" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

書きかけ(Stub)表示

この記事はスタブ(Stub / 書きかけ)です!

連携記事


ファイアー・ヴァルキリー(バルキリー表記は「ビッ""ウエスト」登録商標の為回避)は一般名詞か? 他、検討項目多数!

真偽の程は不明ですが

AMT/ERTL社時代には「ビッ""ウエスト」註*1から許諾をとって”バルキリー” って売ってたけどイタレリ(田宮扱い)になってから. XB-70 Valkyrie、またはXB-70 試作爆撃機として回避してるね!

ウィキペディアより

ワルキューレ(ヴァルキリーの英語読み)に関して、オーロラ(北欧読みはオーロラン)は、オーディンの使者として夜空を駆けるワルキューレの鎧が煌(きらめ)いたものだと考えられていた。

何故にこのように問題がこじれたのか?

【随筆/Essay】自己記事:マクロスとロボテック、歴史的和解へ より該当部を抜粋

これら3作品は、日本国での作品製作の費用分担が複数の会社に分かれている にもかかわらず、竜の子側が関係各社の調整を企らず著作権放棄の形で各作品を売却し、米国側では最低65話以上という米国放映シンジケートの規準に合わせる為に、3作品の世界を同一のものとして整合性が図られた経緯があるため、問題が深刻かつ複雑化した経緯がある。

また、日本のファンダム世界に於いては、一般にロボテックシリーズの内容は知られておらず、無許可で米国側が日本の原作を翻案翻訳した海賊版(ブートレグ)に等しい作品であるという誤解も根強く・・・

【人と企業】自己記事:ハーモニーゴールド USA>概要 より該当部を抜粋

ロボテック II センチネルズRobotech II: The Sentinels )のキャンセルの後に、多くのスタッフが、 サバン・エンターテイメントSaban Entertainment Inc.で働く為に求人募集に応募するという暗黒時代を過ごした。

その後、会社の公的な製作活動は、1990年代の多くの期間で休止状態に陥り、その最も重要なフラグシップ・シリーズである『ロボテック』【Robotech】・フランチャイズは、2006年まで映像に関する新作が全く制作されないという不履行の状態に陥った。

  1. 1980年代後半まで、日本のアニメ産業製作(制作ではない)企業の大半に於いては、「日本文化の輸出」或いは「知的創造物」の輸出と「知的財産権の国外管理」の意識が無いか、または相当に低いものであった為、作品の多くは米国で言えばシンジケートを通じた販売ルートへの買取り、つまり「著作権放棄」という捨て売りの形態を採ることが多かった。


  2. 三作品を強引に繋ぎ合わせた「だけ」というこれまでの日本アニメの輸出の経緯が、一人歩きした。
    つまり、米国では当たり前に行われているクロスオーバー作品の概念が東洋と西欧の文化の差(まさにこれこそ「デ・カルチャー・ギャップ」)により、日米の利用者間、また、英語圏・スペイン語圏の原典派(特に「マクロス至上主義者」)とロボテック派の無用な対立と争いの源となった。


  3. 作品の拡大化と共に、巨大化したハーモニーゴールド USA 側にとっても、ロボテック・シリーズは会社の命運を左右する根幹作品となってしまった。
    ロボテック II:センチネルズの失敗で幹部以外の社員の多くがリストラの憂き目に遭った事情は上記に書きました。)

    この為、映像作品としての自社資本の完全オリジナル作品をシャドウ・クロニクルまで持たなかった同社は、権利を守る為に日本の知的財産権の専門家からみればかなり苦しいとも思える権利主張をせざるを得なくなり、この背景にタツノコとビックウエスト(とその著作元である「スタジオぬえ」やサテライト)との著作権闘争・商法権訴訟が輪を掛ける形になり、
    お互いに引っ込みがつかない泥沼の争い」の状態になってしまった。

    この点については2007年に米国独自の『映像』の『完成作品』「シャドウ・クロニクル」(邦訳例:「影の年代記」)が DVD ブルー・レイ・ディスク【Blu-ray】 *2を発売・劇場公開されたことで、単なる翻案作品とはいえなくなっています。

上記論点の整理とまとめ

1.に関していえば、当時経済的に困窮していたタツノコ・プロダクションのみに責を負わすのは酷な話で、実際他の某大手プロダクションでも当時は「ロボットアニメなどは子供向けの・・・」の意識下で、「ショーグン・ウォリアーズ」や「ボルトロン」の形で自作を捨て売りしていた事情がある。

2.に関しては自己記事「三国志演義とマクロス」に既に書きました。
翻案作品と原典は似ているが「別の作品」という理解が分り難くなってしまったきらいがあります。

再編集・翻案されてもなお元の作品の良い面が残されたこと、女声の歌は壊滅的でしたが、イエロー〔 ランサー・ベルモント 〕を始めとする男声の歌は捉え方によってはオリジナルの機甲創世記モスピーダより向上したと判断可能な面もあること、劇伴音楽の中には両方を聞き比べて、原典より向上が認められた部分があったこと。など一概に改悪とは云えない側面もあります。

各作品の比較位置は下記の名称変換表参考に、詳細は「三国志演義とマクロス」の記事をお読みください。
陳寿の史書
「三国志」
ロボテック及びマクロス・シリーズ世界で描かれる物語世界の出来事の基本となる、想定上の「物語世界上の現実の歴史」
三国志演義初代テレビシリーズ「超時空要塞マクロス」、及びロボテックに於いて暗黙の内に設定拡張の参考にされている各種マクロス・シリーズ。
三国志
(横山光輝)
ロボテック・シリーズ
一騎当千ロボテック、マクロスを問わず、基となる作品との「連続性を全く持たない」二次的連続性作品、或いはファン作品。
Astro Plan: 太空历险记;日本語変換:「星原戦記アストロプラン」
3.に関して云えば、私は商標権と著作権を有する「各社」及び「各スタジオ」が

「みんな生活が掛かってるんよ。こんなところで退(ひ)けるか!」

という状況ではないかと、私は睨(にら)んでます。

結論を手短に

全く同じ意見ですので、とある個人ブログ「ハリウッド版マクロスと日本のマクロスは別物の記事より引用させていただきます。

加えていうなら、機甲創世記モスピーダ超時空騎団サザンクロスシャドウ・クロニクルへの序曲シャドウ・クロニクル(影の年代記) のファンの何人かは、「超時空要塞マクロス のとばっちりでいい迷惑だ」とする考えもあるかと思いますが、忘れてはいけないのは(「キャンディキャンディ著作権裁判」等の問題と同様に)

作品本体にはなんの責任も無い

そして「初代:超時空要塞マクロス」や後の「マクロス・シリーズ」のファンの皆さん、或いはそれら全ての作品の交点を持つファンが憎みあうべき理由もないということには注意する必要があります。

この手の売れた作品ではしばしば争いが起こるけど、ごたごたしてるうちに作品が風化・商品も手に入りにくくなる・コラボも出来ず続編も作りにくいと、ろくな事はないですね…。

スキャンレーション【Scanlation】と「淑女紳士協定」

【Ladies' and Gentlemen Agreement】

肯定意見【Agree】 
1. 翻訳本が出版後公開を中止し、その漫画を買うようファンに勧めるなど、漫画の売上向上に努める。
「淑女紳士協定」


The translation books has published,the exhibition canselled, and suggests to a fan to buy the comic and tries for the sales improvement of comics.
【Ladies' and Gentlemen Agreement】


2. 翻訳出版の望めない作品、漫画本の入手が困難・不可能な国家(本件では『日本国』)では、スキャンレーション以外にその作品を覚知する手段がない。

The works which the Japaenese people cannot expect of the translation publication, the acquisition of the comic books are difficult impossible nations, and there is not means to perform perceptible intellect of the works besides scanlation.

否定意見【Negative)

しかし近年、翻訳出版権が取得された作品についてもネット上で公開が続けられる作品が増加し、大半が小規模で法的対策をとる資金力に欠ける日本国外の翻訳出版社や、日本の著作権保有企業、ひいては漫画・アニメ産業全体に対する深刻な打撃が顕在化しつつある。

スキャンレーションが規模を拡大し、一方で正規の著作権保有者である日本の出版社や日本国外の翻訳出版企業の業績が悪化するに伴い、スキャンレーター側の主張にも関わらず、著作権者はスキャンレーションを漫画事業の日本国外展開に対する重大な妨害行為と見なすようになっている。2010年6月8日、日米の出版社42社が合同で、ネット上でスキャンレーション情報を提供している約30のサイトに対し法的措置を取ることを宣言するに至った。

この点については、如何なる日本国内に於けるロボテック・シリーズの翻訳出版も成されていない上に言語は英語。スペイン語、フランス語、北京語、広東語などであって『日本語の書物が出版されたこと』はこれまで一度もない*3為、懸案の一つである「日本の出版社や日本国外の翻訳出版企業の業績が悪化する」可能性はないと思います。

ただ、唯一問題があるとすれば、ワイルドストーム社の現行発売漫画(絶版になってない)に関する日本国外からのアクセスであると考えます。 

この点については、『アメリカ合衆国の商標法は使用主義を取っており、実際の商品への使用が証明されないと商標の権利の効力が生じない。 』という点でぎりぎりですがクリア出来ていると考えます。 

本来はRobotech.com と逆に日本以外のドメインを弾く仕様が実現可能なら申し分ないのですが、このライブドア・wikiの仕様では会員制にでもしないとそは不可能ですし、勿論有償などするべきではありません。

和解目的のサイトが作品の紹介で有償化したなどとなればそれこそ「利益を得る」ことですから、上記に書いた告訴や訴訟の問題に近づいていってしまいます。

(ここでは米国法の日本国内での効力に関して述べていますので、『翻訳出版の(現状で)望めない作品、漫画本の入手が困難・不可能な国家(本件では『日本国』)では、スキャンレーション以外にその作品を覚知する手段がない。』という社会的な使命や目的は、上記日本国商標法米国の商標権に関する法律【Trademark_law】知的財産権としての米国の著作権法【United States copyright law】上の問題を阻却不可能であって、別次元の問題であることは理解しているつもりです。 )

当ウェブページの方針

「淑女紳士協定」【The Guideline of "Ladies' and Gentlemen" Agreement at these pages!】

ウェブ・サイトウェブページの集合体)は、特定の目的である「ロボテック・シリーズ」の「日本語での紹介」と「国際商標権問題」解決の為に制作されたページです。
投稿画面【Announce to the distributor's guideline restrict !】
ルール :『TVシリーズ用ドラマ』として製作された【初代無印】『超時空要塞マクロス』のロボテック版としての記述は全て投稿可能ですが、淑女&紳士協定により、以後の【マクロスシリーズ】に関する『人物と歌』に関する『描画』は投稿出来ません。 

A rule: All the descriptions as "the Robotech series version" of "Super Dimension Fortress MACROSS" which was produced as "a drama for the TV series" (The first T.V. series only) can contribute it.


But, by lady & gentlemen's agreement, cannot contribute "the drawing" about "a characters(person) and "the song or lylics" about "The Macross series in afterward". 

詳しくは【投稿ガイドラインの詳細】をご覧下さい。

【Plese jump to The details of Distributor's guideline】


日本語での翻訳出版が成された場合、「順次」作品内容の物語の「筋書」を明らかにする連続画像は撤去します。
一方、シリーズの説明に必要な画像は残しておくことがあります。


When translation publication in the Japanese is accomplished, I remove "the continuous images" clarifying "outline" of the story or plots of comic or anime works drawings sequentially".

On the other hand, the image which is necessary for explanation of the ROBOTECH series may leave it.

  1. アメリカ合衆国の商標法は使用主義を取っており、実際の商品への使用が証明されないと商標の権利の効力が生じない。
  2. 日本の商標法では登録主義を取っており、登録時の使用証明が求められない。
この差異がある為、特にロボテック・シリーズ該当作品(多くの日本人の利用者は忘れていますが、機甲創世記モスピーダ超時空騎団サザンクロスも左記に含まれます。)『以外の他のマクロスシリーズ』、及びパラディウム【Palladium】社の商標権の影響下にある超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-【Macross II -LOVERS AGAIN-】以外の図版の使用については技術的・世界観的に必要な程度の記事に留めてあり、人物は最小限、歌曲・歌詞については言及程度を基準としています。

冒頭句

プロトカルチャーには手をだすな!触れたる者は滅びる!

ゼントラーディ人 の太古の伝承より

出典

株式会社パテントビューロ 【Patent Bureau】

ポートフォリオ名: 『ハーモニー・ゴールド USA』より。確定済みの商標権の審判一覧


ここでは拙作、日本語版「ウィキペデイア」 の 


商標問題♯アメリカ合衆国(正確には2国間の国際問題) 


を基本に、実写長編映画【Live Action Future Movie】のシリーズの第1作『マクロス・サーガ』【Macross Saga】の公開配給、更には今後のシリーズ化に際しての最大の問題を考えていきます。

ポートフォリオ(教育学上の意味)とは?


一般的には、個人の活動記録をファイルしたものをポートフォリオ【portfolio】と呼ぶ。学びの過程で用いるポートフォリオは、「自分が自発的に学びの伸びや変容を多面的多角的、かつ長期的に評価し、新たな学びに生かすために学習物を集めたもの」である。

ポートフォリオ語意の出典

乱暴な言い方をすれば

とても乱暴な言い方をすれば(かなり乱暴な表現ですが)、マクロスはもう、どうでもいい!というのが本音です。

牽引効果(帆柱効果)

ある特定の人気や知名度のある作品の集客効果とそれ以外の作品を関連付けさせて同時に公開、またはシリーズ作品として統合することによって、それ以外の他の作品の視聴・関連作品の購買意欲を刺激すること。
 
他の作品を単に繋ぎ合わせたただけのだけでは単なる抱き合わせ商法であるとの批判は免れず、牽引効果を発揮するには、牽引の核となる作品の他の作品との関連尽付けや、牽引される他の作品についても翻案やリメイクなどの工夫が必要となる。



もちろん、初代TVシリーズ「超時空要塞マクロス」の緻密で大胆な「スタジオぬえ」ほか多くのスタッフの膨大かつ広大な世界観、一方で隙(すき)や遊びの部分が、劇中劇設定が為に、もし、利用者側での追完(フォロー)の自由度が効かなかったならば、現在に日本国に於ける マクロス・シリーズの隆盛も、ロボテック・シリーズ の日本を除く海外の国々で隆盛することも無かったのは確かです。

けれども、初代「超時空要塞マクロス」が日本国内で「小ヒット」*4となり、英語圏の国々でロボテック【Robotech】として下手に「大ホームラン」を飛ばしてしまった為に、両国の権利企業間で互いに潰し合いが生じています。

この情況を放置するならば、いずれはシリーズ全体の 『作品としての生命力を削ぐ自らの身体に潜む刃(例えるなら、自らの身体の骨折した骨の切片が心臓や肺を貫き、挫傷出血によって、死亡に至るような)』 に至るかもしれません。

日本国内では常にその他二作品としてコアなファン以外、自ら見向きもされない機甲創世記モスピーダ超時空騎団サザンクロスですが、マクロスシリーズに潜む表現の限界点を見事にカバーしていると考えています。

最新作は菅野よう子さんのプロデュース力と歌手の才能に素直に敬意を表します。


その上で

世界観の拡張性

他の2作品を結合することで原典の世界観を損ねた部分は確かにあります。


惑星グロリエを舞台とする超時空騎団サザンクロスは単に地球上の話とされ、また、機甲創世記モスピーダに登場する地球を知らない兵士、またコロニー育ちで雨や雷のある自然の惑星を知らないスコット・バーナードのような新世代の人類の描写を補完する為に遠征艦隊軍【EF】やヴァリヴェール恒星系の設定が生み出されました。

おそらくは、マクロス・シリーズの世界観のみでは、海外でこれだけの成功を収めることは難しかったでしょう。

都市型の人間描写が中心となるマクロス・シリーズに於いては、どうしても芸能界、正規軍、大都市の市民といった描写に脚光が当たり、また可変戦闘機を中心に据えなければならないといった命題上、空軍や宇宙軍、それも戦闘機や攻撃(爆撃)部隊という正面部隊の描写が中心となり、輸送や哨戒、偵察等の後方航空部隊の描写はもちろん、地上の騎兵や歩兵の話に脚光を浴びる構成を取ることは難しくなります。


歌の形態もその為どうしてもアイドル歌謡系に偏ってしまうことになります。(このことについては次の項で述べます。)

歌と器楽の多彩性


1.ランサー・ベルモント
『超時空要塞マクロス』のリン・ミンメイに相当するキャラクターだが、アイドル色の強いミンメイに対して、ダンサーでもあり、当時としてはかなり思い切った中性的なイメージ。キャラクターデザインの天野嘉孝のタッチが最も良く現れていることもあって、当時は特に女性ファンの人気が高かった。
  • 歌唱曲
持ち歌はロック調の「やっつけろ!」から、吟遊詩人が語るような「モスパダの歌」まで多彩。サウンドトラックのジャケットを飾っている。

2.ボゥイ・エマーソン
ピアニストになりたかったが、無理やり軍隊に入隊させられており、父親には反発している。隊舎ではいつもピアノを弾いている、心優しい少年兵である。ピアノ・ジャズを得意とする。**オリジナル曲
  • 『STAR DUST MEMORY』第9話の舞台のピアノ・バー『ハーフムーン』で素姓を隠した歌手としてジョルジュ・サリバンが歌う。

3.ムジカ・ノヴァ
生粋のゾル人で、バッキ人(びと)(貴族クラスの市民階級)のシャンタール(音楽家の意味→ラテン語の「歌い手」から)で、ゾル人の人格分担である「情報・判断・行動」のうち、情報を担当し、判断・行動を担当するムジエ【Musiere】・ムゼル【Muselle】>ムジカ・ノヴァ]]と共に3人で1個人を形成する。
楽器担当は「デージ・ピセル」と彼等の言語で呼ばれるレーザーハープで、、ムジエがシタールに似た、同じくムゼルがツィターに似た弦楽器を担当し、3人で1楽団を形成する。
劇中歌
『MUSICA』
ムジカのハープ状楽器「デージ・ピセル 」の伴奏と共に唄われる即興の望郷歌。
劇中歌
『いのちのはな・生命の花』
/(生命の乙女達)
ゾル人民族歌。同作品のサウンド・トラック中、唯一音源化がなされていない。

過去の著名な作品の裁判と衰退の歴史

キャンディ・キャンディ著作権闘争

いがらしゆみこ氏 VS 水木杏子氏

宇宙戦艦ヤマト著作権闘争

松本零士氏 VS (故人)西崎義展氏

衰退では無いという意見の方もおられるかと思いますが、これらの裁判闘争が少なからず作品寿命を縮めていると私的には判断しています。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます