" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

関連する VFH オーロラン翻案元の実在機の記事

トップ画像

写真画像移行通知

試作機にも関わらず、画像の量が余りに多い為に、写真画像は
AH-56 シャイアン(画像資料)
AH-56 シャイアン (画像資料 II)
AH-56 シャイアン (画像資料 III)

に移しました。

動画

動画については、スマートフォンのユーザーの方の接続環境(表示が重くなる)、動画の削除による改廃の更新の便宜を考えて、
AH-56 シャイアン(動画)
に移行しました。
代表で1個だけ掲載しておきます。
 

欧米系メカニック記事には「〜テック」【-TECH】が慣習的に多い

WARBARD TECH
資料本『ウォーバード・テック』第27巻

ロッキード AH-56A シャイアン

名称



ロッキード AH-56 シャイアン

Lockheed AH-56 Cheyenne

社内開発名称:モデル CL-840



新型航空火力支援システム
【Advanced Aerial Fire Support System/AAFSS】

ロボテック・シリーズとの関連

スーパー・オーロランの回転翼機〔ヘリコプター〕形態。
ハードポイント数は 2基 → 4基と倍になった。

1. オーロラン 【VFH-10 Auroran】

2. スーパー・オーロラン 【VFH-12 Super Auroran】

可変宇宙航空戦闘機 兼 戦闘ヘリコプターはシャイアンの単発に対して双発はありますが、
ロッキード・マーティン【Lockheed-Martin】による開発であることの他にも、

AH-56 シャイアン【Cheyenne】と、以下の共通点があります。

・ 複合ヘリコプター
・ リジッド・基部(ハブ)・ローター(無関節型ローター)
・ 尾輪(オーロランは首脚)を含めた引込脚
・ 回転砲塔に連動した回転式火器管制&砲手席(複座型のみ共通)
・ 尾部に取り付けられた推進機関(後部推進式プロペラから、プラズマ・エキスパンション・エンジンへ)
・ 従来型の揚力発生に寄与しない小翼ではなく、補助翼付きの【 ヘリコプターにしては 】大型の固定翼

シコルスキー S-67『ブラックホーク』(初代)との共通性

また、シコルスキー S-67『ブラックホーク』(初代)【Sikorsky S-67 Blackhawk】の翼配置や機体構成(双発エンジン)も大いに参考にされました。

シコルスキー S-67『ブラックホーク』(初代)








シコルスキー S-72 『エックス・ウイング』との共通性

シコルスキー S-72『エックス・ウイング』RSRA / Rotor Systems Research Aircraft】とは、ブレードから圧縮空気を噴出して、仮想的な翼形を生成する(ホットサイクル式ローター)という点でオーロラン系との共通項が見られる。

PNG形式画像(クリックにて原寸 743 pixel x 578 pixel に復帰します)

パイアセッキ・エアクラフト社 X-49  『スピード・ホーク』 

パイアセッキ・エアクラフト社 X-49 『スピード・ホーク』(日本語)



Piasecki X-49 Speedhawk(英語)

偏向推力ダクトプロペラ
VTDP / Vectored - Thrust Ducted Propeller 】に共通性がみられる。





操縦室の構成

最大の特徴は『前席』の【副操縦士/火器管制&機関砲手席】側からでも基本的操縦が可能なことでした。
詳細な画像はAH-56 シャイアン (画像資料 III)
に移しました。

概要

AH-56 シャイアンは、前世紀である二十世紀に於いて、旧『ロッキード社』によって開発された、アメリカ陸軍向けの試作攻撃ヘリコプターである。


愛称のシャイアン【Cheyenne】は、アメリカ先住民のシャイアン族に由来する。

要目

用途対地攻撃
分類攻撃ヘリコプター
製造者旧:ロッキード(現:ロッキード・マーティン
運用者なし(不採用)
初飛行1967年9月21日(火曜日)
生産数10機
運用状況退役

組立工場及び初飛行場所:ヴァン・ナイズ空港

記念式典も同場所:

カリフォルニア州ロサンゼルス郊外


ヴァン・ナイズ空港


乗員構成

乗員2名
役割正操縦士/機長 と 副操縦士/火器管制&射撃手

回転翼構成

主回転翼四枚羽根・無関節基部(ハブ)
尾部・トルク相殺用小回転翼四枚羽根・無関節基部(ハブ)
尾部・推進用プロペラ三枚羽根定速(恒速)

増加試作機【AH-56A】

全長16.66m
全幅8.23m (回転翼を除く)
全高4.18m
主回転翼直径15.62m
乾燥重量5,320 kg
最大離陸重量11,739 kg
最大滑走離陸重量13,600 kg
発動機ジェネラルエレクトリック社【GE】
T64-GE-16 - ターボシャフト3,925shp × 1基

性能

超過禁止速度212 knots (244 mph, 393km/h)
最大固定翼面飛行速度412km/h*1
巡航速度195 knots (225 mph, 362km/h)
航続距離1,063nm (1,971km)〜1,400km
海面初期上昇率毎分 1,042m
陸上初期上昇率毎秒17.4 m(毎分1,044m)
実用上昇限度不明
限界上昇限度25,997ft (7,924m)〜20,000 ft (6,100 m)
離着陸距離(離陸/着陸)0m。

ホバリング不可能領域での最大離陸重量時の滑走距離は不明。

武装

固定火器

固定火器システム機構図
機首砲搭
M129 40 mm (1.57 インチ)40 mm x 53 mm 擲弾発射装置

火器名称解説
M129 40 mm (1.57 インチ)40 mm x 53 mm 擲弾発射装置×1筒。
発射速度:毎分350発。装弾数780 x 40mm手榴弾 発。
XM196 7.62 mm x 51 mm 機関銃(ミニガン)×1挺
発射速度:毎分6,000発。(毎分750発, 毎分1,500発 と 毎分3,000発を銃手側で調整可能。)
装弾数11,750 発。
XM196 7.62 mm x 51 mm 機関銃(ミニガン)
機体下腹砲搭
XM140 30 mm (1.18in) 機関砲×1門
発射速度:毎分450発。装弾数2,010 発。
XM140 30 mm 機関砲
火器名称解説
設計デザイナースプリングフィールド・アーモリー
メーカーフィルコ-フォード
口径30x100B
初速670メートル/秒
発射速度毎分 400発
基本動作反動利用
閉鎖系統カム機構
装填方式電気機械式
弾薬XM552、XM554、XM669
有効射程3,000メートル
砲身長660ミリメートル
最大長さ1,530ミリメートル
最大幅123ミリメートル
深さ'最大368ミリメートル
重量63.5キロ
冷却空冷
接地方法固定





武装のコンベア社【 Convair model 49 】提案機との共通性

火器の大半はコンベア・モデル49【Convair Model 49 AAFSS】と同一

兵装吊下架 (ハードポイント)

  • 全部で6箇所。そのうち4箇所は翼下(内訳は各々左右の内翼と外翼部分に1箇所ずつ)残りの2箇所は下部胴体側に位置する。
    重量制限は1箇所当たり2,000ポンド(907.184kg)

以下の搭載例から選択する。

落下式増槽

  • 4本 x 450 ガロン(1,704 リットル) 落下式増槽 (外翼と内翼)
  • 1本 x 300 ガロン(1,136 リットル) 落下式増槽 (胴体左舷側に1本のみ懸架可能。)

対戦車ミサイル

ロケット弾


【いずれかの形式を選択】
  • 4基 × XM200 2.75 インチ FFAR 発射ポッド (外翼と内翼)
  • 6基 × XM200 2.75-インチ FFAR 発射ポッド (外翼に3連・複数投下型兵装架【Triple MER / Multiple Ejector Rack 】を介して搭載。)

技術的特徴




AH-56は3,425馬力を誇るT64-GE-16 - ターボシャフト×1基を搭載する複合ヘリコプターで、ローターの他に三枚羽根の推進式プロペラを装備する事が特徴である。


この推進式プロペラによって、水平飛行時の最大速度は時速400kmに達する。


これはヘリコプターとしては(現在においても)革新的な高速性能であった。


また、コンピュータによる飛行制御や赤外線夜間暗視装置の採用など、当時の最新技術を結集させている。


AH-56の機体は、タンデム式の複座操縦席、縦に細長い胴体、また小さな主翼を取り付けられ、最初期の攻撃ヘリコプターではあったが、後のAH-64 アパッチRAH-66コマンチKa-50チョールナヤ・アクーラ(黒鮫)にも引き継がれる、攻撃ヘリコプターの標準ともいえるような構造をしていた。



開発史




  1. ベトナム戦争中、地上での戦闘には軽武装したUH-1 イロコイ・軍用輸送ヘリコプターが大量に導入された。

輸送型のヘリコプターは、戦争が激化するにつれてますます需要が増していた。しかし、一方で、対空砲火による輸送ヘリコプターの損失の多さ、武装が貧弱すぎることが問題となった。UH-1などをさらに重武装にする案もあったが、もともと輸送型のUH-1には、それ以上の重武装は不可能であった。そのため当時のロバート・マクナマラ国防長官は、AAFSS計画を案出した。前述のように、本格的な地上攻撃ヘリコプターは、AAFSS計画によるものが初めてであった。

アメリカ陸軍は1964年にAAFSS計画における要求仕様を国内航空メーカー各社に提示した。参加した数社の中から、ベル・エアクラフトとロッキードの案が選択され、1965年にロッキード社の案をAH-56Aシャイアンとして採用、1967年9月21日に初飛行を行った。

しかし初飛行の遅れ、単発のターボシャフトエンジンであることによるエンジン故障時の不安定性、後部の推進式プロペラによる整備上の問題、技術的限界に起因する主ローターの強度不足、機体の大型化などから、ベル・エアクラフトの「モデル209」が暫定採用、ベトナム戦争終盤の最激化の時期の1969年9月には「モデル209」はAH-1 コブラとして制式採用されることとなった。

1960年代のベトナム戦争後半の時期に、当時のアメリカ陸軍によって発表された『新型航空火力支援システム』【Advanced Aerial Fire SupportSystem/AAFSS】計画によって開発された対地攻撃ヘリコプターである。
本格的な攻撃ヘリコプター開発は、これが世界初であった。

西暦 1965年 にロッキード社の案が 「AH-56」として採用され、開発が進められたが、技術的問題による開発の遅滞や計画自体の大幅な見直し、開発&生産費用コスト高により最終的に中止されたため、量産化には至らなかった。

この中止によって 暫定 攻撃ヘリコプターとされていたベル社のAH-1 コブラ(モデル209)が、主力攻撃ヘリコプターとして使用される事となった。

幻に終わった、海軍型と空軍型

不採用の為、どちらの型も不採用に終わりました。わずかに、木型模型(デスクトップ・モデル)でその想定を伺えるのみです。
MANUFACTURER'S DISPLAY MODELS OF THE LOCKHEED AH-56A - TRI-SERVICES


回帰リンク

参考関連記事

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます