ロボテック・クロニクル - 年表(小説版)

25周年祈念


作者ジャック・マッキニー*1
氏名英文Jack McKinney *2
発行国アメリカ合衆国
基本言語英語
ジャンルサイエンスフィクション, ヤングアダルト・フィクション、神秘, スリラー
出版社バランタイン・ブックス 【Ballantine Books】
媒体印刷(ハードカバーと ペーパーバック)。オーディオ・ブックカセット・ブック


概要

前世紀の西暦1987年に、ロボテック・アニメシリーズは、作者の「ジェームズ・ルセーノ」【Luceno】と故「ブライアン・デイリー」【Brian Daley】によって目新しいフォームに適合させられて、バランタイン・ブックスと【Ballantine Books】*3によって発行されました。


In 1987, the Robotech animated series was adapted into novel form by authors James Luceno and the late Brian Daley and published by Ballantine Books.

以前に「銀河レンジャーズ」【The Adventures of the Galaxy Rangers(ふじこ ふじお)は、日本の漫画家。藤本 弘と安孫子 素雄の共同ペンネームの例がある。))

作家フランク・ハーバート【Frank Herbert】のデューン/砂の惑星【Dune】のスタイルに架空のエピグラフ*4を使用して、マッキニーの小説は、日本国の原典を吹き替えし翻案したアニメ・シリーズに特有の物語構成の制限から逃れて、更に最も意義深いことには中止になっている1986年企画の続編の「ロボテック II:センチネルズ」の粗筋を適合させることによって、年表をさらに詳細に太らせました。

Having previously collaborated on the animated series Galaxy Rangers, the pair's Robotech novels were released under the unified pseudonym of "Jack McKinney".

Using fictitious epigraphs in the style of Dune, McKinney's novels escaped the limitations inherent in the dubbed cartoon and fleshed out its chronology in greater detail;most significantly, by adapting the storyline of the aborted sequel project, "The Sentinels".
The entire series lasted for twenty-one books, the first fifteen of which were later collected into five three-book omnibus compilations in the early 1990s.

シリーズ全巻は21冊にも亘り長く続き、最初の15冊は後に、1990年代前半に3冊の個別の巻を1つに合冊した【3 in 1 】の5冊のオムニバス編の選集になりました。

オリジナルの12冊の小説は、1ヶ月当たり1冊を出版可能なように、厳しい12ヶ月の締め切りまで書かれました

この締め切りで、故「ブライアン・デイリー」【Brian Daley】と「ジェームズ・ルセーノ」【Luceno】同時*5に、ロボテック小説のスケジュールを12の部分に分割して、異なった部分に取り組み、次に 校訂校閲と文体調整の為に、完成した原稿を2人の作家の間で取り引きしました。

作品研究計画の一部として、彼らは、何回もテレビシリーズを見て、大いにカール・メイセック【Carl Macek】と相談しました。

最近の漫画版ロボテックとアニメーション化の映画版ロボテック:シャドウ・クロニクルによる年表のその後の改訂は、幾つかのシリーズの連続性に関するロボテック聖典【canon】の見解により「二次的連続性」の地位に左遷された「ジャック・マッキニー」の小説との幾らかの衝突(不整合)を引き起こしました。

これにも関わらず、最初の12冊の小説(テレビシリーズの小説化選集)が最近、4巻*6合冊のオムニバス選集でデルレイ・ブックスによって再出版されました。

The original twelve novels were written to a tight twelve-month deadline, so that the books could be released one per month.
Under this deadline, Daley and Luceno divided the Robotech timeline into twelve segments and worked on different segments simultaneously (i.e. Daley wrote Book 1 while Luceno wrote Book 2), then traded completed manuscripts for revision and style adjustments.
As part of the research project, they watched the TV series many times, and consulted heavily with Carl Macek

Subsequent revisions to the timeline of Robotech by recent comics and the animated move Robotech:The Shadow Chronicles caused some continuity clashes with the McKinney novels, which have relegated the novels to a "secondary" position in Robotech canon.

Despite this, the first 12 novels (collecting the novelisation of the TV series) have been recently re-issued by Del Rey Books in four three-book omnibus collections.


二次連続性分岐


ロボテックのテレビシリーズ(連続番組)からの主な相違(分岐)は以下の通りです。

遺伝子工学のためにプロトカルチャー (資源)を、エネルギー資源と幻覚剤、インビッドやクローン達の食糧から スター・ウォーズで 「フォース」【理力】(りりょく、りりき)と同系の神秘主義的な力に変えて、それは「形削り」【Shapings】を通して宇宙の運命を操りました。
1:3部作品本編で見られたジョイスティックとペダルに加えて ロボテックの機動兵器が「熟慮」【thinking cap】、ファイヤー・フォックス (映画)か、後の日本国のスピンオフ・マクロス・シリーズマクロス・プラス 【Macross Plus】に登場した、YF-21BDI【Brain Direct Image】(訳:脳内直接イメージング・システム)や、BCS【Brainwave Control System】(訳:脳波操縦システム) を通したパイロットの精神的なイメージで制御されると述べること。
2:原典の3部作品から対話で僅かにに矛盾する年表を使用すること。

相違の一部は、日本版原典からの翻訳資料の不足によって生じたことを理由として説明可能で、作家は、それらを与えられたスクリーン上の情報と、時に、決してアニメ化されずに終わった素材を含めることで、日本版の3つの原典作品を、更に堅固に1つの作品として結び付けたいという作家の願望によって部分的に説明することが出来ました。

また、少なくとも要因が、(故人)デイリー氏とルセーノ氏の故人カール・メイセック【Carl Macek】氏に対する作品内容の協議中に、直接カール・メイセックによって提案されたアイデアが、その小説シリーズに於ける批判されている幾つかの要素になったことに注意すべきです。*7

The major divergences from the Robotech television series include:

Changing Protoculture from a power source and a hallucinogenic foodstuff for genetic engineering into a mystical force akin to the Force in Star Wars, that, through its "Shapings," manipulated the destiny of the universe.
Stating that Robotech's mecha are controlled by the pilot's mental imaging via a "thinking cap" (a la Firefox or the later Macross spin-off Macross Plus), in addition to the joysticks and pedals seen in the show.
Using a chronology that is slightly contradicted by dialogue from the show.
The divergences can be explained partly by a lack of translated source material from the original shows—meaning that the writers could only go by what was seen on the screen and the materials they had been given—and partly by a desire to tie the series together even more completely than the television show, sometimes by including material that never ended up being animated. In particular, the "Shapings of the Protoculture" enabled this unification, serving as the deus ex machina to Robotech's Greek tragedy. It should also be noted that at least some of the elements for which the novels have been criticized were directly suggested by Carl Macek during Daley and Luceno's consultations with him.

図書目録

デル・レイ・ブックス【Del Rey Books】社が発表した小説の発表リストに従えば、オムニバス版【Omnibus Editions】*8や、書籍#13〜17(センチネル)の出来事が、時系列的に書籍#7-12*9と実際に並行されていることを除いて、ほぼ時系列順に並んでいる推奨の図書目録になります。

The following is the list of novels released by Del Rey in publishing order, Omnibus Editions and a recommended reading order which is roughly chronological, except that the events in books #13-17 (The Sentinels) are actually concurrent with books #7-12

番号
Number
個々の版
Individual Editions
オムニバス選集
Omnibus Collected Editions
推薦された読書順序
Suggested Reading Order
1.Genesis
創世記
The Macross Saga:Battlecry
マクロス・サーガ:鬨の声*10
(#1-3)
1.Genesis
創世記
2.Battle Cry
鬨の声
The Macross Saga:Doomsday

マクロス・サーガ:最後の審判の日
(#4-6)
2.Battle Cry
鬨の声
3.Homecoming
帰省
The Masters Saga:The Southern Cross
マスターズ・サーガ:南十字星
(#7-9)
3.Homecoming
帰省
4.Battle Hymn
戦いの賛美歌
The New Generation:
Invid Invasion
新世代:インビッド侵略
(#10-12)
4.Battle Hymn
戦いの賛美歌
5.Force of Arms
武力
The Sentinels 3-in-1
センチネルズ 3分冊合冊集
(#13-15)
5.Force of Arms
武力
6.Doomsday
最後の審判の日
-6.Doomsday
最後の審判の日
7.Southern Cross
南十字星
-19.The Zentraedi Rebellion
ゼントラーディ人の反乱
8.Metal Fire
銃火
-13.The Devil's Hand
魔手
(センチネル編)
9.The Final Nightmare
最後の悪夢
-14.Dark Powers
邪悪な勢力
(センチネル編)
10.Invid Invasion
インビッド侵略
-15.Death Dance
死の舞踏
(センチネル編)
11.Metamorphosis
 
メタモルフォーゼス
(生物学上の)変態の意味。)
-16.World Killers
世界を滅ぼす者達
(センチネル編)
12.Symphony of Light
光の交響曲
-17.Rubicon
境界
(センチネル編)
13.The Devil's Hand
魔手
-20.The Masters' Gambit
支配達の策略
14.Dark Powers
邪悪な勢力
(センチネル編)
-7.Southern Cross
南十字星
15.Death Dance
死の舞踏(死亡遊戯)
(センチネル編)
-8.Metal Fire
銃火
16.World Killers
世界を滅ぼす者達
(センチネル編)
-09.The Final Nightmare
最後の悪夢
17.Rubicon
境界*11(センチネル編)
-21.Before the Invid Storm
インビッドの嵐の前に
18.The End of the Circle
エンド・オブ・サークル
(円環の終わり)
-10.Invid Invasion
インビッド侵略
19.The Zentraedi Rebellion
ゼントラーディ人の反乱
-11.Metamorphosis
 
メタモルフォーゼス
(生物学上の)変態の意味。
20.The Masters' Gambit
支配達の策略
-12.Symphony of Light
光の交響曲
21.Before the Invid Storm
インビッドの嵐の前に
-18.The End of the Circle
エンド・オブ・サークル
(円環の終わり)

小説本 #1-12 【最初の世代】「マクロス・サーガ」: #1-#6、【第二世代】「ロボテック・マスターズ」: #7-#9、 【第三世代】「インビッド戦争」: #10-#12は、基本となるテレビシリーズ小説化です。

小説本 #13-17「センチネル」【Sentinels】 失敗した1986年にパイロット・アニメが制作された、テレビシリーズの続編の文書です

そのエンド・オブ・サークルの時代設定は、全てロボテックの最終回の出来事と謎解きの後に設定されるので、シリーズの本の最終巻き第18巻は、シリーズが終わった後に、残された謎と傑出した構想で特異です。

1989年に発行されて、この本は2006年の急進的な別の物語の筋書きを持つ、ロボテック:シャドウ・クロニクルの発売まで、ロボテック・シリーズ全ての時系統列の最終的な章であると考えられていました。

最後の3冊の本が1994年から1996年までの間に発行されました。

小説本第19巻は、エターニティの漫画「ロボテック:不満分子の蜂起」【Robotec: Malcontent Uprisings】の小説化です。

そして、その時代設定は最初の世代「マクロス・サーガの出来事のすぐ後、2018年12月に発生します。

小説本第20巻は、第二次ロボテック戦争の前に時代設定され、小説本、第21巻が第二次ロボテック戦争の終結とインビッド侵略の間に時代設定されます。

  • English
Books #1-12 (First Generation (Macross Saga: 1-6), Second Generation (Robotech Masters: 7-9), Third Generation (Invid War: 10-12)) novelize the story of the TV series. Books #13-17 (The Sentinels) document the story of the failed sequel TV series.

The last of book of the series, Book #18, is unique as it is set after the events of the final episode of Robotech and wraps up all of the outstanding plotlines and questions that remained after the series ended. Published in 1989, this book was considered to be the final chapter of the Robotech series until the 2006 release of Robotech: The Shadow Chronicles, which introduced a radically alternate storyline.

The last three books were published from 1994-1996. Book #19 is a novelization of the comic Robotech: The Malcontent Uprisings and occurs shortly after the events of the First Generation.

Books #20 is set before the Second Robotech War, while Book #21 occurs during the period between the end of the Second Robotech War and the Invid Invasion.

子記事

子記事

関連記事