" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

マクロス・ゼロ本編より:派生形式推定






SH-60J Rescue Wings




その他




セット


Rescue Wings Poster Movie Japanese 11x17 Yuko Takayama Dai Watanabe Shunya Isaka Ken Kaneko UH-60J 
  • ダブル・クリックで 1,608 ピクセル × 1,069 ピクセル に復帰
レスキューウイングスシリーズは、バンダイビジュアル原作のテレビアニメ作品、およびこれを中心とした、漫画作品、小説作品、実写映画作品である。作品によって主人公や登場人物は異なっており、各作品でストーリー上の直接関係はないが(一部漫画版を除く)、いずれも石川県小松市にある航空自衛隊小松基地の小松救難隊を舞台に、隊員達の救助活動や人間関係を描いている。

軍形式番号

H-60

派生型表示

任務記号+H-60+派生記号

社内名称

愛称

「任務別の接頭語」+ホーク

主要顧客

陸軍

  • ブラックホーク
【UH-60 Black Hawk】:イリノイ州のアメリカ先住民族、ソーク族を率いた勇猛な酋長の渾名

空軍系

輸出仕様

  • SH-60J:日本海軍・哨戒用回転翼機
  • SH-60K:日本海軍・哨戒用回転翼機
  • UH-60J:日本空軍/海軍・救難用回転翼機
  • UH-60JA:日本陸軍・多用途回転翼機
  • S-70C:中華民国空軍(救難回転翼機)
  • S-70C-1、S-70C-2:中華民国海軍(対潜回転翼機)
  • MH-60L:中華民国陸軍
  • 民間型UH-60(S-70):中華人民共和国陸軍

三面図(基本型)

基本型 (UH-60L)要目

乗員2名
全長19.76 m
(64 ft10 in)
全幅2.36 m
(7 ft 9in)
全高5.13 m
(16 ft10 in)
ローター直径16.36 m(53 ft 8 in)
円板面積210m<sup>2</sup>
(2,260 ft<sup>2</sup>)
空虚重量4,819 kg
(10,624 lb)
運用時重量9,980 kg
(22,000 lb)
最大離陸重量10,660kg
(23,500 lb)
動力ゼネラル・エレクトリック T700-GE-701C ターボシャフトエンジン、1,410 kW (1,890 hp) × 2
超過禁止速度357 km/h (193 kt)
最大速度295 km/h (159 kt)
巡航速度278 km/h (150 kt)
フェリー飛行時航続距離2,220 km (1,380 海里)
外部搭載支援システム【ESSS】および増槽装備時
実用上昇限度5,790 m (19,000 ft)
上昇率3.6 m/s (700 ft/min)
円板荷重35.4 kg/m<sup>2</sup>(7.19 lb/ft<sup>2</sup>)
馬力荷重(回転翼)158 W/kg (0.192 hp/lb hp/lb)

その他

  • ボルケーノ【VOLCANO】地雷散布システム

概要

シコルスキー・エアクラフト社が開発した、中規模の積載能力を持つ多目的ヘリコプターであり、世界20ヶ国以上で使用されている。

民間型として武装を省略したシコルスキー S-70も販売されている。

耐久性

要求項目(生残性項目のみ抜粋)

  1. 毎秒46km/h の速度で地面に衝突してもキャビン内乗員に死者が出ないこと
  2. 衝突時に主ローター・マスト、ギアボックス、エンジンなどの装備品が天井を突き破って機内に落下しないこと
  3. 高耐弾性を備えること、

尾部テイルローターは4枚羽根で、回転面を機体の水平面に対して−20度傾けてある為、180kg相当の揚力が生じ、重心位置の移動範囲に余裕ができた。

また、最大の生残性に関する特徴としては、「単一主回転翼(シングル・ローター)機の最大の弱点であるテールローター」 を損傷しても飛行継続が可能な点にある。

さすがにホバリングは不可能となるが、尾翼や機体の空力特性などが工夫されており、前進速度が一定以上あり、気流を利用して操縦翼面が利用可能な限り、一定の運動制限内で前進飛行の継続が可能である。

メインローターやトランスミッションを損傷してもある程度飛行継続が可能なヘリは他にもあるが、テールローターが壊れても飛行継続可能な旨を公称している機種はさすがに珍しい。

もちろん他のテールローター式ヘリに比べ生存性は著しく高まっている。

燃料タンク下面及びドライブシャフトは12.7mm機関銃弾に耐えられるほか、操縦席周辺は23mm弾の直撃にも耐えられる装甲板が取付け可能。(陸軍強襲用は標準装備)

冗長性

冗長性については、 AH-64 アパッチに代表される、「第二世代」攻撃ヘリコプターに匹敵する配慮が成されている。

油圧装置故障時には人力で操舵が可能であるほか、燃料タンク下面及びドライブシャフトは12.7mm機関銃弾に耐えることができる。
また、各動力伝達ギアには、故障の原因となる金屑片を焼き切って除去する機能があり、潤滑油を完全に喪失した後も、約15〜30分間飛行が可能である。

コンピューターシステムにも同様の配慮がなされており、最重要航空電子機器である通信航法機能は、主電源が断絶されるまで使用可能であるほか、主コンピューターシステムは、MIL-STD-1553 多重データバスにより、レーダー系統、ソナー系統、火器管制系統と各々分離しており、主コンピューターの機能が破壊された場合も、戦傷処理機能により重要な一部の機能の確保がなされる。

不時着陸時はクラッシュ・ワージネス思想に基づく安全構造で、機体や座席を衝撃軽減機能(壊れることで衝撃を吸収して乗員を護る)として乗員の生存率を高め、着水時には緊急浮袋を展開し、機内燃料タンクが予備浮力として働くことにより、水没を防いでいる。

開発背景

アメリカ陸軍が提示したUTTAS(汎用戦術輸送機システム)構想により、UH-1イロコイの後継機として開発された。

基本設計においては、C-5 ギャラクシーC-17 グローブマスターIII輸送機に搭載が可能であるよう、10tトラックと同じ容積、重量であることが求められている。

また貨物及び人員輸送室容積としては完全武装の歩兵1個分隊約10名が搭乗可能な空間を要求されていた。

試作機3機が製作され、初飛行は1974年10月に行われ、競争相手だったボーイング・バートル社のYUH-61設計よりも評価された。

UH-1イロコイ 米陸軍での運用教訓から、被弾時の冗長度や耐衝撃性も調達要件として出されていた。

暗視装置や夜間航法装置を装備した形で、ブラックホークの製造が決定し、1979年にUH-60Bがアメリカ軍で使用され始めた 。

ブラックホークは2,600ポンド(1,170キログラム)の積荷の積載、9,000ポンド(4,050キログラム、例えばハンヴィー【HMMWV, Humvee:High Mobility Multi purpose Wheeled Vehicle】(高機動多用途装輪車両、M998四輪駆動軽汎用車とその派生型の総称)など)の積荷の吊り下げ運搬が可能であり、航空騎兵隊(空挺部隊)、電子戦、MEDEVAC(医療救急)などの幅広い任務で活動することができる。


空からの強襲作戦では一個分隊 11名とその装備、もしくは、M102 105mm榴弾砲【M102 105mm Howitzer】及び砲弾30発と6人の操作要員を同時に運搬することができる。
また、外部搭載支援システム(ESSS)の裝着で追加される左右2箇所ずつのハードポイントAGM-114 ヘルファイア【Hellfire : Helicopter launched fire-and-forget】空対地・長射程対戦車ミサイル4連装ランチャー、2.75インチ(約70mm)19連装ロケット弾ポッド、ガンポッド、増槽などを搭載することができる。

またブラックホーク全地球測位システム【Global Positioning System / GPS】(グローバル・ポジショニング・システム )などの最新の航空電子機器を装備している。

なお、海兵隊ではマリーンワンとしてアメリカ合衆国大統領の移動に使用することがある。

関連記事

  • KS-3B ヴァイキング(我々の世界には存在しない「架空の派生型」の空中給油機)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます