エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

第10課


不定代名詞
以下に述べるものは本来語彙に属するものだが、非常によく使われるものなのでここに明記する。
ula, ulu, ulo:幾つかの(特性の不確定さを表す)
Ula は形容詞である。
ula libro ある本
Ulu は代名詞である。
Ulu dicis. ある人(とある人物)が言った。
Ulo は名詞(物)である。
Ulo mankas. 何かが欠けている。
irga, irgu, irgo:(ula, ulu, ulo と同じ用法で)〜するものは何でも
Irgo konvenos. 何でもいいです。
Kelka, kelko:幾つかの(数量の不確定さを表す)
kelka homi. 数人の男
Donez ad me kelko. 私に幾つか下さい。
Kelkapoka の違いに注意すること。
kelka はある一定の量があることを示す。nula(少しもない)の対義語
poka は量があるものの少量であることを示す。multa(多量の) の対義語
omna, omnu, omno: 全体、全て
omna homi 全ての男
複数形:omni: 全員
Omni dicis. 彼ら皆が言った。
Omnu kantis. 誰もが歌った。
Omno esas hike. 全てがここにある。
altra, altru, altro:他の
altra foyo 別の時 altru parolos 別の人物が話すだろう。
altro montros, ke... 別のことが〜だということを明らかにする。
nula, nulu, nulo :何一つない、誰も〜ない、何も〜ない(ulu….の対義語) singla:ただひとつ、各自
singla karti カード単品 Li venis single. 彼らは別々に来た。 dek centimi po singla 1人につ き10サンチーム
Omnasingla の違いはわずかであるがはっきりしている。 Omnaは集合的に「全て」を意味 するが singla は個別として「各自」を意味する。
Omnu parolis, singlu en sua Iinguo. 全員がそれぞれ自身の言語で話した。

接頭辞 inter- が不適当な場合、「お互いに」が una la altra(複数形 uni la altri)と訳せるかどう か考えてみること。
Amez uni la altri. 互いに愛し合いなさい。 Li interparolis longe. 彼らは長い間(お互い)話 し合った。
Li donis donaci uni a l'altri. 彼らは互いに贈り物を渡し合った。

接辞
-aj は動詞の語幹と共に使われ、他動詞または自他両方を持つ動詞で表された動作の対象を 表す。
manj-ajo 食べ物(食べられるもの) drink-ajo 飲み物(飲まれるもの) chanj-ajo 変化するもの
自動詞に付いた時は動作の主体を表す。
rezult-ajo 結果物(結果として起こったもの) rest-ajo 残り物(残ったもの)
動詞ではないものの語幹に付いて、ある一定の作法に従って作られたものや、ある特性を持つものを表す。
lan-ajo 毛織物 bel-ajo 美しい物 mol-ajo 柔らかい物
その発展として「〜の行動」という意味も持つ。
amik-ajo 友好的な行動 infant-ajo 子供じみた悪戯
-ur は動詞によって表された行動によって引き起こされた具体的な結果を示す。
pikt-uro 絵画 imit-uro 模造品
imit-ajo は模造されたもの、オリジナルを表す。
imprim-uro 印刷物、凸版印刷 fotograf-uro 写真
-ar:集まり
hom-aro 人類 vort-aro 語彙
「集団のうちの一つ」は-un によって表される
grel-uno あられ
構成要素が個体というよりむしろ細かい片の集合である場合には peco を使う。
sukro-peco 角砂糖1つ
ex-:元、以前の
ex-konsulo 元領事 ex-oficiro 元役人
-um は意味の定められていない不定接尾辞である。これが用いられている場合は辞書で単語を確認すること。
mond-umo 社会、人々 foli-umar 〜の頁をめくる kol-umo (衣服の)カラー nuk-umo (日よけ・雨よけの)首カバー
会話
あなたはチェスをしますか? Ka vu esas shak-ludero?
私はかつて、駒の動かし方を知っていました。 Olim me savis la stroki.
私は駒の名前すら忘れてしまいました。 Me obliviis la nomi di la peci.
私はキャスリングすらまともにできないだろう。 Me ne povus mem roquar korekte.
あなたは外に出て新鮮な空気を楽しみませんか? Ka vu preferus ekirar e juar la fresha aero?
はい、もちろん。雨も止みました。 Yes, certe; la pluvo cesis.
それはいい。また降り始めた時の為に傘を持っていきましょう。 Bone; ni prenos nia parapluvi, kaze ke ol rikomencus.
もしあなたが寒いようなら、私たちは長くは留まりません。 Se vu sentos vu kolda, ni ne restos longatempe.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます