エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

MEMORAJI PRI VOYAJO AD INDIA (インド旅行の思い出)



Me volas nur kelkete redaktar pri voyajo ad India quan me entraprezis multa yari ante nun.
以前に企てたインド旅行について、少しだけ文章にしてみたい。
Esis en la yaro 1982 e komprenende mea memoro ne esas sendefekta, do me skribas nur pri to quon me ankore memoras segun l’ordino di mea memoraji e ne di la fakti ipsa.
もちろん記憶は定かではないが1982年の事だったと思う。自分の記憶と、そうではないことを元にして、さらに思い出したことについて書くのである。
Me voyajis kun organizita grupo e ni departis avione ye ula vintrala vespero, dum la monato februaro, de Paris ed arivis en New Delhi cirkume 15 hori plu tarde.
私は団体グループとともに旅行したわけだが、冬の2月の夕方に航空機に乗って出発した。パリを出て、約15時間後にニューデリーに到着した。
Ultre to esis tempo-difero ye 4 ½ hori relate Francia.
加えて、フランスとは4時間半の時差があった。
Esis aproxime 12 kloki lor nia arivo e nulu vartis ni che l’aerportuo.
我々の到着時は約12時頃だったが、空港には我々を待ってくれている人は誰もいなかった。
Viro de nia grupo telefonis a nia hotelo e kelka tempo pose venis nia guidisto Indiana, qua dicis a ni ke il nomesas Adi ed akompanis ni a la hotelo.
我々のグループの中の一人の男がホテルに電話をしてしばらく後にインド人の案内人がやって来た。彼はアディと名乗り、ホテルに同行してくれた。
La Francan il parolis ecelante.
彼はフランス語を上手に話した。
En la hotelo, ni dejunis, ma depos la komenco me havis desagreablaji kun l’Indiana manjaji, nam oli esis min saporoza kam la Indiana dishi quin ni manjas en Europa e, precipue, lia neteso esis tre dubitinda.
ホテルで昼食を取ったが、はじめから私はインド料理との相性が悪かった。なぜなら、ヨーロッパで食べているインド料理よりも口に合わず、特に、彼らの清潔さがかなり疑わしかったからだった。
De ta instanto ni havos sencese problemi pro la sordideso en ca lando.
この瞬間から、我々はこの国の不潔さのせいで、たびたび問題を抱えるようになるのだ。
India esas splendida mondo-parto kun marveloza peizaji, monumenti, artaji e kulturi e vivanta, altanivela e profunda spiritaleso, ma regretinde, ica omno akompanesas da kraso, e pri ita sordideso ni ne havas ideo en Europa.
インドは、素晴らしい風景や記念建造物や芸術や文化、生きた、高度で深い精神性をともなっている素敵な世界地域であるが、しかし、遺憾なことに、このすべてには汚れが伴っており、ヨーロッパでは考えもしなかった不潔さがある。
Tamen, l’Indiani esas korpale tre neta, li lavas su ofte e bone pro la klimato e la religiala ritualo.
しかし、インド人たちは身体的にはとても清潔であって、彼らはその気候と宗教的習慣せいで、頻繁によく体を洗う。
Anke lia vestaji esas tre neta, ma esas tote altra afero pri la stradi, la chosei, la domi, la restorerii, la drinkerii edc.
彼らの衣装もとても清潔だが、しかし、通りや車道や家屋やレストランや居酒屋などついては全く別の事になる。
En nia hoteli, la chambri e la repasteyi esis neta, ma esis la nutrivi min multe tala, e to esas kelke danjeroza por la saneso dil Europani.
我々のホテルは、部屋や食堂は清潔だが、食べ物は不足しており、ヨーロッパ人たちの健全さのためにはいくらか危険である。
Quankam ni esis tre fatigita, dum la posdimezo ni vizitis l’urbo New Delhi qua esas la chefurbo di India.
我々はとても疲れていたにもかかわらず、午後には、インドの首都であるニューデリーを訪問した。
Me memoras pri Indiana observatorio ube l’astrologi dil Mezepoko povis kalkular la irado dil steli.
私は、中世の占星術師たちが星の軌道を計算することができたインド人の天文台について思い出す。
Ed anke pri la mendikeri qui esas vera plago di la landi dil Triesma Mondo.
また、第三世界の諸国の本当の大災害である乞食たちについても思い出す。
Precipue, li kredas ke l’Ocidentani esas omni richa e li preske asaltas li.
特に、彼らが信じていることは、西洋人たちはすべて金持ちであるということであり、彼らはほどんど西洋人たちを襲ってくる。
Tamen, me devas adjuntar ke l’Indiani ne esas tre atakema, diferante de altra populi qui opinionas ke li havas la yuro obtenar absolute ulo de la blanki.
しかし私は、インド人たちは全く攻撃的ではないということを付け加えなければならない。白人たちから何かを無条件に獲得する権利を持っているという意見をもつ他の民族とは異なっているからだ。
Mem che l’Indiana pueri mendikar esas quaza ludo e li tre afable ridetas mendikante.
インド人の少年たちにおいてさえ、施しを乞うことは、遊びのようなたぐいてあり、愛想よく笑って施しを乞う。
Ye la sequinta dio, ni vizitis splendida templo, ma ante enirar olu nia shuin ni mustis deprenar nam tale esas la lokala religial kustumo.
翌日、我々は壮麗な寺院を訪れたが、そこに入る前に、その場所の宗教的慣習があるために、自分たちの靴を脱がなければならなかった。
Avan la pordo dil templo me havis surprizo ; esis sat olda mendikero qua demandis pekunio a la preteriranti ed il paroleskis a me : - « Are you from this country ? (Ka vu esas di ca lando?) “ en la Angla.
その寺院の扉の前で私は驚いた。というのは、通りすがりの人たちにお金を要求する年寄りの乞食がいたのである。そして彼は私に言ったのである。英語で、「Are you from this country?」(この国の出身ですか?)と。
Nulatempe antee, me pensabus ke me povas aspektar quaze Indiano, ma talmaniere me kompreneskis e saveskis ke esas regioni en India ube homi povas aspektar quale nord-Europani.
以前には決して私がまるでインド人のように見えるなどとは考えてもいなかったが、そのように私は、人たちが北ヨーロッパ人たちのように見えるインドの地域があるのだと、初めて理解し、学んだのだ。
Me tre prizis en la templi la bel imaji di la dei, tre riche ornamentizita.
その寺の中で、わたしは美しく、とても豪華に装飾された神々の像が好きだった。
L’impreson me havis rihavar kontakto kun nia pagana pasinta epoko Antiqua e politeista.
異教的で古風で多神教的な過去の時代との接触を再び持つようになったという印象を持った。
Ye la morga matino ni vehis per aviono ad altra regiono di nord-India.
翌朝に、我々は航空機を使って北インドの高地へ向かった。
Onu vizitigis da ni splendida palaco dil epoko islamal, cirkondita da belega gardeni exotika.
美しいエキゾチックな庭園に囲まれたイスラム時代の壮麗な宮殿を訪問させてくれた。
E mem ni havis la yuro (e preske la devo) kavalkar elefanto.
そして、我々は象に乗る権利(ほとんど義務)をもった。
Me esis nur mi-quieta, nam l’elefanto ye ul instanto semblis iraceskar.
私は少し不安であった。なぜならある瞬間、象が怒り始めたようだったからだ。
Fortunoze, la kornako sucesis kalmigar lu.
幸いにも、象使いは、象をうまく落ち着かせた。
Me esis tre impresita per ta loko e la bela monti cirkume, ma to esis kelkete fushita per la viziono di mendikero qua esis kripla e ne povis marchar, konseque il reptis sur la sulo.
その場所と周辺の美しい山々にとても感銘を受けたが、肢体不自由で歩くことができず、地を這う乞食の出現によって、それは台無しになってしまった。
Pro la splendideso di certena monumenti e palaci kun la richaji di la mil nokti e un nokto unlatere, e pro la granda povreso di pasable multa homi altralatere, ni havis la koncio esar en altra mondo.
一方では、記念建造物の輝きや、千夜一夜の富をもつ宮殿があり、また一方では、かなり多くの人たちの貧しさがあり、そのせいで、我々は、他の世界にいるような気持ちであった。
Anke ni ja vidis, en urbi, qui pensigis pri nia Mezepoko, ke la plumulta homi, sen esar absolute mizeroza, vivis same kam nia ancestri vivis plura yarcenti ante nun.
今から何世紀も暮らしてきた我らの先祖のように、絶対的な悲惨さはなく、多くの人たちが生きていたということを、我らの中世時代のような街々の中で、すでに見てきた。
Me koncieskis ke nia developita landi esas nur insuleti di moderneso inter oceani di povreso e desmoderneso.
われわれの発展した国々は、貧困と非近代性の海の中にある、近代という小島に過ぎないのではないかと、意識させられた。
Pro to nia civilizuro esas frajila ed artificala, e kataklismo, perfekte posibla, povus retroirigar ni a la stando di mezepokal mizero e desprogreso.
そのために、我々の文明はもろく、人工的なのであり、また、起こりうる大災害は、我々を中世の窮状と退化の状態へと逆行させるかもしれない。
E yen stranjajo : omnaloke, onu povis vidar « swastika »-i, t.e. la hokokruco simbolo dil Hitler-rejimo, sur monumenti, publika edifici, kamioni e.t.p.
奇妙なものがある。あらゆるところの記念建造物や建物やトラックなどの上に、《swastika(スワスィティカ)》いわゆるヒットラー政権の鍵十字のシンボル*1を、見ることができたのである。
Komprenende to nule relatas kun la nazismo nam l’Indiani konsideras, depos tre fora tempi, la « swastika » kom fortunigilo (en la Sanskrita « swastika » signifikas : bona simbolo) ma un de nia kompani esis komunisto di qua la patro mortabis en koncentreyo dum la milito e ta simbolo esis abominajo por ilu.
もちろん、これはナチズムとは関係がなく、古い時代からインド人たちはスワスィティカを吉祥の印(サンスクリット語《スヴァスティカ》、意味は良きシンボル)と、みなしているからである。だが、われわれ一行のひとりは、戦争中に強制収容所で死んだ父親をもつ、共産主義者であったので、そのシンボルは彼にとって憎悪の対象だった。
Il esis furioza singlafoye kande il videskis olu.
彼は、それを見るたびごとに、激怒していた。
Me rimemoras ke plu tarde ni vizitis la urbo Accra konstruktita dum l’islamala periodo ma vakua nun.
その後、今となってはむなしいイスラム時代に建設されたアグラ*2という都市を訪れたことを思い出す。
Dum ke ni trairis la ruri, ni povis ofte vidar infanti e pueri ne tre richa ma qui esis sempre joyoza e ridetanta, tre diferanta de nia pueri en la developita landi qui ridetas nur tre rare e ne aspektas tre felica.
その廃墟を横断した時は、裕福ではない子供や少年たちをしばしば見ることができたが、彼らはいつも喜び、笑っていた。それは、笑うことさえ稀で、幸せそうには見えない先進国の我々の子どもたちとは違っていた。
En la urbi la sordideso esis aparte videbla ;carelate me memoras nia sejorno en Benares (Varanasi por l’Indiani) qua esas la sant urbo di India ube fluas la sakra fluvio Ganga.
その軼垰圓任良垠蕕気脇辰妨加である。これに関して、私はワーラーナシー(=Benares)での短期滞在を思い出している。そこはインドの聖なる都市であり、聖なる河ガンジスが流れている。
Ni povis spektar la turbo de la pilgrimanti, la yogisti, la « ghat »-i (1) e nia guidisto exhortis ni sequar lu en stretega strado.
巡礼者の群衆やヨガ修行者や浄めの場所を見物することができた、そして、我々の案内人は狭い通りで、自分についてくるように熱心に勧めた。
La choseo esis tre desneta, forsan kun strato de polvo e kraso ye plura centimetri, la laterala kanaleti kontenis tre malodoranta rivereti de urino e feko, me esis tre deskontenta pri la fakto ke ni mustis trairar tala loko e por fine vidar quo?
その公道はとても不潔で、おそらく数センチにもなる塵や垢からなる道もできており、その側面の溝は、尿と糞便からできた悪臭のある流れを含んでいた。
Mikra templon sen merkinda beleso ma kovrita per orea tekto!
感銘すべき美しさはないが黄金で覆われた小さな寺院もあるのだ!
Ultre to pro la despureso e nesalubreso di la nutrivi, me povis nur manjar rizo e banani.
その上に、食べ物の不潔さと不健康さのせいで、私はコメとバナナしか食べることができなかった。
Tamen, me ne havas nur mala memoraji.
しかし、悪い思い出だけではない。
En butiko me sucesis marchandar e komprar po sat chipa preco belega mikra pikturo graburita sur ivoro qua reprezentas la deo Vishnu e lua deal spozino Laksmi.
店の中で、私は、ビシュヌ神とその神姫・ラクシュミーの象徴が刻まれた象牙の小さな美しい絵を、うまく値切れて、安い値段で買うことができた。
Proxim la fino di nia sejorno ni exkursis exter India a Nepal.
短期滞在の最後の頃、我々はインドの外にでて、ネパールに足を伸ばした。
Esas granda difero inter amba landi.
両国には、大きな違いがあった。
Nepal esas montala lando Himalayana.
ネパールは山岳の国ヒマラヤである。
La temperaturo esas plu koldeta, la montala peizaji admirinde bela e la sordideso tre limitizita kompare ad India.
そこの気温はより涼しく、山の景色は賞賛すべき美しさがあり、不潔さはインドと比べて限定されていた。
La lando esas tre povra, ma la povreso ne havas nur mala lateri, nome la chefurbo di Nepal, Katmandu,esas splendid urbo kun marveloza tradicionala arkitekturo netushita e nefushita dal « progreso » (adminime esis tale en 1982).
その国はとても貧しいが、その貧しさは一つの側面であって、いわゆるネパールの首都・カトマンズは、”進歩”というものにも触れられず、弄(いじ)られもしなかった、すばらしい伝統的な建物のある壮麗な都市である。(少なくとも1982年にはそうだった)
En la stradi onu povas vidar statui di la lokala deaji qui aspektas quaze surrealista skulturi.
街路で、まるで超現実主義者の彫刻のようにみえる地元の神々の立像を見ることができる。
Nepal esas mi-buddhista e mi-hinduista lando, ma, segun semblo, la du religii kunexistas pace.
ネパールは、半仏教・半ヒンディー教の国であるが、外見からは、2つの宗教は平和的に共存している。
Ulafoye me promenadis enstrade kun ne plus tre yuna kompanulo kande du yunuli evanta cirkume dek-edu yari pregis insiste almono da ni.
たまたま私は、最も若い同行者と共に道を散歩していたのだが、その時、二十歳くらいの二人の若者がすぐに施しをねだって来た。
Ni ne savis quale desinkombreskar kande me haveskis ideo : pro ke la homi en ica mondo-regiono esas tre religiema e mem supersticoza, me dicis Angle : - « I am the friend of the devil, I will cast a spell on you » (Me esas amiko dil diablo e vin me sorcos) e me adjuntis kelka stranja silabi sen signifiko.
我々はどのようにしたら開放されるのかが分からなかった。その時はなんの考えもなかった。この社会地域の人々はとても宗教的であり、迷信深ったので、私は英語で次のように言った。「I am the friend of the devil, I will cast a spell on you」(私は悪魔の友達だ。お前たちを呪ってやるぞ)と。そして私は、意味もない奇妙な語句(音節)を付け加えた。
Quik l’adolecanti departis kurante e to tre astonis mea akompananto qua delore kredis ke me bone konocas la hikea kustumi e la mentaleso di la lokani.
すぐに、青年たちは走りだしてしまったので、私の同伴者はとても驚かされた。私がここの慣習と地元の人の精神性をよく知っていると、その時以来、彼は信じてしまった。
Nia turistala grupo vizitis pose kun nediskreta kuriozeso mikra Buddhista monakerio e ni vidis kelka refujinti di Tibet qui esas bona mestieristi precipue pri tapisi.
我々の観光客のグループはその後、無分別の好奇心で、小さな仏教の修道僧施設を訪問した。そして、我々は数名のチベットの難民と会った。彼らは絨毯の熟練工であった。
La maxim importanta memorajo di mea sejorno en Nepal esis la « vivanta deino » nomizita anke « Kumari ».
ネパールの滞在で最も重要な思い出は、《クマリ》と名付けられた《生き神様》であった。
Kumari esas la deino protektanta Nepal quan puerino supozesas reprezentar.
クマリとは、ネパールを守護する女神である。少女が、その神を象徴すると仮定されている。
El esas selektita por ta rolo kande el evas tri o quar yari da astrologi, qui tamen demandas la permiso dil genitori.
彼女は3、4歳の時に、その両親に許可を求めた占星術師によって、その役割のために選ばれるのである。
La mikra yunino denun lojas en bela palaco ube el darfas agar segun plezuro, ma el ne havas la yuro ekirar la palaco.
小さな少女は、それ以降、美しい宮殿に住み、楽しく生活することができるが、しかし、その宮殿から出る権利はなかった。
Konseque, generale, la Kumari manjegas bonboni e kuki, e divenas tre grosa.
したがって、一般的に、クマリはボンボン菓子やケーキを食べるので、とても太ってしまう。
Kande el havas l’unesma menstruado el cesas esar « vivanta deino » e remplasesas da nove selektita infantino.
彼女が初めての月経を迎えた時、彼女は《生き神様》であることを終了し、新たに選ばれた少女と交代する。
Pos sat longa vartado avan la palaco, la fortunon ni havis spektar la lora Kumari.
宮殿の前に十分長く待った後に、私達は当時のクマリを見物する幸運を得た。
El esis puerino evanta ok yari e fakte grosega.
彼女は10歳の少女で、実際に太っていた。
La peizaji montala di Nepal esas impresive bela ed Ocidentani prizas vehar adibe por longa marchadi (« trekking ») qui posibligas explorar la lando e lua belaji.
ネパールの山の景色は美しくすばらしいので、西欧人たちは、その国と美しさを探検するトラッキングのために、そこに行きたいと思っている。
Me intencis rivenor uladie ad ita lando ma til nun ne agis lo.
私は、いつの日かその国に再び行くつもりだが、今まで、そのことを行動していない。
Retroveninte ad India ni havis tre agreabla exkurso, nome ni vizitis la “Taj Mahal” qua esas juste konsiderata kom un de la marveli dil mondo.
インドに戻ると、我々はとても愉快な周遊をもった。いわゆる、世界の驚異の一つとして考えられている「タージ・マハル」を訪れたのである。
La Taj Mahal esas sepulteyo di Indiana princino tre amorata da lua sultano-spozo.
タージ・マハルは、スルターンの夫に愛されたインドの妻の霊廟(墓)である。
Ol erektesis cirkum 1650 ed esas splendidajo dil islamala Indiana arto ye olua kolmo.
これは1650年ころに建てられ、その屋根の棟にはイスラム的なインド芸術の荘厳さがある。
Kun lua admirinda kupoli ol aspektas quaze Persiana miniaturo sur fundo di bela cielo blua.
敬服すべき丸屋根つき建物は、美しい青空を背景に、まるでペルシャの細密画のように見える。
Interne di la sepulteyo nia guidisto lumizis parto dil muri e ni vidis cintilifanta desegnuri de flori e geometriala motivi, ek materii qui pensigis pri lapidi inkrustita en la muro.
その霊廟の内部に、我々の案内人が壁の部分に明かりを灯すと、壁の中に散りばめられた宝石と考えられる物質からなる、花が放射するようなデザインと幾何学的なモチーフが見えた。
Me facinesis e dazlesis.
私は魅せられ、目を奪われた。
Me havas ankore merkinda memorajo qua flotacas surface : la fortunon ni havis en hotelo spektar mariajo Indiana.
(記憶の)表に浮かび上がる記録すべき思い出がまだある。ホテルでインド人の結婚式を見学する幸運があったのだ。
Kurte ante la ceremonio, la yuna spozino aspektis tre afliktita e ploranta e me shokesis dal kruela kustumo qua koaktas yunini spozeskar kontrevole kun viri quin li tote ne amas, e me konsidereskis India malgre la remarkinda kulturaji ja vidita kom « barbara » lando.
結婚式の儀式の少し前、若い妻はとても悩み、しくしく泣いているようにみえた。私は、若い女性を全く愛していない男と無理矢理に結婚させる残酷な慣習に衝撃を受けた。そして私はすでに見てきた注目すべき文化を持っているにも関わらず、インドは《野蛮な国》だとみなし始めた。
Tamen me astonesis kande me videskis la spozulo pro ke il aspektis kom sat bela yuno.
しかし私は、その夫を見た時、美しい若者のようにみえたので、驚かされた。
Me ankore ne esis multe voyajinta e kelkete plu tarde, me saveskos, ke to esas Indiana mori kande futura spozino livas sua genitori, el ploras por montrar sua gratitudo a sua patro e matro ed elua tristeso abandonar la familial hemo.
私はまだ多く旅行したわけでもなく、本の最近のことだが、私は次のことを学ぶのであろう。これは将来の妻が両親の元をはなれる時のインド人の風習であり、彼女は自分の感謝の気持を父や母に、見せるために泣くのであって、彼女の悲しみは家族を諦めるためのものなのだ。
Nul altra signifikon havas ico, ma to indikas ke l’Indiani vivas en tote altra universo mentala kam nia.
これは、他の意味は全くないが、しかし、このことは、インド人たちは我々の精神世界とは全く別の世界に生きていることを示している。
Yen koncize la naraco di mea voyajo en nord-India e Nepal.
これが、私の北インドとネパールの旅行の簡潔な物語である。
Skribante e redaktante pri ta temo, me ritrovas multa memoraji quin me kredis depos longa tempo obliviata ; ma suficante spacon me ne havas en ica mikra buletino por omno deskriptar.
このテーマについて記述し、編集すると、長い時間の後に忘れてしまったと信じていた多くの思い出が蘇ってくる。しかし、私には、この会報の中にすべてを書く十分なスペースはない。
Me devas adjuntar, ke, kande me reflektas pri ca voyajo nunepoke, me devas konfesar ke me esis durive impresata da India e lua kulturo, monumenti, peizaji, mori, religiozeso e me intelektis ke existis ed existas tre altanivela civilizuri en la mondo qui ne esas ocidentala e de qui multon ni povas anke lernar.
私は付け加えなければならない。すなわち、今、この旅行について深く考えるときに、インドとその文化やモニュメントや風景や風習や宗教性によって忘れられぬ感銘を受けたと告白しなければならない。また私は、西洋的ではなく、我々がまだ多くを学ぶことができる世界の中に高い水準の文明が存在しいたし、今なお存在しているということを、理性で理解したのである。
« ghat » (1) : loko por purigado
浄化するための場所
(Artiklo da Jean Martigon publikigita en Letro Internaciona)
(「国際郵便(Letro Internaciona)誌」で公表したジャン・マルティニョンによる記事)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます