" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

前の記事、『参号記事』の表示

第22頁

第23頁

第24頁

第25頁

第26頁(インビッド侵攻)

西暦2033年2月22日(222)(運命の火曜日)

第27頁 (インビッドらによる人体実験)

  • 彼らはそれを自称 「進化の実験」 と呼んだが・・・

第28頁

ゼントラーディ人メルトラーティ)らによるレジスタンス活動


第29頁

火の鳥(フェニックス)」風に描かれた右上の女王リージスに注意!


第30頁 (お迎えの予兆)

第31頁

臨終:「あるマイクランとなったゼントラン(男)の一生」

終章(第32頁)

『クープランを偲んで』

『クープランの墓』【仏: Le Tombeau de Couperin】はフランスの作曲家モーリス・ラヴェルが、前世紀20世紀(西暦1914年から1917年にかけて)に作曲したピアノ組曲

プレリュード」(前奏曲)、「フーガ」、「フォルラーヌ」、「メヌエット」、「トッカータ」の6曲から成り、それぞれが第一次世界大戦で戦死した知人たちへの思い出に捧げられている。

ラヴェル最後のピアノ独奏曲でもある。1919年に4曲を抜粋した管弦楽版が作曲者自身により作られた。

概説

ラヴェルは作風において、同じフランスの作曲家ドビュッシーと比較されることが多い。ドビュッシーと1902年に対面したラヴェル自身もドビュッシーを尊敬していたことも事実である。

作曲家として駆け出しの頃はドビュッシーの影響が少なからず見られたが、次第に古典的で明確な旋律を重視し、曲の構造や様式において簡潔さを求めるようになった。

特に18世紀フランスの古典的音楽に傾倒するようになった。その集大成と言っても過言ではないのがこの『クープランの墓』である。事実、ラヴェル最後のピアノ独奏曲である。

作曲の経緯

ラヴェルは非常にフランスへの愛国心が強かった。

また、クラヴサン音楽の大家「フランソワ・クープラン」を尊敬していた。

そこで、フランソワ・クープランのみならず、18世紀の音楽全般に対する音楽としての捧げ物、いわゆるオマージュを書こうと思い立ち、1914年にこの曲の構想を練り始めたのである。

しかし、その直後第一次世界大戦が勃発。

ラヴェル自身も野戦病院の病院車の運転手として従軍した。

ようやく1916年健康を害しながらもパリに戻り、1917年除隊したのだが、その1917年1月にラヴェルの母が亡くなる。

その頃のラヴェルは非常に打ち沈みながらも、母の伝えたバスク人の血というものも強く意識するようになった。

しかもその上、大戦で多くのラヴェルの友人が亡くなった。彼はノルマンディーに引きこもりながら、中断したままになっていた曲をまた作曲し始めたのである。

フランスへの愛国心、大戦で散った友人達への追悼、そして母の伝えたバスクの血。

ラヴェルはこれらすべてを織り交ぜて、友人達への「パセティック」*外来語注釈*1レクイエムとしてこの曲を完成させ、それを通じて18世紀のフランスの音楽や伝統に敬意の念を表すことにしたのである。

一つ一つの曲が『○○の追憶に』となっているのは、大戦で散った自らの友人達にそれぞれが捧げられていることを示し、またそうする事で一曲ずつ作曲するという18世紀の音楽作法にも従う形になっている。

『クープランを偲んで』誤訳される


ちなみに、「クープランの墓」という訳題は、古楽が日本で現在ほど知られていなかったために起きた誤訳で、ラヴェルは18世紀フランス音楽の伝統にさかのぼって、トンボー【英:Tombeau】というジャンルを復興させたのである。

つまり「Tombeau de ... 」というのは、「故人を偲んで」「故人を称えて」という意味である。

1918年にデュラン社から出版。

1919年4月11日に、サル・ガルヴォーにおける独立音楽協会【仏:Société musicale indépendante /SMI】の演奏会において、ピアニストのマルグリット・ロンによって初演された。

マルグリット・ロンは、最終曲「トッカータ」を捧げられた音楽学者のジョゼフ・ドゥ・マルリアーヴと結婚していたが、戦争未亡人となっていた。

初演の後、ラヴェルを嫌う批評家が新聞に「ラヴェル作曲の『クープランの墓』は大変結構だった。だがクープラン作曲の『ラヴェルの墓』だったらもっと結構だったに違いない」と書いたというエピソードが残っている。

フジョシ・ファンタジー IV【ホスクの物語:記事の一覧】

クープランを偲んで【 Le Tombeau de Couperin】

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます