エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

以下は「Radikaro Idala」(イド語に関する語根辞典)の編纂者、マルツェル・ペシュの同辞典に掲載された序文です。イド語に関する語根辞典は、正式には「Dicionario de la 10 000 Radiki di la linguo universala Ido」(普遍言語イド語の10000語根の辞書)という名称で1964年月2日に発刊されたもの。なお、Marcel Peschのスペルををマーシェル・”ピーチ”と誤訳というか、間違って発音をカタカナ表記に置き換えをしてしまいました。ベブソンさんによると、正しくは「マルツェル・ペシュ」とのことです。”ピーチ”辞典が、かわいいすぎましたね。このwikiの特性上、ファイル名まで訂正すると、ベブソンさんの指摘コメントも消えてしまいますので、ファイル名はそのままで、目次などは、訂正させてもらいます。ベブソンさんのおっしゃる通り、Persiko(桃=ピーチ)と洒落を効かせたものだったら、よかったのでしょうけど…。個人的には、密かに「ピーチ辞典」という用語を使わせていただきます(笑)。ピーチ辞典の本質はイド語の単語をイド語で説明してある、イド語-イド語辞典なので、本格的にイド語に上達したい方は、イド語日本語辞典やイド語英語辞典を使うのではなくで、このピーチ辞典を使ってイド語の美味しい桃を実らせて下さい。
<ベブソンの追加>:どの言語でも、その言語で書かれた辞書を使い熟せるようにならなければ、マスターできないと言われておりますので、イド語で、イド語イド語辞書が出ているなんて、とても素敵な事なんですね。ピーチ辞典、万歳!
所で(Parenteze)、ヒトの名前を正確に発音しようとするとキリが無いのです。例えば、ゴンサロ・ネヴェス(Gonçalo Neves)氏に関してはリオデジャネイロ以外に住む日系ブラジル人ならこの様に発音しますが、ネヴェス氏の本国ポルトガルではこれを、ゴンサル・ネヴェシュと発音するのです。(リオデジャネイロの発音は本国ポルトガルに近いですね。)ですから Pesch氏だって、ピーチ氏でも良いじゃないかとベブソンは考えております。(:−P

PREFACO 序


Dicar ke interkompreno povas eventar exkluzive segun quante la konversanti - lore aktiva, lore pasiva - atribuas a la vorti quin li uzas senco unika e perfekte definita esas truismo.
相互理解とは、時には積極的であり、ある時は受け身となる対話者が、使っている単語に対して、唯一で完璧に定義された意味をどのように割り当てるかによってのみ、成り立っている。このように述べることは、自明の理なのである。
Che la lingui nacionala, interkompreno esas desfacila pro ke, en multa kazi, granda quanto de lia vorti havante plura senci, un ek la konversanti atribuas (pro oblivio di ta plurasenceso, o pro trompo-volo) a ta o ca vorto diskuto - precipua quan lu uzas senco qua ne koincidas kun la senco expektata da la altra persono.
国家語において、相互理解は困難になっている、なぜなら、多くの場合、複数の意味を持つ大量の語彙があり、対話者の一人が、(その複数の意味をわすれたり、わざと偽ったりして)、議論が起こるのは、なんだかんだと、単語にせいにしているのである。その主要な議論は、他の人が望む意味と一致しない意味を使っていることである。

Quale evitar lo? La pensisti maxim eminenta, en omna epoki, respondis, racionale: "per donar, a singla vorto, senco qua esas unika".
それをどのように避けるのか? あらゆる時代の思想家たちは、合理的に、「一つの意味を、一つの語句に与えること方法を用いて」、という答えを出していた。
Tala idealo ne esas realigebla che la lingui nacionala (ecepte en la domeno di la cienci, ube la defini di la termini eventas ante lia uzo-defino da la aktiva-uzero dat-unesma) pro ke ta kolekturo de la vorti quan esas la dicionario di ta o ca linguo indikas (por la personi qui uzas ta linguo pasive) omna senci, ulakaze tre interdiferanta, quin atribuas a ta o ca vorto la personi qui uzas olu aktive.
そのような理想は、国家語において(専門用語の定義は以前に、初めてそれに出会った使用者によって使用定義が生成される学問の分野を除いては)実現できないのである。なぜなら、その言語の辞書である語彙の収集結果は(その言語を受動的に使っている人たちにとっては)すべての意味を指しているからである。その意味は、場合によっては明らかに異なっているが、能動的にそれを使っている人たちに、各々の語句を割り当てているのである。
Pro lo, la problemo esas nesolvebla (adminime, lu ne esas solvebla sen disipo di tempo, di energio e di pekunio).
そのことのために、問題は解決できない(少なくとも、時間とエネルギーと財力の浪費なくしては解決不可能なのだ)。
Kontraste, la idealo esas realigita, fakte, da la linguo universala, supleanta e neutra, t.e. da Ido - nam, che Ido,
対照的に、理想は実際に、普遍的、補完的、中立な言語、すなわちイドと称されるイド語によって実現されるのである。
1. singla vorto havas senco unika, e ta senco esas definita precize, minucioze, - e
^譴弔慮贏辰楼譴弔琉嫐を持ち、その意味は性格に、詳細にいたるまで定義されている。
2. la personi qui uzas la linguo aktive agas lo egardante (rigoroze ed exkluzive) la senco quan donis a ta vorto la Akademio di Ido, pleyado di qua la membri esis maxime kompetenta pri linguistiko, pri la cienci (kom exemplo: pri la psikologio linguo-uzala) e pri la diversa faki di la tekniki, e c.
能動的にその言語を使う人たちは、イド語のアカデミーがその語彙に対して与えた意味を注意深く配慮しながら、活動するのである。
アカデミー会員のプレイアデス*1は、少なくとも言語学や諸科学について十分に能力のある人たちである。
Ma ta realigo implikas ke, ultre lo jus dicita, omna Ido-uzero, irgaloke en mondo, disponas kolekturo de ta defini, defini per Ido ipsa.
しかしそのことに加えて、世界のいたる所にいる全てのイド語使用者たちは、その定義の精選集、イド語を用いた定義を自由に使うことができるのである。

– Marcel Pesch(マルツェル・ペシュ)

このページへのコメント

いや、折角、ピーチ氏にしたのですから、そのママで良いと思いますよ。ヨーロッパ人は他の国へ行くと、結構、自分の名前をその国に合わせて変えますよ。私もフランスに住んだら、オション氏になると思います。

0
Posted by  bebson bebson 2018年03月18日(日) 23:10:02 返信

なるほど、ペッシュですね。人名の読み方は、難しくいですね。早速、訂正します。でも、ファイル名まで直すと、面倒なので、そのままにします。最小限の訂正です。

0
Posted by  verbum303 verbum303 2018年03月18日(日) 08:41:29 返信

Marcel PESCH は多分、ドイツ語圏スイス人で自分の名前をイド語で Marcel Persiko と言っていましたから、PESCH はスイスドイツ語で『桃』の意味かもしれませんね。伊藤氏は俳句を嗜む軽妙洒脱な方ですから、これをピーチ氏としたのでしょう。ドイツ語の発音に近く表記すれば、マルツェル・ペシュ氏だとは思いますが。

0
Posted by Bebson HOCHFELD 2018年03月17日(土) 11:05:33 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます