エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

NOVA TURKIA

新しいトルコ


[Ita artiklo redaktesis da provokema samideanino por instigar la Germani reaktar. Tamen onu ne obliviez ke ol redaktesis en la yaro 2001. Yen ol.]
【この記事はドイツ人たちが扇動され反応するように、挑発好きの仲間が、編集したものです。しかし、それが2001年に編集されたことを忘れてはならなりません。さあ、読んでみましょう。】
Me esas Hebreino veninta de Germania e di qua la familio fugis la persekuti nazista dum 1939. Depos ica tempo, me lojis maxim ofte en New York, e nun me dividas mea tempo inter New York, Paris e Tel Aviv, ma me prizas anke voyajar ad altra loki e sejornas ibe. Me retrovenas sat ofte (por kurta sejorni) a mea naskolando, precipue en Berlin. Kun agreabla surprizo, me konstatas ke Germania divenas sempre plu bunta e kosmopolita lando. Lo esas perfekta kontreajo a la tempo di mea yunevo, kande la Germani mustis esar omna blond Aryani kun blua okuli (me ipsa esis nigraharoza kun kastanea okuli). Existis nula toleremeso e nur fanatikeso.
私はドイツから来たユダヤ人(女性)ですが、自分の家族は1939年、ナチスの迫害を逃れてきました。その後、私は多くをニューヨークに住んでいましたが、いまはニューヨーク、パリ、テルアビブを行ったり来たりしています。でも、ほかのところに旅行して、そこに滞在するのも好きだわ。かなりの頻度で私のふるさとのベルリンにも(短期滞在ですが)帰省しているのです。ドイツが常に豊かになっていき、国際的な国になっていくのを見て、気持ちがいいし、驚いているわ。私の若いときは全く反対で、当時、ドイツ人たちはみんな青い目をしたブロンドのアーリア人でなけばならなかった(私は茶色の目で黒い髪の毛だけどね)。我慢強さはなく、狂信だけが存在していました。
La cadiala Germani divenas tre tolerema e mondo-apertita ; ed ico esas joyigiva fakto.
今日のドイツ人たちは、とても我慢強くなって世界に開かれています。これは喜ばしいことね。
Altralatere pro hedonismo e debocho, la Germani esas mortanta populo, nam li ne plus genitas gefilii, konseque li koaktesas venigar enmigranti a sua lando por garantior la pensioni dil retretonta homi. La rezulto esas ke Germania transformesas ed evolucionas videble e rapide. Esas sempre plu multa stranjeri ibe, ma inter li, la maxim nombroza ed egardinda esas la Turki. Ja depos la yari 1960ma, la Turki arivas amasale a Germania e li divenas singladie kreskanta parto del habitantaro di Germania. Se Germania bezonas ripopulizesar per nova, fresha e yuna sango, la Turki bezonas ekmigrar, nam exemple en Istanbul 30% de la yunaro konsistas ek chomeri. En tala mizeroza viv-kondicioni, departar ad altra, plu richa e perspektivoza lando esas absoluta vivala neceseso.
快楽主義や自堕落もあり、ドイツ人たちは消滅しつつある民族なのです。というのは、彼らはもはや双子は生まないし、特に、将来に引退する人たちを保障するために、移民たちを受け入れざるを得なくなっています。その結果、ドイツ人は見かけも速やかに変化、進化しています。そこには常に多くの外国人たちがいますが、その中でも、最も数が多く、注目に値するのは、トルコ人です。1960年代後にはすでに、トルコ人たちは集団として、ドイツに来て、毎日増え続けるドイツの住民の一部になっています。もし、ドイツが新しく新鮮な若い血を再び移住させる必要があるなら、トルコ人です。なぜなら、例えば、イスタンブールの若者の30%が失業者なのです。そのみじめな生活環境の中で、豊かで見通しの良い別の国に行くことが生活上、絶対的に必要なのです。
Pro lua desaparanta aborijena lojantaro, Germania esas ideala lando por aceptar sempre plu multa Turki ed ofror a li laboro e nova patrio.
消滅しつつある先住民たちにとって、ドイツは多くのトルコ人たちを受け入れ、仕事と新しい祖国を提供する理想的な国です。
Singlayare, kun granda plezuro, kande me vizitas German urbi, me audas sempre plu ofte la belega soni dil Turka idiomo, qua nun trovas altra hemo sur Germana sulo. Pokope Germania divenas e divenos… Nova Turkia !
私の毎年の楽しみのドイツの諸都市滞在の際には、いまやドイツの地に定住したトルコの方言の美しい響きが頻繁に聞こえてきます。少しずつドイツは、『新しいトルコ』になりつつあるのです。
La Turki esas inteligenta e vigoroza populo kun forta identeso. En pasinta tempi ica populo konquestis vasta imperio, nam lu esas segun-nature konquestema populo ed inklinat a koloniigo. Granda parti de Azia esis Turkigita dum recenta yarcenti. Ma la konquesto ne suficas ed on mustas populizar la konquestita lando ed asimilar la dominacata populo. Iton la Turki savas sat bone efektigar, nome Anatolia (nuna Turkia) esis antee Bizancana provinco populizita per Greki, nunepoke la lojantaro esas absolute Turka.
トルコ人は強いアイデンティティを持つ知的で活力のある民族です。かつて、この民族は広大な帝国を征服していました。なぜなら、その民族は根っからの征服者であり、入植する傾向があるためです。アジアの大部分は、この数世紀の間にトルコ化されました。しかし、この征服者は満足せず、征服された国に必ず居住し、被支配民族と同化するのです。トルコ人はその方法を十分に知っているのです。いわゆるアナトリア半島(現在のトルコ)は以前は、ギリシア人が住み着いたビザンチン帝国の属州でしたし、現在は、その住民は無条件にトルコ人なのです。
Hodie, inteligenta populo ne plus bezonas militi e konquesti por koloniigar nova landi, e la Turki intelektas ico tre klare. Pro lia kreskanta nombro en Germania, on darfas supozar, ke li intencas igar ica lando kom nova hemo por lia samgentani. Yen quale me konceptas l’afero.
今日、知恵のある民族は新しい国を植民地化するための戦争も征服も、もはや必要としませんし、また、トルコ人はそのことをはっきりと理解しています。ドイツの中で増え続ける彼らの人口数のゆえに、同じ氏族の一員として、この国を新しい家にしようとしていると、推察されるのは当然のことです。
Unesme la Turki postulos la docado di la Turka por lia gefilii en la skoli apud la ankore necesa Germana linguo. Pose, li kreos privata Turka skoli e gimnazii ube onu docos amba idiomi. Per sempre kreskanta nombro, danke nova arivinti e forta demografio e per la oficala obteno dil Germana nacionaleso, li eniros la municipal konsilantaro e diversa administrerii. Li postulos, lore, bilingueso e la Turka kom duesma oficala linguo. Sempre plu grandanombra divenos tatempe la revui, jurnali, televizional kanali ed interretaji Turke-parolanta en Germania. Pose, la stradinomi divenos bilingua ed on agos propagando tre favoroza ad islamo ed a islam-konverto. La Turka yunuli spozeskos kun Germana yunini qui divenos Mohamedana e Turka segun orientala kustumi e legi.
まず最初にトルコ人はそれまで必要なドイツ語の他にも学校で自らの子弟のためにトルコ語の教育を要求するでしょう。その後、両方の言語を教える私立のトルコ学校やギムナジウムを創設するでしょう。ひっきりなしの増加数や新しい渡来者たちや人口統計のおかげで、そしてドイツ国籍の公式的な取得で、トルコ人たちは自治体の評議会や様々な行政に入り込むことでしょう。その時、彼らは二か国併用とトルコ語を第二公式言語とするように要求するでしょう。その時には、ドイツ国内でトルコ語の雑誌、新聞、テレビチャンネル、インターネットがもっと増加するでしょう。そのうち、通りの名称が二か国併用となり、イスラムやイスラム改宗に好意的なプロパガンダやが活動するようになるでしょう。トルコの青年たちは、本来の慣習と法に則り、ムスリムとトルコ人になったドイツの少女たちと結婚するでしょう。
Tatempe la Germani divenos minoritato en Nova Turkia e mustos sive Turkeskar sive departar… Ye la fino dil proceso, nova Turka lando staceskos en Meza Europa, same kam olim Sud-Amerika divenis Nova Hispania e Nord Amerika Nova Anglia etp.
その時、ドイツ人たちは新しいトルコ国の中で少数派になり、トルコ人になるか、それとも国を去るか、しなければならなくなるかも…。その過程の最後は、新しいトルコの国家が中央ヨーロッパで樹立されのです。それはかつて、南アメリカが新しいスペインになり、北アメリカが新しい英国になったと同じように…。
Certe la situeso povas ankore modifikesar, ma logikoze segun la evoluciono eventanta nun, tale devus esar.
確かに状況は変わりうるかもしれませんが、今起きている展開に従えば論理的に、そのようになるかもしれませんよ。
Tamaniere, la rasala folaji dil IIIma Imperio desaparos porsempre e ne plus povos rinaskar sur Nova Turka sulo.
そういう風にして、第三帝国*1の民族的バカ者たちは、永遠に消え去り、新しいトルコの地にはもはや再び誕生しないことでしょう。
(Artiklo da JUDITH MORGENSTERN publikigita en la numero 4/2001 di Letro Internaciona)
(「国際通信」2001年4月号で公開した ユディト・モルゲンシュテルン(JUDITH MORGENSTERN)の記事)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます