" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

基本型/C3I派生型画像

基本型 『 2.5t トラック 』

左上の囲み部分の画は、衛星通信ドップラー・レーダー用の

パラボラ式アンテナ装備型、投光器2基1組の装備型の部分図である。
派生型の1例

C3I /移動式・指揮統制&情報通信室(bunker)

ハーガンと変形機構搭載運搬車

  • 1,200 pixel × 900 pixel ( 660 pixel × 495 pixel で表示)








形式番号

M -XXX

M -(型番不明。採用軍事組織により異なるが、3桁と推定される。)

基本型・基本派生型の名称

寸法 (基本型の典型例)

車長5.0 m
車幅3.85 m
車高2.85 m
乾重量
(自重)
2.5 t

用途

1名、又は2名の乗員による、装輪式貨物車輌。(運転手の数は型により異なる。)
  • One / Two crew wheeled cargo vehicle (Crew size depends on model.)

就役史

国連防衛軍【UNDF】、サザンクロス軍【ASC】と遠征艦隊軍【UEEF】によって使用された。
  • Used by the UNDF, ASC, and REF

S V M C - 21 ハーガン【Hargun】戦場投入用地上車輌統合憲兵軍【GMP】によって、2027年に導入された。

この車輌は、統合憲兵軍 (GMP)のみで使用された。
Hargun Ground VehicleIntroduced in 2027 by GMP forces.

This vehicle was used exclusively by the Global Military Police.

C3I 移動式・指揮統制&情報通信室【bunker】 トラック2012年に導入。
M-9 インカ 装甲指揮輸送車【ACC → Armored Command Carrier】の導入後に、サザンクロス軍統合憲兵軍 【GMP】と、戦略隊・偵察分隊 の非戦闘用途へ左遷された。
C3I Bunker truckIntroduced in 2012.

It was relegated to non-combat use by the GMP and reconnaissance forces after the introduction of the M-9 Inca Command Carrier.

動力

  • (基本型の典型例)
主機1基のターボチャージャ付き6気筒ディーゼル・エンジン。 出力300馬力。
変速機5段の前進と、1段の後進ギヤを持つオートマチック変速機
電源バックアップ補助電源(APU)ユニット付きの1基の交流発電機。
燃料積載量600リットルのディーゼル軽油。
Engine: 1 turbocharged 6 cylinder diesel engine providing 300 hp.
Transmission: Automatic shifting for five forward and one reverse gears.
Power-source: 1 x alternator with backup auxiliary power unit.
Fuel Capacity: 600 liter diesel.

後期の基本型、及び派生型の一部

電源1基のFR-1P 超小型融合炉。【Miniaturized Fusion Reactor】
電動機ジーメンス・アーゲー 【Siemens AG】株式会社安川電機 (Yaskawa Electric Corporation)製の電動機。出力450馬力を通常は、制限器(リミッター)で350hp に減格して使用。
燃料積載量20リットルの D2O(重水)。
★ RRG【Robotech Reserch Group】:ロボット工学技術・調査部会
★ 基本的には、M-9 「インカ」 装甲歩兵戦闘車両 【M-9 Inca AIFV → Inca Armored Infantry Fighting Vehicle】及び 同 装甲指揮輸送車【M-9 Inca ACC → Armored Command Carrier】に使用されているものと同一の電源及び電動機である。
Power-source1 x RRG(Robotech Reserch Group) FR-1P Miniaturized Fusion Reactor
Engine1 Siemens & Yaskawa Electric’s electric motor providing 450 hp.The power restricted 350 hp by the Power-Limiter in usually transport using.
Fuel Capacity20 liter D20.

性能  (基本型の典型例)

最大舗装路面速度180 kph
最大非路面速度50 kph

【クロス・カントリー / Cross - Country】
最大航続距離1,000 km

電子装置スイート

→ スイート:電子装置のパッケージ化された集合体のこと。

《基本型、及び他の発展型無線機に交換改修の実施の無い全ての派生型に共通》
  • 簡易型(短波)・中距離無線機。【Short to medium range radio.】
訳者注記Short → 1:Short Wave ≒ 短波 (略 SW.) / 2:簡素な。省略された

の2つの意味があるため、一般的なトラックの無線需要から鑑みて、上記の2つの意味の「統合省略表現」と解釈した。
《電子的探知及び追尾》
ウェスチングハウス APG-144 X-バンド・パルス・ドップラー放射配列(パラボラ・アンテナ)・レーダー
註記戦場監視モード付きのVF-8 ローガン可変戦闘機装備のAPG-140・パルス・ドップラーの球状・フェーズド・アレイ・中距離レーダーの短距離派生型。
X帯域マイクロ波の帯域の一つ。
センチ波であるSHF帯《周波数: 3GHz〜30GHz、波長: 10cm〜1cm》の帯域と重複する部分がある。

その帯域は《周波数 8〜12GHz、波長2.5〜3.75cm》。
衛星通信バンドでは、アップリンク 8GHz、ダウンリンク 7GHz。

  • C3I Bunker only:
Westinghouse APG-144 X-band pulse-doppler parabolic-array antenna radar (VF-8Logan short range derivative with battlefield surveillance mode)
パルス・ドップラー・レーダー
【Pulse Doppler Radar】
レーダーが受信した信号にパルス連続処理とドップラー処理を加えるもので、ミキサーとバンドパス・フィルターを使用して目標物からの反射以外のものを排除するレーダー。地上や海面のクラッターなどを除去できる。

ドップラー技術を使用することで、目標の接近率を知ることもできる。

《電子的識別&応答装置 / 情報収集&諜報電子機器》

ウェスチングハウス・「敵味方」【IFF】識別・応答装置(トランスポンダ)。
ヒューズ・シギント【SIGINT】 秘密情報収集・多帯域(マルチバンド)信号探知&方向探知装置。

Hughes SIGINT multi-band signal detection and direction finding system.
Westinghouse Identify Friend/Foe (IFF) Transponder.
  • 上位概念:シギント(SIGINT: SIGnal  INTelligence)
  1. シギント(SIGINT: SIGnal  INTelligence)は、通信、電磁波、信号等を媒介とした諜報活動のこと。
★ シギントの分類
コミント

(COMINT:COMmunication INTelligence)
通信傍受と暗号解読。本文が解析不能でも交信(トラフィック)解析だけで手がかりになり得る。
エリント

(ELectronic INTelligence)
非通信用(レーダー等)の電磁放射からの情報収集。
フィシント

(Foreign Instrumentation Signals INTelligence)
テレメトリー、ビーコン信号等からの情報収集。
アシント

(ACINT:ACoustic INTelligence):
SOSUS等などからの水中音響情報などによる潜水艦、艦船および水中武器の音響情報収集。

ウェスチングハウス戦場・ホログラフィ3次元映像・画像化(固体撮像素子による)システム追跡目標の表示と地形情報の保存を可能とする。
  • Westinghouse battlefield holographic imaging system capable displaying tracked targets and stored terrain information.

★holography:ホログラフィー 《レーザー光線を利用する立体映像技術》

《光学追尾&指示装置》

コーニンクレッカ・フィリップス・エレクトロニクス
「オールビュー II」
多波長・全方位・球状(spherical)・デジタルカメラ・システム。

中距離における全高度帯域の赤外線画像、可視聴帯域・紫外線帯域での探知及び追尾を提供する。
トムソン・LT-8多波長・レーザー光波測距儀とレーザー目標指示装置(ディジネーター)。
Philips AllView IIMulti-band digital spherical camera system, for medium range all attitude infra-red imaging, optical and ultra-violet band detection and tracking .
Thomson LT-8Multi-frequency laser ranger and designator.

《 戦術電子妨害(TEWS) 》

セレーニア「グランド・ウォーリア」アクティヴ/パッシヴ・センサー妨害装置(ジャマー)。
  • Selenia GroundWarrior active/passive sensor jammers.

多周波数帯域・移動型・衛星通信基地機能。
  • Multi-band mobile satellite ground station.

2台の6チャンネル・多周波数帯域・マルチモード無線機システム。2台1組とすることで冗長化(じょうちょうか)を確保している。
  • 2 Six-channel multi-band multi-mode radio systems.
予備情報

■ マルチモード無線機:SSB (Single Sideband≒抑圧搬送波単側波帯)・CW(Continuous Wave:モールス信号≒電信)・AM・FMなどすべての受信モードに対応する無線機や受信機。また、軍事無線機の分野では、異なる軍事組織の無線規格や送受信方式、同様に民間放送に於ける無線規格や送受信方式の間でも支障なく送受信可能な無線機を指す場合もある。

▲ CW (Continuous Wave) → 無変調連続波の意味。信号が変化しないため通信機器の測定が簡単な構成でできる。
アマチュア無線家の間では無線電信の同義語として使われている。連続波(CW)を符号で断続し送受信する通信方式であることから、CWと呼ばれるようになった。符号にはモールス符号が使われる。
【C3I】

(シー・スリー・アイ)
「シー・キューブド・アイ」とも読む。

軍隊の効率的な運用を行うための概念を現す言葉。

Command(指揮)、Control(統制)、Communication(通信)、Information(情報) の機能を統合し、軍隊の能力を今まで以上に発揮しようというコンセプトである。

従来のように、単純に兵員や兵器の保有数を増やすだけでは費用が際限なく増大してしまうが、冷戦時代の終結によって費用対効果を無視した軍拡競争が終わりを告げ、軍事費に対する批判も強まってきた。

こうしたことから、「現状の兵員や装備を維持したままでさらに軍事力を強化」、または「兵員総数や装備品の構成をコンパクト化した上で、現在と同等の軍事力を維持」という考えから生み出された。

概念としての用語なので具体的にこれが「C3I」というものはなく、各国はそれぞれの用兵思想に基づいたC3Iの構築に注力している。
【C4I】

(シー・フォー・アイ)
『シー・クォドルプル・アイ』とも発音する。

C3I に、Computers(コンピュータ)を加えて更に発展させた概念。
C4I2 SR

(シー・フォー・アイ・ツー・エスアール)
C4I に、Interoperability(相互運用性)、Surveillance(監視)およびReconnaissance(偵察)を加えて、あらゆる情報を統合的に活用して軍事活動にあたろうとする概念。

要素一覧

C 4 I 2S R
指揮 (Command)監視(Surveillance)
統制 (Control)偵察(Reconnaissance
通信 (Communication)
諜報・情報収集(Intelligence)
コンピューター(Computers)
相互運用性 (Interoperability)
  • ◎ 諜報・情報収集(Intelligence)は、過去には「Information(情報)」と表現されたが、現在は複合的意味を込めて「インテリジェンス」を充てることが多い。
  • 引用先は、航空軍事用語辞典 FrontPage - 航空軍事用語辞典++によります。引用先明記と共に謝意を表します。

武装


・無し(ソフトスキン車輌の性質上当然の帰結である。)

外皮(装甲)

殆どのトラック車体は、鋼鉄製の車体骨格上に鋼鉄/合成樹脂(プラスチック)の混合で構成される。

車体は、小火器からの良好な保護、小型手榴弾と砲弾の破片からの良好な保護と、より大型の歩兵火器(例えば12.7mmの機関銃の銃弾)への、相当に貧弱な保護を提供する。

これらのトラック車輌の基本型は非対応であったが、後の「幾つかの派生型」は、核兵器放射性物質)、生物兵器、そして化学兵器の危険に対して、放射線、及び化学災害感知センサーにより自動で、又は生物兵器戦状況が予想される際に手動で『過圧乗員室』環境を起動(activated)させ、完全な防護を提供する。

Most truck bodies are comprised of mixed steel/plastic paneling over a steel frame.
The body is capable of providing good protection against small arms fire, good protection against small grenade and shell fragments, and very poor protection against heavier infantry weapons, such as a 12.7mm machinegun round.


Some of these trucks provide full protection from nuclear, biological, and chemical hazards, using an overpressure environment activated by radiation and hazardous chemical sensors, or manually when biological warfare conditions are anticipated.
The internal consumables supplies can provide atmosphere for one week maximum for these versions.

  • 内部の消耗品供給は最大1週間の間、呼吸可能な大気を供給可能。
The internal consumables supplies can provide atmosphere for one week maximum for these versions.
左より、核兵器・生物兵器・化学兵器(毒)の標識

開発と運用史

These trucks were developed by a number of manufacturers around the world for cargo and personnel hauling.
These trucks tended to be the workhorses of the RDF ground forces transporting men and supplies wherever they are needed. Each vehicle is capable of transporting a fully equipped squad of 12 men.

これらのトラックは貨物、及び兵員輸送の為に、世界中の幾つかの製造会社によって開発された。そしてこれらは、統合軍・陸海軍/海兵隊 地上部隊が必要とする場所の何処へでも、兵員と物資を輸送する「ワークホース」(workhorse≒馬車馬)の傾向があった、

各々のトラック車輌(基本型)は、1台当り最大12名の完全武装&装備の歩兵分隊を輸送可能だった。

  • 後述の通り、スリップ(斜め板)進入による『走行中の自動二輪車のトラックコンテナ突入による』装着変形システムへの接続はタイヤの回転数からも無理があり、後に両端からデリック腕で前後輪を保持し、腕と脚の装着架台まで誘導する変形方式に改められた。
S V M C - 21「ハーガン【Hargun】」専用

変型施設&バトロイド追加ユニット輸送型 
  • ▽ S.V.M.C. → S emi Variable Motor-Cycle(準可変自動二輪車輌)

準可変自動二輪車輌 SVMC-21ハーガン支援車輌

このトラックの1つの派生型は、統合憲兵軍 (GMP)によって開発された、準可変自動二輪車輌 SVMC-21「ハーガン【Hargun】」の、自動二輪形態から、バトロイド形態まで変形する為の追加ユニット及び火器&防盾類の装着と本体の変型動力供給、更には左記ユニット及び武装類の輸送目的の為に使用される、1名の運転手により運転(ワンマン運転)される 専門多用途車輌【specialized utility vehicle】である。

諜報員が目立たない中型オートバイ(普通自動二輪車)によって市街地や郊外を走行するのを許し、さらに戦闘行動が必要な時点で任意に、SVMC-21「ハーガン(Hargun)」が、高速地上移動用である自動二輪形態から、戦闘に効果的なバトロイドに変形を可能とする。

この『ハーガン戦闘投入用地上車輌』と待合可能であったので、その有効性を評価した統合憲兵軍 【GMP】は、完全変型可能な「ガーランド」(Garland)系列が本格的な生産に入る以前、広範囲にこの車両を使用した。


One variant of this truck is the one-man specialized utility vehicle developed by the GMP for use by the Hargun to transform from cycle mode to battloid mode.


The GMP made extensive use of this vehicle before the Garland entered full production since it allowed its operatives to drive around town in an inconspicuous motorcycle, yet could rendezvous with the Hargun Insertion Ground Vehicle for transformation to a combat effective battloid.

・ 当時、OTM(Over Technology of Macross)解析により得られた先進的科学&工学技術の情報は、政策及び軍事的理由から、情報公開は現在(西暦2066年)時点よりも、より強度に制限されており、人型(バトロイド)の存在や可変機動兵器の存在も完全に秘匿する必要があった為、一見、通常の軍用自動二輪車輌、状況によっては民間の市販の中型自動二輪車オートバイ、と見間違う程の外観は諜報軍事行動に好都合だった。

・運転はワンマンで、後部コンテナの変型オペレーターは基本的に同乗せず、またコンテナ容積上も同乗は困難であり、作動部に操作手が巻き込まれる畏れが、現実の運用でも変型装着は自動で行われた。走行時のハーガン・バイク形態のコンテナ上の変形装着アーム部への挿入は、高速で回転するタイヤ部が、スリップ部でいきなり0km付近まで減速することになり、プロトカルチャー (資源)による電力と高性能ブレーキシステムを持つ、新世代の電動モーターの減速性能を以ってしても、前輪を浮かせるウィリー走行(Wheelie)や、後輪を浮かせる各種高度運転技術が必要であった。
後輪を浮かせる高度運転技術の一覧
エンドー

(Endo)
ブレーキを掛けて停止して浮かせる。
ノーズ・ウィリー

(Nose wheelie)

又は ストッピー (Stoppie)
ブレーキで減速しながら浮かせる。
ノーズ・マニュアル

(Nose manual)
体重移動で浮かせたまま走る。
  • 【 operatives 】: 《米口語》(複数形で)スパイ。諜報部員。
  • 【 rendezvous 】:(複数形で時と場所を決めた会合の)約束、待合せ、ランデブー 〔with〕。待ち合わせの場所 〔for〕。動詞として、会う/ 集合・集結する。

これらのトラックのもう一つの派生型は、完全装備状態での3名、或いは装備を減らした状態での7名の操作員を従事させることが可能な、後部コンテナ区画に於ける、指揮 (Command)、統制 (Control)、 通信 (Communication) と諜報・情報収集(Intelligence)の基地機能(Post)の、いわゆる「 C3I 」機能の実装であった。

これらのトラックの大量の生産台数と、その運用数の多数を原因として、八木・宇田アンテナ(Yagi-Uda Antenna)や「ホイップアンテナ」を始めとする各種アンテナが、上昇・展張するまで、「 C3I 」機能派生型が基本型や、他の『ハーガン戦闘投入用』をはじめとする派生型と識別不可能とされた時点から、
、これは車体後背部(つまりコンテナ部上部)に設置された「 C3I 」アンテナ柱を秘匿する一助となった。
無指向性の空中線を指す。 多くは地面に対して垂直の単一の棒又は柔軟性を持つ鞭状で、無指向性の空中線である。

それが敵性領域への、「 C3I 」機能派生型のような敵にとって重要な攻撃優先目標に対して、より深い進入をを許さないような状況であっても、敵にとって重要度の低い何か(基本型の普通軍用トラック、又は外装の偽装による民間トラック等)を、この派生型の車輌が、容易に偽装又は電子的欺瞞することが可能であったので、この選択装備(オプション)は、サザンクロス軍統合憲兵軍 (GMP)戦略隊偵察分隊の双方に好評を博した。

これらの幾種類もの車輌のの多くは大量生産され、そしてその多くは、町と都市の間に商品を輸送する用務に就いて、今日(西暦2066年現在)地球圏や各星系の殖民惑星の都市間の輸送に用務で未だに現役で使用中である。

Another variant of these trucks was to mount a Command, Control, Communications and Intelligence Post in the rear section that can hold up to three with full gear or seven crew with reduce equipment.

Due to the large number of these trucks in use, this helps hide the C3I post mounted on the back since they were made indistinguishable from the other variants until the antennas are raised.

This option was popular with the Reconnaissance forces and the Global Military Police since the vehicle could easily pretend to be something it wasn't to allow deeper penetration into enemy territory.


Many of these type of vehicles were produced and many are still in use today transporting goods between towns and cities.

Some of these vehicles were modified for protoculture use.

After the Invid Invasion, these were limited mostly to towns sympathetic to the Invid who could provide them with a steady stream of fuel cells.

プロトカルチャー (資源)電動モーター換装 (一部のみ)


これらの車輌の一部は、プロトカルチャー (資源)を使用する機関(電動モータ)によって改修された。

2031年の地球圏へのインビッド(Invid)侵攻の後(2044年 7月18日のインビッド地球退去まで)、これらの改修は、それらの改修車輌に、プロトカルチャー (資源)燃料電池の安定流通を提供可能な、インビッド(Invid)の温情を受けた町に、殆ど制限されていた。
インビッド(Invid)は占領地の種族、つまり地球人の文化には余り干渉しなかった。
ただ、強力な資源であり、彼等インビッド(Invid)の食料でもあった、「生命の花」と、プロトカルチャー (資源)を厳密に管理し、彼らに反抗せず恭順の態度を示す支配民に対して、民需目的に限って温情的に、彼らが接収したプロトカルチャー (資源)のうちの幾らかを還元した。

原文解説(英語)

関連項目


・SVMC-21ハーガン 準可変*1自動二輪車輌

M-9 インカ 歩兵戦闘車両(AIFV)・指揮輸送車(ACC)

(MLSAM-8/ MLSAM-1 『8連装/大型単装・装甲移動型・多連装地対空ミサイル・システム』の記事も上記に統合。)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます