" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

先尾翼〔カナード型〕の図

Fixed Canard-wing variant





解説

  • Як-141〔Як-41M〕 の 発展型
設計開発ヤコブレフ設計局
製造国ロシア連邦
種別垂直離着陸【 VTOL可能な多目的戦闘機
乗員1名
主発動機クズネツォフ・低バイパス比ターボファン R-79M-300×1基
〔31,796 kg〕

ロールス・ロイス plc RB.153-61 を基礎とする。
離昇発動機リビンスク(※) RD-41ターボジェット×2基〔2 x 4,620 kg〕
※〔現在「サトゥールン科学製造合同」〕
全長18,30 m
全高不明
翼幅10,1 m
翼面積63,40 m2
最大離陸重量19,500kg
空虚重量不明
戦闘搭載量4,000 kg
機内燃料積載量不明
最大水平速度1,800 km/h
低高度最大速度1,250 km/h
航続距離1,250 km
戦闘行動半径690 km
実用上昇限度15,000 m
  • 武装
1 x 30-mm 機関砲〔GSh-301 、弾丸120 発〕
全ての兵装は機体内部の2箇所の兵器庫区画に収納される。
ミサイルR-77, R-60, R-27, R-73, Kh-25, Kh-31,
爆弾最大搭載量より戦闘任務に従い、
ミサイルや機関砲の弾丸の合計搭載量を除いた、残搭載量に依存する。

  1. Yak-141M - 各所をステルス性を考慮して改良した改設計型。ソビエト連邦の崩壊に伴い、『Yak-141 開発計画』自体の中止により計画消滅。
  2. Yak-43 - ヤコブレフ設計局が独自に計画した 「Yak-141M」 の発展型。 エンジンを「クズネツォフ NK-321」・低バイパス比・ターボファン機関に換装。
    LFI のヤコヴレフ候補機で、"Yak-143" とも呼称される。
  3. Yak-201 - Yak-43の更なる発展型。 機体外観は F-35B に近いものとなっている。
    LFS のヤコヴレフ候補機。
ソ連邦時代末期の「ロシア次世代航空機計画」
LFIRussian: "Lyogkiy Frontovoy Istrebitel",
English: Light Frontline Fighter.
日本語: 闘機。
LFSRussian: "Lyogkiy Frontovoy Samolyot",
English: Light Frontline Aircraft.
日本語: 空機。
PAK-FA こと Su-57 【 設計局内開発名称:И-21 (T-50) 】




ロシア語・英読み変換Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks Frontovoi Aviatsii
Кириллица
〔キリル文字〕
Перспективный Авиационный Комплекс Фронтовой Авиации
EnglishFuture Air Complex for Tactical Air Forces
日本語軍向け 合体
Specification

  1. Yak-41: The two flying prototypes and ground test article.
  2. Yak-41M: Proposed production aircraft with large LERXs (leading-edge root extensions) and other improvements, particularly in the avionic suite.
  3. Yak-43: A proposed development of the Yak-41M 'Freehand' equipped with Kuznetsov NK-321 engines.
  4. Yak-141: Designation originally applied to a single Yak-41 for disinformation and propaganda purposes when registering records with the FAI (Federation Aeronautique Internationale, FAI ) and later for promotional purposes by Yakovlev.
  5. Izdeliye 201 (Yak-201): A proposed development of the Yak-43.

Profile list

  • YAK-201,or Yak-43 (Izdeliye 201)
A proposed development of the Yak-41M 'Freehand' equipped with Kuznetsov NK-321 engines.
DESIGNERYakovlev
COUNTRYRussian
TYPEMultipurpose fighter with VTOL
CREW1
POWER-PLANTOne x Kuznetsov Design Bureau bypass turbofan engine R-79M-300 / 1 x 31,796 kg
Rift-off thrustTwo x Rybinsk ( NPO Saturn ) turbo-jet RD-41 / 2 x 4,620 kg
  • DIMENSIONS
Length18,30 m
Heigh-
Wing span10,1 m
Wing area63,40 m2
WEIGHT
Maximum take-off
19,500kg
Empty aircraft-
Warload4.000 kg
Internal fuel-
  • PERFORMANCE
Maximum speed1,800 km/h
Max speed in low height,1,250 km/h
Range, km-in low height1,250 km
Combat range690 km
Service ceiling15.000 m
  • ARMAMENT
1 x 30-mm cannon GSh-301 with 120 rounds.
Allweapons are carried internally in two arsenalcompartments, in the fuselage.
MissileR-77, R-60, R-27, R-73, Kh-25, Kh-31,bombs.

先尾翼〔カナード〕なしのЯк-201ギャラリー

Canard-less variant








як-43とF-35Bの比較

関連記事(傍系)

日本語変換表記:第四七式格闘戦闘機「犬鷲」(いぬわし)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます