居住星系中にある、本来は別の平行宇宙に存在するが故に、「淑女紳士協定」により、詳細を省略すべきだが、翻訳元記事に記載があるので、元記事を尊重し、文章のみ翻訳。)----
ルカ・アンジェローニの一族による家族の疾走と。他のどこでも知られていない先端技術品目(items)は以下の通り。
1:「L.A.I.技研」の手による、フォールドクォーツを用いた断層突破、及び航行時に生じる通常空間との時間差を防ぐフォールド機関の開発と、それを小型化して可変戦闘機に搭載する技術、つまり「スーパー・フォールド・ブースター」の開発と生産。
2:上記技術を利用した独自の宇宙船建造技術。
3:同じく上記技術を応用し各種宇宙戦闘機、全領域無人戦闘機「[[ゴースト]]」AIF-7S(QF-4000)系列、VF-25(MF)「メサイア」可変戦闘機の開発製造技術。
4:各種武器システム、特にフォールド爆弾などの特殊技術、超時空世紀オーガス(1983)に登場する超時空振動弾に酷似した作用と運用目的を持つが、関連性は不明。
5:超空間音響技術を利用した心理戦・情報機器の開発。代表的なものに、音声をフォールド波に変換し、到達距離を延長させる、フォールド・スピーカーがある。
6:超AIなど発達したコンピューター技術。
7:各種発展型医療技術。
8:各種医療機械医薬品開発能力。
  • 彼らは、三菱グループ(Mitsubishi Grooup)と較し得る程の類似した広範囲の産業利益を持ちます。(They can be compared with Mitsubishi,which has similar wide-ranging industrial interests.)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます