エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

LA INDIANA MITOLOGIO E LE « VEDA »

インドの神話と『ヴェーダ』


[Ica artiklo sube esas sintezo di texto pri la hinduismo e di extrakturo de libro da Sri Aurobindo pri la Indiana kulturo titulizita : « The foundations of Indian culture » (La fundamenti dil Indiana kulturo). ]
【下記の記事は、ヒンドゥー教についてのテキストと、「インド文化の基礎」と題したインドの文化についてのオーロビンド氏による書籍からの抜粋を統合したものです。】

Exotere ; Agni esas la Fairo e la deo dil Fairo, esotere lu esas multe plu kam ito. Lu konsideresas dal orientalisti di Ocidento kom « Veda »-ala deajo. Esas vera ke le « Veda » konsakras ad il impresanta granda nombro de himni, precipue la unesma himno di ok ek la dek libri de qui kompozesas la « Rig-Veda ». Lu ne pleas nur unesmaranga rolo dum omna importanta ceremonii religial. Onu mantenas lu sorgoze en omna ortodoxa hemi per pia libacioni ye sakramentala karaktero, onu konfidas a lu omna objekti quin onu volas destruktar kun egardi. Dum la sakrifiko lu pleas tre multopla rolo o, prefere, lu pleas omna roli samatempe.
通俗的に、アグニは、火と火神であり、通俗的に、それ以上の存在です。西欧の東洋学者たちは、アグニを『ヴェーダ』的な神性と見なしています。『ヴェーダ』は、多くの印象深い讃歌をアグニに捧げるということは本当です。特に、『リグ・ヴェーダ』を構成する10巻の中の最初の8巻です。アグニは、重要な宗教的なすべての儀式の間、第一序列の役だけを演じてはいません。彼は、礼典的な性格での経験な神酒を用いて、正統な家庭の中で守られ、破壊したいと思われるすべての対象を彼に任せられるのです。犠牲を捧げる間、彼は同時に、多種多様な役割を演じます。
Tale en la sakra texti la flamo, la ofrajo esas ofte nomizita kom la boko e la lango dil dei. Lu esas la sakrifikajo e samatempe lu protektas la sakrifiko.
このように神聖な礼典の中で、炎、すなわち、捧げものはしばしば、神々の口と舌と名付けられます。それは供え物であると同時に、その犠牲を保護するのです。
Kande onu konsideras lu sub plu aparta aspekto, lu esas la flamo qua adportas ofraji a la dei, samatempe kam la advoki e pregi destinata a li.
別の観点から見れば、火は神々に対して供え物を捧げる炎であると同時に、それに与えられた使命であり祈りでもあります。
Kompense il adportas la deala forteso, lumo e joyo en nia homaro. Agni esas ta a qua adoranto demandas ke lu liberigez (il)(el) de « la sordidajo di lo mala ». Quale explikas Sri Aurobindo, « ita omno quo esas kulpo, peko o defekto en la homo, Agni mustas retrosendar ol a la diversa aspekti dil deala ento por ke ito eliminesez. » Konseque Agni havas tre importanta plaso en la religio hinduista.
その代わりに、アグニは、私たち人類に、神聖な力と光と喜びをもたらします。アグニとは、『悪の塵』から彼・彼女を救ってくれるように崇拝者が要求するものなのです。オーロビンド氏は次のように説明しています。「人間の中にあるすべての罪や科や欠陥を、取り除くために、神聖な存在の様々な外観に、アグニは戻さなければなりません。」すなわち、アグニはヒンドゥー教の中で、とても重要な役割を持っています。
Parolante plu precize pri le « Veda » onu devas adjuntar ke la reala karaktero di le « Veda » povas maxim bone komprenesar per prenar oli irgaloke e tradukar oli loyale segun lia propra frazi ed imaji.
『ヴェーダ』について、もっと正確に言うならば、『ヴェーダ』の本当の特徴とは、どこかでそれを取り除き、独自の語句と絵によって忠実に解釈することで、もっともよく理解できると、付け加えなければならないでしょう。
…Se ni lektas oli quale oli esas, sen falsa tradukuro, ni trovos sakra poeziajo, sublima e forta en lua vorti ed imaji, quankam kun altra speco de linguajo ed imaginajo kam olta quan ni nun preferas e prizas, profunda e subtila en lua psikologiala experienco ed agitata da ecitata anmo per vizioni e parolado.
もし私たちが、間違った翻訳なし、あるがままに、それを読むならば、その言葉とイメージの中に、神聖で、高尚でしかも力強い詩歌を見つけるでしょう。私たちが現在、幻影やセリフを用いて興奮した魂によってかき乱された心理的な経験の中で、深く鋭敏だと、むしろ高く評価しているものとは別の言葉遣いやイメージであったとしても、です
Prefere askoltez la parolo ipsa di le « Veda ».
むしろ、『ヴェーダ』自体の語りに耳を傾けなさい。
« Standi sur standi naskis, veli super veli vekigas la savo : en la envolvo dil Matro lu vidas komplete. Li advokis lu, prokurante vasta savo, li gardas sendorme la vigoro, e la forta urbon li eniris. La populi naskinta sur la Tero kreskigas dil filiulo di la Blanka Matro la forteso ; oron sur lua kolo lu havas e granda en parolado lu esas, quaze per la povo di ca mielovino serchero pri abundo lu esas. Lu esas quale agreabla e dezirinda lakto, lu esas neakompanata kozo ed esas kun le du qui esas kompani ed esas quaze ardoro qua esas la ventro di abundo e lu esas nevinkebla vinkero di multi. Pleez, Ho Radio, e manifestez tu ipsa. » (Rig-Veda V.19)
『身分の上の身分が生まれ、ベールの上のベールは知識を覚醒します。広大な知識を手に入れて、母の包容の中に彼は完全に理解し、それらが彼に呼びかけるのです。それらは眠らずにその活力を警戒し、力強い都市へと入って行きました。地上に生まれていた大衆たちは、白い母の力を生み出します。彼は首に黄金をつけており、語りの中では彼は偉大なのです。まるで、「mielovino(女王蜂=ミツバチの卵を生むもの)」の能力をもった富の探求者であるかのように。それは大きく願わしい牛乳のようなものであり、それには連れがおらず、二人の仲間と共にいたのです。彼は、「の腹部である」情熱のようであり、克服できない多数への征服者です。嗚呼、光よ。自ら自体を演じなさい。態度に表しなさい。』
Od itere en la sucedanta himno, - « Ita flami di tu, la deajo forta, qui ne movas ed augmentesas ed esas potenta, desligas la enemikeso e maligna deshonesteso di ta qua havas altra lego. Ho fairo deala, tun ni selektis kom nia sacerdoto e kom moyeno por realigar nia forteso ed en la sakrifiki adportante la nutrivi di tua plezuro, tun per tua sakra nomo ni advokas… Ho deo di la perfekta labori, ‘utinam’ ni esez por la feliceso, por la vereso, festanta kun la radii, festanta kun la heroi ».
続く讃歌の中には次のように、あります。『この炎は、動かず、増え、権威を持つ強い神であり、別の掟をもっている敵や、悪なる不誠実さを解き放ちます。嗚呼、聖なる火よ。私たちは、汝を祭司として選び、私たちの力を実感するための方法として、汝の喜びの養分をもたらす供え物の中に、汝の聖なる名前をもって私たちは、汝に呼びかけます。嗚呼、完全なる働きの神よ、私たちは、汝の幸のために、汝の真理のために、「utinam=(熱烈な希望)」になりましょう。その光と共に祝い、その英雄たちと共に祝しながら…。』
E tandem ni prenez la tomo dil triesma himno sequanta expresita per la ordinara simboli dil sakrifiko, - « Kom la « Manu » tun ni pozas en tua plaso, kom la « Manu » tun ni acendas Ho Fairo deala, Ho Angiras, kom la « Manu » tu sakrifikas a la dei por ta qua pregas la deaji. Ho Fairo deala, komplezanta, tu esas brulanta en la homa ento e la kulieregi iras a tu sencese… Tun, omna dei, kun unika plezuro en tu, igis lia anuncanto, e per servar tu, Ho profeto, la homi adoras la deo en la sakrifiki. La mortivi adorez la deala Fairo per sakrifiki a la deaji. Tua acendita flami irez adfore, Ho Lumizanto. Sidez sur la sidilo dil Vereso, sidez sur la sidilo dil paco ».
そして最後に私たちは、供え物の本来のシンボルを用いて表現された、第三の讃歌を示しましょう。『その位置の中に、私たちは«マヌ»として汝を横たえ、私たちは«マヌ»として火をつけます。嗚呼、聖なる火よ。嗚呼、アンギラスよ。そなたは、«マヌ»として、神々に祈るもののために、神に生け贄を捧げます。嗚呼、火の神よ、喜んで、汝は人という実体の中で燃えており、その柄杓は絶え間なく、汝のところへやって来るのです。嗚呼、汝に対して、すべての神は、独特な喜びをもって、彼らの告知者になったのです。そして、嗚呼、予言者よ、汝に従うことで、人間たちは、その供え物なかで、神を崇拝するのです。死ぬべきものは、供え物を用いて、聖なる火を崇拝します。汝の添加された炎よ、遠くへ行け。嗚呼、輝くものよ。真理の座に腰をかけよ。平和の座に腰をかけよ…』
Irga interpreton ni selektis por vivigar ica imaji, esas mistika, simbolatra poemo e dico, ito esas la autentika « Veda ».
神秘的で比喩的な詩と格言である(それが本物の「ヴェーダ」ですが)、このイメージを活かすためには、私たちは、あらゆる解釈を選びました。

(Artiklo publikigita en en la numero 1/2001 di Letro Internaciona)
(この記事は、『国際通信』(2001年1月号)に公表したものです

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます