ロボテック・クロニクル - リン・ミンメイ (二次的連続性作品) II

他の恒星系の異文化の星の星都(首都)の場末で歌うミンメイ

  1. ヴァリヴェール恒星系の、木星類似ガス惑星『ファントマ』3番目の月〔衛星〕『ティロル』。
  2. 星都『テイレシア』に遠征艦隊軍が文化交流目的で建設した社交クラブのポスター。



Miss Linn Minnmei sing her own songs at the club in the capital city Tiresia on the TIROL which is the moon of Giant gas filled planet FANTOMA,Valivarre solar system !
  • Eternity (Maribu) comics , Robotech II: The sentinels BOOK-3 issue/episode 04.

目次【Index】

老年期の幻想 (リック・ハンター(老年期)との再会)

よくみると、操縦席の計器盤やキャノピー形状は VF-22 のものに似ている為、機体が VF-1 レプリカ、または他の機種の可能性がある。リック・ハンター(老年期)の指環は、リサ・ハイエスとの婚約の時から大事にしていたもの。

生きていたら、2040年のあの日《マクロス進宙式 2/22》にまた逢いましょう

親記事と他の子記事

関連記事

逃避行

ジョナサン・ウルフリン・ミンメイは、

トーマス・ライリー・エドワーズ准将の謀反軍の軟禁から、ヴォイヤー/ヴィクセンを奪って逃走する。



交戦しても数で勝てないことを、実戦経験により知っていた、ベテランのジョナサン大佐は、その高速持続性能と耐G特性により、G訓練をしていない民間人を乗せる為、【慣性制御装置標準搭載が必要】から、始めからヴォイヤー/ヴィクセンを奪取することに決めていた。

詳細は、タイトル:ヴォイヤー/ヴィクセンの一連画像を参照のこと。
SVR-1「ヴォイヤー」奪取による逃亡
行動開始
追撃
追撃飛行小隊のVFA‐6Z(ゼータ)レギオスが迫る
逃亡
無人地帯【No Man's Land】
追撃の手は緩まない
反撃に思わず顔をしかめるレベッカ・ニックス
なおも追撃
不時着を決意
2人きりの逃亡生活の始まり
スパルタス【VHT-2/‐A2型】夜戦隊の追撃
衛星ティロルの星都の路地裏で
錯乱
突飛な行動と捕縛
  • 極度の緊張により、錯乱したと推定される。アイドル歌手としては修羅場を潜り抜けた、タフな彼女とはいえ飽くまでも民間人としての経験であり、年齢的な加齢もあり、ストレス耐性が軍人のジョナサンの想定より落ちていたということになり、ジョナサンの民間人対応に関する判断ミスは否定出来ない。
ジョナサン・ウルフは今後の対応を考えながら一時撤退
  • 次話『運命の囚人たち』【 Prisoners of fate 】

親記事・「子記事 I」表示

内部リンクへ行く