【ブライトリング】時計【人気】HOT5:breitling.co.jp|jackroad.co.jp


ブライトリング(Breitling Montres S.A. )はスイスの高級腕時計メーカーである。
コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力として来た結果航空業界とのつながりが強く、無着陸世界一周を初めて成功させたブライトリング オービター 3などの航空イベントやイブ・ロッシーら航空関係者を支援する他、自社でも複数の飛行チームを編成している。
目次 [非表示]
1 チーム
1.1 ブライトリング・ジェットチーム
1.2 ブライトリング・ウィングウォーカーズ
1.3 ブライトリング・レーシングチーム
2 略歴
3 代表モデル
4 クラブ・ブライトリング
5 その他
6 関連項目
7 脚注
8 外部リンク
チーム[編集]

ブライトリング・ウィングウォーカーズ(2011年)

MXS-Rを操縦するナイジェル・ラム
下記以外にも体験搭乗やデモ飛行用にエクストラ社製のEA-300などを有し、スポンサードするパイロットに貸し出している。
ブライトリング・ジェットチーム[編集]
民間最大規模となる7機のジェット機による曲技飛行隊。L-39を利用している。
ブライトリングはスイスのメーカーであるが本拠地はフランスであり、パイロットもパトルイユ・ド・フランス出身者が中心。
ブライトリング・ウィングウォーカーズ[編集]
飛行中のボーイング・ステアマン(複葉機)の上部主翼に固定された女性ダンサーがパフォーマンスを披露する。
ブライトリング・レーシングチーム[編集]
2009年に結成したレッドブル・エアレース・ワールドシリーズに参戦するエアレースチーム。
ナイジェル・ラムとフランソワ・ルボットがパイロットを務める。
ブライトリングはレッドブル・エアレース・ワールドシリーズのオフィシャルタイムキーパーでもある。
略歴[編集]

コスモノートを身につけたスコット・カーペンター
1860年1月26日 - 創業者レオン・ブライトリング(Leon Breitling )がサンティミエ(Saint-Imier )にて産まれる。
1884年 - レオン・ブライトリングが時計工房「G. レオン・ブライトリング」(G.Leon Breitling )を開いた。
1884年 - レオン・ブライトリングに息子ガストン・ブライトリング(Gaston Breitling )が産まれる。
1892年 - ラ・ショー=ド=フォンのモンブリラン(Montbrillant )通りに移転し「レオン G.ブライトリング」(Leon G. Breitling S.A. Montbrillant Watch Manufactory )に改名。
1914年8月14日 - レオン・ブライトリング死去。ガストン・ブライトリングが後を継ぐ。
1915年 - レマニア製の16リーニュ 懐中時計用クロノグラフムーブメントを搭載した腕時計を製造。
1927年7月30日 - ガストン・ブライトリング死去、1932年まで社長不在となる。
1932年 - ガストン・ブライトリングの息子ウィリー・ブライトリング(Willy Breitling )が後を継ぐ。
1939年 - イギリス空軍が大量のコクピットクロックを発注。
1942年 - 対数表記の四則演算用の回転計算尺を付けたクロノグラフ、初代「クロノマット」発売。
1952年 - 航空航法用の回転計算尺を付けたクロノグラフ、初代「ナビタイマー」発売。工場をラ・ショー=ド=フォンに残したまま本部をジュネーヴに移転。
1962年 - マーキュリー計画のミッションMA7でオーロラ7号の乗組員スコット・カーペンター(Scott Carpenter )の私物としてコスモノートが宇宙に行った。
1969年3月3日 - ホイヤー・レオニダス(Heuer-Leonidas 、現タグ・ホイヤー)、ハミルトン・ビューレン(Hamilton-Buren 、現ハミルトン)、デュボア・デプラとの4社共同で腕時計用自動巻クロノグラフキャリバー「キャリバー11」(Caliber 11 )を開発、発表。
1975年 - クロノマットにクォーツモデル発売。
1976年 - ナビタイマーにクォーツモデル発売。
1978年 - ブランドをMontres Sicura SAの経営者、アーネスト・シュナイダー(Ernest Schneider )に引き継ぐ契約を交わす。[1]同年、ナビタイマーに発光ダイオードモデル発表。
1979年 - ウィリー・ブライトリング、会社の閉鎖を決定。8月に閉鎖。同年ウィリー・ブライトリング死去。[2]
1982年 - アーネスト・シュナイダーがブライトリング・ジュネーブ(Breitling Genève SA )を設立。[3]Montres Sicura SAの本社工場を改装して、ブライトリングの本社とする。[4]
1983年 - Montres Sicura SAがBreitlingを商標として登録。[5]
1984年 - イタリア空軍の要請に基づき、「クロノマット」の新モデルを発表。
1985年 -「エアロ・スペース」、「オールド・ナビタイマー(手巻)」発表。翌年、自動巻きモデルが発表される。
1993年 - Montres Sicura SAの社名をBreitling AGに変更。[6]
1994年 - アーネスト・シュナイダーの息子セオドア・シュナイダーがCEOに就任。
1997年 - クロノグラフ等複雑系ムーブメントの製造会社であるKELEKを子会社化。[7]
1996年 - 初代クロノマットのデザインを踏襲した「モンブリラン」発表。
1999年 - 全モデルに搭載されるムーブメントの100%クロノメーター化を宣言。
2000年 - KELEKの社名をBREITLING CHRONOMETRIE SAに変更。(KELEK時代とBREITLING CHRONOMETRIE時代で住所に変更なし。[8][9])
2003年 - ベントレーのル・マン復帰に際し、パートナー契約締結。Breitling for Bentleyシリーズ発表。コンチネンタルシリーズの内装にブライトリングデザインのアナログ時計が据えられる。
2009年 - ブライトリング初の完全自社開発・自社製造ムーブメント「キャリバー01」を発表。モデルチェンジしたクロノマットに搭載し発売。自社製キャリバーの開発・製造のために工場「クロノメトリー (BREITLING CHRONOMETRIE)」の南側に新工場を増設した。
2013年5月 - 2012年秋の中国・珠海のエアショー・チャイナへの参加で始まったワールドツアーの一環として、ブライトリング・ジェットチームが来日し、アメリカ海兵隊岩国基地フレンドシップデーと小名浜港でフルショー、神戸港KOBEメリケンフェスタとふくしまスカイパークでフラットショー、横浜港と福島県内各地でフライバイが計画されたが、米国の歳出強制削減によってフレンドシップデー自体が中止になった。小名浜港、横浜港のフライトと福島県内各地の一部のフライトは天候悪化のため中止になった。[1]

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます