" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方

混ぜるな!キケン 【 V " F " X-3 】

下記の方の解説の通り偶々開発数字が一致したのみで、そもそもVAとV "F "の違いもあって、本項目の目的とする機体解説とは無関係なのですが、混同防止の為に引用解説します。

デザイン原作者による描画にも関わらず、非公式扱いという不遇な VF-X3 (ノ_-。)


その昔、PC9801、通称“98シリーズ”と呼ばれるパソコンがありました。
フロッピーディスクの時代です。 
 その頃、「Family Soft」という会社からマクロスのゲームが発売されました。
それが、『リメンバー・ミー』『スカルリーダー』『ラブ・ストーリーズ』の3部作です!
● VF‐X3 スター・クルセイダー(メドゥーサ)

 はい! これがマニアック中のマニアックの機体、「VF‐X3」です!
 この当時は、このゲームのみの設定だったので、貴重なデザインと言えるでしょう。

これは他に出て来ない機体ですね。正にこのゲームのみ。

近いところで、VF-3000 クルセーダー【VF-3000 Crusader】 、VF-5000 スター・ミラージュ【VF-5000 B/G】があるようですが、そのどちらとも違うみたいですね。

戦闘力が「VF‐1」の32倍ってどんだけなんだよ (^^;)。 ガウォーク形態は無しか。

おまけにファイター時に、頭部がはみ出ていますよ (^^;)。

V "F" -X3 Star Crusader(Medusa)

引用元

  • 『超時空要塞マクロス ラブ・ストーリーズ』(Family Soft)ブックレットより

目次【Index】

  • 翻訳途上表示
  • 実用機「VB-X-49 ブーメラン」【 BOOMERANG" VERITECH BOMBER
  • 開発目的
  • 乗員
  • 武装
  • 装甲
  • ステルス外皮
  • レーダー反射面積(全部読むには画面をクリック)
  • 電子装置
  • 生産費用と遠征艦隊軍【REF/UEEF】への採用働き掛け
  • 地図
  • 数値等
  • 注記
  • 性能
  • 軽爆撃機形態のみ
  • 飛行特性注記
  • 発動機
  • 寸法
  • 発電機
  • 武装
  • 第一世代のミサイル透視図
  • 選択【Optional】兵装
  • 作業位置
  • 武装
  • 電子装置
  • 戦術電子戦システム【TEWS】
  • 自動操縦装置(オートパイロット)
  • 【戦闘コンピューター】
  • 【その他電子装備】
  • 熱と放射線遮蔽
  • 戦術電子戦システム【TEWS】
  • フィリップス『オール・ヴュー』システム・スイートの各機能の説明
  • 超短波・電磁波吸収装置
  • 【ラジオ/ビデオ・コミュニケーション装置】
  • 【機密保持装置】
  • 標準搭載のサバイバル・キット
  • 戦術生命維持システム
  • 原文(英語)
  • 原資料データ作成参考資料
  • ATFI関連記事
    •  
  • Advanced Fighter Technology Integration (AFTI)先進戦闘機技術統合

  • 参考書籍

    N-9M



    XB-35 ( 二重反転プロペラ装備機 )



    YB-49

    YRB-49

    YB-49の偵察型として開発された。航続距離を伸ばす為にエンジンを6発にし、その内2発を翼下にパイロン経由で懸吊し、翼内燃料タンクを増加した。

    YRB-49-X1

    安定性に欠ける本機 YRB-49 は機動を前提とない長距離偵察機として、燃費の良いターボプロップ・エンジンに一部機関を換装した提案が成されたが、実機は製造されなかった。

    前書きと注意

    本項目を理解するには、前知識としてジョン・ヌーデセン・ノースロップ【John Knudsen Northrop】と全翼機 の読み解きをおすすめします。

    攻撃機型名称

    可変重攻撃機 V" A "-X-3 ファイアーストーム

    設定画

    攻撃機(軽爆撃機)形態

    ロッキード社流儀でノースロップ社の全翼機を設計指示されたら、きっとこんな先鋭的な・・・



    本命は後継機:重爆撃機【VB-2】

    翻訳途上表示
    この記事は翻訳途上です!

    実用機「VB-X-49 ブーメラン」【 BOOMERANG" VERITECH BOMBER

    VB-X-49「ブーメラン」 VERITECH 軽爆撃機

    (バージョン1.00 - 最終更新日:12/16/2001)ケニス・オルソンによる背景とRPG統計 マクロス設計事業場で発表される最初のメカ設計に基づきます。

    VB-X-49 "BOOMERANG" VERITECH BOMBER

    (Version 1.00 - Last updated: 12/16/01)
    Background and RPG Statistics by Kenneth Olson Based on an original mecha design published in Macross Design Works

    背景

    第一次星間大戦の末期に地球統合軍【UEEF】は地球統合政府上意下達(じょういかたつ)の閲兵[観艦]を以って空軍構成の総点検を命じました。
    空軍の戦略計画起案者達は、可変戦闘航空機の新世代が遠征艦隊軍【United Earth Expeditionary Force】の差し迫った出発と、南アメリカ大陸に於いて継続して発生していたゼントラーディ人【Zentraedi】蜂起鎮圧の為に必要とされると決定付けました。
    ゼントラーディ【Zentraedi】の脅威は、支配地帯での作戦立案者達にとって悩みの種を起こしました。
    抗争の間、地球統合軍情報部はゼントラーディ大部隊集結を察知しました。
    しかし、地球統合軍は核兵器の使用以外の手段、つまり通常兵器による地域の戦略絨毯(じゅうたん)爆撃による支援手段を持ちませんでした。

    VAX-3 ファイアー・ストーム(猛火)可変攻撃機(後に『可変[軽]爆撃機』に改称)は、大型(可変)戦略重爆撃機の補助支援機の必要性を試験検討し、上記重爆撃機が完成配備されるまでの隙間処置(ストップ・ギャップ)としてのみ設計されました。
    第二世代、或いは生産型を補うのに必要な VAX-3 機体が生産される予定でした。
    数字は明らかに少数で、20機未満でした。
    新しい可変爆撃機の評価基準は『可変爆撃機という本質』を以て、防衛的な利点を、旧アメリカ合衆国のノースロッップ・グラマン社Northrop Grumman Corporation 】製造のB-2 スピリット 侵攻・重爆撃機に対して維持しながら、さらに兵器搭載量*1を、少なくとも上記「B−2 スピリット」と同等か、或いはそれ以上保持しなければならないという点でした。

    戦略航空軍団Strategic Air Command / SAC】の計画者達は、VB-X-49 が大型戦略重爆撃機が、通常は爆撃支援出来ない領域に於いて、同機を柔軟に配置することが可能であると想像しました。

    • BACKGROUND
    At the conclusion of the First Robotech War, the United Earth Government ordered a top down review of the Robotech Defense Forces. Military planners had decided that a new generation of variable fighters would be needed for the continuing Zentraedi uprisings in South America and the upcoming launching of the Robotech Expeditionary Force.The Zentraedi threat posed problems to mission planners in the control zone. During the conflict RDF military intelligence could place large Zentraedi troop concentrations; however, the RDF had no assists to carpet bomb the area with out the use of nuclear weapons. The VAX-3 "Firestorm" variable bomber was designed only as a stop gap measure to test out the subsystems necessary for a large variable bomber. A second generation, or production model, was clearly necessary to supplement the small number, less than 20, VAX-3 units scheduled to be produced.
    The criteria for the new variable bomber was that it would have to have a weapons capacity greater than or equal to the old United States B-2 bomber, while having the defensive advantages possessed by its transformable nature.
    Military planners envisioned that the VB-X-49 could be stationed in the field at locations which normally could not support large heavy bombers.

    開発目的

    VB-X-49は、ノースロップ・グラマン社の【B-2 スピリット】を代替、或いは補佐する為、これに類似した構成で設計されました。

    The VB-X-49 was designed similar to the B-2 for which it was replacing.

    乗員

    VB-X-49、別名『ブーメラン』【Boomerang】は、操作に2名の乗務員、1名のパイロットと1名の武器操作&爆撃照準士官を要求します。

    The VB-X-49, or the Boomerang, requires a crew of two to operate, one pilot and one weapon's officer.

    武装

    機体の武器の収容力は印象的で、胴体下に2箇所の内部ミサイル/爆弾倉があります。
    各々の兵装機内格納倉は、

    第一世代のミサイル透視図

    ]
    機体が(軽)爆撃機形態にある間のみ、内部の爆弾倉からの兵器を投下又は発射可能ですが、一旦航空機が変形開始するならば、兵装(爆弾)庫扉は閉鎖されます。
    • 4箇所の『MM-10 ミサイル倉』は両脚に位置します。
    各々のミサイル庫は、最高10本のヒューズ【Hughes】社・短射程『ハマーヘッド』【Hammerhead】(A,B,C,D型、重量 29 kg)ミサイルを搭載可能で、全形態で発射が可能です。
    爆弾やミサイル兵器に加えて、飛行形態時の2門の EP-4 粒子ビーム砲(出力9MJ。VF-4ライトニング装備のものと同一)は、航空機と1門のマウザー・ヴェルケ LA-13 頭部レーザーが設置されます。

    The weapon's capacity of the unit is impressive, mounting two internal weapons bays under the fuselage.
    Each bay can hold up to twenty-five 250 kg (Mk 82) weapons, twelve 500 kg cluster bombs (CBU-89), six 1,000 kg general purpose high explosive bombs (Mk 84), twenty Stiletto medium range missiles, eight long range Derringer missiles, or the equivalent of 10,000 kg of ordinance.
    Ordnance from the internal bomb bays can only be deployed while the mecha is in bomber mode, as the bay doors are blocked once the aircraft transforms.
    Four MM-10 missile bays are located on both legs.
    Each missile bay can hold up to 10 short range Hammerhead missiles and can fire in all modes.
    In addition to the missile weaponry, two EP-4 particle beam cannons are mounted on the nose of the aircraft and a single Mauser LA-13 head laser.

    装甲

    VB-X-49「ブーメラン」【Boomerang】は、全ての以後の遠征艦隊軍【UEEF】装甲設計の基準となった第一世代の低用量・大規模な複合チョバム装甲で被覆されました。
    装甲は、全ての軽機動兵器と中規模、或いはより大規模の発射体(55mm、或いはそれ以上)からの優れた保護を提供します。
    しかし、VB-X-49は近接戦闘で敵と交戦するように設計されていませんでした。
    そしてその結果、機体の装甲は、これらの作戦使用上の制約を反映します。
    非常使用の為にだけ、VB-X-49は発射体からの物理攻撃防護を目的とした、両腕上の2枚の大型防護盾を装備しました。

    The Boomerang was armored with a first generation low-mass composite Chobham plating that became the standard for all subsequent REF designs.
    The armor provides excellent protection against all light anti-mecha weaponry and moderate projection to medium or higher class weapons (55 mm or greater).
    However, the VB-X-49 was not designed to engage the enemy at short ranges and as a result the armor protection of the unit reflects these operational constraints.
    For emergency use only, the VB-X-49 was mounted with two large projectile shields on both arms.

    ステルス外皮

    ノースロッップ・グラマン社Northrop Grumman Corporation 】製造のB-2 スピリット 侵攻・重爆撃機と同様で、VB-X-49は低い受動的なレーダー横断面で設計されました。
    飛行形態(爆撃機)である間、従来の「可変戦闘機VF-1【Valkryie】より少ないレーダー反射断面積20dBsmの電波吸収材料【RAM】は、レーダー波を吸収し、機体の全ての面でレーダー横断面を減らす為に広範囲に使用されます。
    第4世代の電波吸収材【RAM】、初期型の電波吸収材より遥かに少ない整備要件を必要とするのみです。
    しかし整備員は、各々の戦闘任務の後、航空機自体を厳密に材質対査(ざいしつ・たいさ)することを、未だ要求されます。

    受動的なシステムに加えて、ブーメラン【Boomerang】はレーダー横断面を減らす「RRG Mk.1a」 電磁波【EM】吸収・力場発生装置を装備しています。
    アクティブ電波吸収技術を用いることにより。更に 10 dBsm のレーダー横断面の減少が可能です。
    Similar to the B-2, the VB-X-49 was designed with a low passive radar cross section.
    Radar absorbing material (RAM) is made use of extensively throughout the unit which reduces the all aspect radar cross section of the mecha, while in fighter mode, to 20 dBsm less than a conventional VF-1 "Valkryie".
    The fourth generation RAM requires far less maintenance than that of earlier models; however, maintenance personal are still required to check the aircraft after each combat mission.
    In addition to the passive systems, the Boomerang mounts a RRG Mk1a EM absorbing field which reduces the radar cross section an additional 10 dBsm through the use of active radar lessening techniques.

    レーダー反射面積(全部読むには画面をクリック)

    画面表示サイズ(参考:小さすぎて読めません)

    電子装置

    VB-49「ブーメラン」【Boomerang】の主要センサーは、AM/APQ-211レーダーです。

    レーダーには20の別々のモードがあって、2つの電子的走査アンテナを機体のセンサー・ヘッドに取り付ます。
    X帯域マイクロ波の帯域の一つ。
    センチ波であるSHF帯《周波数: 3GHz〜30GHz、波長: 10cm〜1cm》の帯域と重複する部分がある。

    その帯域は《周波数 8〜12GHz、波長2.5〜3.75cm》。
    衛星通信バンドでは、アップリンク 8GHz、ダウンリンク 7GHz。

    APQ-211は、伝統的な X帯(8,000 MHz 〜 12,000 MHz) 利用システムよりも、むしろ Ku帯 で稼動します。
    • 周波数12,000 MHz 〜 18,000 MHz の周波数帯を【Ku帯】(バンド)といいます。

    レーダーは X帯利用システムより多くの大気吸収を受けますが、それには本質的により高解像度とより少ないサイドローブ があります。

    サイドローブ【英:side lobe】

    • 【意味】
    アンテナの指向性図において、主ビーム方向以外に生じるローブ(丸い突出部)のこと。
    • 【解説】
    アンテナの放射電磁界はアンテナ固有の方向特性を持つ。
    これを放射指向性あるいは放射指向特性という。
    指向性のうち最大方向およびその近傍が主ビーム(main beam)であり、それ以外のものは【サイドローブ】、あるいはサブビーム(sub-beam)と呼ばれる。サイドローブは他の衛星通信システムや地上通信回線に対して影響を与えたり、反対に干渉を受ける原因となる。

    その航空監視モードに加えて、システムはそれが目標の絵を描くのを許して、GPS品質コーディネートを武器システムに適合させる合成開口モードで作動することができます。

    The primary sensor of the Boomerang is the AM/APQ-211 radar.

    The radar has 20 separate modes and has two electronically-scanned antenna mounted in the sensor head of the unit.
    The APQ-211 operates in Ku-band, rather than the more traditional X-band.

    The radar therefore suffers more atmospheric absorption than X-band systems; however, it has inherently higher resolution and smaller side lobe levels.

    In addition to its air-surveillance modes, the systems can operate in a synthetic-aperture mode which allows it to paint a picture of the target and allows GPS quality coordinates to be handed off to the weapon system.

    生産費用と遠征艦隊軍【REF/UEEF】への採用働き掛け

    最初の生産型が、西暦2019年3月に工場の生産ラインから離れて、100機分の生産命令が、同2015年に命じられました。
    残念なことに、各々の航空機単価が最初の予想の3倍となった為、計画の費用は膨れ上がりました。
    20機の飛行機だけが前線に届けられたあと、費用削減処置を講じていた地球統合政府はプロジェクトをキャンセルしました。

    最初で、以降であるだけだった第14爆撃飛行隊、VB-X-49部隊は、地球統合軍「イエローストーン基地」で2020年に編成されました。
    その時に、南アメリカのゼントラーディ人【Zentraedi】反乱は、2010年代の間に僅かな対立になりました。
    大規模な組織化されたゼントラーディ部隊は過去のものになり、VB-X-49が可能な任務は解消しました。

    幾人かのロッキード側の軍事計画者達は、VB-X-49を遠征艦隊軍【REF/UEEF】の遠征先惑星の戦略爆撃機として作戦機の定数に包含する為に働きかけましたが、艦上爆撃機としてではなく、惑星上の建設基地に輸送するにしても機体のかなりのサイズと高い作戦上の費用は、採用に抑制的に働きました。
    残りの爆撃機は2025年に廃棄されて、予備役に入れられました。
    VB-X-49 ブーメラン【Boomerang】は第二次戦争の間に参戦しませんでした。

    統合技術研究開発部 (特殊技術院)【 Robotech Research and Development,RRD 】の調査によればインビッド【Invid】の地球圏への大侵攻日である運命の「西暦2033年5月15日」【日曜日】に地球統合軍「アルバカーキ」主航空群を原子化する大規模攻勢により、VB-X-49 群の全ては破壊されたと推定されています。

    One-hundred units were ordered in 2015, with the first production model coming off the line in March of 2019.
    Unfortunately, the cost of the project had ballooned such that the unit price of each plane was three times the original estimate.
    The United Earth Government in a cost savings measure canceled the project after only 20 planes were delivered.

    The 14th bomber wing which was the first, and subsequent only, VB-X-49 unit was formed in 2020 at the RDF Yellowstone base.
    At the time the Zentraedi insurrection in South American had been reduced to a fraction of the conflict during the 2010's.
    Large concentrated Zentraedi forces were a thing of the past and the mission for which the VB-X-49 had been built had disappeared.

    Although, some planners lobbied for the VB-X-49 inclusion into the REF, the units large size and high operational cost were prohibitive.
    The remaining bombers were decommissioned in 2025 and placed into reserve.
    The Boomerang was not brought out during the 2nd Robotech War and all of the VB-X-49s are believed to have been destroyed once the Invid atomized RDF Albuquerque base on May 15, 2033.

    地図

    数値等

    形式番号VB-X-49
    種別可変爆撃機
    開発企業ロッキード・マーティン航空宇宙
    乗員戦術的な生命維持装置を着ている2名(パイロットと武器士官)
    軍務歴VF-X-24A:2019年 から 2025年に掛けて地球統合軍・戦略空軍【SAC】で就役。

    Vehicle Type: VB-X-49
    Class: Variable Bomber
    Manufacturer: Lockheed Aerospace
    Crew: Two, pilot and weapons officer wearing Tactical Life Support System
    Service History:
    VF-X-24A: RDF from 2019-2025

    注記

    VB-49「ブーメラン」【Boomerang】の上部を破壊することは、光学システム(赤外線、夜間暗視装置赤外線熱分布画像化装置(サーモグラフィ))の全てを含む機体の主要なセンサー・システムをノックアウトします。レーダーと通信は、影響を受けないです。

    • NOTES
    Destroying the head of the Boomerang will knock out the mecha's major sensor systems, including all of the optics systems (infrared, nightvision, thermal).

    Radar and communications will be unaffected.

    性能

    速度項目/形態軽爆撃機ガウォークバトロイド
    走行速度--50kph
    飛行速度マッハ1(670mph/1,072kph612kph150kph

    軽爆撃機形態のみ

    海面最大水平速度500kph
    高度10kmの最大水平速度1,000kph
    高度30+kmの最大水平速度1,500kph
    失速速度250kph(可能な限りのVTOL補正)
    初期上昇率毎分 10,000m以上
    実用上昇限度30km
    跳躍能力反動スラスター無しで、高度 50フィート(15m)飛距離 70フィート(21m)。
    飛行(バトロイド)150kph

    飛行特性注記


    SPEEDS: RUNNING, SOLDIER CONFIGURATION:50 kph / LEAPING, SOLDIER CONFIGURATION:50 ft (15 m) high or 70 ft (21 m) long without thrusters.
    SPEEDS: FLYING, SOLDIER CONFIGURATION: 150 kph
    SPEEDS: FLYING, GERWALK / SOLDIER CONFIGURATION: Mach One (670 mph/1072 kph) maximum speed limit in an Earth-like atmosphere. Can also hover in place indefinitely.
    • SPEEDS: FLYING, FIGHTER CONFIGURATION:
    Max level speed at sea level : 500 kph
    Max level speed at 10km: 1000 kph
    Max level speed at 30+ km: 1500 kph
    Stall speed : 250 kph (VTOL rectification possible)
    Initial climb rate : over 10000m per minute
    Service ceiling: 30 km

    発動機

    最大機関推力は以下の通りです:
    2基のゼネラル・エレクトリックGeneral Electric】 

    F-118 プロトカルチャー (資源)核融合ターボファン・エンジン

    最大機関出力は最大 300kNを出力しました; 600kNは、オーバーブースト(※)を利用できます。

    排気ノズルは推力偏向(ベクタード・スラスト)を考慮に入れます。

    そして、従来の水平尾翼(エレベーター)の代用として機能します。

    各々空気吸入口(インテーク)の機外の膨らみ(ブリスター)で、システムは2基の逆推進・ヴァーニア・スラスターを含み、排気は、最高20%の推力を、直接主タービンから供給されます。

    (※)MIL規格での正式名称は「オーギュメンター」【augmentor】。 アフターバーナー【A/B】はジェネラル・エレクトリック【General Electric】社での名称。 Rolls-Royce plc社では「リヒート」【reheater】と呼称する。

    MAX ENGINE THRUST:
    2 x GENERAL ELECTRIC F-118 FUSION TURBINES:
    Total engine output 300 kN at max. power; 600 kN are available with overboost. Exhaust nozzles allow for vector thrust, serving in place of conventional elevators.

    System includes two reverse-vernier thrusters, on blisters outboard of each intake; exhaust comes directly from main turbine at a maximum of 20% thrust.

    寸法

    項目/形態軽爆撃機携帯ガウォーク形態バトロイド形態
    全高6.1 m9.2 m30.1 m
    全高62.1 m
    (全翼最大展開時)
    14.1 m14.1 m (肩部)
    全長26.1m21.1m6.8m
    空虚重量150,100kg

    一般記述

    強度60P.S.と等しい
    乗員乗員の個人所有物の為、武器操作員(爆撃手)席の後部の小さな荷物区画

    • STATISTICAL DATA:
    HEIGHT: 30.1 m in soldier configuration.
    9.2 m in gerwalk configuration.
    6.1 m in fighter configuration.
    WIDTH: 14.1 m at shoulders in soldier and gerwalk configuration.
    62.1 m with wings at maximum extension.
    LENGTH:21.1 m in gerwalk configuration. 26.1 m in fighter configuration.
    WEIGHT: 150,100 kg empty.

    PHYSICAL STRENGTH: Equal to a P.S. of 60.
    CARGO: Small compartment behind pilot's and weapon officer's seat for personal belongings

    発電機

    2基 RX-1 超小型・プロトカルチャー (資源)・セル・エナジャイザー(出力発生装置)は、合計 3,000 kW の総出力を提供します。
    デルタ-V: 200 kps
    ファスト・パック【FAST PACK】互換性:無し

    POWER PLANT: Two RX-1 miniaturized protoculture-cell energizers providing a total of 3,000 kW total power
    DELTA V: 200 kps
    COMPATIBLE FAST PACKS None

    武装

    機体の武器の収容力は印象的で、胴体下に2箇所の内部ミサイル/爆弾倉があります。

    各々の兵装機内格納倉は、

    第一世代のミサイル透視図

    ]
    原サイズ(1,127 X 552 ピクセル)は、以下リンク先を参照

    機体が(軽)爆撃機形態にある間のみ、内部の爆弾倉からの兵器を投下又は発射可能ですが、一旦航空機が変形開始するならば、兵装(爆弾)庫扉は閉鎖されます。
    • 4箇所の内装・短距離『MM-10 ミサイル倉』は両脚に位置します。

    各々のミサイル庫は、最高10本のヒューズ【Hughes】社・短射程『ハマーヘッド』【Hammerhead】(A,B,C,D型、重量 29 kg)ミサイルを搭載可能で、全形態で発射が可能です。

    爆弾やミサイル兵器に加えて、飛行形態時の2門の EP-4 粒子ビーム砲(出力9MJ。VF-4ライトニング装備のものと同一)は、航空機と1門のマウザー・ヴェルケ LA-13 頭部レーザーが設置されます。

    VB-X-49 ブーメランは「ガンポッド」を使うように設計されていません。
    そして、このように、LA-13(有効射程 1,200m)は全形態で利用できる唯一の非弾薬基礎(非実体弾火器)を形成された兵器です。
    LA-13 は主プロトカルチャー (資源)ジェネレーターにより直接駆動されて、毎分40回まで、10-MJ の爆発エネルギーを届けることが可能です。

    レーザー装置は全形態で発砲ができますが、軽爆撃機形態(飛行形態)、またはガウォーク形態では滅多に使用されません。

    二連 EP-4 50mm 単砲身・粒子砲: 2門 EP-4 粒子砲は、胴体の正面に取り付けられました。

    出力が主プロトカルチャー (資源)ジェネレーターにより直接駆動されて、各々のEP-4個は、毎分20回まで 10 MJ の爆発を働かせることができます。発火率は再充電率によって制限されるだけです。

    選択【Optional】兵装

    合計6箇所のハードポイント、2箇所は翼下に、残りの4箇所は胴体下に存在します。

    けれども、VB-X-49「ブーメラン」は、これらの外部搭載強化点(ハードポイント)上の兵器の追加は、爆撃機外形設計が提供する受動的なレーダー保護能力を著しく低下させてステルス機としての機能を事実上「無能力」とし、それゆえに、これらの選択搭載行うことは推奨されません。

    各々のハード・ポイントは、最高 1,000 kg の兵器を懸吊することができます。
    ハードポイント搭載量最高 1,000kgの武器(15本の短距離、5本の中距離、1本の長距離対地ミサイル、またはガンポッド

    (Optional) 6 x BODY/WING HARD POINTS: Although not recommended as the VB-X-49 is capable of mounting weapons on six hard points, two on each wing and four under the main body. T
    The addition of weaponry on the hardpoints, however, degrades the passive radar protection that the design of the bomber provides and hence is not recommended.
    Each hard point can mount up to 1000 kg of weaponry.
    PAYLOAD HARDPOINTS: Up to 1000 kg of weapons (15 short range, 5 medium, 1 long, or gun pod).

    作業位置

    翻訳中!
    内装兵装倉2×内部爆弾&ミサイル倉2箇所の爆弾倉は主胴体の両側に位置。
    各々の倉は最高10,000kgの搭載量を持つことが出来ます。各々の兵装機内格納倉は
    ・最高 25本のMk.82-無誘導・自由落下爆弾:公称重量500ポンド(227 Kg)
    ・12本のCBU-89 Gator-無誘導・自由落下地雷散布クラスター爆弾:1,000 ポンド(447 Kg)
    ・6本のMk 84 汎用多目的・低抵抗 - 無誘導・自由落下爆弾:2,000 ポンド(894 Kg)
    ・20本のレイセオンRaytheon】・ AAM-1 スティレート【Stiletto】中距離・空対地ミサイル
    ・8本のユーロミサイル、現在【MBDA】ジェネラル・ダイナミクスGeneral Dynamics) 協同開発の長射程・重攻撃『デリンジャー』【Derringer】A型〜F型ミサイル
    または10,000kg (10 t) までの、搭載規程に従った相当物を搭載することができます。
    機体がガウォーク、或いはバトロイド形態にある間、兵器倉(爆弾倉)扉の開閉が妨げられる為、これらを使用することは出来ません

    WEAPON SYSTEMS:2 x INTERNAL BOMB BAYS: Two internal bomb bays are located on either side of the main fuselage.
    Each bay is capable of holding up to 10,000 kg of ordinance or twenty-five 250 kg (Mk 82) weapons, twelve 500 kg cluster bombs (CBU-89), six 1000 kg general purpose high explosive bombs (Mk 84), twenty Stiletto medium range missiles, eight long range Derringer missiles, or the equivalent of 10000 kg of ordinance.

    The weapons in the internal bays cannot be deployed while the mecha is in battloid or guardian mode because the launcher bay doors are obstructed.

    武装

    機体の武器の収容力は印象的で、胴体下に2箇所の内部ミサイル/爆弾倉があります。
    各々の兵装機内格納倉は、

    MM-10 多連装ミサイル発射装置

    ×4基。 VB-X-49「ブーメラン」のバトロイド形態時の下肢上部に位置しています。
    各発射装置はすべての形態で使用可能な最大10本のヒューズ【Hughes】社・短射程『ハマーヘッド』【Hammerhead】(A,B,C,D型、重量 29 kg)ミサイルを搭載可能です。これらは自衛目的の為だけに使用されるように設計され、これらのミサイルは滅多に使用されませんでした。

    RATE OF FIRE: One at a time or in volleys of two, three, or four
    PAYLOAD: Each bomb bay can hold twenty-five 500 kg bombs, twelve 500 kg cluster bombs, six 1000 kg bombs, twenty Stiletto medium range missiles, eight Derringer long range missiles, or up to 10,000 kg of ordinance

    NOTE: Weapons can only be deployed while in fighter mode

    4 x MM-10 INTERNAL SHORT RANGE MISSILE LAUNCHERS: Four MM-10 multi-missile launchers are located on the lower legs of the VB-X-49. Each launcher can hold up to 10 Hammerhead short range missiles which can be deployed in all modes. These missiles were rarely used as they were designed to be used for defensive purposes only.

    接近して、以下と戦ってください:必要に応じて、Boomerangは武器を使うことができるよりはむしろ、乱闘戦闘に従事することができます。VB-X -49、大部分の可変メカが影響、その他とともに転がって戦闘の動き(例えばパンチ、ジャンプ・キック、ジャンプ攻撃)を手渡すために大部分の典型的手を実行することができるほどほとんど機敏でありません

    電子装置

    (標準装備)

    電波探索・警戒追跡装置(レーダー)

    • 中距離/火器管制・指揮用

    生産ブロック2 まで

    ウェスティングハウス・エレクトリック AM/APQ-211 Ku-バンドパルス・ドップラー・レーダー。全方位・全高度の、全天の長距離目標の探知と追跡検出と追跡。
    インビッド規模の目標に対しての RCS【Radar Cross-Section / レーダー反射断面積】は、150 km先での "0 dBsm"【DEcibelsquared meter/デシベル・スクエアメーター】
    ★ Ku 帯: 12,000 MHz - 18,000MHz

    RADAR: AM/APQ-211 Ku-band pulse Doppler radar. Detection range against 0 dBsm target 120 km

    生産ブロック2 以降

    ヒューズ TPG-113 X-帯域・パルス・ドップラー・レーダー全方位・全高度の、全天の長距離目標の探知と追跡検出と追跡。
    インビッド規模の目標に対しての RCS【Radar Cross-Section / レーダー反射断面積】は、150 km先での "0 dBsm"【DEcibelsquared meter/デシベル・スクエアメーター】
    パルス・ドップラー・レーダー
    (Pulse Doppler Radar)
    レーダーが受信した信号にパルス連続処理とドップラー処理を加えるもので、ミキサーとバンドパス・フィルターを使用して目標物からの反射以外のものを排除するレーダー。地上や海面のクラッターなどを除去できる。

    ドップラー技術を使用することで、目標の接近率を知ることもできる。
    光学追跡装置・フィリップス・「オール・ヴュー」(All-View)多波長・全方向・デジタルカメラシステム。

     中距離全姿勢、全高度の赤外線及び光学イメージ・紫外線帯の探知および追跡機能。有効距離1,000m。

    トムソン CSF LT-5多波長・レーザー光波測距儀とレーザー目標指示装置(ディジネーター)。
    レーザー目標指示装置範囲:100マイル(160km)。敵目標を叩く際の精度増加の為に使われた。機体の打撃利得に関して部分的に責任を受け持つ。

    戦術電子戦システム【TEWS】

    【 TEWS/Tactical Electronic Warfare System 】

    レーダー警告受信機

    マルコーニ【Marconi】

    レーダー警告警告受信機 AN/ALA-155(RWR)
    RF(レーダー誘導/無線周波)誘導ミサイルからの全ての方位【all-aspect】における広帯域の検出警告による保護。

    赤外線対策

    ウェスティングハウス・エレクトリック QRC-100 赤外線 カウンター・メジャー(IRCM)

    (赤外線誘導ミサイル対抗装置=Counter Measures)
    赤外線誘導ミサイルから保護を提供する。
    OLDELFT(オルデルフト)

    赤外線警告レシーバー(IRWR)
    IR(赤外線誘導ミサイル)からのリア・アスペクト攻撃からの保護を提供する。
    ウェスティングハウス・エレクトリック ALQ-250(V)

    ・アクティブ・ センサージャマー
    内部 ECM 装置は【VHF】からの【Ku 帯】までの広帯域の保護を提供する。推定システム有効放射出力 50 dbw.
    AN/ALE-50

    チャフ&フレアディスペンサー(散布器)
    80本のチャフとフレアは、敵のミサイル射撃に対する対抗手段として各々の下脚部に格納される。

    自動操縦装置(オートパイロット)

    オートパイロット全てのVERITECH(ベリテック)は、コンピュータ化されたオートパイロットを備えている。

    これにより、パイロットは寛ぐか、長時間航宙の間、仮眠することさえをも可能とする。

    オート・パイロットは、複数の速度、方向と複数の目的地を含んでいる複雑な飛行計画をプログラム設定することが出来る。

    デストロイドがその目的地に近いとき、搭載コンピュータはパイロットに警戒を促して、更にセンサーが機体の近くに存在する障害物を感知するとき、自動的に信号を送る用意が整えることも可能である。

    オートパイロットは、太陽系外の宇宙航行を想定して設計された。

    【戦闘コンピューター】

    IBM-250戦闘コンピューターは、特定の敵の目標を追跡して、特定して、10,000以上の画像のデータベースをメモリーに保管可能。

    コンピュータは、同時に最高250の目標を特定・追跡することが可能。

    【その他電子装備】

    外部音声ピックアップAURUMA-PU-166有効集音範囲:300ft (91.5m) 。

    最高300フィート離れて通常の会話が可能な音声拡大システム。
    ラウドスピーカー

    (拡声器)
    AURUMA-AC-130操縦繭(まゆ)に組込まれ、90dbまで操縦者の音声を増幅可能。

    熱と放射線遮蔽

    特別な遮蔽装置は、熱と放射が脅かす生命危機の浸透を防ぎます。遮蔽装置と放射線の水準に何らかの破裂があれば、放射検出と警報装置は、遮蔽装置にリンクされて、警鐘を打ち鳴らすでしょう。

    敵対的環境防護能力

    左より、核兵器・生物兵器・化学兵器(毒)の標識

    ティーガーは、核・化学・生物兵器に対する完全な防護を、核兵器と毒ガスなどの化学兵器に対して、各々放射線センサーと化学災害センサーによる自動検出作動で、或いは生物兵器戦争状況が予想され得る場合に手動で居住戦闘室の『超過圧力環境装置』を起動させて、これらの災害からの完全な保護を提供します。
    内部の消耗品供給は生命維持装置の革新により、乗員定員1名に対して最大1週間、同2名に対して最大4日間の呼吸大気を供給可能です。

    自動誘導信号装置

    ホーミング・シグナルRomanian HS/TR-41有効発振距離400マイル(640km)。HWR-04は、救助隊により、不時着又は使用不可の車輛、又は射出座席と共に放出された生命救助ポッドの位置を突き止めることを可能にするホーミング(帰巣・回帰性)装置を備えている。信号の範囲は、400マイル(640km)。

    大部分のREF艦船とベリテックデストロイド等の戦闘機体は帰還信号を傍受・追跡が可能。そして、そのような信号が見つけられるならば、搭載コンピュータはそれらのパイロットに自動的に通知する。

    戦術電子戦システム【TEWS】

    【 TEWS/Tactical Electronic Warfare System 】

    レーダー警告受信機

    マルコーニ【Marconi】

    レーダー警告警告受信機 AN/ALA-155(RWR)
    RF(レーダー誘導/無線周波)誘導ミサイルからの全ての方位【all-aspect】における広帯域の検出警告による保護。

    赤外線対策

    ウェスティングハウス・エレクトリック QRC-100 赤外線 カウンター・メジャー(IRCM)

    (赤外線誘導ミサイル対抗装置=Counter Measures)
    赤外線誘導ミサイルから保護を提供する。
    OLDELFT(オルデルフト)

    赤外線警告レシーバー(IRWR)
    IR(赤外線誘導ミサイル)からのリア・アスペクト攻撃からの保護を提供する。
    ウェスティングハウス・エレクトリック ALQ-250(V)

    ・アクティブ・ センサージャマー
    内部ECMは広帯域の保護を提供する。推定システム有効放射出力 50 dbw.
    AN/ALE-50

    チャフ&フレアディスペンサー(散布器)
    40本のチャフとフレアは、敵のミサイル射撃に対する対抗手段として本体頂部と両側面に格納される。

    フィリップス『オール・ヴュー』システム・スイートの各機能の説明

    項目システム・スイートの各機能の説明
    光学(赤外線)有効範囲:1,000 m。

    この光学システムは、通常目に見えないが、機体のセンサーで見つけられる赤外線光の光線(ビーム)を投射する。

    システムによって、パイロットが彼らの赤外線反射によって隠れた、又は隠された物を発見可能。しかし、光線は「IRに敏感な光学」(赤外線感光レンズ)で誰の目にも見えるようになる。
    光学(夜間暗視装置)有効範囲:1,000 m。

    受動的な光学映像増倍管は、自ら光を発しないが、可視化映像を生み出す為に電子的増幅される環境光(Ambient light)に依存する。
    光学(熱線暗視装置)有効範囲:1,000 m。

    暖かい物体からの赤外線放射を探知し、そのデータを擬似色可視画像に変換する、昼間でも使用可能な受動的な光学的熱センサー。

    システムはパイロットに、闇間(dark)、影(夕闇-shadow)で、そして煙の背後まで見通せる。加えて操作者の追跡技術の習熟度により、+10%程度の利得(Bonus)向上が可能。

    超短波・電磁波吸収装置

    レーダー電磁吸収外皮カバー:ラジオから紫外線波長まで強く EM 放射線を吸収しているRRGマーク1と、これらの帯域幅で弱々しく発するだけであること
    レーダー電磁波吸収・力場発生装置:RRG MK1レーダー吸収がどのシフトダウンをさばきます、そして、すべてのEM radationとこれらの波長で弱々しく発するだけであることを水をさします。

    注:一旦メカがその本文MDCの25%を失うならば、航空機の主本体部が打たれるたびに、見えないシステムが失敗するという50%の可能性があります。
    一旦見えないシステムが失敗するならば、地球統合軍の空軍基地で修理されるまで、それは二度と働きません。

    レーダー警告レシーバー(RWR): オール面保護を提供しているレシーバーに警告しているElettronicaレーダー。

    RADAR ABSORBING ELECTROMAGNETIC SKIN COVER: RRG mark 1 strongly absorbing EM radiation from radio through ultra-violet wavelengths, and emitting only weakly in these bandwidths
    RADAR ABSORBING FIELD GENERATOR: RRG MK1 radar absorption field which downshifts and dampens all EM radation and emitting only weakly in these wavelengths. NOTE: Once the mecha has lost 25% of its main body MDC, there is a 50% chance that the stealth system will fail every time the main body of the craft is hit. Once the stealth system has failed, it will not work again until repaired at a RDF base.
    RADAR WARNING RECEIVER (RWR): Elettronica radar warning receiver providing all-aspect protection.

    【ラジオ/ビデオ・コミュニケーション装置】

    ラジオ/ビデオ・コミュニケーション長距離、衛星リレー能力による双方向通信システム。

    通信範囲:600マイル(960km)は、衛星リレー中継によって無期限に増幅可能。

    【機密保持装置】

    自爆装置敵による捕獲を防ぐために、パイロットは「ブーメラン」を自然崩壊させるシステムを起動させることが可能。

    そして、それはデストロイドに最高60分(時間は、パイロットにより設定可能)の遅延の後、爆発する。

    爆発被害は20フィート(6m)域の中で含まれ、爆発の半径の範囲内で、全ての対象に損害及び損傷を負わせる。

    当然ながらこれにより全ての機体内部の構成システムは消滅する。

    パイロットが射出手順(sequence)を「オーバーライド」で越えない限り、脱出ポッドは爆発の前に自動的に射出される。

    標準搭載のサバイバル・キット

    標準サバイバルキット全ての地球統合軍、及び UEEF遠征艦隊軍所属VERITECH(ベリテック)が装備する、携帯用のサバイバルキット。

    小さな補強された箱の内部には、

    ・中型フラッシュ、

    ・2つの手持ち信号紅炎(hand flares)、

    ・1つのロケット照明弾、

    ・コンパス、

    ・赤外線遠距離双眼鏡(infrared distancing binoculars)、

    ・小型の手鏡、

    ・ポケットナイフ、

    ・乾燥&濃縮食物(1人用ならば5日間分の供給に拡張可能)

    ・基本的な応急手当アイテム (アスピリン、包帯、殺菌剤、その他)、


    が含まれる。

    戦術生命維持システム

    VB-X-49「ブーメラン」は与圧され、そのうえ追加の空気供給を加圧した呼吸を提供するパイロットのフライトスーツに提供する

    UEEF艦隊フライト・スーツも、高G旋回の間さえ、血液循環を促進し、操縦士が高荷重環境において意識を失う(ブラック・アウト)可能性を減少させる上下のG-スーツを含む。

    原文(英語)

    攻撃機 型(試作のみ)

    軽爆撃機 型(実用試作・一部実戦参加)

    原資料データ作成参考資料

    REFERENCES USED IN THIS DESIGN

    ATFI関連記事

    Advanced Fighter Technology Integration (AFTI)先進戦闘機技術統合

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます