ロボテック・クロニクル - ゼントラーディ女性/メルトラーティ服飾一覧

画像検索による検出用の画像

  • サムネイル縮小画像をクリックにて原寸である 1,280 pixel x 720 pixel のサーバー保管の実寸画像を呼び出し、展開し閲覧可能です。

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方

対訳資料動画

 

ミリア・レンティンナ!【レンティンナは639』数字のメルトラン語による音読み】

「サ、モルク・ラプラミズ」
(了解、ラプラミズ閣下)

「ナ、プロトカルチャー・デアン・レカン、カールチュン・デ・アンチャーツ、リンツ・アルケス」
プロトカルチャー (太古の異星人)の"遺跡"には必ず"文化の断片"があるに違いない)

「トーメルトラン、リンツー・ウ・ロルツ、デアン・デカン」
(我らの勝利の為、必ず遺跡を奪い取れ!)

「サ、リンツ・メルトラン・マトラスカス」
(女の意地にかけて必ず…)

「メルトラン・マトラスカス・デアルク、ラット・メナザーン」
(兵士の戦闘レベル著しく低下。この音は一体?)

「ヤック」
(何これ?やだ!)

「マーカーリー・マーローム・デカン」
(これが"遺跡の力"なのか)

「フン、デリーマ」
(ふん、弱すぎる)

「ン?」

「エット ! プロトカルチャー」
(何がプロトカルチャーだ)

「ティアンツ、マーカ・ミリア・テレルケ・マドラス・アルケス」

(但し、末尾は実際には「マドラスケス」と発音されている。)

(情けない…私、ミリアと互角に戦える奴はいないのか)

目次【Index】

  • スパルタン(立体資料) より
  • その今後
  • つぶやきから
  • エミニャとユイニャの導入案内(ガイダンス)
  • エミリア・ファリーナ・ジーナス
    • 後世には有性生殖に伴う成長途上の概念が派生し、着用サイクルの短い「幼児服」の概念も誕生した
  • 商品画像に見る衣服(「通常態」【Giantess】のみ紹介)
  • 着用例
  • 検証目的
  • 身体特性
  • 衣服の強度と機能外観維持
  • 参考記事
  • 靴の設計
    •  
  • ハイヒール靴・健康上の問題点
  • 耐環境服(マイクラン用:参考)
  • 着用例
  • 関連記事
  • ゼントランとメルトランの特徴

    恐竜やその他の「は虫類」と同様に、一般に死ぬまで成長し続けるといわれている。

    これは厳格なものではなく 年齢につれて成長がごく僅かになったり ある時点で止まってしまうものも普通にみられます。


    寿命について

    通常態(人類の視点では巨人)では、累積代謝で寿命は人類より長いと書いてありますが、どの程度伸びるかは不明。

    もし「光の国( M78 星雲 )」(10万年単位)のようなトンデモ設定であるならば、お釈迦様並みに長寿ですが・・・

    本来「個体が長寿である」ことは技術の伝承や思想の世代蓄積を効率的に行える為、種族として安定した成長を遂げるはず。

    が、それゆえプロトカルチャー (太古の異星人)達は意図的にそれを阻害する必要があったのかもしれません。

    食費

    人工生命体であっても「巨大有機体生物」である以上、食費は掛かる。

    哺乳類である以上、熱量優位法則(ベルクマンの法則ほか、恒温動物と変温動物の特性を参照)でその質量は体積比そのままよりは少なくなる・・・はず。スタジオぬえさん、せっかくだからこの辺りにも緻密な設定がほしかった。

    「感情の動物」との共存の危険性

    通常態の肩口程度の高さでも水平面(或いは地表面)から7m以上、これは重力加速度 9.8 N の世界では3階建てのアパートの3階床面の高さ、マイクランが手に掴まれて落とされたら重傷か死か・・・

    共存では友好的な面しか見てないけど、通常態クランと、プロトカルチャー (太古の異星人)・マイクラン(ウ・マレタ時からのマイクラン【 Mäi-Clüanë 】)「ミハイル・ブラン」との夫婦喧嘩は死の匂い。

    警棒持ったお巡りさんMBR-07スパルタンやMBR-08マサムネが仲裁に。


    その今後

    自然界のタンパク質と炭素系骨格の二足歩行の直立生物が存在出来る大きさは 3m以下。

    ゼントラン女性(或いは「メルトラン」)は自らの巨人文化の存在主張でない限り、戦いを捨てた時点でマイクランとして暮らすのが自然で、統合政府の主張は「一応の理由」があります。

    つぶやきから

    防衛的観点から、縮小体にならずに戦線に就いた巨人達も居たはず。
    しかし文化には触れた。一度は開いた「パンドラの筺」は蜜の味。閉じることなど出来やしない。

    ならば私服や下着も要求に出てくるはず?女なら多分。

    スウェーデン女性兵士の要求の記事引用はその比較用

    エミニャとユイニャの導入案内(ガイダンス)

    絵美里ニャアの一言:今回はずいぶんと思い切った記事ニャウ。〜

    男性ユーザーだとアンドロゲンという性ホルモンの影響でこの分野の記事は客観的に書けてないし、下着の区分と機能は、みんなブラジャーとパンティしかないと考えている殿方も多いみたい。
    サニタリーを生理ショーツだけと思い込みしている方のGTS【Giantess】関連の扇情的な記事まで閲覧して、いい加減にこのままじゃいけないと立ち上がったわけ。

    エミニャアも猫歳13歳(人間換算78歳)にもなって1歳にも為らないトムキャット【オスネコ】に襲われ(マウンティング )【mounting】されなければ、あと半年は長生きして茶ニャーと一緒に余生をすごせたニャン (>_<)〜

    虹の橋の向こうにいる貴女の事は忘れていないよ、毎月、配偶者を遣わして埋葬地には花を添えてるし、墓のアフリカマイマイの駆除もしてる。なにより、今こうして会話してるもん

    絵美里ニャアの一言:うん、ありがとニャア

    ところでなんでこんなややこしい記事名ニャン?

    『リアルタイプ・カワモリ』*1とかいうデザイナーが、マクロス世界の各作品は全てメタフィクションと説明してるの。


    このシリーズのすべての作品は「マクロス世界の歴史的出来事をモチーフにして後日制作された創作作品である」という設定を与えられている。たとえば、テレビアニメ『超時空要塞マクロス』は架空世界の歴史的事実をテレビドラマ化したものであり、アニメ映画『愛・おぼえていますか』は戦勝20周年を記念して2031年に公開された大戦終結20周年記念映画という歴史映画とされる。架空世界の史実は直接ではなく常に作中作を介してのみ描かれるので、視聴者が知ることの可能な出来事全てが(架空世界での)歴史的事実とは限らない。

    真実はみえるか?【Not even justice, I want to get truth?】ニャ。

    ゼントラン女性も、メルトランもロボテックのメルトラーティも、みんな事実の「デガンチャーツ」【残骸・破片・断片を意味する原始ゼントラーディ語】*2ニャウ

     

    後世には有性生殖に伴う成長途上の概念が派生し、着用サイクルの短い「幼児服」の概念も誕生した

    • クリックにてサーバー保管原寸 1,220 × 686 ピクセル に復帰します。


    クラン・クラン【Klan-Klang】は通常態(巨人女性)の中でもずば抜けて体格が大きい。

    12m強級はマクロス・サーガ時代の大男で知られたブリタイ・クリダニクと拳1/2個分(約0.98m)だけ低いに過ぎない。
    このため、幼女(5歳程度)時の彼女の身長を、そのままメルトラン(あるいはゼントラーディ女性」)平均の体格と規定することは出来ない。

    商品画像に見る衣服(「通常態」【Giantess】のみ紹介)

    VF/MF-25「メサイア」専用のプロテクター・ウェポン・システム(俗称「アーマード」装備)を流用。

    高画質拡大・深層畳み込みニューラルネットワークによる二次元画像のための超解像システム

    • なるべく高画質で発色も鮮明で、しかも文字が読める大きなサイズを目指した結果、以下のソフトウェアにより、JPG画像劣化を補正し、さらに2倍に画像拡大しています。
    1. waifu2x 公式日本語サイト
    2. waifu2xとその派生ソフト一覧システム

    Quadluun-Rhea_Type-56_and_Klan-Klein



    着用例









    クアドラン・レア系(西暦 2066年 現在の最新版「レア / 56」)

    Quadluun_Rhea_type_56



    検証目的

    ここでは通常態【人類からの対比では巨人】女性服飾(制服・私服とファウンデーション・ガーメント(基礎衣類 ≒ 近似語
    『下着全般』)と操縦服についての検証を行います。

    身体特性

    原設計者達の思想を推定する

    特定の目的の為に設計され、対比性構造で 同格化による選択を避けました。

    言い換えれば、肉弾戦闘でゼントラン男性と同等の筋力を求めるならば、それは女性の「男性」への性転換手術と同様になり、特性の消失により、存在意義が無くなります。

    現代戦闘はC4I2SRや機械倍力により、歩兵以外の極限情況以外での肉弾戦闘の可能性はほとんどありません。

    プロトカルチャー (太古の異星人)設計者達は、脳神経とエネルギー代謝にレーザー工学概念を用いて情報共有を推し進めました。

    男性躯の設計のように、必要な機能に合わせて躯を組み換えるのではなく、母胎( マトリクス) の体躯と機能を七倍(ロボテック版独自の倍率設定)の拡大率、単純拡大質量で343倍になる生体構造問題と苦闘しながら、『二乗三乗の法則』による重量増加を抑え切り、外観の維持と本来戦闘には不必要な女性器官(皮下脂肪、骨盤、乳房)に高重力加速度【G】耐性の為の専門機能を再割り付けするという工夫に、原プロトカルチャー (太古の異星人)設計者達の思想が垣間見えます。




    思わぬ副次的効果として、地球程度の重力【9.8N】惑星での定住でも骨格疾患等の障害を引き起こさなかったエミリア・ファリーナ・ジーナス【Emila Fallyna Jenius】の事例があり、男性体が低重力の艦艇生活から、戦後の地球や他の植民惑星での土木作業に駆り出された際、その筋力の労働力評価とは対照的に様々な地球重力や細菌等の障害により骨格損傷や遺伝子や精神疾患等の疾病を引き起こした事で設計の違いが再認識される事になりました。

    衣服の強度と機能外観維持

    • 軍用の下着の場合、合成繊維系の撚糸は大変な危険を持っています。

      それは戦闘で火傷などを伴う「熱」を受けた場合、溶けて皮膚に貼り付き、応急措置や治療を著しく困難にするという欠点があり、この為、これらの素材を使うことは当初から衣類設計から除外されました。

      また天然繊維はマイクラン規模の体躯(いわゆる「縮小体」)に関してのみ強度を維持するに過ぎない為、金属繊維や屈折率(ガラス状)を持つ液体金属繊維を編み込んだ撚糸を使うのが一般的でした。
    ケプラーやポリアミド繊維を曲げ方向にコンピュータ設計で複合。

    Bカップ以上ならモールドカップで一体成型。
    伸縮しないから一人一人カスタムメイド。

    下着に使うには曲げ特性が弱く密着しないので、身体に密着させるには荷重方向に引張+方向はケブラー【Kevlar】、拡散荷重はガラス繊維と使い分ける。
    炭素繊維強化炭素複合材料【carbon fiber reinforced-carbonmatrix-composite】はカーボン繊維はワイヤード素材として骨格に用いる。

    ダブルクリックで 868 × 1,567 ピクセル復帰

    その困難

    装飾性や着用感触の品質を維持しながら、マイクランの製造設備で7倍、つまり『質量で343倍』の体躯の摩擦力、引張り力に耐えうる衣類を、民需品の商品価値を維持する為の目標値の薄さで実現するには、相当な困難が伴いました。

    これが軍服や着用感触を考慮しない「官給品」であれば、着用者側に「我慢しなさい」で済ませることが出来ます。

    民需品は「戦争ではなく、商品価値競争に勝利しなければなりません」

    参考記事

    本記事は翻訳途上です

    スウェーデン女性軍人、「可燃性」のブラに関して不平をこぼす

    スウェーデン人の女性兵士は、軍が戦闘で実戦試験で吟味されたブラを彼女らに提供することを要求し、既存の支給された下着類が余りに容易に火が付き、人員の生命を危険にさらし、更には戦闘行動中に「不意の動作でホックが外れるという問題点」に関して苦情を申し出ました。
    ベーリング標準時:西暦2009年9月23日 / 午前7時0分
    スウェーデンの徴兵諮問会【Conscription Council】(国の500人余りの女性の軍人の代理をする人権団体)は、定番スポーツブラの劣った品質が容認できないと言いました。

    「私たちの意見は、スウェーデンの軍隊が良い、そして耐炎の下着を注文するべきであったということです」と、「ポリーナ・レービンダー」(組合のスポークスウーマン)は、スウェーデン英字新聞の地方紙で発言しました。

    「ブラは奮闘を要する間、運動の最中に余りに容易にホックが外れます」と(女性)軍人達は言い、女性達にブラジャーを再固定する目的の為にホックを留める過程を実行する間、彼女らの背嚢(はいのう)などの装備を取り外すことで、無為に戦闘訓練活動を中断させている(戦場での隙は命取りになる為)と主張しました。

    また、【 Goteborgs-Posten 】新聞の報告によると、ブラ自体も非常に可燃性です。

    レービンダーさんは、女性が已むを得ず、自費で自身で着用する為の下着を購入しましたが、一方で耐火性を有する軍事行動に適切な下着が、軍隊組織によって「官給品として男性兵士に与えられた」と【AFP】に主張しました。

    彼女はその分野の先駆者(パイオニア)であると広く考えられていた国の男女の平等の不足によって、軍を批評しました。

    「これは『警告信号』を女性に送ります。」

    「皆さんは、あなたの仕事場に来て、働く、安全な設備を提供できるべきです。」

    と、彼女は言いました。

    「30年間以上もの間「スウェーデン王国」軍には女性兵士が存在しましたが、ブラジャーは軍によって一度も提供されたことがありません」

    と、彼女は言いました、しかしながら軍が彼らのブラジャーを買う為にお金を徴集兵に与えたことに注目して。

    しかし、いろいろなことは珍しくセットに見えます。

    軍は、来年徴集兵になると予想される 800 〜 1,000人の女性の為に、現在、新しい戦闘用の「安全な」ブラを開発しています。

    「今年または来年までに準備をするべきです。」と、レービンダーさんは言いました。

    1980年以来、スウェーデンは「女性の徴集兵」を許容しています。

    スウェーデンの軍隊の 4〜5パーセントは女性です。

    • Female Swedish soldiers complain about 'flammable' bras

    Swedish female soldiers have demanded that the army provide them with combat-tested bras, amid complaints that the garments issued to them easily catch fire and unhook too easily.
    7:00AM BST 23 Sep 2009

    The Swedish Conscription Council, a rights group representing the country's 500-odd women soldiers, said the poor quality of the standard-issue sports bras was unacceptable.

    "Our opinion is that the Swedish Armed Forces should have ordered good, flame-proof underwear," Paulina Rehbinder, a union spokeswoman, told The Local, Sweden's English-language newspaper.

    The bras unhook too easily during strenuous exercise, soldiers said, forcing women to interrupt their activities to remove their equipment in order to re-fasten the brassieres.

    The bras are also highly flammable, according to a report in the Göteborgs-Posten newspaper.

    Ms Rehbinder told AFP that women had been forced to buy their own undergarments, whereas men were given suitable underwear by the army.

    She criticised the military for its lack of gender equality, in a country widely considered a pioneer in the field.

    "This sends a signal to women. You should be able to come to your workplace and be provided with equipment that works and that is safe," she said.

    "There have been women in the Swedish military for more than 30 years, but bras have never been provided by the military," she said, noting, however, that the military gave conscripts money to buy their bras.

    But things look set for a change.

    With between 800 and 1,000 women expected to become conscripts next year, the military is now developing a new battle-safe bra.

    "It's supposed to be ready either later this year or next year," Ms Rehbinder said.

    Sweden has allowed women conscripts since 1980. Four to five per cent of Sweden's armed forces are women.

    メルトラン規模のソング

    Meltran_thong_of_ Panties


    ソング(英語: thong)とは下着および水着の一種で、日本ではフロントが普通のビキニでバックがT字型にカットされたデザインになっている。ソングは生地の面積が小さいため、ショーツラインやブリーフラインがアウターに響きにくい。

    元々 thong とは紐と言う意味であり、海外では tanga (タンガ)と共に、日本でTバックと称されるボトム類の総称として用いられる。しばしば 【G-string】 (Gストリング)と混用される
    文章起案中

    画期的な発想の転換

    文章起案中

    高張力繊維の応用例

    当サイト内の記事 フォルモ より画像流用

    靴の設計

    ヒール靴は、軍人には不要でも、民生用では商品構成に必要になります。

    しかし、縮小体 (或いは「マイクラン」)で体重50kgの女性が、ヒール部分の底面積 2cm2のハイヒールを履いた場合、踵(かかと)には荷重の8割が集中し、片足のヒールにかかる圧力を計算すると、1,000,000 Pa(100万パスカル)、つまり単純計算では 10kg/cm2)もの圧力が掛かります。

    これもまた通常態(巨人)の女性の標準体重(7倍値で重量倍数343倍の17.15t)、単純拡大としてヒール部分の底面積 倍数値 343×686cm2の 343,000,000 Pa(3億4,300万パスカル)、これもまた1平方センチメートル当たり 3.43t(3.43t/cm2果たして材料工学だけで解決出来るかは疑問です。
    ハイヒール靴・健康上の問題点
    1. 重心の安定が悪く快適でない。また足首の捻挫を起こしやすくなる。
    2. 健康上に多大な悪影響がある。人間は本来裸足での歩行に向いた骨格になっているが、ハイヒールを履き続けることで姿勢がゆがみ、外
    3. 反母趾、むくみ、肩こり、重症となれば椎間板ヘルニアともなる。骨格に対して無理な緊張を強い続ける結果、骨、筋肉に負担がかかり、骨盤が歪む。骨格が歪むと、冷え、むくみ、腰痛、最悪の場合妊娠機能低下にまで繋がる。
    4. 骨や筋肉が歪むため、平たい尻、下腹の膨らみ、O脚といった状態にも繋がり、スタイルを悪化させる。
    5. 靴の形状と足先への影響高さのあるハイヒールを履く事で転倒し易くなり、体重を支える足首への衝撃や事故が増える。
    6. 直立、歩行時に安定性が保てない為、足に過度の負担が掛かり痛みが発生する(長時間の場合は殊更である)。その結果、履き続けると骨と腱を傷付け「外反母趾」になる場合もある。
    7. かかとを高くするデザインにより、着用者の体重が極端に爪先方向へ移動し押されがちである。
    8. 靴先のデザインがつま先で絞られていると足指の自由がなく結果指の付け根で歩く事になる。
    9. 長期間の着用は筋力のバランスと指間の靱帯を弛緩させ、足の骨格を歪ませてしまう(例:ヴィクトリア・ベッカムはハイヒールの履き過ぎで足の骨格が変形し、歩行が困難になり、その回復には患部の切開を伴う手術を要した)。
    10. ハイヒールの靴はかかとを持ち上げる構造の為、常にアキレス腱を緊張させる。
    11. ハイヒールを履く事による着用者の足裏の不具合は、特に魚の目と水疱の形で現れる事がある。これは、体重がこの部分に集中し、足骨と地面とで挟まれる為である。

    耐環境服(マイクラン用:参考)

    着用例

    関連記事