" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

YF-21オメガ・ワン(Ω1)評価試験飛行前の調整作業場面より


(「マクロス・プラス・ムービー・エディション」本編より。)

【上:YF-21の操縦スティックは緊急用の物で、通常は瞑想状態で座位する。/ 下:機体/脳内知覚野リンク・チェック用のインターフェイス画像】

制式名称

【Brainwave Control System】

日本語変換

脳波操縦システム

概要

BDI【Brain Direct Image】(脳内直接画像化《システム》)が伝達した機体外部の状況(戦況)、これに対してパイロットが返す反応(アウトプット)、つまり機体操作命令をである脳波を、電気信号又は各種電磁波信号として検出し、その意思を機械を機動させる各種装置の信号に変換し、伝達するのがBCSシステムである。

言い換えるならばパイロットの『思考の命じるまま』に機体を任意に動かすシステムである。

もちろん機体を壊すような無理な挙動や、動作には制限器(リミッター)が設置されているが、これは一面では機体の機動限界を遮(さえぎ)る制限の為、ガルド・ゴア・ボーマン等のベテランパイロットは必要に応じて、意図的にこれを解除、さらにはYF-21 (又はその制式採用型『VF-22S シュトゥルムフォーゲル II』)に於いて、死荷重(デッド・ウェイト)である、腕部、脚部ユニットを切り離して戦闘機形態で機動を行うこともあった。

BCS(脳波操縦システム)は、しばしばBDI(脳内直接画像化システム)と一括(ひとくく)りにして混同して説明されることが多いが、両者はそれ表裏一体ではあるが、役割が違うものであることに注意する必要がある。

【関連技術項目】

  • BDI  【Brain Direct Image】(脳内直接画像化《システム》)
  • ISC  【Inertia Store Converter】 (慣性蓄積変換装置)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます