" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

米海軍・次期航空支配艦上戦闘機 【FA-XX】

第2次 次期主力戦闘機導入計画【F-X】

  • もし、LTV F-8 クルセイダー が採用されていたら? クリックにて原寸 863 pixel x 540 pixel 画像のオリジナルサイズに復帰します。

ナショナル ジオグラフィック〔DVD〕 ユーロファイター

欧州を守る最新鋭機 驚異の製造現場



目次 【Index】

  • 不毛な 諍い(いさかい)
  • TFX計画
    •  
  • 閃電ってどんな形状と塗装なの?
  • 国防総省、次世代戦闘機 F-35 の生産計画を見直す可能性
    •  
  • 2012年 01月 5日 16:10 JST[ワシントン 4日 ロイター]
  • イカ」す年末年始フライト趣味レータ独自改造物語
  • Twitter より
  • 一部記事移行のお知らせ
  • 日本国の為のタイフーン【台風】BAE システムズ
    •  
  • ツイッター公式
  • 入門書として最適
  • 「ただでくれるなら」と防衛省随分と人を舐めた話ね/ゆい奈
  • BAEシステムズ社:ユーロファイター「タイフーン」幻に終わった日本仕様
  • PAK FA 【設計局内開発名称:И-21 (T-50)】
  • 場所
  • F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料
  • 最後のお願いに参りました !
  • ユーロファイター タイフーン (イカ娘)「トランシェ 4」の提案! 
  • 電光の後には台風が有り・・・
  • 「第四次・次期主力戦闘機選定」について
  • 次期主力戦闘機 欠陥問題を見極め選定を!
  • 殲撃20型(歼-20、ピンイン:Jiān-20)
  • F-35、超音速巡航活動能力がない。迎撃任務不適切要素
  • 米国防総省の内部報告書でレポートされたF-35の4つの問題
    •  
  • twitter での遣り取り
  • リンク
  • 主な派生型
    •  
  • 参考図書
  • 問題点
    •  
  • 価格
  • 元記事保全
  • 参考図書
  • 開発企業
  • プロジェクト内部記事
  • 関連内部記事
  • ◇EADSのマリアーノ・バレナ韓国担当

    欧州航空宇宙防衛会社(EADS)が提示するユーロファイター(EF)もセミステルス機だ。
    このため付加機能を協調している。
    スペイン・ドイツなど4カ国の連合体であるEADSのマリアーノ・バレナ韓国担当に会った。
    記者「ユーロファイター」はステルス機能が弱いのではないか?」
    マリアーノ・バレナ「ステルス性能がF‐35より低いことは否定しない。
    しかし速度、機動性、生存力、 IRST(赤外線探知機)、 高性能METEOR空対空ミサイルなどで均衡を合わせられる。
    私たちはステルス機能をスピードの次の変数と見ている。
    F‐35はステルスのために非常に多くのことをあきらめ、全体的なバランスがよくない。 特殊目的機に近い。
    マリアーノ・バレナF‐35の韓国引き渡し時点は2016年と聞いているが、不可能だとみている。今のステルス技術は20年前のもので、違った技術が発達している
    記者ユーロファイターの他の長所は。
    マリアーノ・バレナ「統合され、自律性が高まった抗戦装備が挙げられる。
    また、F‐35よりも小さいが、より多くの武器を運用できる。
    特に韓国政府がより多くの技術移転を要求すれば、 私たちは米国よりもはるかに良い立場だ」
    記者韓国に提案するバージョンは何か。
    マリアーノ・バレナ「現在開発中のトランシェ3型だ。 ここに ブルーフォックス・レーダーEuroradar CAPTOR】、AESA(Active Electronically Scanned Array、エーイサ、能動電子走査配列)レーダー、 ミーティアMBDA Meteor】ミサイルを組み合わせれば、 卓越したキラーになるだろう」記者韓国にはステルス機能が必要だ。
    マリアーノ・バレナ「そうではない。脅威の様相を見ればよい。 北朝鮮の長射砲と核が懸念されるが、韓国は情報資産で北朝鮮の動きが分かる。
    これをミサイルで攻撃すればよい。 ステルス機は戦争初日に必要かもしれないが、他の手段もある」
    記者価格はどうか。 ドイツによると、ユーロファイターの価格は9400万ユーロ程度だ。
    マリアーノ・バレナ「基本型はその半分の 4,000万ユーロほどだ。 具体的な価格は要求条件が提示されてこそ言える」
    不毛な 諍い(いさかい)
    F-35 ライトニング と ユーロファイター タイフーン の不毛な日本国内信者同士の叩き合いって、実は無駄なような気がする。

    納税者の立場で国内中小企業の技術者の育成維持を鑑みて、その時の時勢に適した機種を混合配備すれば良かったのでは?

    TFX計画

    中国語で「ライトニング」はF-35 閃電II 攻擊戰鬥機- 维基百科,自由的百科全书と漢字を宛字される。
    【F-35 閃電 II 攻擊戦闘機- ウィキペディア,自由的百科全書】
    閃電ってどんな形状と塗装なの?

    • 800px × 600px


    昔〜空軍、海兵隊、海軍の三軍で共用化を目指して【直ぐに「当時の技術水準では不可能」と断念されて二軍共用化に移行】開発された F-111「アードバーク」という機体があり、実質は爆撃機の空軍型以外は重量過大や強度不足、空戦能力無しで不採用に。

    侵攻爆撃機 F-35 閃電-II【中国側正式名称】ライトニングは二の舞かなと。

    初飛行は1964年で、世界初の実用可変翼機として知られる。
    アメリカ空軍は退役当日にアードバーク【Aardvark 】(ツチブタの意)を公式採用することを発表した。

    開発はロバート・マクナマラ国防長官の開発費、及び維持費の削減という狙いを強く反映し、アメリカ空軍とアメリカ海軍で共通の機体を使用させる事から空軍型のA型と艦上戦闘機型のB型の2機種の開発を目指した。
    しかし、B型は艦隊防空戦闘機としての重量軽減などを実現できず、最終的には空軍の F-111A のみの採用となった。

    マクナマラがフォード社の出身であることから、自動車のバッジ・エンジニアリングの手法を軍用機に導入したと揶揄された。

    アメリカ空軍は1958年にF-105 の後継として使用する戦闘爆撃機を計画する。当初最高速度マッハ2以上のVTOL機を希望するが、技術的に困難であるとして断念。
    代わりに最高速度マッハ2.5以上の複座戦闘攻撃機を計画した。
    検討の結果、こちらの計画は実現可能とされたため、1960年10月に各メーカーに提案、12月にはTFX(Tactical Fighter Experimental)計画と命名された。

    これと同時期、アメリカ海軍は長距離空対空ミサイルを装備する艦隊防空用戦闘機(FADF: Fleet Air Defence Fighter)としてF-6D ミサイリアー【Missileer】を開発していたが、これを中止し、仕様を改めて再度開発を計画していた。
    この両計画に目をつけたマクナマラ国防長官は開発費用削減の為、計画の統合を命ずる。

    その命を受けた空海軍は共通部分についての検討を行うが、空軍の要求は低空を音速で駆け抜けることができる機体、海軍の要求は大型レーダーを装備する並列複座(前後ではなく左右に並ぶ複座)の機体であった。
    そのため両軍は、共通部分は複座、アフターバーナー付ターボファン双発、可変翼(VG翼)の3点のみで計画全体の統合は不可能と結論付けた。

    しかしマクナマラ長官は両軍からの同意を半ば無理やり取り付けて計画の統合を推し進め、1961年10月には新たに重量制限などを設けた要求を各メーカーに提案した。
    これに対してボーイング、ジェネラル・ダイナミクス、ロッキード、マクダネル、ノースアメリカン、リパブリックの6社から設計案が提案され、空海軍とNASAで検討が行われた。
    その結果、要求を満たさないまでもボーイング案とジェネラル・ダイナミクス案がこの中では優れているとされ、再設計を行わせることとした。
    ちょうど同時期に正式名称が空軍型 F-111A、海軍型 F-111Bと 決定された。

    国防総省、次世代戦闘機 F-35 の生産計画を見直す可能性

    今後最低でも数年間に渡って掲載する為、「西暦年」、「月」表示の無い新聞記事特有の「日」のみの表記に最低限の補正を行っています。
    2012年 01月 5日 16:10 JST[ワシントン 4日 ロイター]
    米国防総省は、ロッキード・マーチン (LMT.N: 株価, 企業情報, レポート)が主導する次世代戦闘機F35の生産計画を見直す可能性がある。複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。
    計画の見直しは過去3年で3度目となり、120機以上の生産が延期される可能性がある。

    事情に詳しい3人の関係者によると、見直しにより国防総省は西暦2013年から 西暦2017年の会計年度に 約150億ドルの費用削減が可能。
    2012年 2月 に議会に提出される 2013年度予算教書に盛り込まれる見込みだという。
    オバマ大統領は、西暦2012年 1月5日に国防総省でパネッタ長官と国防予算全般の削減などについて協議する予定。
    協議で F-35 【JSF】計画への支持継続を確認する見込みだが、見直しの詳細や、他の大規模兵器開発計画が明らかになるのは先のことになる見通し。
    国防総省で F-35 の開発を担当する米海軍のベンレット中将は、先月 (西暦2011年12月)、軍事専門誌「AOLディフェンス」(電子版)で、多くの問題が解決するまで F-35 の生産ペースを落とすよう提言している。

    イカ」す年末年始フライト趣味レータ独自改造物語


    時代設定
    1. 西暦2017年。 架空戦記的設定として何らかの事故により、英国が過去の時間軸(西暦1943年4月18日)より、欧州連合の政治的意図を以て日本帝国海軍・甲事件の目的物、三菱【 G4M 】「一式陸上攻撃機 /11型」1番機を保護。尋問の為に移送中。
    2. 米国側としては、これを察知したが、事態を秘密の内に闇に葬る為、21世紀版 Operation Vengeance を企画。
      国籍や所属部隊を秘匿した特殊部隊がワスプ級・強襲揚陸艦/・イオー・ジマ (LHD-7)より短距離離陸・垂直着陸型 F-35Bが発艦。

      ブーゲンビル島上空へ向かう。  
    自然状況設定
    1. 高度 4,000 m 。南太平洋。ブーゲンビル島上空 地上気温32度。
    2. 高度 4,000m (護衛対象として、ユーロファイター(初飛行:西暦1994年)より 56年前の古典機種である 三菱【 G4M 】「一式陸上攻撃機 /11型」【初飛行 : 西暦1939年】の高度性能に合わせてある) における、同地点の風力3。風向は南南西。
    ユーロファイター「タイフーン」の最低巡航速度250 ノット ( 約 463 km/h )
    ユーロファイター「タイフーン」のフラップを使用した失速速度110 ノット ( 203.72 km/h )
    三菱 一式陸上攻撃機の軽荷状態での巡航速度170ノット (314.84 km/h )
    機数
    1. (護衛側)欧州戦闘機「台風」:24機
    2.  護衛対象の「一式陸上攻撃機」:1機
    3. (「待ち伏せ」【 Ambush 】攻撃側)ライトニング II (F-35B):35機
    電子戦状況
    1. 英国側 BAE ニムロッド1機。
    2. 米国側 ノースロップ・グラマン の E-2C ホークアイ2機。
    シュミレーター設定状況
    1. FMS、話題の山本五十六長官搭乗の一式陸攻11型(1番機のみ保護)を、欧州制空双発戦闘機『台風』で護衛。
    2. 暗号解読され、単発侵攻戦闘爆撃機、35機編隊、三機一組のロッキード F-35 ライトニングの準奇襲攻撃を受ける。
    3. F-35B はAIM-120 AMRAAM を闇に葬る目的物「一式陸攻11型」目がけ発射するも、英国側にとって幸運にも 天候不良による原因不明のエラーの為命中せず。

      これにより視界外戦闘の奇襲に失敗。  同時に英国側に攻撃意図を察知される。
      ステルス機の先制攻撃&待ち伏せ奇襲攻撃の米国側有利の状況での「タイフーン」救済設定
    1. 幸い近接前にIRSTで発見、12機編隊、四機一組による敵機センサー封じ、三角測量で位置割り出し。
    2. ミーティーアミサイル発射!
    3. ステルスと情報共有さえ封じれば、空戦能力低いF-35には勝てる可能性あります。
    4. 一式陸攻から「イカに」ライトニング【ぺろハチ公】を引き離し、得意の推力重量比を活かした、垂直面の空戦闘に引きずり落とすかが、待ち伏せ攻撃からの不利な状況離脱と護衛成功の鍵です!
    ミーティア
    Meteor】 はイギリス空軍、ドイツ空軍、スペイン空軍、イタリア空軍の ユーロファイター タイフーン、フランス空軍のラファール、スウェーデン空軍のサーブ社・ JAS グリペンなどに搭載するために「MBDA社」が開発しているアクティブレーダー誘導の長距離空対空ミサイル。

    視界外射程・空対空ミサイル 【 BVRAAM; Beyond-Visual-Range Air-to-air Missile 】であり、西暦2012年からイギリス空軍で配備される予定となっている。

    西暦2000年から本格開発が開始された。
    強力な電子妨害を受ける環境においても、遠距離の多目標攻撃能力を有することを目標としている。

    Twitter より

    • sumikimura
    FX次期主力戦闘機なんだけど、いつ出来るかわからない欠陥だらけのF35が、性能・経費・後方支援・総合点で「ユーロファイター」や「F/A-18E/F スーパーホーネット」を上回った...だから採用か...まるで冷温停止状態みたいでスゲーな!

    一部記事移行のお知らせ


    • 安全保障会議は西暦2011年12月20日(火曜)に行われ、以下のように決定されました。

    日本国の為のタイフーン【台風】BAE システムズ

    日本国の為の台風《タイフーン》【Typhoon for Japan - BAE Systems】
    2013年現在、ページ消失 >http://www.baesystems.com/japan
    ツイッター公式

    入門書として最適



    ( ASIN:4861994187 ユーロファイター・タイフーン―欧州の最新鋭戦闘機/三才ブックス Air Show DVDシリーズ Vol. 4 ) は、どちらかといえば、冊子、DVD映像プロモーション共に、大英帝国の BAEシステムズ社が、防衛省や航空自衛隊幕僚、閣僚達への宣伝商材を一般販売向けに降ろしたかのような初心者向きの要約された内容となっていました。
    これに対して、本書 イカロス出版: 世界の名機シリーズ ユーロファイタータイフーン [ムック]は、ある程度の軍事航空知識を持つ中級ファン向けのムックとして


    【ASIN:B006H4PJ7W  月刊 【J Wings】(ジェイ・ウイング) 2012年 02月号】の別冊ですので、シリーズ化された一定の記事構成に則って紹介が為されています。
    • 以下本文の記事構成を要約します。
    【見出し】:無尾翼デルタの「スウィング・ロール・ファイター」、タイフーンの実力を徹底解説!
    ● 巻頭カラー:写真で見る世界のタイフーン
    ● 進化するごとに兵装能力を増加:タイフーンのバリエーション(派生型)
    ● イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン国際共同マルチロール機タイフーンの能力を知る
    ● 導入から配備状況、シリアルナンバー、今後まで:世界のタイフーン基礎知識
    ★タイフーン徹底解剖  
    1.概要
    2.機体ディテール解説
    3.コクピット
    4.エンジン
    5.操縦システム
    6.兵装とバリエーション(派生型)
    7.センサー
    ●タイフーンの実力  

    写真の豊富さに関しては、価格と頁数の費用対効果(コストパフォーマンス)を考えれば、1,500円は十分購入に値する内容です。
    しかし、同機の特有の機能を読者に判りやすく呈示可能な文章構成力と図表の配置では、競合誌である

    【ASIN: B005OASI64 酣燈社 月刊 航空情報 2011年 11月号 別冊 ユーロファイター タイフーン】 には、幾分劣るところもみられます。
    「世界の名機シリーズ」に関しては、収集性(コレクション)を第一として追求する余り個々の機種の内容がどうしても散漫になってしまった印象は拭えませんので、以下に具体例を挙げます。
    ★ 第五世代ステルス戦闘機に対して、欧州機故の設計個性により有利な点
    1.複数の機が連携して、赤外線捜索追跡システム【IRST】によるデータを共有、三角測量の原理を使って敵機の位置と距離を測定し、ステルス機を補足する。
    2.操縦に関するヒューマンエラー、例えば空間識失調(バーティゴ)【vertigo】に陥っても機体を立て直すことを可能にする「パニックボタン」、操作パネルを操作の為に操縦桿から手を離しても安定して飛行を続ける「ケアフリーハンドリング・システム」等、人間の操作の過ちを機械が補正する機能を搭載、等々。

    世界で5番目、そして日本語としては初の「嶋田 久典」氏 著作による 

    【ASIN:4863203144 サーブ JAS39 グリペン (イカロス出版 世界の名機シリーズ)】 の、僅少な資料と北欧という日本から最も遠い国という距離の障壁(ハンディ)を前に取材を行い、拙いながらも精一杯の編集誠意が伺える同書に較べて、本書の記事は「広く、浅く」の印象があるのが残念な点です。

    ご存じの通り、航空自衛隊の第四次・次期主力戦闘機導入計画【いわゆる FX 】は西暦2011年12月20日に、従来通りの路線である

    米国 ASIN 486320489 ロッキード・マーティン F-35ライトニング II (イカロス出版 世界の名機シリーズ) に決定し、BAEシステムズ社は 3,000名の人員削減策とタイフーンの生産ライン縮小による欧州防衛産業の延命措置を発表しています。
    しかしながら、制空及び迎撃戦闘機として一級の能力を持ち、燃料消費の激しい「リヒート(米国式に云えば「アフター・バーナー」)」を焚かずに4発の長射程・空対空ミサイル と 2発の短射程・空対空ミサイルを装備した状態でマッハ1.5を維持可能な「超音速・巡航維持能力(スーパー・クルーズ)」による「本質型ステルス機」に対する空力的な本質的優位は、ステルス性能にその能力を依存した、元来は侵攻攻撃機と垂直離着陸機



    マクドネル・ダグラス AV-8B ハリアー II 」後継機としての通常型、艦上型との設計共有機でしかない F-35 とは異なる「最後の制空戦闘機」兼「多機能・戦闘攻撃機」として、航空ファンの記憶に永らく憶に永らく生き存えるでしょう。
    さらに将来、未完成機 F-35 の開発が失敗した際、或いは F-35 熟成に時間が掛かり、航空自衛隊の要求時期への納入が不可能になった際、その補助機、或いは中継機(過渡期の安全保障維持機)として、再び「千載一遇」(せんざい・いちぐう)の好機を捉える日々が来ることを信じて、筆を置きたいと思います。

    「ただでくれるなら」と防衛省随分と人を舐めた話ね/ゆい奈

    • kazuhisa_ogawa軍事分析家「小川 和久」氏: ユーロファイター並行導入は英国大使が主張。「タダでくれるなら」、と防衛省上層部の宴会場での本音(笑)。RT @kunkuntanteisun: @kazuhisa_ogawa
    次期戦闘機、F-35A に決定=性能重視、唯一の第5世代〔日本政府〕
    • 時事通信 2011年12月20日(火)10時35分配信
    政府は20日午前、安全保障会議を開き、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に米ロッキード・マーチン社製の「F-35」を採用することを決定、この後の閣議で了承した。
    F-35 は、候補となった3機種の中で、最先端の機能を有する唯一の第5世代機。中国やロシアが第5世代機の開発を進めていることもあり、性能を最優先して選定した。
    F-35 の開発は米、英など9カ国が共同で手掛け、{現在も開発が続いている。
    全長約16メートル、全幅約11メートルの単発機。
    レーダーに捕捉されにくいステルス性能や、レーダーで捉えた敵機情報を味方の複数機で共有できる「データリンクシステム」などの高い技術を備えている。

    防衛省は調達価格について、2012年度予算ベースで、スペア部品などを含めて1機当たり約99億円としている。 

    BAEシステムズ社:ユーロファイター「タイフーン」幻に終わった日本仕様

    • 1,196px × 789px

    PAK FA 【設計局内開発名称:И-21 (T-50)】



    • 1,000px × 897px


    • 964px × 775px
    ロシア語・英読み変換Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks Frontovoi Aviatsii
    キリル文字Перспективный Авиационный Комплекс Фронтовой Авиации
    英語Future Air Complex for Tactical Air Forces
    日本語軍向け 合体
    MAKS(ロシア語: Международный авиационно-космический салон, 国際航空宇宙サロン)は、ロシアで奇数年の8月に開催される航空ショーである。モスクワ近郊のジュコーフスキーにあるジュコーフスキー飛行場で行われ、ロシア航空機産業の見本市となっている。
    開催日程
    • 2011年:8月16日(火曜)〜21日(日曜

    場所



    HPH Suhoi T-50 PAK-FA 1/48
    • 800px × 600px


    • 800px × 520px

    F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料


    航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として防衛省が採用を内定したF35について、米国防総省が調達・生産計画の再考を提言する内部資料を作成していたことが分かった。

    資料は、選定に当たり防衛省が最重視したステルス性や空対空の戦闘能力について疑問を呈する内容となっている。
    内部資料は「F35の(開発と生産の)同時遂行に関する簡易調査書」で計20ページ。
    2011年11月29日付で、報告者は、国防総省のアハーン次官補代理(戦略・戦術システム担当)ら計5人。

    それによると、F35試作機の米英両軍のテストパイロットは、
    1. 攻撃能力
    2. 被弾や事故時の生存可能性
    3. 旋回や上昇など飛行性能について「運用上深刻な影響を及ぼす可能性」
    を挙げ、敵戦闘機を攻撃する空対空ミサイルの発射についても問題を指摘した。
    また、敵防空能力を制圧するF35の電子戦能力についても「特別な懸念」を示している。
    空対空の攻撃能力に不可欠なステルス性のほか、とりわけ重要なのが、いち早く敵を察知し、ミサイル攻撃できる能力だが、テストパイロットらは、航空自衛隊が最重視するこれらの性能にも疑問を呈していた。

    調査書は「今後の生産を中止するような根本的なリスクは認められなかった」としながらも、これらの問題点により「設計の安定性で信頼に欠ける」と結論。
    「調達・生産計画の真剣な再考」を促している。

    今回、数々の問題点を指摘した内部資料の存在が明らかになったことで、日本がF35を選定しても、実戦配備の行程には不透明な部分が残されるといえる。

    最後のお願いに参りました !

    • ディヴィッド・ウォーレン 駐日大使


    日本の次期主力戦闘機(FX)選定で欧州共同開発のユーロファイターの売り込みを図る英国のウォレン駐日大使は15日、共同通信とのインタビューで、内定が伝えられる米国主導で国際共同開発中のF35と、ユーロファイターの両機種を採用することも選択肢として考慮されるべきだとの考えを明らかにした。

    選定競争で劣勢が伝えられる中、単独での受注は極めて困難とみて、複数機種の選定に持ち込もうとする姿勢を明確にした。

    大使は「私の(日本政府への)メッセージは両方を導入することは可能ということだ」と明言し、両機の特徴について

    F35は「攻撃(侵略)的戦闘機」、}
    ユーロファイターは「防御的」と説明。

    英国も既にF35を購入したと述べた上で、両方の戦闘機保有は「合理的」で「まさに英国が行おうとしているものだ」と訴えた。(共同通信)

    ユーロファイター タイフーン (イカ娘)「トランシェ 4」の提案! 

    F-35 ライトニング II の「ネットワーク・セントリック能力」(第4世代機の10倍、第5世代機 F22の4倍、海自イージス艦の1.5倍。敵ステルス機を見えている状態にする。) をユーロファイター タイフーン (イカ娘トランシェ 4 として搭載整備すれば、万事解決では?

    • 1,568px × 1,106px
    【ワシントン時事】米ゼネラル・エレクトリック(GE)と英ロールス・ロイスは2日、米英などが開発中の次世代ステルス戦闘機F35の代替エンジン の自費開発を断念すると発表した。 

    コア分離型ターボファンエンジン プラット・アンド・ホイットニーF135系列 
    (-100/通常離着陸・空軍型 A型、-600/短距離離陸/垂直着陸 (STO/VL) B型、 -400/艦上機C型 )
    の互換エンジンとして自費開発をしていた・・・

    ゼネラル・エレクトリック(GE・アビエーション)/ロールス・ロイス plc F136 ターボファン・エンジン
    F35の金属疲労試験の結果、機体に多数の亀裂が生じる恐れが明らかに
    • 【ワシントン時事】
    米国防総省が開発中の次世代ステルス戦闘機F35の開発計画担当のデービッド・ベンレット海軍中将は2日までに、軍事専門誌・AOLディフェンス(電子版)のインタビューで、F35の金属疲労試験の結果、機体に多数の亀裂が生じる恐れが明らかになり、対策を講じられるよう、今後数年間は生産ペースを落とすよう提言した。
    F35は日本の次期主力戦闘機(FX)の有力候補。減産になれば開発遅延と調達単価上昇は避けられず、FX選定にも影響を及ぼしそうだ。  [時事通信社]

    電光の後には台風が有り・・・

    ライトニングの 和訳には【S1A1】「電光 II 」の解釈がありますが、一方で【J4M1】「閃電 II」の解も可能です。

    ここでは、一応、電光の和文変換に従いました。
    収録項目・目録
    収録順原文英語邦訳例
    1.60 seconds「60秒」
    2.High Trust High-Tech Air-Superiorty「高推力と高度技術による航空支配」
    3.In An Uncertain World「不確実な世界」
    4.Industrial Partnership「産業界協調」
    5.Milestones 「里程標」(一里塚)
    6.Nothing come Close「何者も寄せ付けず」
    7.Safeguarding Our Nations' Future「我等国家群の安全保障」

    第6章「何者も寄せ付けず」
    【 Nothing Comes Close 】


    敵勢力が、まさに弾道弾を発射しようとしている!

    出撃したユーロファイター「タイフーン」は、見事に発射管制塔の破壊に成功するが、地上からの熾烈(しれつ)な反撃、さらには敵機の追尾を受ける…。

    果たして無事に帰投できるのか? 

    大英帝国BAE システムズ・ミリタリー・エア・ソリューションズ」社の全面協力の下、ハリウッド映画並の品質で実写とCG(コンピューター・グラフィックス)を組み合せた、見事なドラマ仕立てで同機の持つ様々な機能を紹介する。

    その他、趣向を凝らした映像が満載。(音声は全て英語で、日本語字幕はありませんが、映像のみでも内容は理解出来ます。

    内容(日外アソシエーツ株式会社・「BOOK データベース」より)

    空対空・空対地ミッション、あらゆる任務に対応する脅威のマルチロール性能。
    そして世界屈指の機動性と高度な先端テクノロジー・・・

    欧州最強の新鋭機、その能力に迫る。


    特製DVD付属
    ユーロファイタータイフーン ― 欧州の最新鋭戦闘機 (Air Show DVDシリーズ Vol. 4)

    「第四次・次期主力戦闘機選定」について

    日本の「第四次・次期主力戦闘機選定」(第四次FX)は、

    西暦2011年12月14日、日本国政府は、航空自衛隊制服組の上申を受け、制空任務への適合性や三菱 F-2 支援戦闘機ライセンス生産終了後の日本防衛産業の技術者の育成維持という目的を放棄し、第四次・次期主力戦闘機選定【FX】に専守防衛の原則に反する、設計時点よりステルス能力を空戦能力より優先して設計された侵攻戦闘爆撃機【第五世代主力戦闘機】『 ロッキード・マーティン社の統合打撃戦闘機計画(所謂 JSF = Joint Strike Fighter ) F-35 「ライトニング II」』(「電光 II」  或いは 「閃電 II」)を内定しました。

    これらの正式な決定は、西暦2011年12月20日(火曜日)に順延となった「野田 佳彦」首相(総理大臣)出席の安全保障会議(閣議)にて、了解される見通しになっています。

    正式決定されたならば(予定)、平成24年度予算案に4機分の取得費を計上、最終的に約40機(更に2機追加で最終的に42機)/2個飛行隊分を導入予定とされています。

    しかし F-35 ライトニング II は機体に多数の亀裂が見つかり、国防総省が開発調達計画を現行の2017年からさらに2年延長する見通しであるなど、開発中止の可能性もある未完成・未成熟機故に、防衛省の求める 西暦2016年までの F-4EJ【改】「ファントム II」の機種更新配備開始には到底間に合わず、延長が正式決定されれば F-X 選定計画の抜本的見直しを迫られることになり、 BAEシステムズ社とユーロファイター『タイフーン』には「F-35」完成・成熟までの繋ぎ(ストップギャップ)としての補用機購入や、逆転勝利・採用決定の可能性も十分考えられ、状況は予断を許しません。

    書籍解説【ユーロファイタータイフーン ― 欧州の最新鋭戦闘機 】

    本書は英国 BAEシステムズ社の全面協力による全32頁の書籍と、全7章のDVD映像プロモーションで構成されています。

    以下冊子、DVD映像プロモーション共に、そのまま防衛省や航空自衛隊幕僚、閣僚達への宣伝商材を一般販売向けに降ろしたかのような内容となっていますので、この構成に準拠して解説します。

    第2頁から第23頁に掛けては、『欧州・中東各国空軍で配備の進むユーロファイター』と題して、英国空軍、ドイツ空軍(ルフトヴァッフェ)、イタリア空軍、スペイン空軍、そして協同開発を行った四カ国以外で初の採用国である、オーストリア空軍、サウジアラビア空軍での配備状況を大判の写真でビジュアル重視の写真集として紹介していきます。

    上記の通り、これらは模型ファン、航空ファン向けよりは、軍事航空知識に疎い閣僚や一般市民向けの内容となっており、細部写真や専門知識を必要とする記述は殆どありません。

    第24頁から第27頁に掛けては「ユーロファイター・タイフーン 機体詳解」と題して、第五世代戦闘機の特徴を備えた、第 4.5 世代機である本機の特徴を、機体上面図/正面図・左側面図の線画と共に、初心者向けに要約しています。

    以下その主項目を列記します。
    1. :自己防御補助システム【DASS】:各種警戒装置からの情報を防御支援コンピューター【DAC】を中枢として制御し、自らを護る為に操縦士官(パイロット)への警告・助言・対処(自律防衛を含む)を行うことを可能とする。

    2. :先進センザー&ネットワーク共有システムと、音声入力機体制御システム【VTSS】
      音声入力装置【DVI】から必要な機能を呼び出し、対話形式で機体制御を行う。また日本語を初めとする多言語とその訛り(日本語で言えば、関西訛り、東北訛り、四国訛り、九州沖縄訛りなど)にもある程度対応可能。
      また、空間識失調に陥っても機体を立て直すことを可能にする「パニックボタン」、操作パネルを操作の為に操縦桿から手を離しても安定して飛行を続ける「ケアフリー・ハンドリング・システム」(操作不要・自律飛行システム)

    3. :多機能情報配分システム【MIDS-LVT】により、戦場情報を即時(リアルタイム)で共有。
      これらは米軍のリンク16」システムと互換性を有している。

    4. :多機能ヘルメット内情報表示&照準システム 【HMSS】

    5. :チタン合金、複合素材の多用。更には従前のアルミニウム合金を樹脂のように特殊な整型処理(射出成形を含む)を行い構造体とする、所謂「スーパー・ープラスチック成型」材料工学技術。これにより空力処理に適した複雑な三次曲面を比較的容易に成形可能で、軽量化と強度を従来型アルミ合金を使用した部材に於いても達成可能。

    6. :爆弾や対地/対艦ミサイルを投棄せずに、空対空の戦闘に移行可能な「両任務兼用機」(スゥイング・ロール)機能。
      従来は、多機能機(マルチロール)であっても爆撃行の途中で敵機に遭遇した場合は爆弾やミサイルの投棄が必要であったし、そもそも爆撃行の場合は、追加の射爆照準機器やレーザー誘導、或いは「LIDAR」(ライダー、「光検出と測距」ないし「レーザー画像検出と測距」)ポッドを懸吊(けんちょう)する必要があった。

    7. :長時間の超音速巡航活動能力(スーパークルーズ)。 全備重量でマッハ 1.3 維持を実現。

    第28頁から第32頁に掛けては、「竹内 修」氏による『ユーロファイター・タイフーンが有力なF-X候補となる理由とは』と題して、以下の副題に対して持論を述べています。
    • 欧州最強戦闘機 誕生までの道のり
    • ユーロファイター その高い能力
    • 日本にとっての「タイフーン」とは

    竹内氏の提示する、日本国の専守防衛施策(相手国の根拠地への攻撃(戦略攻勢)を行わないこと、自国領土またはその周辺でのみ作戦すること)の防衛体制には「迎撃機」としての加速力、高速度維持力、相手を有視界で敵味方識別を確認してからの国策で必要となる空戦能力を備えたユーロファイター「タイフーン」が最も適しており、いたずらに高性能な視界外の遠距離先制(アウトレンジ)攻撃能力や、そもそも敵地への先制侵攻作戦を前提としたステルス機能は不要で、欧州機は決して「当て馬」や「大穴」ではないこと、更には経済力や産業基盤の維持と強化に与する大幅に譲歩(ソースコードを含む多くの技術移転を提供する100%を目標とする)し、また将来は日本の国情に合わせた独自改造&改良(カスタマイズ)をも認めた柔軟性を評価すべしとの意見には、血税を自国の安全保障の道具に注ぎ込む義務を持つ1人として、私も納得できる力強さがあります。

    付属のDVD盤は現在の高品位ワイド画面「16:9」の画面比率になっていて、残念ながら会話は英語です。

    しかし発音の明瞭な英国式英語である為、「実用英語技能検定3級」程度の聞き取り」(ヒアリング)能力があれば十分理解出来ます。

    映像の構成は前記の通り、BAEシステムズ社が日本の防衛省や閣僚向けに製作した広報&宣伝商材映像をそのまま一般市民向けに販売したかのような内容であり、全般的に映画的手法で制作されています。

    歩兵の携行する携行地対空ミサイルを、1:自己防御補助システム と 音声入力機体制御システム【VTSS】を最大限に活用して回避する場面は、「ロシア語で考えるんだ」のセリフが有名な「ファイアーフォックス」という前世紀の映画を想起させます。



    また「殿方」向けには、劇中で的確に目標への誘導指示を行う英国美人の航空管制官の容貌はハリウッド映画的で気になるところでしょうか?
    ここまで書いて「黒星」【★】1つ減点するのは、上記のBAEシステムズの日本政府向け宣伝商材の一般販売の構成を楽しめない人には高額な税込2,980 円の価格で、実質本文30頁と「30分程度のプロモーション映像」は割高に感じること、さらに三才ブックスさんの流通が悪い為、地方では余程大きな書店でない限り入荷せず、「取り寄せ」又は【 Amazon 】さんやその他の通販での購入になる為、「一般人向け入門書 + DVD 」セットの割には、英語ということもあって敷居が高く、知名度が低くなってしまう点を引かせて頂きました。

    次期主力戦闘機 欠陥問題を見極め選定を!

    日本国政府が近く安全保障会議(西暦2012年12月20日に延期)で航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に決定しようとしている米ロッキード・マーチン社製最新鋭戦闘機F-35「ライトニング II」の欠陥が表面化している。

    米国防総省高官が指摘した欠陥には
    1. 「隔壁に亀裂が入る」
    2. 「空母着艦用の後尾フックが作動しない」
    など重大なものもある。

    レビン上院軍事委員長らはパネッタ国防長官に詳細な欠陥の内容と改善費用の説明を求め、国防総省は全体の開発調達計画を遅らせる見通しという。

    米国内でこれだけ問題化しているのに、日本政府は不具合の改善見通しなどをきちんと見極めようとしているのか。
    日本と同様にF35導入を予定していた豪州(オーストラリア)はすでに早期購入を断念し、共同開発国のカナダ連邦も調達に慎重な姿勢に転じた。

    防衛省は、敵のレーダーに捕捉されにくい「ステルス性」などを理由として来年度予算案に4機分の取得経費約500億円を計上し、最終的には約40機を導入したい考えだ。

    殲撃20型(歼-20、ピンイン:Jiān-20)

    【Chengdu J-20】 (Jian-20)



    中国が高性能の「第5世代」機「殲-20(歼-20、ピンイン:Jiān-20)または殲撃20型」を開発するなど、東シナ海の海・空軍力のバランスが崩れかねない情勢だ。制空権の喪失という事態を避けるため、空の抑止力強化は当然である。

    F35を選定しようというのは、「第5世代」機としての性能に加えて、日米同盟の観点から米軍との間で相互運用性が求められる要因も大きい。

    だが、導入計画は整備費も含めると1兆円規模にのぼる。肝心の米国がF35の開発や配備計画をどうするか明確にしなければ、日本の機種選定の意義も揺らぎかねない。懸念を残したままで、どうして国民の理解が得られるのか。

    本格的な選定作業は9月下旬に始まったばかりだ。この間、一川保夫防衛相は「安全保障は素人」などの発言や資質を問われて参院で問責決議を受けた。

    防衛省は米国で欠陥問題が表面化した後、米政府側に事実関係を照会したとしている。しかし、その重要性を踏まえれば、本来は防衛相自身が訪米するなどして調査に当たるべき問題だ。

    次期主力戦闘機の選定は、日本の空の安全を担う重大事案だ。野田佳彦首相が一川防衛相について「適材適所」などと庇っていることが、今回の不適切な対応を結果として招いているといえる。

    F-35、超音速巡航活動能力がない。迎撃任務不適切要素

    ユーロファイター『タイフーン』はスーパークルーズ【長時間の超音速巡航活動能力】に関して全備重量でマッハ1.3を実現!しているのに対して、F-35は非対応、つまり超音速巡航活動能力がない。

    米国防総省の内部報告書でレポートされたF-35の4つの問題

    1. . 空中戦時を想定した戦闘機動をすると、予想していた振動よりもはるかに酷い振動のために、ステルス・コーティングがはがれ、機体構造骨格に亀裂が発生する
    2. . 先進ヘルメットマウント・ディスプレイには、夜間や悪天候の操縦者に潜在的な敵の攻撃目標がよく判るように支援するだろうと期待したが、結果として未成熟で、従来の戦闘機の既存のシステムの能力よりも劣っている。その理由は、飛行中の振動が原因である。
    3. . 統合パワーパッケージ(酸素発生装置、コックピット内圧保持・供給装置の集合体)は、恐ろしいほどに信頼性が欠如していることが証明された。
    4. . 空母着艦の為の艦上型 F-35C の現在の着艦拘束鉤(テールフック)は問題がある為、新しい「着艦拘束鉤」を設計・製造し、来年2012年の初頭から実験を続ける予定だが、報告書は問題が F-35 自体の基礎設計にある為、この問題を解決するには 艦上型 F-35C を新たに再設計する必要がある。
    twitter での遣り取り
    • obiekt_JPJSF to @yui1107
    尖閣諸島は目と鼻の先なのですから、那覇基地から戦闘機を飛ばして(空中給油機を使ってもいい)も十分届きます。
    軽空母には対潜ヘリコプターを積んで、上空援護は陸上基地からの戦闘機で事足りる筈です。
    空母とは遥か遠くの海外遠征で使う兵器であり、本土防衛には不必要です。〔藤村〕

    リンク


    次期戦闘機、F35選定へ=第5世代機で「性能重視」−防衛省

    防衛省は13日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に米ロッキード・マーチン社製のF35を採用する方針を固めた。F35は候補の3機種の中で、レーダーで捉えにくいステルス性や情報ネットワーク性能に優れた唯一の「第5世代」戦闘機。近く岩崎茂航空幕僚長が一川保夫防衛相に機種選定案を上申する。
    16日にも安全保障会議(議長・野田佳彦首相)で正式決定する運びだ。
    今後30〜40年の運用を想定する}空自は機体の先進性が重要と判断。
    これを踏まえ、一川防衛相は13日午前の記者会見で「(機種選定が)最終段階を迎えたことは事実だ。
    選定に当たって、基本的に性能重視ということに尽きる」と強調した。
     
    FXは老朽化したF4戦闘機の後継機で、防衛省は2012年度予算案に4機分の調達費を要求。16年度から引き渡しを受け、最終的に約40機調達する。FX選定ではF35のほか、米ボーイング製のFA18、英BAEシステムズなどによるユーロファイターの3機種が候補になっていた。

    防衛省は選定に当たり、各メーカーなどから提出された提案書を基に、性能や価格、国内企業参画などを評価して選定を進めていた。

    F-35は、ステルス性やレーダーで捉えた敵機の情報を複数機で共有できる「データリンクシステム」}など先端技術を備えている。
    ただ、同機は開発が遅れており、防衛省が条件とする16年度中の納入が間に合わない可能性が指摘されている。
    防衛相は会見で、F35の開発の遅れについて「その都度、全て確認しながら最終的に評価していく」と語った。
    • (2011/12/13-13:18)

    1.F-35A(通常離着陸型)

    2.F-35B(短距離離陸・垂直着陸型)

    3.ユーロファイター「タイフーン」


    • F35、次期主力戦闘機に…最新ステルス機
    narge_narge_(なるげ)さんの意見
    {F-35?ステルスありきの「出来レース」に疑問。F-35はライセンス生産出来ない。全てのメーカーが生産ラインを永遠に放棄するはず。
    これで日本は軍用機の自力生産能力を失い、永遠にアメリカの言うなりに戦闘機を購入することになる。えっ、戦闘機自体要らないって? フフフ♪www}
    編集者の意見
    • yui1107ゆい奈
    またもやヨーロッパ機は当て馬、これで日本の三菱と富士重工(川崎重工業も?)の関連技術者は全員リストラ・・・我が社に来ませんか?
    • ユーロファイターは無し・英国怒って爆弾仕掛けるかも? 欠陥機に税金払うのは嫌だからと税務署に言い張る私。

    主な派生型

    形式番号主発動機(エンジン)と解説
    【基本型】
    通常離着陸
    (CTOL)
    F-35AF135-PW-100
    F-35Aに使用される通常離着陸 (CTOL) 型である。
    ドライ時での最大出力は111kN、アフターバーナー使用時には178kNとされる。全長5.59m。
    短距離離陸・垂直着陸
    (STOVL)
    F-35BF135-PW-600
    F-35Bに使用される短距離離陸垂直着陸 (STOVL) 型である。
    バイパス比は0.56であり、圧縮比は28。最大推力43,000ポンドで、STO推力は38,100ポンドとされる。

    ホバー推力はリフトファンの20,000ポンド、メインエンジン15,700ポンド、ロールポストの3,700ポンドの合計で39,400ポンドとなる。インレット直径1.17m、エンジン最大径1.27m、リフトファン径1.30m、全長9.37m(リフトファンを含む)である。
    艦載機
    (CV)
    F-35CF135-PW-400
    F-35Cに使用される艦載 (CV) 型である。全長5.59m。
    参考図書





    問題点

    • 課題
    概念実証機X-35の製作と飛行試験やF-35としての採用決定までは極めて順調に見えた計画であるが、幾多の国際共同開発機、あるいは空海軍共通機の例に漏れず、計画総コストや1機あたり単価の大幅な増加が問題となった。機体自体も、1フレームをベースに各タイプを開発する為、どれかひとつのタイプの設計の問題が発生した場合、他のタイプの設計にも大きな影響が出ると懸念されていた。

    また、開発各国の様々な要求を満たす為に重量も超過気味となり、あらゆる部分の再設計や仕様変更によって予定の重量内に収めるべく努力がなされた。空軍・海軍・海兵隊、あるいはF-35を購入予定の各国の戦術機開発・取得のための予算のほぼすべてがこの計画に注がれている点も問題となっている。現実にF-35の単価上昇や計画の遅れが発生していることで、埋め合わせのために現用機を延命したり再生産したりする必要性があり、その分F-35の予算を減らさなければならない。

    しかし、各国各軍の利害調整のうえで巨額の予算を投じられた大規模プロジェクトから勝手に予算を取り上げて計画から抜け出すわけにも行かず、各国軍のジレンマは大きい。

    2011年1月6日、海兵隊型のF-35Bについてロバート・ゲーツ国防長官は、システム開発実証(SDD)が2016年まで遅れ、初期作戦能力獲得は2017年になる見込みと、2年以内に改修ができないあるいは計画通りに進展がない場合は、開発が中止になるだろうと発表した。アシュトン・カーター国防次官は、現在のアメリカの財政状況を鑑みて「高額になりすぎて負担しきれない」として、計画の見直しが必要だと指摘した。

    価格

    予定価格は次々と上昇した。 2002年の時点では5,000万ドル。 2007年には1.5倍の7,500万ドル。

    2010年3月12日に米国会計検査院(GAO)が上院軍事委員会(SASC)に報告したところによれば、F-35Aのフライアウェイコストは1億1,200万ドル。

    2010年11月には2010年度2度目のF-35の開発の遅れが発表されており、開発コストは50億ドル増える見通しなので、1機あたりでは、上記の1億1,200万ドルからさらに上昇する見込み。F-22の製造コスト1億3,000万ドル と大差ない価格となるとの報道はあったが、開発コストも含めたF-22の価格は2億5000万ドルなので F-22の概略半値と考えてよい。

    2011年3月には、開発費を含めた合計コストが、米国のインフレのせいもあって1億4,000万ドルになったため、例によってF-35の開発費を含めた合計コストと、F-22の開発費を含めない製造コストを比較して、「F-35の価格はF-22を上回る」という誤った報道が出た。

    2011年10月現在、Wikipedia 英語版では、本体が 1億4,000万ドル〜1億5,000万ドル程度、交換部品・装備込みで1億8,000万ドルという数字が出ている。

    但し、新規開発機でコストや重量の膨張はありふれた事象である。

    運動性能のみに頼った空戦思想がベトナム戦争時代の戦訓に基づくものであり、日本の航空メーカー関係者はF-35とF-X売込みで競合関係にあるボーイング社と関係が深く、ボーイング社から日本と提携航空メーカー関係者に、F-35のネガティブ情報が入り易い事などを指摘する向きもある。

    2011年11月21日発売の『JWings』2012年1月号(イカロス出版)では、現在F-35Aの価格は機体のみで推定6,500万ドルで、開発コストも固定されているため、これ以上の価格上昇の心配はないだろうと記されている。

    元記事保全



    日本国の防衛省は12日、航空自衛隊のF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)について、米英豪など9か国が共同開発中の最新鋭戦闘機「F35」(開発主体=米ロッキード・マーチン社)を選定する方針を固めた。

    西暦2011年12月16日(金曜)に安全保障会議(議長・野田首相)を開き、正式決定する。

    2012年度予算案には4機分概算要求ベースで計551億円)を計上し、将来的には約40機の配備を目指す。

    選定作業を行っている防衛省と空自はF35の性能について、全方位の最新のステルス性に加え、地上レーダーやイージス艦などの情報を統合し、パイロットに伝えるネットワーク力に優れている点を高く評価した。

    国内防衛産業との関連でも、米政府は日本政府に、共同開発国以外では例外的に機体に関する機密情報を開示することを表明済みで、国内企業が関与することができるため、技術基盤の維持に資すると判断した。
    • 出典(2011年12月13日03時04分 読売新聞)

    参考図書






    プロジェクト内部記事

    このページへのコメント

    >もし、LTV F-8 クルセイダー が採用されていたら?
    よく、航空自衛隊にF‐15でなく、F‐14だったら?というのがあるんで書き込むと
    フェニックスミサイルで一度に6発撃てる(ソ連空軍側の戦闘機とかが多いので、ミサイルで有利)、空中戦でもかなりのもの、エンジン2つで空港の空かない日本では安心して使える。
    でも、機体の値段が高いんですが
    米軍は喜んだかもしれない
    イラン革命の後、米空軍との演習でイランのF‐14役とかソ連のMIG‐23役をする
    2006年からは米海軍の演習でイランのF‐14役をする

    0
    Posted by 森 和正 2017年09月01日(金) 16:04:08 返信

    もし、第一次選定で、ロッキード F-104 スターファイター ではなく、当初の有力候補である、グラマン F-11F タイガーが採用されていたら、第二次選定もチャンスヴォート〔リング・テムコ・ヴォート〕F-8 クルセイダー になっていたかもしれません。

    ロッキード F-104 スターファイター と グラマン F-11F タイガーは共に発展性の低い機体でしたから、早々に退役したかもしれませんが、F-8 クルセイダー が航空自衛隊に採用されていたら陸上機に負けない艦上戦闘機でしたから著名な功績と評価を獲得していたかもしれませんね。

    0
    Posted by  yui1107 yui1107 2017年07月08日(土) 14:13:31 返信

    >空母とは遥か遠くの海外遠征で使う兵器であり、本土防衛には不必要です。〔藤村〕
     実際には東北地震津波に出動した米空母があったり、(海軍だからかもしれませんが)海軍特殊部隊シールがヘリコプターを発着させたりと色々と使えます。
    映画[トラトラトラ]で帝国海軍が破壊できたのはハワイにいた米軍であって、空母エンタープライズとレキシントンは(出港していて)移動していたので見つけられませんでした。
    >本土防衛に不必要
    というのはどうなんでしょ?確かに垂直離着陸できるF35Bが航空自衛隊に大量に配備されるなら別ですが、F35自体まだテスト中の機体ですし。かなり値段が張るのも、対水上艦だけでなく対潜水艦にも使えるとか、数の少ないアパッチ戦闘ヘリと同じように対戦車のも出来るなら陸海空自衛隊の予算と人員(パイロットに限らず整備とか)を回せますが。

    0
    Posted by 森 和正 2017年07月08日(土) 13:09:20 返信

    >第2次 次期主力戦闘機導入計画【F-X】
    もし、LTV F-8 クルセイダー が採用されていたら?
    確か、迂闊十蔵という方のイラストでF-8のがあります
     その世界の日本は空母を保有し(米海軍のエセックス級空母ハンコックを譲ってもらい)海上自衛隊航空護衛艦すくも、とします。
    空母に合わせて海上自衛隊は(エセックス級ですので、F-4は使えずに)F-8を採用
    さらに史実のF-4を航空自衛隊が採用せず、F-5になっていたと記憶しています。

    0
    Posted by 森 和正 2017年07月08日(土) 12:41:44 返信

    参考になります
    米軍がF22を「完成品のみ輸入可(レーダーとかがなし、日本なら詐欺で捕まりそう)」F35も開発参加費用を高いのに、実戦で使われていないしブラックボックスだらけらしい。
    タイフーンの場合は、欧州に視察に来た空自側にメーカーの見学だけでなく実際にタイフーンに乗せていたり、タイフーンをライセンス生産を認めていたので残念。

    0
    Posted by 森 和正 2017年02月28日(火) 22:54:46 返信

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます