エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

SUPLEMENTA IDO-LEXIKO(補完的イド語辞書)

PREFACO 序論(その4)

6. Rebela diftongi 反抗的な二重母音
La lektero certe remarkos ke en defini me uzas la vorti *fayro e *veyno vice la tradicionala (ed oficala) fairo e veino, e ke me propozas non nova vorti en qui y sequesas da konsonanto *1 , kontre la tilnuna kustumo. Pro quo?
定義の中で、私が伝統的(公式的)な「fairo」「veino」という単語の代わりに「*fayro」「*veyno」という単語を使っていることに、読者は気がつくだろう。また、これまでの慣習に反して、単語の中に「y」の後に子音がくる新しい9つの単語を提案している。何故だろうか?
Simple pro ke la ortografio fairo ne reflektas la reala pronunco en Ido.*2
ただそれは、正書法で綴る「fairo」がイド語の実際の発音を反映していないからである。
On ya pronuncas ol kom bisilabo (fay-ro), do oportas skribe distingar ol de naiva, qua naturale pronuncesas kom trisilabo.
まさに「fairo」を二音節(fay-ro)として発音しているので、三音節として発音される素朴な発音と、記述的に区別する必要があるのだ。
Tamen semblas ke til nun ta fonetikala ortografio impedesas da misterioza preskripto en KGD.
しかし、今まではそのような音声学的な正書法は、詳細完全文法(KGD)の中にある不可解な規範によって妨げられてきた。
Ni do apertez ta verko e lektez sur pagino 15 (§ 3):
そこで、詳細完全文法をひも解き、15頁(§3)を読んでみよう。すなわち、
y = y en yeux F., yes E. En Ido ta litero nultempe divenas vokalo, quale en altra lingui.
「y」は仏語「yeux」、英語「yes」の「y」である。イド語でその文字は、他の言語のように、決して母音にはならない。
Pro fonetikal motivi tre grava, nultempe ol sequas a, e, o, u en la sama silabo, quale agas erore pri j, olua korespondanto, la linguo Esperanto (2)
とても重要な音声学的な理由のため、「y」は同じ音節の中で「a」「e」「o」「u」に追従することはない。注2。
Parolesas do pri “fonetikal motivi tre grava”.
そこで、“とても重要な音声学的な理由”について語られている。
Kad espereble ta “fonetikal motivi tre grava” explikesos en la noto (2)?
おそらく、“とても重要な音声学的理由”は、「注2」で説明されるのだろうか?
Ni lektez do ta noto en la infra parto dil sama pagino:
同じ頁の下部にある注を読んでみよう。
(2) To demonstresis en « Phonétique de l’Esperanto », p. 299, Bulletin Français-Ido, n os 77-78,
(注2)これは「エスペラント語の音声学」(会報「仏語イド語」299頁。77−88号。)の中で、論証された。
Nu, hike me trovas adminime quar stranjaji:
ところで、私はここで少なくとも4つの珍しい事柄を発見した。
(a) LdB mencionas “fonetikal motivi tre grava” ma tote ne prizentas li;
(a)LdB(ルイ・ド・ボーフロン)は“とても重要な音声学的な理由”と言及しているけれども、それらを全く説明してない。
(b) LdB nek citas nek mem aludas akademiala decido koncernanta ca gramatikala punto;
(b)ボーフロンは、この文法的な論点関するアカデミー決定を引用もしていないし、暗に指すこともしていない。
(c) LdB sustenas ca “regulo” per “demonstro” publikigita en Bulletin Français-Ido, qua tamen tote ne esis oficala publikajo, ma nura personala bilingua buletino redaktata ed editata da lu ipsa;
(c)ボーフロンは、会報「仏語イド語」の中で公表された“論証”を用いて、この“規則”を支持している。しかし、その会報は公式的に公表されたものでもなく、ボーフロン自身による編集出版された個人的な二言語による会報に過ぎない。
(d) La numeri 77-78 (sama kayero 8-pagina), en qui publikigesis ta “demonstro”, aparis en marto-aprilo 1925, do poka monati ante la publikigo di KDG.
(d)この“論証”が公開された77-78号(同じ8頁の冊子)は1925年3月と4月に発行されていた。ということは、イド語詳細完全文法(KGD)発刊のわずか数カ月前のことだ。
Fortunoze me havas fotokopiita exemplero di ta historiala dokumento, e do nun me povas prizentar a vi la “fonetikal motivi tre grava” e la famoza “demonstro” quin LdB aludas en KGD.
幸いなことに私はこの歴史的文書の複写本を所有しているので、現在、あなた達に、ボーフランが「完全文法」の中で、暗に示している“とても重要な音声学的理由”を説明することができるのである。
Yen mea Ido-tradukuro del Franca originalajo *3 :
その仏語原典からの私のイド語翻訳は次の通り。
[p. 299] Altra kazo: j, qua en Esperanto pronuncesas quale y en yole o yes.
【299頁】その他の場合:「yole」「yes」の中の「y」のように発音されるエスペラント語の「j」。
Avan la vokali a, e, o, u ol esas facile pronuncebla da omni e produktas la soni ya, ye, yo, yu.
「j」は母音「a」「e」「o」「u」の前では発音しやすく、「ya」「ye」「yo」「yu」という音を生成する。
Ma j divenas desfacila silabo-fine dop la sama vokali – aj, ej, oj, uj (miaj, plej, homoj, kiuj) – precipue kande ol preiras n (miajn, homojn, kiujn).
しかし「j」は、同じ母音の後、音節の最後では困難になる・「aj, ej, oj, uj (miaj, plej, homoj, kiuj)」。特に「n」が後に付く場合は難しくなる。「miajn, homojn, kiujn」。
Franco facile povas pronuncar aj, ej, uj (quin altra populi pronuncas a-i, e-i, u-i) pro havar ta soni en sua linguo (paille, oseille, fouille), ma lu male pronuncas ajn, ojn, ujn, qui en lua boko divenas a-in, o-in, u-in.
フランス人は、「aj」「ej」「uj」を発音できる。(他の国の人達は「a-i」「e-i」「u-i」と発音する)。仏語には、その音があるからである(paille, oseille, fouille)。しかしフランス人は」「ajn」「ojn」「ujn」を逆にして発音し,口の中で「a-in」「o-in」「u-in」となるのだ。
E ta desfacilajo esas mem plu granda por altra populi.
そして、その難しさは、他の国の人達にとっては、もっと大きくなる。
Exemple, Angli tote ne povas pronuncar uj, e mem mine ujn, qua i.a. aparas en chiujn.
例えば、英国人たちは「uj」を発音できない。とりわけ「chiujn」の中に現れる「ujn」はなおさらだ。
Or ca soni, quin unanime desaprobas Angli, Italiani, Hispani, Portugalani*4, Greki, Japoniani ed altri, *okuras omna-instante en Esperanto.
しかしながら、英国人、スペイン人、ポルトガル人、ギリシャ人、日本人、その他の国の人達が異口同音に反対するこの音は、エスペラント語ではいつでも出てくるのである。
Pezoza, desagreabla, oli divenas tedanta pro esar tante frequa, mem plu multe kam le sh-atra, kun qui oli cetere unionesas por sufrigar mem la maxim delikata orelo: prenu chiujn tiujn kiujn vi volos kaj lasu chiujn tiujn [p. 300] kiuj ne plachos al vi, “prenez ti omna, quin vu volos, e lasez ti omna, qui ne plezos ad vu”.
それらはあまりに頻繁で、シュという音よりも多く、重苦しく不快で、うんざりだ。繊細な耳を害するために、その音が一緒になってしまう。「prenu chiujn tiujn kiujn vi volos kaj lasu chiujn tiujn kiuj ne plachos al vi」(あなたが望むすべてのものを取りなさい。そして、あなたを不快にするものを残しなさい)。
Nu, yen la texto, yen la historiala dokumento.
さて、これがその文書であり、歴史的文書なのだ。
Lektinte e rilektinte ol, me trovis nula “demonstro” e nula traco di “fonetikal motivi tre grava”.
これを何度も読み返してみても、何の“論証”も、“とても重要な音声学的理由”の跡形も、私は見つけることができなかった。
Cetere LdB apene parolas pri Ido en ca texto.
この文書の中でボーフランはかろうじてイド語について語っているだけなのだ。
Il simple kritikas ula fonetikal *trayti di Esperanto, per tono tote ne ciencala e per argumenti quin aceptus nula profesionala filologo.
音声学的な“エスペラント語の特徴”を、全く学問的な調子でもなく、専門的な音声学を受け入れての論拠でもなく、彼はただ批判したのである。
Konseque, la “regulo” segun qua on ne darfas skribar e pronuncar *fayro, *trayto, *veyno *5, edc esas absurda. Ol ne existas.
したがって、「fayro」「trayto」「veyno」などと記述したり、発音したりすることが許されていないという“規則”は不合理である。それは存在していない。
La y ne bezonas dopa vokalo por pronuncesar korekte.
「y」は正しく発音するために後の母音は必要ではない。
Se esus tale, on ne darfus elizionar la dezinenco dil adjektivo gaya.
もし、そうならば、形容詞「gaya」の形式語尾を省略することは許されないことになる。
Ka gay esas vorto interdiktita en Ido?
「gay」という単語はイド語では禁止されているのだろうか?
Yen: muliero bel e gay.
ここに、「muliero bel e gay」(美しく陽気な成人女性)という言い方がある。
Kad ica expresuro esas interdiktita?
この表現は、禁止されているのだろうか?
La “lego” inventita da Louis de Beaufront esas do ne-sustenebla.
ルイ・ド・ボーフランによる“きまり”は、支持しようがない。
Ol cetere ne existis en Ido primitiva (1908), kande on exemple skribis boykotar (vd. lexiko Ido-Germana da Beaufront/ Couturat/ Thomann).
「boykotar」と書いた初期のイド語(1908年)の中にも、それは存在しない。(ボーフラン、クーチュラ、トーマンのイド語ドイツ語辞書を参照のこと。)
E lo maxim detrimentiva di ca “regulo” esas la fakto ke ol “impedas” la nuna Idisti skribar e pronuncar korekte nova vorti adoptinda, exemple: *taypar, *Taylando, *Malayzia*6.
そして、この“規則”が弊害になっているのは、現在のイド語使用者たちが、採用される新しい単語を正しく発音したり記述したりすることを“妨げる”という事実である。例えば、「*taypar」、「*Taylando」、「*Malayzia」。
Konseque, mea rezolvo skribar e propozar ay, ey, edc en ca lexiko semble esas justifikinda e mem necesa.
したがって、「ay」や「ey」などを記述、もしくは発音するため、この辞書の中で私の解決策がおそらく正しく、必要なのである。

7. Homonimeso e *polisemio 同音異義性と多義性

En la prefaco di sua Ido-dicionario, Pesch skribis ke en Ido “singla vorto havas senco unika, e ta senco esas definita precize, minucioze”.
ペッシュは自著のイド語辞典の中でイド語で“singla vorto havas senco unika, e ta senco esas definita precize, minucioze”(各々の単語は唯一の意味を持ち、その意味は正確、詳細に定義されている)と書いた。
Nu, suficas apertar lua verko e foliumar ol hazardale por konstatar ke tante rigoroza *monosemio ne existas e mem ne povas existar en la linguo *7.
さて、そのような厳格な単義性は存在せず、イド語の中で存在しようがないことを実証するためには、彼の辞典を開いてページをただめくって見るだけで十分である。
*Monosemio esas e restez ne skopo ma moyeno – moyeno per qua on devas e povas evitar ambiguaji e miskompreni maxim multe posible, moyeno praktikala, aplikinda ed aplikata maxim multe posible, tamen sen obliviar ke vorti ne existas kom izolita bloki: li ganas vivo e senco nur en frazi, kuntexti, *situacioni e cirkonstanci.
単義性は目的ではなく方法であり、そうあるべきだ。その方法とは、できるかぎり曖昧性と誤解を避ける方法であり、できるだけ実践的で、応用する価値があり、応用される方法であるものの、しかし、単語は孤立した塊としては存在しないことを忘れることがないようにすべきである。単語というものは、文章やコンテキストや状況や周囲の事情の中だけで、命と意味を獲得しているからである。
Anke en la nuna lexiko me aplikas ta principo.
この辞典の中でも、私は、その原則を適用している。
Exemple, me ne hezitis enduktar necesa etnografiala e geografiala nomi qui esas homonimi (se on ne egardas la komencal mayuskulo) di komuna vorti*8 .
例えば、(もし最小の大文字を考慮しなければ)同音意義である必要な民族誌学的名称や地理学的名称を、私はためらわずに取り入れた。
Cetere, en Ido tala homonimeso ja existas sen ula detrimento en sat multa kazi*9 .
また、イド語では、そのような同音意義は多くの場合、何らの障害もなく、すでに存在している。
Me do nur extensis ta homonimeso ad altra kazi, kande to semblis a me esar necesa e ne-evitebla.
同音意義が必要であり、回避できない時に、私はその同音意義性を他の場合に対して広げてきた。
Tamen me preferis enduktar la sportala nomo *judoo, vice *judo, pro ke *judisto povus esar konfundigiva vorto (malgre la endukto di judaisto en 2001, vd. CARNAGHAN ) e pro ke *judoisto justifikesas da I judoista e R дзюдоист (dzyudoist).
しかし、私はスポーツ関係の名称である「judo」の代わりに「judoo」の方を取り入れてきた。なぜなら、(2001年に「judaisto」がカーナハンによって導入されているにも関わらず)「judisto」は混同され得る単語であるからであり、「judoisto」の方は、伊語「judoista」、露語「дзюдоист (dzyudoist)」によって正当化されるからである。
Me preferis anke enduktar la sportala nomo *poloo vice propozar homonimeso kun polo.
私はまた、同音異議性のある「polo」を提案する代わりに、スポーツ名称「poloo」(ポロ)を、導入する方を選んだ。
Pro lua granda internacioneso ed apene posibla konfundebleso al homonima komuna vorto, me preferis enduktar *kataro kom religiala fak-vorto, vice *kataristo, quan me uzadis tillore.*10
その国際性の大きさのためと、ほとんど同音異議の共通単語と混同されないようにするために、私がその時まで使っていた宗教的用語として、「kataristo」(カタリ派、キリスト教宗派)の代わりに、「kataro」の方を導入した。

8. Konkluzo 結論
Malgre la deskreskanta intereso pri linguala questioni che la mikra Ido-movemento*11, la nuna lexiko esos forsan utila por ti qui ankore uzas la linguo di la delegitaro por skribar artikli pri diversa temi (precipue ciencala) o mem por kompozar literaturala texti.
この小さなイド語ムーブメントでは、言語的疑問についての関心が減少しているけれども、この辞典はおそらく、様々なテーマ(特に学問をテーマ)についての記事を書くために、また、文学的文章を執筆するためにも、代表団の言語(イド語)を使う人たちにとって役に立つであろう。
Me esperas ke altri plu kapabla volos e povos plubonigar e kompletigar ol.
私が願うことは、さらに能力のある他の人たちによって、イド語が改善され、完全なものなることである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます