ロボテック・クロニクル - GMP

紋章

  • ロボテックシリーズ版では、日本での原作版の設定の頭文字「G」は惑星グロリエの略号ではなく、「グローバル」=「統合」軍事警察【 G lobal Military Police / GMP】とされる。従来の、陸軍、海軍、海兵隊、空軍、宇宙軍 の管轄ごとに付属していた憲兵隊の編成では、様々な事態や、標準体〔巨人体〕ゼントラーディ人の反乱などの広域警察業務には対応出来なくなり、憲兵軍として内閣府直属組織として大規模化、かつ統合された巨大な軍事警察機関となった。
  • 詳細は、サザンクロス軍の組織名・日英対照表 を参照ください!
  • The Japanese / English comparative table to the Structure of "Army of the Southern Cross"

双頭の鷲


再送付の依頼中の件

  • 秋田書店「マイアニメ」

線画セットの目次 (The index of 51 pieces lineart drawings)

English only

  • Jane Does, An anonymous Adventure queen , animated magazine female editor.
Thank you for your high evaluation. I have reply evaluation here also.

By the way, regarding the article publication , "I " was not editing the actual "animation production site" but (*) "editing the anime magazine". (Anime Magazine editer the actual magazin name is private).

I will tell you the memories of those days below, so if you post are the name of Yahoo Japan Auction Seller (boukenou2002) transfer into "anonymous" , you can process and edit it to make it easier to read and post it.When the anime magazine editorial department at that time decided the featured work in the book to be released next time, the production company received related materials (video tape and copy of settings at that time), prints of the video capture, and the editors set the enlargement and reduction so that arts, charts, and line drawings fit in the margins of the text area of ​​the magazine manuscript, and then output the resized image with a photocopier, and then output the resized image with a photocopier, and then cutting it out and pasting it on the mount. Since the picture of the setting is too large, basically magazine editers reduce it and cut it out before use. The setting of the copy source is saved during the anime broadcast (the magazine editors may be plan to feature again), but when the program ended, the materials of the next program came one after another and were discarded. Sometimes, a setting image with a cut edge was posted, but when I first got the setting, I did not notice that it was cut, and even if I noticed when it was time to create the block copy, it would be the same due to the deadline. Sometimes it was posted. I'm sorry!It is like the above. I think that's also the reason why some of the settings for Akita Books , monthly anime and subculture magazine "My Anime" on the homepage that you taught me are cut off. However, I didn't do my own animation, so maybe all the settings distributed by the production company were cut pieces. I've never been to the Southern Cross production site, but when I go to the production studio, the animators make their own copies of the settings, so I think there were many mistaken copies. By the way, the amount of the program was discarded after the program was over, but there were quite a few people who could bring it back to commemorate it, so I think it's on the market today. Also, recently, because of the retro boom, there are more and more opportunities to be featured in magazines as nostalgic anime, so it seems that they are being copied again. (Recent editing work is done on the PC, so I don't make a block copy, but the original settings for scanning are required.) This is what I remember for the time being. Thank you.


ポーランド式の2本の指先を立てる敬礼をするラーナ


デヴィッド・ファリス【David Farris】
Dana(ジャンヌ・フランセーズ)は#47「Outsiders」で同じ敬礼をしています。...
しかし、Marie Crystal(マリー・アンジェル)は#51 "Clone Chamber"で標準的な米国式の敬礼をします。








  • (デビッド・ファリスへ)
サザンクロス軍は、「陸軍」と航空宇宙局という2つの組織に分かれているようです。
地上ベースの陸軍はポーランドスタイルを敬礼し、航空宇宙局の敬礼のスタイルは、米国または西ヨーロッパのスタイルである可能性があります。


フィル・シュール【Phil Hsueh】
彼女の部下が米国式の敬礼でそれを返す間、私はラーナ・イザヴィア (ノヴァ・サトリ)が2本の指の敬礼を与える方法が好きです。


  • (Phil Hsuehへ):
2つの推定が可能です。
元の物語構成作家(ストーリーディレクター)は明らかに地上軍にポーランド式の敬礼を設定しましたが、実際の描画スタッフは彼の意図を理解することができませんでした、それでラーナ・イザヴィは士官のポーランド式の敬礼を持っています。その一方で、彼らは元のストーリーディレクターの意図に反して彼女の部下に誤った作画を描きました
2.司令官アナトール・エリ・レオナルドによる陰謀(*)は、ロルフ・エマーソンの部下であった航空宇宙軍の軍警察部隊の一定数の兵士を引き寄せました。
彼らは統合軍事警察に移送されました。
※(第52話 "ラブソング":最高司令官レオナルドは、敵に対する第二次攻撃の指揮で、彼の政治的な敵ロルフ・エマーソンを配置します。)




デヴィッド・ファリス【David Farris】

Dana does the same style of salute in #47 "Outsiders"....

But Marie Crystal does the standard US salute in #51 "Clone Chamber"....Only for Leonard to return the non-US salute...







  • (To David Farris )
The Army of Southern Cross seems to be divided into two organizations, "the Ground based Army" and the Aerospace Bureau .
The ground based Army salutes Polish style, and the style of the Aerospace Bureau salute may be the style of the United States or Western Europe.

フィル・シュール【Phil Hsueh】

I like how Nova gives a 2 finger salute while her subordinates return it with a US style salute.


  • (To Phil Hsueh ): Two estimates are possible.
1. The original story director clearly set a Polish-style salute in the groundbased Army, but the actual drawing staff couldn't understand his intention, so she has the Polish-style salute of officer Nova Satori. On the other hand they drew false art to her subordinates against to original story director's intension
2. A conspiracy by Commander Leonard (*) has drawn a certain number of soldiers of the aerospace force Military Police unit who were subordinates to Rolf Emerson.
They were transferred to "Grobal" Military Police.
※(Episode 52 "Love Song" : Supreme Commander Leonard places his arch-rival, General Rolf Emerson, in command of a second offensive against the enemy.)

憲兵本部




  • 正式な公式確定版のカード。
関連組織


未公開 初期デザイン

Protoculture_Collection_Extradisc_05_Un-produced_Soutoss_designs_11_22


Protoculture_Collection_Extradisc_05_Un-produced_Soutoss_designs_18_22
Protoculture_Collection_Extradisc_05_Un-produced_Soutoss_designs_19_22
リサリクス級・植民船 Protoculture_Collection_Extradisc_05_Un-produced_Soutoss_designs_22_22

目次 【Index・

  • 主催任意団体
  • 名称略称
  • 上記日本語変換 (ロボテック版)
  • 簡易目次
  • GMP:データ 
  • 「ロボテックの描き方:マスターズ篇」より
  • 組織解説
  • 超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブック から
  • 戦略機甲師団 第15分隊・宿舎にて
  • 前世紀(1984年)日本版原版資料 (紹介画像は「男性用」のみ)
  • 超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブック 第90頁
  • 超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブックより
  • 尉官の訓練例 「ノヴァ・サトリ(ラーナ・イザヴィア)
  • 一般兵曹着用例
  • 小火器
  • GMP:プロフィール】  
  • GMP:ストーリー(ロボテック版) 
    •  
  • ブランシュ・フォンテーヌ記事の臨終の記載より
  • ◆ GMP:予備知識  
  • 模型作例 Corporal "Ms.Marino June"
  • 【写真中の解説文の解読】
  • GMP: 
  • ◆【GMP:メモリー】  
  • 関連項目
  • 【親項目】
  • 2015年1月18日〔日曜〕提供

    • サムネイル画像をクリックにて 720 pixel x 480 pixel 原寸画像に移動します。

    特別高等警察

    • その権力作用は基本的に兵籍にある者に対して行使され、この点で旧日本皇国の「特別高等警察」とは異なる。
    • しかし、ジョルジュ・サリバンの「統合技術研究開発部 (特殊技術院)」(憲兵軍管轄)への強制徴用の事件に書かれている通り、軍に有用と判断された、或いは思想的に危険であると判断された民間人の拉致(らち)や強制徴兵に関与した幾つかの事件が戦後指摘されており、その「秘密警察」としての司法権力作用への疑惑が払拭(ふっしょく)された訳ではない。

    難民排斥暴動の鎮圧に出動

    • 落着したアズシャール級母船を難民キャンプ場として定着を始めたゾル人難民に対する排斥運動は暴動へと発展、これを鎮圧する為に、SRP-19 ボビィを伴い出動した「統合軍事警察」【GMP】。
    • 横幅 660 pixel の縮小画像をクリックにて 1,600 pixel x 857 pixel 原寸画像に移動します。
    • 横幅 660 pixel の縮小画像をクリックにて 1,500 pixel x 811 pixel 原寸画像に移動します。
    主催任意団体
    • ファンアート制作集団 『ロボテック・ヴィジョンズ』【 ROBOTECH visions 】
    Facebook アカウント要 パソコン用Web頁URL
    https://www.facebook.com/robotechvisions
    Facebook アカウント要 モバイル用Web頁URL
    https://m.facebook.com/robotechvisions

    名称略称

    G.M.P

    制式名称

    Grobal Military Police

    上記日本語変換 (ロボテック版)

    統合軍事警察

    またはグローバルの英単語を地域の語彙に割り付けして「全領域・統合軍事警察」

    簡易目次

    GMP:データ 

    Land Rover for GMP-General


    • 統合軍事警察 専用・将官視察車両(★『Palladium Robotech RPG Sourece Book IV“ Southern Cross ”』より。)

    組織一覧

    所属組織サザンクロス軍
    【Army of Southern-Cross / A.S.C. 】
    呼称統合軍事警察【Grobal Military Police】
    登場作品超時空騎団サザンクロス
    通称ジーエムピー【GMP】
    分隊総数60個群
    隊員例ラーナ・イザヴィア少尉、マリーノ・ジュン伍長(後に大尉)、アラン・デイビス中尉、コンラッド軍曹、ハロルド装甲兵 他
    年齢構成16歳〜60歳位まで(学生入隊及び高齢者の司法院勤務が可能な為、年齢層は幅広い。)
    全軍中の地位士官学校出身の場合、首席に近い成績順位から更に法律科目に強い生徒を選抜する為、全軍中でも素養と倫理観に溢れる人材が揃っている。
    政府の法科大学院からの出身者の場合、入軍試験とは別に体力測定が行われ、学業成績と体力の成果を比較衡量(ひかくこうりょう )*1 し決定される。
    階級二等兵〜少佐位まで
    共演選抜戦術機甲師団ジャンヌ・フランセーズ少尉、宇宙機甲師団:マリー・アンジェル少尉、戦術宇宙師団デニス・ブラウン中尉
    取扱機無線操縦 及び 音声指示型 自立判断・法執行ロボット QPR-19「ゴーレム
    又は、搭乗型の法執行ロボット SPR-19「ボビイ

    「ロボテックの描き方:マスターズ篇」より

    • 当時の欧米人にとって 所謂「アニメ体型」や、表情をはっきり表現する誇張手段としての、特に女性キャラクターの「大きな瞳」はカートゥーンに似ていながら、それとも異なる「東洋の神秘の技(わざ)」であり、一般大衆が真似てファンアートを描くのは困難を極めた。
    • この為、ロボテック・シリーズを真似て書く為の指南本が、複数の出版社から発行されたが、最も体系的に此れを行ったのが、ブラックソーン出版【Blackthorne Publishing 】であった。

    組織解説

    • High-Definity image
    • サーバー上のアップロード容量制限〔1ファイルあたり1.00 MB以下 〕の為、上下に4分割されています。
    • For upload image capacity restrictions on the server, that ONE image is divided in FOUR(4) images.
    秋田書店「月刊マイアニメ」1984年7月号 第55頁『ミリタリーファイル・ 3「鉄の規律はわが命」 - 憲兵隊 -』 人物画:「やぎさわ 梨穂」 軍事設定考証:庄司 菜穂子
    • Character drawings : MS. Riho -Yagisawa. Military studying: MS.Naoko Shoji
    1Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,126 pixel x 465 pixel
    2Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,126 pixel x 336 pixel
    3Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,126 pixel x 399 pixel
    4Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,126 pixel x 204 pixel




    1枚版(660pixelx992pixel)

    超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブック から


    • クリックにて原寸 1,000 pixel x 875 pixel に復帰します。

    「今日は ジャンヌ 狩り、逮捕鉤束出動よ!」と部下に檄(ゲキ)を飛ばしたかは

    定かではない・・・

    前世紀(1984年)日本版原版資料 (紹介画像は「男性用」のみ)

    High-Definity image 【For " MALE"  only】

    • サーバー上のアップロード容量制限〔1ファイルあたり1.00 MB以下 〕の為、上下に二分割されています。
    • For upload image capacity restrictions on the server, that ONE image is divided in two images.
    • 左下部が 統合軍事警察 の アーミング・ダブレット(A.D) 【Arming Doublet】(日本版では「憲兵隊」)
    CD.U / GMP / ATAC High-Definity image
    • Upper image ,please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,080 pixel x 761 pixel
    • Bottom image ,please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,061 pixel x 715 pixel

    低精細度・1枚画像版【Low-Definity image,but United ONE image】

    超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブック 第90頁


    • by
    10Mecha design Group Ammonite
    (アンモナイト) ,
    Takashi-Ono
    (小野 隆嗣)
    • クリックにて原寸 901 pixel x 1,343 pixel に復帰します。

    超時空騎団サザンクロス・スペシャル・ガイドブックより


    • クリックにて原寸 813 pixel x 1,215 pixel に復帰します。


    一般兵曹着用例



    画像は本編第9話「スター・ダスト」回想場面において民間人(当時)であった「ジョルジュ・サリバン」を連行するGMP一般兵。実行部隊の素性を隠す目的で、意図的にアーミング・ダブレット(A.D)をフルマスクで装着している。

    小火器

    M-25 ウルヴァリン小銃【Wllveerine_Rifle】


    モニュメント兵器廠 LP-09 9mm レーザー拳銃【Laser-Pistol】


    M-35 フェレット 45口径 半自動拳銃【Ferret_45_Semi-Automatic_Pistol】


    GMP:プロフィール】  


    Global Military Police 【全領域(統合)軍事警察】の略語

    GMP:ストーリー(ロボテック版) 

    西暦2030年末に起きた地球圏内での第二回目のゼントラーディ巨人 & ゼントラーディ・マイクローンによる武装蜂起の後、地球圏での巨人形態でのゼントラーディ人の居住は認められなくなった。

    しかしながら、各殖民星では貴重な労働力又は娯楽の対象として、男女それぞれの巨人が存在した為、各移民惑星政府はこの情報が伝わらないように細心の注意を払ったが、噂が伝播するのは時間の問題で、治安の悪化は避けられない見通しとなった。

    また、ヨーロッパ系移民の多いプロキシマ星系【Proxima system】の惑星「リベルテ」やエリダヌス座イプシロン星系【Epsilon Eridani】グロリエに於いては、少数の「地球統合軍」からの派遣分団に対して、開拓時の屯田兵的役割として、圧倒的多数の特別軍である「サザンクロス軍」【Army of Southern-Cross / ASC】が設立されたが、人員不足から人選基準が甘いものとなり、実際に横領や密輸、婦女子の性的人身売買、海賊行為を働く幹部士官による大規模な内乱を経験することになった。
    ブランシュ・フォンテーヌ記事の臨終の記載より
    高級軍人の犯罪で亡くなった実姉、実母マリーに対するものであったとも、先輩であり秘めたる恋人でもあったジョルシュに対するものでもあった、あるいはその両方を含んだものであるのだとする意見があり、解釈は分かれています。
    これに際して、当時各殖民星に残留していた少数の巨人形態のゼントラーディ人も迎合し、治安の悪化は深刻な社会問題となり、市民に対する殺人・暴行・強姦などの凶悪犯罪行為等による人的・精神的損害が発生した。

    反乱そのものは、辛うじて平定されたものの、多くの教訓が残された。

    これらの内部規律の乱れに対しては、陸・海・空・宇宙軍(殖民惑星の場合は「海兵隊」は無い)に付属する憲兵隊では不十分であり、管轄主義(セクト主義)の弊害によって上層部への追求の手が及ばなかったり、逆に憲兵自らが物資の横流しをしたり、風紀違反行為(2036年の高級将校による人身売買事件)を行うなど、上層幹部の腐敗も多く見られた為、厳しい人選による「公平無私」な構成員と各軍の縦割り指揮系統に左右されない、組織横断的(グローバル)な警察機関が必要とされた。

    今後の移民惑星の自治や移民人口の減少、開拓民の士気や屯田兵募集にも影響が出ることを恐れたリベルテ・グロリエ両政府は、まず手始めに惑星グロリエに、「グロリエ全領域警察軍」【G.G.M.P / Glorie Gloval Military Police】を置くことにした。

    「G.M.P.」の呼称は前記のグロリエ憲兵軍の頃からの名残でもある。

    命令系統は形式的には三軍の合同最高司令官にあるが、信任が否決されると、直ちに文民である首相の指揮下に入れ替わる。

    このため、アナトール・エリ・レオナルド(クロード・レオン)陸軍大将によるワイアット・モーラン【Wyatt Moran】首相の権限愉越(けんげんゆえつ)行為が行われた第二次星間戦争(対ゾル人戦争)末期の殖民惑星グロリエでの事実上の私兵組織サザンクロス軍の実態はともかく、少なくとも本星リベルテにおいては、軍上層部の思惑に左右されることなく、適正な軍事法廷の執行が行われた。

    また、巨人形態のゼントラーディ人は直ちに縮小化(マイクローン化)することとされたが、移民政府はいずれも高度な調整と維持技能が必要なこのマイクローン化装置を地球圏統合政府から割り当てを受ける当分の間は困難であった為、その間、彼らの警察権の執行や逃亡者の捜索に、人類サイズの憲兵では危険が大きいという問題が生じた。

    さらにはこれまでの治安の乱れから、陸戦用バトロイドや、絶滅の道にあったデストロイドまで含めて私物化し、犯罪行為に使用する兵士も居た為、ゼントラーディ人に対する肉体サイズ的劣勢を補い、違反兵による人形機動兵器の持ち出しに対応する為に、まず手始めに「SPR-19憲兵用パワーアーマー」を開発し、さらにこれにSCAR【Scientific Committee on Academic Research】(学術研究科学委員会)の提案した人工知能を搭載した、自立型警察ロボット QPR-19(ゴーレム)や搭乗型の警備用 SPR-19「ボビィ」に発展させた。

    これは犯罪現場での適正な状況判断を必要とする憲兵業務には、憲兵自らが搭乗する操縦ロボットでは現場状況の迅速適正な把握に支障があり、教育を積んだ憲兵とは別に「専用の操縦者を雇用しなければならない不便」があったこと、さらにはこれらの憲兵に最初から陸戦用バトロイドの操縦を教育する非効率と(※)操縦適性の問題を考慮したものである。

    ※(憲兵組織の中には、文民統制(シビリアン・コントロール)の観点から多くの文民、つまり法学者や法科生・大学院生徒が軍属の形で所属していた。
    彼らの中には特に学生など憲兵・警察学科コースを選択して基礎体力を付けた者も勿論居たが、文系学生も多く、陸戦用バトロイドの操縦には不得手な者も多かった。)



    こうした一連の試みの一応の成功をみた両政府は、新たに名称を「全領域(統合)憲兵軍」【Global Military Police】と改め、正式に惑星リベルテ、グロリエに各軍の所属憲兵隊の垣根を越えた組織の成立を成したのである。

    ◆ GMP:予備知識  

    • Shogakkan Co.,Ltd. The select "This is Animation" #10: Southern Cross special preview guidebook, pin-up Army of Southern -Cross / ASC organization.
    • クリックで原寸 1,478 pixel x 1,063 pixel に帰します。

    背面


    模型作例 Corporal "Ms.Marino June"









    • クリックにて原寸 865 pixel x 1,305 pixel に復帰します。


    • Corporal "Ms.Marino June", later upgrade "Sergeant major" (Non-commissioned officer) at her age of 31 years old !


    『マリーノ・ジュン伍長』(当時:後に下士官(かしかん、英語:Non-commissioned officer / NCO 】 より「尉官」昇任で「大尉」。)着用。一般兵用ヘルメットだが、外部装備は尉官用という変則的な組み合わせ。女性兵用の規格(※)である。なお、彼女は左利き【サウスポー】である為、盾や銃の持ち手は通常と逆位置であることに注意。下乳部のGMPの文字が逆文字なのは、間違いではなく、左利きを示す意図的なものである。』
    ※儀礼用の短刀・拳銃は女性の体格に合わせて調整されている。又、写真の黒ハンドバッグは軍支給品でアーミング・ダブレット(A.D)着用時も使えるようストラップが長く(短く調整も可能)、民生品とは比較にならない位耐久性・耐摩擦性能が強化してある。とはいえ、軍用鞄としては容量が足らず、かといって本来のハンドバッグの用途としてみれば如何にも官制品風のデザインは当の女性兵達には不評であったようである。

    【写真中の解説文の解読】

    ★惑星「グロリエ」の地球軍組織(サザンクロス軍)は、大統領(後に首相)統括の下、最高指令本部があり、陸
    海局、空宇局の2局に分かれ、“最高司令部直属の組織”に軍事警察があり、この「軍事警察」に所属するのが憲兵隊である。憲兵隊の任務は治安維持で、サザンクロス軍の各部隊にも睨みを利かせている。

    ★サザンクロス軍のアーミング・ダブレット(A.D)としては、「偵察分隊」の装備と並ぶ、最軽量化が図られたものである。
    軽量とはいえ、実戦での使用にも充分堪えうるものであり、余力が有り過ぎて、憲兵隊で採用されるには惜しい代物である。
    他の部隊からは、恐れと侮蔑を込めて「黒い鼈(すっぽん)」と呼称される。

    GMP: 

    ガレージキット】-・・・調査中・・・

    プラモデル


    【三社統合番号 No.02】
    1. 女性憲兵隊アーミング・ダブレット(A.D)ラーナ少尉(1/12)
      アリイ製作所:当時700円。
      足はメタルとプラ製両方付属。ディスプレイスタンド、キーホルダーのメタルエンブレム付。
      左腕の盾に装備の短刀及び黒の女性用大型ショルダーバッグ附属。(サザンクロス軍 官給品)
    2. 【三社統合番号 No.06】(憲兵隊)アーミング・ダブレット(A.D)「アラン中尉」(1/12)
       エルエス製:当時800円。
      肩あてと足は、メタルとプラ製両方付属。

    ◆【GMP:メモリー】  

    • 融通の利かないラーナ・イザヴィア少尉や、9話での扱われ方からみると、いかにも「嫌な存在」のようにもみえますが、考えてみれば、サザンクロス軍自体がティターンズのような「兵隊ヤクザ」みたいなものですから、取り締まる為には強硬な組織になってしまうのが当然かと。
    • 本編では戦略機甲隊第15分隊長ジャンヌ・フランセーズ少尉はムジカボウイをかばい、逃がす行動に出ますが、捕虜に対する逮捕尋問は、憲兵としては当然の対応で、本来はジャンヌを始めとする第15分隊こそが軍事裁判で処罰されるのが本来の流れでしょう。
    • とはいえ、サザンクロス軍総司令官「クロード・レオン」の暴走した状態ではまともな軍の統制は期待出来ないでしょうね。ムジカも虐待や処刑の危険もあったのかもしれません。
    • (…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           

    関連項目

    ラーナ・イザヴィア戦略機甲隊
    宇宙機甲隊宇宙隊
    ・衛星(月)基地アルス【Aluce】サイフリート・ヴァイス

    【親項目】