" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

Robotech® Genesis Pits Sourcebook (邦訳例:「進化の実験坑」資料本 )発売




詳細はRPG関係出版物(パラディウム社) にあり。

シングルEP盤 予約開始!

収録曲の目録
The track listing includes:
• 01 - We Will Win (original version):原版
• 02 - We Will Win (third verse):歌の第3番(新作)
• 03 - We Will Win (piano version):ピアノ版
• 04 - We Will Win (instrumental):器楽曲(人声無し、オフヴォーカル/インストゥルメンタル)
• 05 - We Will Win (guitar solo):ギター・単独(ソロ)演奏
• 06 - "Take two":別録り(テイク2)
• 07 - We Will Win (extended version):拡張版
• 08 - "Yeah"
• 09 - "Take one"
• 10 - The Way To Love (Minmei version)(リン・ミンメイ歌唱版)
• 11 - Robotech Main Title (enhanced version)(拡張&リマスター版)
• 12 - The Way To Love (piano version)):ピアノ版

来たる西暦2012年の新年! ハーモニーゴールド USA社は、西暦2012年版の壁掛けカレンダー、及び限定版シングル【EP】盤であるシリーズ主題歌【 We Will Win 】とそれ以上のプラス・アルファを追加したレストア&デジタル・リマスター音源を予約開始します!

Coming in for the new year! Harmony Gold presents the 2012 Robotech Calendar and a limited edition EP of the newly restored and remastered We Will Win plus more!
  • Author: Steve Yun
出荷状況(Facebook)
死ぬ時は「スタンディング・モード」で!

動画では全ての可動ギミックを紹介出来ていないけど河森正治氏のデザインした「ガンヘッド」【GUMHEAD】
MBR-5RA2C UNIT No.507
Variant M-5R SERGEANT GUNHED ; MMD modeling dara for transformable and Gun Turret steerble.




メカデザインだけ流用して「敵中横断三百里」を忠実に再現するのも良いと思う。
オリジナルの日本版

完全自律歩行/自由動作 & 高速抵抗動作特性ロボット開発中

  • 本田技研工業(実製造は「ホンダエンジニアリング」が請け負っている。)の【ASIMO】オワタ\(^o^)/の意見多数!
    何処が違うのか? 100の言葉と説明よりも、この動画が全て。
    横から人が明かな悪意を帯びた動作で小突いても倒れない!(限界はあるが)
  • 自律復帰特性に注意!
記事
「キモ怖イイ四本足ロボ」だけで通じるようになってしまった Big Dog / Alphadog のメーカー Boston Dynamics は、ヒューマノイド・タイプの兄弟分 PETMAN も開発しています。
続きに掲載した動画では、新たに二本の腕を獲得してパワーアップ。

箱から足が生えていた試作型と比較してぐっと人間に近くなり、リアルな歩行から写真(画像引用不可の為、下記のリンク先記事の掲載画像を直接参照ください!)のような体操、さらに「腕立て伏せ」までが可能になりました。

蹴られてもついて歩く荷役ロボとして設計された Big Dog が、「非整地での走破性」という実用の為の生物的な動きを取り入れているのに対して、PETMAN の設計思想は「人間のプロポーションと動きの再現」そのもの。

といっても人間の兵士に混ざって戦闘に参加する為ではなく(今のところは)、軍用の化学防護服をより現実的な環境で試験する為のもの。

人間の兵士と同様に手足を動かし歩き「匍匐」(ほふく)することで、実使用に近い負荷を防護服に与え、性能を計ることが目的です。

その為 PETMANは リアルな動きだけでなく、試験状況に応じた体温・湿度・発汗 (!) といった機能まで与えられる予定。

続きの動画では BigDog でもおなじみ、小突かれて転倒しないよう踏ん張る様子が観られます。

これから物理的な障害・妨害への反射行動が強化され、物理的・心理的ダメージを負った状況や、複数体での協調・協力行動のシミュレーションなどが組み込まれてゆけば、「ガラスの向こうで白衣を着ている奴、及びその同類の排除」が根本的解決だと思い至る日も遠くはありません。
  • 動画:軍用四脚ロボ BigDog のヒューマノイド版 PETMAN、両腕を獲得
出典URL

模型☆ふたばチャンネルで「ラーナ少尉」完成!

キットバッシング または モデルバッシング

ラーナ少尉 製作過程


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます