エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

花咲じいさん Oldulo qua florifigis velkinta arboro


https://tripedakorvo.blogspot.jp/2018/05/oldulo-qu...


むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
Olim ante longa tempo en certa loko, oldulo ed oldino habitis.
二人は子どもがいなかったので、シロというイヌをとてもかわいがっていました。
La gespozi ne havis sua filio, e li do havis hundo nomizita Shiro, quan li tre afecionis.
ある日、シロが畑でほえました。
Uldie Shiro aboyis en lia farmeyo.
「ここほれワンワン、ここほれワンワン」
«Wu,aboy,aboy! Fosifez hika sulo! hike fosifez!»
「おや? ここをほれと言っているのか。よしよし、ほってやろう」
«he! Ka tu pregas ke me fosifez hike? Nu, me fosifez.» dicis la oldulo.
おじいさんがほってみると、
Lu fosifis la sulo quan la hundo indikis.
「ややっ、これはすごい!」
«Quo! Marveloza!»
なんと、地面の中から大判小判がザクザクと出てきたのです。
Multa ora-moneti aparis ek ca sulo.
この話を聞いた、となりの欲ばりじいさんが、「わしも、大判小判を手に入れる。おめえのシロを、わしに貸してくれや」
Tote apuda vicino, avara oldulo, audis tala rumoro e venis che la honesta oldulo.
Lu demadis ad honestulo.
«Anke me volas ganar multega ora-moneti. Voluntez pruntar tua hundo!»
欲ばりじいさんは、シロを無理矢理畑に連れて行きました。
l'avara oldulo koakte portis la hundo.
そして、いやがるシロがキャンキャンないたところをほってみると、くさいゴミがたくさん出てきました。
Ed la hundo odioze aboyis. Ilu fosifis la sulo quan la hundo indikis, ma multa fetida eskombri aparis ek la sulo.
「この役立たずのイヌめ!」
«Quonte neutila hundo!»,lu maledikis.
怒ったよくばりじいさんは、なんと、シロを殴り殺してしまったのです。
Furiante, l'avarulo batis e mortigis la patetika hundo.
シロを殺されたおじいさんとおばあさんは、なくなく、シロを畑にうめてやると、棒(ぼう)を立ててお墓を作りました。
La olda gespozi qui perdis Shiro, ploris laute e sepultis la hundo en sua farmeyo. Por morinda hundo, li facis tombo, sur qua li stacigis un bastono.
次の日、おじいさんとおばあさんがシロのお墓参りに畑へ行ってみると、シロのお墓の棒が、ひと晩のうちに大木になっていたのです。
Kande la gespozi iris ad la tombo en sequanta dio, la bastono tre matureskis e ja divenis granda arboro.
おじいさんとおばあさんは、その木で臼(うす)を作って、おもちをつきました。
Li facis Usu-o ek la arboro; La Usu-o esas utensilo per qua on koquas Mochi-o: on pistas vaporigita rizo per la Usu-o e facas riza kuko, qua on nomas Mochi-o en Japonia.
La gespozi koquis Mochi-o per la Usu-o.
すると不思議な事に、もちの中から宝物がたくさん出てきました。
Lore misterioze multa trezori aparis ek la Mochi-o, t.e. la riza kuko.
それを聞いた、欲ばりじいさんは、
Itere l'avara oldulo venis che la gespozi e demadis.
「わしも、もちをついて宝を手に入れる。おめえの臼を、わしに貸してくれや」
«Anke me volas ganar multega trezori per pistar vaporigita rizo. Voluntez pruntar tua Usu-o »
と、臼を無理矢理かりると、自分の家でもちをついてみました。
L'avara oldulo koakte portis la utensilo e pistis vaporigita rizo.
しかし、出てくるのは石ころばかりで、宝物は出てきません。
Ne trezori aparis ek Mochi, ma stoneto.
「いまいましい臼め!」
«Mutega sotoneti iritas me! Quante mala Usu-o!»
怒った欲ばりじいさんは、臼をオノでたたきわると、焼いて灰にしてしまいました。
Furiante, l'avarulo hakis ebrulis la Usu-o.
大切な臼を焼かれたおじいさんは、せめて灰だけでもと、臼を焼いた灰をザルに入れて持ち帰ろうとしました。
Chagrenante pro perdir valoroza Usu-o, la honesta oldulo kolektis cindro di Usu-o por retroportar, pozante ol en korbo.
その時、灰が風に飛ばされて、枯れ木にフワリとかかりました。
Lore la vento suflis.La cindro flugeskis e falis sur velkinta arboro.
すると、どうでしょう。
Ka vu konocas quo eventis?
灰のかかった枯れ木に、満開の花が咲いたのです。
Yen, la velkinta arboro subite florifis!
おじいさんは、うれしくなって。
Lo felicigis la honesta oldulo. Pro to ilu decis laute,
「枯れ木に花を咲かせましょう。パアーッ」
«Me florifigez velkinta arbori!»
Quik kande lu dissemadis cindro, la velkinta arboro belege florifis!
と、いいながら、次々に灰をまいて、枯れ木に美しい花を咲かせました。
ちょうどそこへ、お城のお殿さまが通りかかりました。
Justatempe sinioro, qua habitis en proxima kastelo, eteriris hazarde.
「ほう、これは見事じゃ」
«Ho, ol esas tre splendida!»
お殿さまはたいそう喜んで、おじいさんにたくさんのほうびをあげました。
La sinioro tre joyis e donacis multa premio ad l'oldulo.
それを見ていた欲張りじいさんが、 「おい、わしも花を咲かせてほうびをもらう。その灰を、わしによこせ!」
L'avara oldulo vidis ca eventajo e pregis a la honesta oldulo, «He! Me volas premio per uzar ca cindro, Anke me florifigez per ol, Donu ol a me! »
無理矢理に灰を取り上げると、お殿さまに言いました。
Lu koakte ganis la cindro e iris a kastelo.
「殿さま、この灰はわしの物です。わしが枯れ木に花を咲かせますから、わしにもほうびを下さい。バァーッ!」
«Estimata la sinioro! Fakte ca cindro apartenas a me. Voluntez donacar premio ad anke me. Me florifigez...»
欲張りじいさんは殿さまの前でたくさん花を咲かせようと、灰をいっせいにまきました。
Lu instante dissemis la cindro maxim proxim la sinioro por multe florifigar velkinta arbori.
すると灰がお殿さまの目に入って、欲張りじいさんはお殿さまの家来にさんざん殴られたということです
Por to, cidro eniris la okuli di la sinioro! Vasali en kastelo violente frapis e punisis lu.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます