ロボテック・クロニクル - ラースタチュカ・ビス

外形の「スホーイ似」にも関わらず、対地攻撃能力重視(前線戦闘機)の伝統は健在

基本思想
  • Su-27「ジュラーヴリク」【 Журавлик 】 〜 Su-35( 西側コードネーム「フランカー」系列)をミグ設計局の名前と政治力を借りて可変戦闘機版の「前線戦闘機」として再構成したもの。

目次 【Index】

Су-47 ビェールクト【Беркут】

画像保存・表示形式制限への注意

これ以後の画像は、サーバーへの読み出し負担を軽減する為と、1画像辺りのサイズ制限(横幅 660 pixel 制限で1枚 1MB 以下)の制限規則に適合させる為、256色のGIF形式になります。
この為「色情報のドット割れ」が生じますが、日本語での紹介目的は達成可能と考え、敢えてGIF形式としましたことをご了承ください。

画像資料



対人攻撃はジュネーブ条約に・・・




対峙(たいじ)







対地掃射

名称

ラースタチュカ・ビース

ロシア空軍・制式採用記号 (キリル文字)

ЫВМ-29 бис Ласточка до

西側名称(アルファベット)

YVM-29 bis Blue Max

愛称の日本語訳について

ロシアでの愛称は「ラーストチュカ・ビース(Ласточка・бис)」すなわち「新しい燕」であるが、これは女性に対する優しい呼びかけ、つまり「若い“つばめ”ちゃん」でもある。

尤も、ロシア語とは異なり日本国及び日本語では、『つばめ』は【年上の女性の愛人の幼い少年、男児 (ショタ)や若年男子】を意味する俗語の意味合いが強い。*1

бисは、フランス語の【bis】にあたり、日本語では『〜改』、つまり日本語に完全変換すれば『“ 飛燕改 ”』

予算繰りの為に「Mig-29」の発展型のように見せ掛けていますが、実際には共通部品は 15 %しかなく、骨格(フレーム)も強度不足の為に新素材で新規開発設計され、強化されていました。

日本語の「語彙(ごい)」変換

二九式・可変(ベリテック)前線戦闘攻撃機『飛燕改

地球統合軍コードネーム

YVM-29 "BLUE MAX"

A・I・ミコヤーンとM・I・グレーヴィチ記念設計局 【ОКБ и.м.А.И.Микояна иМ.И.Гуревича】は、得意の政治的工作力で、通常戦闘機のシェアを『スホーイ設計局』に譲る代わりとして対地能力を前提とする可変戦闘機開発への独占権をロシア大統領から取り付けた。

地球統合軍コードネームのYVM-29 "BLUE MAX"*2は、『ロシア語』
Переменной - Много. функциональныйфронтовой. истребитель / ПМфи を英語に変換した

Valiable Mnogofunktsionalny Frontovoi Istrebitel / VMFI】(可変・多機能・前線戦闘機)

と、開発情報と試作機を共に持って『反統合同盟』に亡命した、元ドイツ空軍【Luftwaffe *3/ルフトヴァッフェ】のテスト・パイロットマクシミリアン・フォッケ』【Maximilian Focke】のコールサイン『青のマクシミリアン』を各々『英語』に変換したもの。

テスト・パイロット

マクシミリアン・フォッケ【Maximilian Focke】は、かつてロイ・フォッカーの指導教官【Menter】を務めていました。

  • 旧マクドネルダグラス社の製造である F-203 ドラゴン IIに注目。

反統合側へ

運命の対峙

名目上の開発局

ロシア航空機製作会社『MiG』(旧:ミコヤン・グレビッチ設計局)

機体設計実体

スホーイ設計局との裏取引

機体自体はむしろ、スホーイ設計局Су-27【スー・ドヴァーッツァチ・スィェーミ】『鶴』【ジュラーヴリク/Журавлик】と、その派生型【-27 IB/-32/-33/-34/-35/-37】に似ている。
公式設定では、ウクライナ独立後も、モスクワ周辺が「東方陣営ソビエト独立州」【Eastern Block Soviet Independant State / E.B.S.I.S.】として社会主義を維持している。
作者に確認を取ったところ、
スホーイは黎明期の可変戦闘機市場にはまず参入しない、参入しても大丈夫な位技術基盤が安定しないと。
ミコヤン設計局なら、うまく立ち回り生き延びる手段として、スホーイの若手技術者を引き抜く裏工作をするだろうし、ライバル企業の設計を取り入れるのには何の抵抗もない。
ガウォークはまだない時代だが VTOL形態として脚可変機構を採用するには、29は小さすぎる。
化学燃料ターボファン・エンジンは燃料容積を食うので、29を無理矢理ガウォークにすれば、イマイの『ガウォーク・ファントム』【YVF-4 "Specter"】や『ガウォーク・ハリアー』【YAV-8 "Harrier Hurricane"】のような、玩具設定の機体になってしまう。
したがって、ミコヤンが根回しをして自社開発の29の発展型として予算繰りをして、スホーイ設計局の一部技術者を「借りて」(自称) 設計した。
輸出販売時にも高性能だが高価なスホーイ設計局のブランドイメージよりは、ミグの名声(ネームバリュー)利用が得策。
との回答でした。 記事に注意事項で記載すると共に、カール・フランク・メイセックに続いて、本作品の主要な作家二人テッド・野村コーリン・ドーラン【MS.Colleen Doran】嬢の記事を作成済みです。

要目

項目/形態戦闘機形態ガウォーク形態
飛行速度最大水平海面速度: Mach 1.1:
最大水平速度(高度 10km): Mach 2.5
最大水平速度(高度 30km以上):Mach 4
地球型重力及び大気圏に於ける最大速度限界
マッハ0.9 (900 kph)
また、適所で無期限にホバリング可能。
失速速度182kph(VTOLの整流が利用可能な場合)
航続距離1,500 km(増槽無し)
初期上昇率毎分 20,000 m
実用上昇限度25km(ズーム上昇無し。)
最大推力リューリカ設計局AL-31F サルトゥン・
推力偏向ターボファン機関

MIL規格でのオーギュメンター推力

【30,000 ポンド / lbs】( 13,607.77 kg)*4

  • FLYING, GERWALK CONFIGURATION:
SPEEDSMach 0.9 (900 kmph) maximum speed limit in an Earth-like atmosphere. Can also hover in place indefinitely.
  • FLYING, FIGHTER CONFIGURATION:
Max level speed at sea levelMach 1.1
Max level speed at 10kmMach 2.5
Max level speed at 30+ kmMach 4
Stall speed182 kph (VTOL rectification possible)
Range1500 km
Initial climb rateover 20,000m per minute
Service ceiling25 km (unboosted).
MAX ENGINE THRUSTPowerplant: 2× Saturn/Lyulka AL-31F turbofans: each engine is rated at 30,000 lbs of thrust each with augmenters

寸法

全高
(戦闘機形態)
4.20m.
全高
(ガウォーク形態)
6.13m.
全幅15.5m
(主翼展張状態)
全長17.6m
空虚重量11,000 kg.
物理強度30 P.S. と等価
貨物搭載量操縦室内の操縦席の後部の小区画中に若干の私物を搭載可能。

STATISTICAL DATA:
HEIGHT(fighter)4.20m in fighter configuration.
HEIGHT(gerwalk)6.13m in gerwalk configuration.
HEIGHT(fighter)4.20m in fighter configuration.
WIDTH15.5m with wings out swept
LENGTH17.6m
WEIGHT11,000 kg empty.
PHYSICAL STRENGTHEqual to a P.S. of 30
CARGOSmall compartment behind pilot's seat for personal belongings.

FASTパック互換性

  • 無し(COMPATIBLE FAST PACKS:None)

兵装システム【WEAPON SYSTEMS】

固定火器

30MM M99-A1 対戦車砲×1門。
原型の MIG-29 搭載の30mm 機関砲の発展型で胴体下面に据え付けられる。


毎分500発の発射速度と、最大300発の機内搭載量を持つ。
主目的対地強襲
二次目的対機動兵器有効射程:装弾筒付徹甲弾【APDS-SS (ArmorPiercing Discarding Sabot - Spin Stabilized)の場合、全ての目標に対して1,000 m 或いは3,937 ft (900m) .
損害率・装弾筒付翼安定徹甲弾【Armor Piercing Fin Stabilized Discarding Sabot/APSSDS】1d6 単射【short bursts】、3d6 複射【medium bursts】、5d6 全力射撃【full auto】
・徹甲榴弾【High Explosive Armor Piercing (HEAP)】*52d6 単射【short bursts】、4d6 複射【medium bursts】、6d6 全力射撃【full auto】


・曳光弾は25%のダメージ減。通常弾は1d6 単射【short bursts】、3d6 複射【medium bursts】、5d6 全力射撃【full auto】
発射率単射やバースト射撃は、パイロットの複合攻撃に等しい。
搭載量200 発 を内部弾倉に格納、単射【short bursts】 20秒 複射【medium bursts】10秒、全力射撃【full auto】5秒。
注記: APSSDS crits on 17,18,19,20. HEAP crits on 19,20. Tracers add +2 to strike.
HEAPHigh ExplosiveArmor Piercing (徹甲榴弾)
HESHHigh ExplosiveSquash Head(粘着榴弾)
Tracers曳光弾
バースト射撃現在の自動小銃でフルオート射撃をすると一つの弾倉を2秒間程で撃ち尽くしてしまう為に、弾薬節約の為に考案された射撃方法。
一回トリガーを引くと銃によって決められた2〜3発の弾丸を射撃する。
これによりセミオートよりも多く、フルオートよりも控えめに弾を撃つ事ができるのである。
なお、一回トリガーを引くと2発銃弾が発射されるものは2点バースト(射撃)、3発発射されるものは3点バースト(射撃)と呼ばれる。
しかし、時としてフルオート射撃も必要なため、現在バースト射撃が可能な銃は、セミオート、フルオート、バーストの3種の射撃方法を兼ね備えている事が多い。
フルオート射撃を完全に否定し、バースト射撃とセルオート射撃だけの英断を下した銃はアメリカの「M16A2」だけである。分点射撃とも呼ばれる。

ハード・ポイント

翼下の6箇所の兵装懸架点(ハード・ポイント):各々の翼に3箇所ずつ取り付けられます。
それぞれの兵装懸架点(ハード・ポイント)は15本の短距離ミサイル。5本の中距離ミサイル、2本の長距離ミサイル、或いは 500 kg の爆弾を取り付けることができます。

  • 6 x WING HARD POINTS: Three hard points are mounted on each wing. Each hard point can mount 15 short range, 5 medium, 2 long range missiles or 500 kg of bombs

格闘戦能力(限定的)

必要なら、機体は格闘戦闘を行うことが可能です。 専用のバトロイド形態がないので機体の格闘能力は制限されます。

HAND TO HAND COMBAT: If necessary, the Blue Max can engage in melee combat rather than use a weapon. Without a dedicated battleloid mode the Blue Max only possesses limited hand to hand abilitys.

標準搭載電子装置

STANDARD EQUIPMENT

自動操縦装置

オートパイロットラースタチュカ・ビスは、コンピュータ化されたオートパイロットを備えている。

これにより、パイロットは寛ぐか、長時間飛行の間、仮眠することさえをも可能とする。

オート・パイロットは、複数の速度、方向と複数の目的地を含んでいる複雑な飛行計画をプログラム設定することが出来る。

可変戦闘機がその目的地に近いとき、搭載コンピュータはパイロットに警戒を促して、更にセンサーが機体の近くに存在する障害物を感知するとき、自動的に信号を送る用意が整えることも可能である。

AUTO-PILOT: The Tigercat is equipped with a computerized auto-pilot, allowing the pilot to relax or even sleep during long voyages. The auto- pilot can be programmed with a single destination or a complex flight plan involving multiple speeds, directions, and destinations. The onboard computer will alert the pilot when the fighter is near its destination, and can also be set to automatically signal when sensors detect objects near the mecha.

火器管制コンピューター

чк-миг 29戦闘コンピューターは、特定の敵の目標を追跡して、特定して、100以上の画像のデータベースをメモリーに保管可能。

コンピュータは、同時に最高5個までの目標を特定・追跡することが可能。

COMBAT COMPUTER: The combat computer tracks and identifies specific enemy targets, and has a database of over 100 images stored in memory. The computer can identify and track up to 5 targets simultaneously.

外部音声拡大装置

外部音声ピックアップ型番不明有効集音範囲:300ft (91.5m) 。

最高300フィート離れて通常の会話が可能な音声拡大システム。

EXTERNAL AUDIO PICKUP: Range: 300 ft (91.5 m). A sound amplification system that can pick up normal conversation up to 300 feet away.

熱と放射線遮蔽

特別な遮蔽装置は、熱と放射が脅かす生命危機の浸透を防ぎます。遮蔽装置と放射線の水準に何らかの破裂があれば、放射検出と警報装置は、遮蔽装置にリンクされて、警鐘を打ち鳴らすでしょう。
左より、核兵器・生物兵器・化学兵器(毒)の標識

HEAT AND RADIATION SHIELDS: Special shielding prevents the penetration of life threatening head and radiation. A radiation detection and alarm system are linked with the shields and will sound an alarm if there is a rupture in the shields and what the levels of radiation are.

レーザー照準装置

100 マイル(160 km)敵性目標を攻撃する際に精度の増加に使われ、機体の打撃利得に際し部分的に責任を持つ。

LASER TARGETING SYSTEM: Range: 100 miles (160 km). Used for increased accuracy in the striking of enemy targets and is partly responsible for the mecha's strike bonus.

拡声器

ラウドスピーカー

(拡声器)
型番不明操縦繭(まゆ)に組込まれ、90dbまで操縦者の音声を増幅可能。

LOUDSPEAKER: A loudspeaker system is built into the craft, which can be used to amplify the pilot's voice up to 90 decibels.

光学装置

項目システム・スイートの各機能の説明
光学(赤外線)有効範囲:2,000 ft(1,000 m)。

この光学システムは、通常目に見えないが、機体のセンサーで見つけられる赤外線光の光線(ビーム)を投射する。

システムによって、パイロットが彼らの赤外線反射によって隠れた、又は隠された物を発見可能。しかし光線は「赤外線感光レンズ」で誰の目にも見えるようになる。
光学(夜間暗視装置)有効範囲:1,000 m。

受動的な光学映像増倍管は、自ら光を発しないが、可視化映像を生み出す為に電子的増幅される環境光(Ambient light)に依存する。
光学(熱線暗視装置)有効範囲:2,000ft (610 m)。

暖かい物体からの赤外線放射を探知し、そのデータを擬似色可視画像(赤外線画像【IIR】)に変換する、昼間でも使用可能な受動的な光学的熱センサー。

システムはパイロットに、闇間(dark)、影(夕闇-shadow)で、そし、煙の背後まで見通せる。加えて操作者の追跡技術の習熟度により、+10%程度の利得(Bonus)向上が可能。


OPTICS: INFRARED: Range: 2000 feet (610 m). This optical system projects a beam of infrared light that is invisible to the normal eye, but detectable by the mecha's sensors. The system allows the pilot to detect hidden/concealed objects by their IR reflectiveness. The beam will be visible to anyone with IR sensitive optics, however.
OPTICS: THERMAL IMAGER: Range: 2000 feet (610 m). A passive optical heat sensor that detects infrared radiation projected by warm objects and converts that data into a false-color visible image. The system enables the pilot to see in the dark, in shadows, and through smoke, and also adds a +10% bonus to pilots using a tracking skill.

л-16 システム

  1. アクティヴ・センサー・ジャマー
  2. チャフ頒布器
  3. フレア頒布器
12本のチャフ と 12個のフレア頒布器が各『両脚』の下肢部に格納されます。
  • ACTIVE SENSOR JAMMER SYSTEM
  • CHAFF AND FLARE DISPENSER:12 chaff and 12 flares are stored in each lower leg

無線装置

ラジオ / ビデオ
・コミュニケーション
長距離、衛星リレー能力による双方向通信システム。

通信範囲:600マイル(960km)は、衛星リレー中継によって無期限に増幅可能。

  • RADIO/VIDEO COMMUNICATION: Long range, directional communications system with satellite relay capabilities. Range: 600 miles (960 km) or can be boosted indefinitely via satellite relay.

【機密保持装置】

自爆装置敵による捕獲を防ぐために、パイロットは「ラースタチュカ・ビース」【飛燕改】を自然崩壊させるシステムを起動させることが可能。

そして、それはガウォークに最高60分(時間は、パイロットにより設定可能)の遅延の後、爆発する。

爆発被害は20フィート(6m)域の中で含まれ、爆発の半径の範囲内で、全ての対象に損害及び損傷を負わせる。

当然ながらこれにより全ての機体内部の構成システムは消滅する。

パイロットが射出手順(sequence)を「オーバーライド」で越えない限り、脱出ポッドは爆発の前に自動的に射出される。

SELF-DESTRUCT: To prevent capture of an advance variable fighter by the enemy, the pilot can activate the Blue Max self-destruct system, which will cause the fighter to explode after a delay of up to 60 minutes (time is set by the pilot). The explosive damage is contained within a 20 foot (6 m) area and inflicts 1D6x10 M.D. to everything within the radius of the explosion. All internal systems are obliterated. The escape pod will be automatically ejected prior to the explosion unless the pilot overrides the ejection sequence.

標準搭載のサバイバル・キット

標準サバイバルキット携帯用のサバイバルキット。

小さな補強された箱の内部には、

・中型フラッシュ、

・2つの手持ち信号紅炎(hand flares)、

・1つのロケット照明弾、

・コンパス、

・赤外線遠距離双眼鏡(infrared distancing binoculars)、

・小型の手鏡、

・ポケットナイフ、

・乾燥&濃縮食物(1人用ならば5日間分の供給に拡張可能)

・基本的な応急手当アイテム (アスピリン、包帯、殺菌剤、その他)、


が含まれる。

STANDARD SURVIVAL KIT: Inside the small reinforced box is a medium-sized flashlight, two hand flares, one rocket flare, a compass, infrared distancing binoculars, a small mirror, a pocket knife, dehydrated and concentrated food (can be stretched into a five day supply for one person) and basic first aid items (aspirin, bandages, disinfectants, etc.)

戦術生命維持システム

ラースタチュカ・ビース(飛燕改)のコックピットは与圧され、そのうえ追加の空気供給を加圧した呼吸を提供するパイロットの飛行服に提供する

遠征艦隊軍 飛行服(フライト・スーツ)も、高G旋回の間さえ、血液循環を促進し、操縦士が高荷重環境において意識を失う(ブラック・アウト)可能性を減少させる上下の耐G服を含む。

  • TACTICAL LIFE SUPPORT SYSTEM

The "МиГ-29бис【Ласточка бис】" cockpit is pressurized, and also provides additional air feeds to the pilot's flight suit that provides him with pressurized breathing.

The REF flight suit also contains an upper and lower g-suit that promotes blood circulation even during high-g turns, thus decreasing the possibility of pilot's blacking out in combat.

  • COMBAT BONUSES FOR BLUE MAX TRAINING:
1 attacks per melee (plus those of the pilot).
Add one additional action/attack at levels six and eleven.
  1. 0 to strike
  2. 2 in guardian, and +4 in jet mode.
  3. 1 to roll with a punch or fall with an impact, reducing damage by half.
Critical strike same as pilot's hand-to-hand.

開発と実戦部隊での運用、終焉まで

この項目は翻訳品質の向上の途上です!

【МиГ-29бис】( Mig 29 Bis / ミグ29 ビス )【Ласточка бис】(ラースタチュカ・ビス / 飛燕改)、地球統合空軍(当時は未だ「国連空軍」)コードネーム:【YVM-29 "Blue Max" 】(YVM-29 「ブルー・マックス」)は、ロシア連邦から分離独立した【EBSIS】(「東方共栄圏・ソヴィエト独立州」) が開発した初の、おそらくは、有能な最初の可変戦闘機・且つ「前線戦闘機」を開発する試みの中では最も成功した部類の固有機体でああると後世(西暦2066年)の航空機&航空戦史又は軍事研究家の間で議論されている機体でした。

西暦 2005 年の初頭、地球統合政府 【 UEG , United Earth Goverment 】 はベリテック技術に基づく新型試作可変戦闘機の技術移転を禁止し、落下した異星人の宇宙船ASS-1 マクロスより得られた異星人の先進技術、つまり「オーバーテクノロジー・オブ・マクロス」【OTM】を意欲的で活発なロシア航空機産業に渡すことをも許さないことと決定されました。

したがって、ロシア空軍は、それらの大規模なスパイ組織網の援助と固有の技術の使用で、EBSIS【東方共栄圏・ソヴィエト独立州】空軍航空団がそれ自身の可変戦闘機を生産すると決めました。

「ミコヤン・i・グレビッチ」州立航空宇宙産業は、2005年2月13日(木曜日)に「ブルー(青)・マックス」と地球統合軍(当時は国連軍と同一)のコード名を付けられたプロジェクトを受注しました。

YVF-14に関する「グラマン」社(コーポレーション)と同様の理由で、ミコヤン設計局は、当初から基礎となる新設計を一から築き上げることの代わりに伝統的な機体を変更することで対応することを決めました。
彼らは出発点に MIG-29(その背景技術は Su-27 系列)を選択し、ロシア連邦が「当時獲得可能な」る最も先進的な設計と電子装置を導入しました。

新しいVERITECHは YVM-29という U.N. AIR-Force(地球統合空軍(当時は国連空軍と同一)のコードネームと呼ばれて、典型的な凸凹があり、長持ちする耐久性重視の「ロシア流の設計流儀」(ファッション)で造られました。

飛行機の多くがグラマンのチームから「借りられた」デザインを使用し、兵装は YVM-29 の為の従前のロシア製造機体の系統に属する専用の構成を搭載する一方、その「借用」の要は装甲にあり、これらは YVF-14と全く同様です。

そして残念ながら、ロシア連邦にとって、YVF-14 の為の先進の戦場監視・電子装置(エレクトロニクス)と「マン・マシン・インタフェース」技術のうち、極く僅かしかロシア側には提供されず、一方でそれらはある程度は(無断で)複製可能でした。

戦略兵器制限交渉」【 SALT / Strategic  Arms  Limitation Talks 】 の結果として、統合軍コードネーム「ブルーマックス」の性能は、これらの領域の両方で遅れていました。

ノースロップ・グラマン社の開発チームの成果である YVF-14 「タイガー・キャット」の初の試験飛行の、ほんの3ヶ月後の、西暦 2006年8月17日(月曜日)に、 ミグ29改「ラースタチュカ・ビス」(地球統合軍コードネーム「YVM-29 ブルーマックス」)の最初の試験飛行が行われました。

参謀幕僚が新型機の操作性に驚く中で、飛行試験の計画は無事に実行されていきました。

全部で、総数で推定25機の YVM-29 が製造されました。

この航空機は成功であると考えられていましたが、個別機体の費用(開発取得費用&維持費)が余りに多く、プロジェクトは西暦2011年に取り消されました。

戦闘歴は、飛行機が価値があると立証しました。 
空戦履歴は、この前線戦闘機の価値を証明しました。
およそ18機の YVM-29 が西暦2008年の夏にウクライナに対して送られ、直ぐに戦線投入されました。

これらの前線戦闘機は、約50機の従来型戦闘機を撃墜し、その間の被損失は2機に過ぎませんでした。

残っている23機の戦闘機の内、第一次星間大戦は、のゼントラーディ・ドルザ基幹艦隊の「死の雨」の艦砲爆撃の間、17機は地上で破壊されました。

残りの6機は、【EBISIS】(「東方共栄圏・ソヴィエト独立州」) が入手可能な、盗用された地球統合軍、サザンクロス軍【ASC】、ゼントラーディ、及び ゾル人【Robotech Master】技術で第一次星間大戦と第二次星間戦争の終わりまで整備維持、各種装備更新・近代化(アップグレード)されました。
2030年8月の第二次星間戦争の終結後にサザンクロス軍【ASC】は、【EBSIS】(「東方共栄圏・ソヴィエト独立州」)が戦火を交えずして支配力を消耗していったように、そのような権力・支配力の消耗枯渇状態でした。

2033年5月13日に、【EBSIS】(「東方共栄圏・ソヴィエト独立州」)軍はその結果、第二次統合戦争に反旗を翻し、開戦したドイツ共和国に渡りました。

結論を云えば【 finally 】、YVM-29は、地球統合軍管轄「宇宙軍」【U.N. SPACY】が(大気圏内の)戦闘において会敵した、最初のVERITECH技術を応用した敵性可変戦闘機の一つでした。

装備の近代化更新(アップデート)された「ミグ29改」系列機は、より先進的な、本機にとって次世代の機体である サザンクロス軍【ASC】(大気圏内)戦闘機(VF-7 「シルフィード」や F-207ファルコン II )に対して、よく健闘しましたが、残りの6機中の3機は、撃墜されました。

ロシア、云え正確には【EBISIS】(「東方共栄圏・ソヴィエト独立州」)同盟軍は、早急に制空権を確立して、ヨーロッパ全土を支配するかのように見られていました。

The 【МиГ-29бис】・【Ласточка бис】U.N.AIR-Force Code name isYVM-29 "Blue Max" was the Eastern Block Soviet Independent State's first, and some would argue most successful, attempt to create avariable fighter.

In early 2005, as the UEG was putting out the call forbids on a new prototype variable fighter, it became apparent the there in vigorous Russia aircraft industries would be not be allowed to obtain little if any of the advanced alien "over technology of MACROSS".

Therefore,the Russia air force decided that with the aid of their extensive spy network and the use of native technologies the EBSIS air wing would produce its own transforming fighter.

"The Mikoyan i Gurevich" state aerospace industrieswas awarded the project code named "Blue-Max" on February 13 (Thursday), 2005.

For similar reasons as "Grumman Corporation" with the YVF-14, Mikoyan designers decided to modify a traditional airframe instead of building a new design from scratch.

They chose the MIG-29 to start off from and installed the most advance designes and electronics that the Soviet Empire could obtain.

The new veritech was called the U.N.AIR-Force Code named YVM-29 and was built in the typical rugged and durable Soviet fashion.

Much of the plane uses designs "borrowed" from the Grumman team, to the point were the armor and the weapons load configurations for the YVM-29 and the YVF-14 are quite similar.

Unfortunately for the Russias, very little of th YVF-14 advanced electronics for battlefield surveillance and "man to machine interface "was able to be replicated.

As are sults, the Blue Max performance lags in both those areas.

The first test flight ofthe YVM-29 was on August 17 (Monday) 2006, only 3 months after the Grumman team.

The flight went flawlessly as the general staff was amazed at the maneuverability of the new machine.

In all total some 25 YVM-29's were built.

Although the plane was considered a success, the cost of each plane proved to be too much and theproject was canceled in 2011.

The combat history proved the planes worth.

Some 18 YVM-29's were sent against the Ukraine in the summer of 2008.

These planes shot down some 50 conventional fighters, while only losing two.

Of the remaining 23 fighters, 17 were destroyed on the ground during the Zentraedi "Rain of Death".

The remaining six were maintained and upgraded through the end of the First and the Second Robotech War with stolen RDF, ASC,Zentraedi, and Robotech Master technology that EBISIS was able to obtain.

After the end of the Second Robotech War in August 2030, the ASC were in such a depleted state that EBSIS had became the dominate power without as hot fired.

On May 13 2033, EBSIS forces crossed into Germany thus beginning the Second Global CivilWar.

The YVM-29's were among the first combat aircraft into UEG / U.N. SPACY meeting older VF series finally in combat.

The updated 29's performedwell against the more advanced ASC fighters; however three of the remaining six were shot down.
Russian forces quickly established air-superiority and looked to take overall of Europe.

インビッド戦役時の残存機

しかしその僅か2日後のインビッド攻撃開始によって、彼らの計画はすぐに水泡に帰しました。

1機の YVM-29 だけは、インビッド 侵入の間、北米大陸で 抵抗運動(レジスタンス)戦士達と共に生き残ったと信じられています。

However their planssoon came undone, when the Invidattacked two days later. Only asingle YVM-29 is believed to have survived the Invid invasion is is currently with resistance fighters in North America.

関連記事(直系)

  • Mig-34 カリョービン・前線戦闘機/戦闘攻撃機【Mikoyan i Gurevich 47 Karyobin / Armscor A-16 Executioner Jet Attack Fighter】
  • Як-201垂直離着陸・前線戦闘機
日本語変換表記:第四七式格闘戦闘機「犬鷲」(いぬわし)

関連記事(傍系)

同機の最も著名なパイロット