エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

AN LA FRONTO DIL NATUR-DEFENSERI (自然守護者の最前線にて)


ヒレハリソウ(コンフリー) Symphytum officinale

Multa frukti e legumi, qui nunatempe esas obliviata, manjesis til la fino dil Mezepoko.
忘れられない多くの果物や野菜が、中世の終わりまで食べられていた。
La amasi de rurani nutris su per cereali, leguminosi, rustika legumi, qui kreskis sen desfacilaji, same kam nombroza planti sovaja, konstante koliata.
田舎の人たちは、穀物や豆類や田舎野菜で自らを養っていた。それらは、多くの野生の植物と同じように、困難もなく収穫されたものだ。
La richi e la nobeli konsumis precipue karno, blanka pano, sukro e rafinita produkturi.
金持ちや貴族たちは、特に肉や白いパンや砂糖や精製された生産品を消費していた。
Lia legumi e frukti (dil altaklasani) esis precipue de exotika origino ed esis desfacila kultivar oli, ma li havis la posibleso e la moyeni pekunial posedar specaligita gardenisti por kreskigar oli.
(上流階級の)野菜や果物は特に異国由来のものだったり、それらを耕作するのは難しかったりするが、彼らには可能であり、作物を育てるために専門の庭師を所有するための金銭上の手段を持っていたのであった。
Dum la Renesanco la expedicioni a fora landi diskonocigis nova vejetala produkturi.
ルネサンスの間、遠方の国への遠征によって新しい農作物が知れ渡るようになった。
Ica produkturi esas nun la fundamento di nia nutrado ; ma on mustas kultivar oli multe plu sorgoze kam la anciena obliviata planti.
この作物は、われわれの栄養(食べ物)の基礎になっている。しかし、その作物は、昔の忘れられた植物よりも、より大切に耕作し育てなければならない。
Ed ita moderna vejetala produkturi nule esas plu bona por ni kam le anciena, tote kontree.
この近代的な農作物は、全く逆のことだが、昔の作物よりも私達のためにはなっていないのだ。
Onu povas tamen facile komprenar to quo eventis.
しかし、何が起こってきたのかは、簡単に理解できよう。
La nutrivi dil rurani esis senvalorigita pro ke on konsideris li apene kom homi.
農民たちの食物は、人のようにみなしてしまったので、価値がなくなったのである。
Plu tarde kande la industriala ed ekonomiala revolucioni koaktis li livar la ruro, li iris al urbi por divenar laboristi.
後日、産業と経済の大改革が農民を、田舎から追い出した時、彼らは労働者になるために都市に行った。
En ta loki li adoptis elementi dil vivo-maniero dil borgezaro precipue la nutrado.
そこでは、彼らはブルジョアの生活手段の要素、とくにその食べ物を取り入れた。
Konseque li obliviis sua antea nutrado-tradicioni qui evis plura yarmili.
従って、彼らは何千年にもなる自らの食物の伝統を忘れてしまったのだ。
Tamen ica sovaja planti esas multe plu sanigiva kam le sorgoze kultivita, nam oli fitas multe plu bone kun nia sulo e klimato.
しかし、この野生の植物は、大切に耕作されたものよりも、健康に良いのである。それらは、我々の土壌と気候にぴったりと合っているからだ。
Nia ancestri uzis cirkume 1.500 vejetala produkturi, to esis multe plu multe kam le kinadek frukti e legumi nun kultivata.
我々の先祖たちは約1500種の農作物を使ってきたが、それは現在、農耕している果物と野菜の50倍以上だった。
Ica nutrivi ancestral esas ne nur sanigiva ma anke plezigiva.
この昔の食べ物は、健康に良いばかりでなく、喜びを与えることのできるものでもあった。
Ka kelka exempli? La folii di plantago havas agreabla saporo fungala.
いくつかの例がある。オオバコの葉っぱは、心よい、きのこ味をしている。
Olti di la konsoldo, kande oli imersesas en krespo-pasto e fritita en padelo memorigas astonive la soleo-fileto...e to esas multe min chera!
コンフリーの葉っぱは、パンケーキの生地の中に入れ、フライパンの中で焼いた時、シタビラメの魚肉を驚くほど引き立てるもの…これは高価なものではないが。
La maturega sorbi esas : kremoza, aromatra e sukrizita, oli pensigas pri nekonocata misterioza frukti tropikal...Quanta multanombra ignorata e miskonocata trezori!
熟れたナナカマドの実は乳質に満ちており、芳しい香りがあり、甘味である。これらは、未知の不思議な異国風味の果物について、考えさせる。なんとまあ、これまで無視され、誤解されてきた多くの宝物であることよ!
(Libera traduko segun artiklo aparigita en la revuo « Bien Vivre » redaktita da François Couplan e publikigita en la n° 6/1997 di LETRO INTERNACIONA)
フランシス・コプラン(François Couplan)編集の《Bien Vivre》誌に掲載された記事の自由翻訳。「LETRO INTERNACIONA」1997年6月号、掲載)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます