エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

LA TRUBADURI (トルバドゥール*1



La unesma trubaduro esis Guilhelmo duko di Aquitania e komto di Poitiers.
最初のトルバドゥールは、アキテーヌ*2の公爵とポワチエの伯爵のギレムだった。
Lua unesma kanti evas de 1100. Ito esis la epoko kande la Kelta miti riaparis sur la kontinento Europana.
最初の彼の歌が出てから1000年にもなる。 これは、ヨーロッパ大陸にケルト神話が再登場した時代のことであった。
La unesma bardo di qua onu konservis historiale asertita memorajo, probable kantis che la korto di Guilhelmo di Aquitania.
歴史的にはっきりとしている最初の(古代ケルト族の)吟唱詩人は、おそらくアキテーヌのギレムの中庭で、歌っていた。
To esis anke la tempo kande la kansono di Rolando (1) ed omna heroala kantaji qui til lore transmisesis parole, fine, skribesis, ma en tala kantaji onu klamis militistala paroli prefere kam amoro.
それは、それまで口伝で伝えられたローランの歌とすべての武勲詩が、最終的に文字として記述された時代のことでもあった。そのような歌集の中では、愛よりもむしろ軍人の言葉が叫ばれていたのであった。
Guilhelmo havis tote altra mentaleso ed esis tante rebela, ke dufoye il exkomunikesis dal katolika Eklezio.
ギレムには全く異なった精神性があり、カトリック教会から二度、破門されるほどの反骨精神があった。
Il partoprenis l’unesma kruco-milito tardesante e tale evitis multa kombati.
彼は、遅れて第一次十字軍に参加したものの、多くの戦闘を避けていた。
Lore il arivis en Oriento plu kom turisto kam kom militistala chefo e konoceskis kom artisto la muziki Araba, Turka e forsan mem Indiana, pro ke dum la lora tempo, ti qui, onu plu tarde nomizos Cigani (2), esas nefore de Konstantinoplo.
当時、彼は軍隊の長としてというよりも観光客として東方に赴たので、芸術家として、アラブやトルコやおそらくインドの音楽を知るようになった。なぜなら、当時は、後にジブシーと呼ばれるようになる者達がコンスタンチノープルから遠くないところにいたからだ。
Dum ica tre importanta epoko, l’Arabi preske sola, posedis la ciencala texti Greka, quin la intelektozi Hebrea e Kristana prizis tradukar, e tale esis aktiva kulturala ed intelektala kambii.
この極めて重要な時代に、アラブ人たちだけが、ユダヤ人やキリスト教徒の知識人たちが翻訳することを評価しているギリシアの科学文献を所有していた。このように文化と知識の交流が活動的であった。
Guilhelmo qua tre diletis la mulieri, tre probable, amoreskis bela Arabini, ma to nule impedis lu partoprenar la kulturala kambii en plura domeni, precipue muzikala e ciencala.
女好きのギレムは、おそらく、美しいアラブ女性を愛していたかもしれない。だが、そのことは、複数の領域、特に音楽と科学の領域の文化交流に参加することを妨げはしなかった。
Do ita sinioro – tatempe plu potenta kam la rejo di Francia – komencis la movado dil trubaduri e samokazione duktis en Ocidento la nociono dil servo a Damo.
したがって、その時代にフランス王よりも権力のある、その領主はトルバドゥールの運動をはじめ、同じように、貴婦人に奉仕する概念を西洋にももたらした。
Ma ica poeto savis anke trovar nova vorti por expresar nova pensaji pro ke remplasigante la Latina, tillore uzata en la kantado, il adoptis la linguo dil simpla populani (t.e. en ita parto di Europa la Ocitaniana linguo).
しかし、この詩人は、新しい概念を表現するために、新しい単語が必要だと思っていたので、それまで歌に使われているラテン語を置き換えるために、庶民の言語を採用したのであった。(つまり、ヨーロッパのこの地域では、西洋人の言語)
Tamotive, la arto dil trubaduri divenis rapide popul-kulturo, en qua la mulieri – inkluzite la ruranini – kantis amoro e vivis per lu kun certa sexuala libereso!
それ故に、トルバドゥールたちの芸術はすぐに庶民の文化になった。田舎の女性たちも、愛を歌い、ある性的な奔放さを持ちあわせて、生活したのだ。
Dop ica fasado existis spiritala aspekto, cetere la vorto trubaduro venas de la radiko « trobar » qua signifikas « trovar » (evidente la Ocitaniana linguo di nuna sud-Francia tre similesis Ido).
この建物の正面の後ろには精神的な景色が存在していた。その他に、トルバドゥールという単語は、「見つける(trovar)」という意味の「trobar」という語根に由来している。(明らかに、現在の南フランスの西欧の言語は、イド語にとても似ている)
Ito tamen havis senco plu vasta kam en Ido, nome « trobar » implikas libereso ed impertinenteso.
しかし、それはイド語よりも広い意味を持っている。いわゆる「trobar」は、奔放さと厚かましさという意味を含んでいるのだ。
Onu kantas pri la singladia vivo quale ol esas, kun lua omna aspekti.
人は、自分のすべてをあらわして、ありのままの平凡な生活を歌う。
Multa trubaduri esis siniori, ma anke esis inter li migranta kantisti veninta de la simpla populani, quale la tre famoza Bernardo di Ventadorn, filiulo di servistulo.
多くのトルバドゥールたちは領主であるが、その中には、使用人の息子である、有名なベルナルト・デ・ヴェンタドルン*3のような庶民出身の周遊歌手もいた。
Anke existis kanoniki qui audacis kantar pri amoro.
また、愛を歌う教会関係者もいた。
Altri esis trubaduri e pose divenis monaki.
後日、修道僧になったトルバドゥールもいたのである。
Ula Perdigon, nericha rurano, qua esis dotita per granda kapableso muzikal, esis simpatiinda a multi, sakrigesis kom kavaliero e finis sua vivo kom monako.
音楽的才能ある貧しい農民のペルディゴンは、多くの人たちに共感され、騎士として崇められたり、修道僧として人生を終えた。
Tala libereso e sociala movebleso duris dum du yarcenti de 1100 til 1300, e la Eklezio nule povis agar kontre.
このような自由性と社会的な可変性は1100年から1300年までの二世紀にわたって続き、それに対して、教会は反対できなかった。
La mulieri kantis tam multe kam la viri, la siniori ne esis plu importanta kam talentoza rurani...
歌う女性たちは、男たちとおなじほど多かったし、領主たちよりも、才能ある農民ほうが、尊敬された。
Evidente, onu esis dum tempo ed en medio di granda vivozeso ube la maxim grava vorto esas la Joy ! (Joyo en Ido ; tre simila vorto kad ne ?).
明らかに、大きな活力のある時代と環境に生きていたし、最も重要な言葉は「喜び」であった。(「joyo」《イド語》=喜びが、とてもふさわしい言葉ではないですか?)
Ma, itere, « Joy » havas plu vasta senco qua iras de la maxim grosiera plezuro sexual til la maxim mistika beateso, de la texti di Guilhelmo di Aquitania plena de sensualeso, til poezio kantanta amo al Santa Virgino (3).
しかし、「喜び」にはとても広い意味がある。粗野な性的楽しみから、神秘的な至福に至るまで。また、官能に満たされたアキテーヌのギレムのテキストから、聖マリアへの愛を歌った詩に至るまで。
La trubaduri volis enirar tre homala mondo ube omna emoci, deziri, melankolii ed esperi darfas expresesar... Ma sen obliviar to quo esas trans la deziro!
トルバドゥールたちは、すべての情緒と哀愁と希望が表現される人間的な世界に入り込みたかったのだ。もちろん、欲望の向こうにあるものを忘れることなく。
To esas anke la senco dil Tantrismo (4) : juar plene la vivo por perceptar la pleneso spiritala e kosmala qua esas exter la koncio pri desfeliceso e fino.
それはまた、タントリズムの意味でもある。それは、不幸と最後ついての意識の外にある精神的、宇宙的な充足性を認知するために人生を精一杯、楽しむことである。
La trubaduri havis tre libera konduto e ne vivis koakte kun nur un spozo.
トルバドゥールたちは自由に振る舞い、一人の配偶者に囚われて生きることはしなかった。
Alienor di Aquitania, rejino di Francia e pose di Anglia, e matro di tri reji, inter li Rikardo Leonkordio, esis samatempe militistino ed amorantino.
アリエノール・ダキテーヌは、フランス王妃であり、後にイギリス王妃となり、三人の王の母でもあり(その三人の王の中には、獅子心王といわれるリチャード一世がいる)、彼女は、女性軍人であり、同時に情婦でもあった。
Or, el transportis la nocioni erotika dil trubaduri a nord-Francia e plu tarde ad Anglia.
ところで、彼女はトルバドゥールたちの官能的な知識を北フランスにもたらし、さらにその後には、英国にも運び込んだ。
La unesma trubaduro, t.e. elua avulo, esis tre kurajoza kavaliero e granda poeto.
最初のトルバドゥールは、すなわち彼女の祖父のことだが、勇敢な騎士であり、偉大な詩人であった。
Do, li amba esis tre komplexa homi.
すなわち、彼らは二人とも、とても複雑な人間であったのだ。
Ita poeziala kanti iris til maxim alta spiritaleso.
その詩的な歌は、最も高い精神性にまで至った。
Bernardo di Ventadorn dicas :
ベルナルト・デ・ヴェンタドルンは語る。
« En joyo mea kanto debutas, en joyo mea kanto permanas e finas »
「喜びで、私の歌は始まり、喜びの中で私の歌は永続し、そして終わるのだ」
, od altra qua konfesas:
あるいは別の告白では、
« Nur esas joyo por me, olta qua nihiligas omna altra joyo”.
「私にとってはただ、喜びしかないのだ。それは他のすべての喜びを絶滅させるもの。」
Tota Europa influesis dal trubaduri:
全ヨーロッパは、トルバドゥールに席巻された。
Pos kondamno cirkum 1280 da episkopo di Paris qua refuzis la erotika nocioni dil trubaduri, multi de li fugis a Germania, a Flandria, ad Anglia, Portugal, Italia, edc...
トルバドゥールの官能的な概念を拒絶するとしたパリ司教の宣言(約1280年頃)の後に、トルバドゥールの多くは、ドイツ、フランドル*4、英国、ポルトガル、イタリアなどに逃げていった。
Ton dicinte, la trubaduri esis voyajeri.
後の言われたことだが、トルバドゥールは旅人であったのだ。
Tante plu ke lia linguo kantesis, en Kastilia, en Italia, en Hungaria... e mem en la nordo di Francia ed en granda parti de Europa ube ol konsideresis kom la linguo di amoro.
彼らの言語は、歌われていった。カスティリャで、イタリアで、ハンガリーで…、フランスの北部でも、そしてヨーロッパの大部分では、愛の言語として、見られていた。
La Germana Minnesänger imitis la trubaduri e tale kreis nacionala literaturo kun autori tale Wolfram von Eschenbach.
ドイツのミネザング*5は、トルバドゥールを模倣した。そして、このようなヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハも国民文学の創始者だと信じられきた。
En Anglia, Shakespeare esis tarda frukto dil kulturo trubadural...
英国では、シェークスピアがトルバドゥール文化の後の結実であった。
Onu darfas opinionar ke Maestro Eckhart, Ioannes dil Kruco, o Francisko di Assisi debas multe al trubaduri.
マイスター・エックハルト*6や、十字架のヨハネ*7や、アッシジのフランチェスコは、多くをトルバドゥールに影響を受けたという見解を持つ人もいる。
La fino :
最後に
La lasta trubaduro, Guiraud Riquier, cesis kantar en 1300.
最後のトルバドゥール、ギラウト・リキエルは、1300年に歌うのをやめた。
Nelonge antee, Peire Cardenal ye la fino di lua longa vivo, skribis : « Me haltigas skribar, la tempi chanjas ! »
それより少し前に、ペイレ・カルデナルは人生の最期にあたり、「私は書くのをやめる。時代が変わったのだ」と書き残した。
Do la tempi chanjis cirkum 1300. Ni ne obliviez ke la Templani (5) kondamnesis en 1314, e Maestro Eckhart en 1324...
時代は1300年頃に変わったのだ。テンプル騎士団が1314年に、マイスター・エックハルトは1324年に、(異端審問で)有罪判決を受けたことを忘れてはならない。
Omno divenas diferanta, la katedrali ne plus konstruktesas, la famini advenas...
全ては変わってしまう。大聖堂はこれ以上、建設されず、飢饉がやって来るのだ…。
La transmisado dil mistika tradicioni divenas multe plu diskreta.
神秘主義の伝播はこれ以上、表に出なくなる。
Onu eniris la tempo dil sekreta societi.
人は神秘社会の時代に入り込んだ。
(Libere tradukita segun artiklo da Bernard Klein en la revuo « La Vie Naturelle » [La Vivo Naturala])
(「La Vie Naturelle(自然生活)」誌のベルナール・クレイン氏の記事からの自由翻訳)

Kansono di Rolando (1) : Unesma konocata verko en la Franca linguo.
ロランドの歌 :フランス語で書かれたの最初の作品
Cigani (2) : La Cigani esas de Indiana origino.
ジプシー : ジプシーとは、インド由来である
Santa Virgino (3) : En la Kristana religio, la Santa Virgino esas la matro di Deo.
聖処女:キリスト教会では、聖処女は神の母とみなされている。
Tantrismo (4) : Indiana filozofio tre sensuala. Aparis cirkum la 5ma yarcento di nia ero.
タントリズム:インドの官能的な哲学。期限5世紀頃に現れた。
Templani (5) : Monakal ordeno famoza dum la Mezepoko ed abolisita e persekutita dal Franca rejo Filipo IVma la Bela (1268-1314).
テンプル騎士団:中世の有名な修道会で、フィリップ4世 (フランス王、端麗王と称される、1268-1314)によって廃止され迫害された。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます