" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

Franscico Etchart (フランシスコ・エチャート)



  1. VFA-6 レギオス
  2. VHT-2 (A-1) スパルタス ガウォーク形態
  3. リージス
  4. ジョナサン・ウルフ
  5. ムジカ・ノヴァ
  6. スー・グラハム
  7. リック・ハンター(老年期)
  8. 砂漠分隊・王花少尉
  9. ゾル人カルノ
  10. バイオロイド・ターミネーター Fesh’etmi Kisel-zırh Combat/Security Body Armor
  11. ノヴァ・サトリ【Nova Satori】/ ノヴァ・サトリ (壮年期) 【Nova Satori's late middle age】

  • Rスコットテイラー (2020年8月4日 8時間前)
アーティストのフランシスコ・エチャートが、Before the Invid Storm【『インビッド襲来前夜』、直訳『インビッドの嵐の前に』】キャンペーンのポスターのラインアートを完成させました。
私はこのキャンペーンをプレイするのに約30年待ちました、そして(皮肉にも)コロナウイルスCovidのおかげで、私はようやく軌道に乗りグループを見つけました、そしてそれに完璧なSavage Worlds RPGメカニックを使用するようになりました(Robotech戦闘の映画の性質にとてもよく合っています) 。
5つのセッションと私は失望していません。第2次星間戦争後、インビッド到着前の「黙示録以後」(ポスト・アポカリプス)設定と同様に、登場人物たちは実際に形になっています。

R Scott Taylor August 4, 2020, 8 hours ago
So artist Franscico Etchart has finished the line art for my Before the Invid Storm campaign poster. I waited almost 30 years to play this campaign, and thanks to Covid I finally got on Zoom and found a group, as well as getting to use the perfect Savage Worlds RPG mechanic for it (lends SO well to the cinematic nature of Robotech combat). 5 sessions in and I have not been disappointed, and the characters are now really taking form, as is the post-apoc setting of after the 2nd Robotech War and before the Invid arrival.

サザンクロス軍の落日・8 より



「全ての脱出宇宙船に告げる! 我々は、この地上に於いて為しうる全てを尽くした。だから我々はこの地を去る!」

"Attention all ships, we've done all we can here. We're pulling out!"

前世紀(1986年)コミコ社の漫画より

  • 西暦1984年2月5日(日曜)原版初放映
機甲創世記モスピーダ第18話 『老兵たちのポルカ』
【18. The Nature of Old Soldier's Polka 】
ロボテック・シリーズ:第三シーズン
『新世代』編
第78話 『幽霊街』
【78. Ghost Town 】


絵物語の制作元について

  • ファンアート制作集団『ロボテック・ヴィジョンズ』【 ROBOTECH Visions 】

Facebook アカウント要 パソコン用Web頁URL
https://www.facebook.com/robotechvisions
Facebook アカウント要 モバイル用Web頁URL
https://m.facebook.com/robotechvisions

Operation Invid Overlord 

第1次降下作戦を描いた「愛・生・希望」【 Love, Live, Alive 】
  • 作戦名『インビッド・オーバーロード』は、そのままインビッド自らの戦闘装甲服『ゴーサム』の彼等の言語学上の意味が(インビッドの)"大君主"であるという、皮肉な巡り合わせとなった。
地球人側のメカは主に機動性と多様性を持たせ、個人に1台を目標としているようです。
数の上で劣勢に立たされている側としては、1機のメカを多元化させて使わざるを得ません。 

ちなみに、第二次降下作戦の参加艦船数は、空母「雷(イカヅチ)」級が10隻、ホリゾン T 級・降下揚陸艇【Horizon-T class Dropship】が160隻、ガーフィッシュ級・超時空・斥候軽巡宙艦 【 Garfish-class Super Dimensional Scout Cruiser】が40隻、艦載輸送分、ホリゾン T 級・懸吊(けんちょう)分、単独航行分をも含めても VFA-6 「レギオス」& VFB-9 トレッド 2,300機(組)程度でした。

  • 日本版原設定(故アニメック):クリックにて原寸 985 pixel x 1,391 pixel に復帰します。

運命の6月6日

  • クリックにて原寸 1,200 pixel X 675 pixel に復帰します。

Robotech Visions 制作再開後の2020年の新作より

同年6月20日から6月21日

"This is Jupiter Base Command. All wings report in..."


遠征艦隊は、月軌道に到達した。全部隊は待機せよ。
"The Expeditionary Fleet has achieved lunar orbit. All units standing by."


全部隊は遠征艦隊軍司令官の声明を待ち受けている。
"All units, stand by for a message from the Commander of the Robotech Expeditionary Force."

同年6月23日〔火曜日〕の新作

司令官殿、全部隊は T-Vector Delta の拠点に配置されています。 第3攻撃群は、未だSDF-3 パイオニアとの接触が無いと報告しています。
"Sir, all units are on station at T-Vector Delta. Attack Group 3 reports still no contact with the SDF-3."

同年6月24日〔水曜日〕の新作

"Transmitting the UEEF Commander's message to all stations..."

同年6月25日〔木曜日〕の新作


こちらはリック・ハンター提督より遠征艦隊軍の全構成員に対して告知する...諸君は惑星「地球」を解放する為の最後の攻撃に乗り出そうとしています。人類の希望と銀河全体の自由をサポートする人々は諸君と共にあります
"This is Admiral Rick Hunter to all members of the Robotech Expeditionary Force… you are about to embark upon the final offensive to liberate the planet Earth. The hopes of humanity and those who support freedom across the galaxy are with you …"

同年6月26日〔金曜日〕の新作

「皆さんの中には、私たち全員が生まれた地球の遠い思い出しか持っていない人もいます…」
"Some of you have only distant memories of the Earth we all came from…"

同年6月27日〔土曜日〕の新作

「あなた方の多くは、この惑星に足を踏み入れたことはなく、それをあなたの両親と祖先の故郷として知っているだけです。」
"Many of you have never set foot on this planet, and only know it as the homeworld of your parents and ancestors.


同年6月28日〔日曜日〕の新作



「地球上の私たちの同盟国と抵抗戦闘機にとって、あなたの待望の解放が間近に迫っています...」

"To our allies and resistance fighters on Earth, your long-awaited liberation is at hand…"

左:【バトロイド形態】VHT-2(A1) スパルタス /右:サザンクロス軍識別名『バイオロイド・中期II型〔中期2型〕、ゾル軍内部呼称『インヴィダ・シィエンディエル』【 Inbida -T'siendiel 】



  • 32000 color

「サザンクロス軍の落日」:2014年1月16日〔木曜〕の新作より
  • 軍制式番号 TPA-1 (企業開発社内番号・民間販売型番 HPSI-6) トリトン




  • 32000 color


  1. サザンクロス軍陸軍部隊は、反逆ゼントラーディの戦闘ポッド「リガード」の残骸を調査した。
  2. 熱帯雨林の森林にて、多数の兵士が、森の女神ドリュアード、海神トリトンの名を持つ陸戦用バトロイドを伴い熱帯雨の劣悪な高温多湿の環境の中を、徒歩にて進軍する様子がここで描写される。
  3. 彼らが言うには、それは「サザンクロス軍・陸軍の、何時も通りのありふれた平凡な1日の光景・・・」ということである。

  • Southern Cross Army units investigate the wreckage of a rebel Zentraedi battlepod.
  • Pictured here are soldiers from the Amazon Forest Regiment on foot, with a Dryad and Triton battloids.
  • As they say, "Just another day in the SCA..."
  1. 2020年6月30日(火曜日)以降は、地球奪還作戦 02に続きます!

同年6月29日〔月曜日〕の新作


「この決定的な戦いに、我々の全員が参加する必要がある...」
"We will need every one of you to join us in this decisive battle…"

降下&上陸概念図(第二次)

日本版の「他コロニーからの大隊」は、ロボテック版ではそのままヴァリヴェール恒星系からの遠征艦隊軍の援軍と読み替える。

ジュピター・ベースは正確には「ガス惑星」である木星本体には基地を建設出来ない為、木星の衛星基地(ジュノー)である。


侵略 (漫画版) の最終巻より

作戦構成/時代第二次世界大戦・フランス解放作戦インビッド戦争
(第三次星間大戦)
主力作戦名オーバーロード作戦第一次〜第三次:地球奪還作戦
上陸/降下作戦名ノルマンディ上陸作戦第一次〜第三次:降下作戦

出典

一般市場に於いて発売されている『 The Art of Robotech: The Shadow Chronicles 』【ISBN 978-1-933330-29-7】より。(正規購入による入手)

彼らは未だ行ったことも無い故郷のために、その命を捧げたのだった・・・



当時(2044年)の写真記録から

ロシア連邦『ビアレスク』付近での撮影。2044年夏。


CVR-3F搭乗服とVR−038L バートレイ。第一次地球奪還作戦時。



ロボテック・シリーズとの関わり

機甲創世記「モスピーダ」

1. 日本版機甲創世記モスピーダの元アートミックの柿沼秀樹氏によれば、彼も荒牧伸志も窪田正義も、本作は「ノルマンディ上陸作戦のSF版」をやりたかったとのこと。
2. 「占領下のフランスの村々を侵略者から開放して敵の本陣まで進撃していく歩兵中隊の話」が当初の構想。



ロボテック:「ニュー・ジェネレーション」

1. VFA-6 レギオスの両翼端のインベンション・ストライプ は、D-day(ノルマンディー上陸作戦決行日)参加の連合軍機に描かれた共通の味方識別塗装。
2. 摂政リージェントが占領地域の科学者や捕虜にした軍属科学者を動員して3形態可変デヴァイスゴーサムを開発させる行為は旧ソビエト連邦や、ナチスドイツの手法の一つ。
3. 完成した可変デバイスの連合側コードネームがオーバーロードというのは、オーバーロード作戦と、摂政リージェントを、大君主又は将軍、つまり前世紀の独裁者アドルフ・ヒトラーに例えて揶揄(やゆ)したもの。
4. 遠征艦隊軍はアメリカ合衆国・カナダ連邦の連合軍、衛星『ティロル』の民のデス達支配達の帝政と共和国の派閥は、古代ローマとイタリアのファシスト崩壊後の政党を下敷きにしている。
5. 遠征艦隊軍に「勝ち」が見えてきた際の、突然のトーマス・ライリー・エドワーズと彼の私兵「幽霊部隊」【"Ghost Squadron"】の反乱、敵インビッドの残党の掃討を姦計をも用いて焼き尽くす苛烈さ、住民ゾル人或いは衛星ティロルの民に対する、奪った敵の武器を用いた*1暴行は、連合軍に勝ちが見えた際の山賊のようだと例えられたパルチザンの横暴がヒントになっている。

概要

この記事は概要のみの紹介です。
詳細は、日本版ウィキペディアのノルマンディー上陸作戦をお読み下さい。

ノルマンディー上陸作戦
「血のオマハ」1944年6月6日

一覧表

戦争第二次世界大戦
年月日1944年6月6日〜1944年6月26日
場所ドーバー海峡ノルマンディー
結果連合軍の勝利
交戦勢力国名(連邦、合衆国など政体は略す)
連合側イギリス、アメリカ、自由フランス、カナダ
ポーランド、ノルウェー、オーストラリア、ニュージーランド
枢軸側ドイツ

国名指揮官名
英国バーナード・モントゴメリー
米国オマー・ブラッドレー
ドイツゲルト・フォン・ルントシュテット
エルヴィン・ロンメル
勢力名戦力(人員・単位:名)
連合国155,000
枢軸国380,000
勢力名損害(人員・単位:名)
連合国戦傷・戦死10,264
枢軸国戦傷4,000、戦死9,000

解説

ノルマンディー上陸作戦は、第二次世界大戦中の1944年6月6日に行われたオーバーロード(大君主)作戦中の上陸作戦部分を指す 【 Operation Overlord 】)。

ナチス・ドイツによって占領された西ヨーロッパへの侵攻作戦。最終的に、300万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディーに上陸した。

史上最大の上陸作戦であり、その後これを超える規模の上陸作戦は行われていない。


本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。

上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。

ノルマンディー上陸作戦は今日まで第二次世界大戦中の最もよく知られる戦いの一つとして数えられる。

D-デイ


歴史上最も有名なD-デイは1944年6月6日であり、これは第二次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下のヨーロッパに連合国軍が侵攻を開始した「オペレーション・オーバーロード」の決行日である。

ノルマンディー上陸作戦のD-デイは当初1944年6月5日に設定されたが、悪天候により連合軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー元帥は翌6月6日に作戦を延期した。

それ以来、1944年6月6日は一般的に「D-デイ」(フランス語では Jour-J もしくは Le Chocと呼ばれる)と呼称されるようになった。

これが一般に広く知れ渡ったため、その後の軍事作戦立案担当者は作戦開始の日付を「D-デイ」と呼称するのを避けるようになった。


例えば、ダグラス・マッカーサー元帥指揮によるレイテ島への侵攻作戦は「A-デイ」と呼称され、沖縄上陸作戦は「L デイ」と呼ばれた。

マッカーサーは日本本土侵攻作戦の開始日を「X-デイ」(九州、1945年11月に予定)「Y-デイ」(関東、1946年3月に予定)と提案していた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. 超時空コンベンション 2020 湖川友謙
  3. ロボテック:実写映画の構成案
  4. 超時空騎団サザンクロス 日本語同人ゲーム
  5. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  6. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  7. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  8. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます