エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

MORTAL KOMBAT(O) – KONQUEST(O)

モータル・コンバット (映画) 死の戦い−征服者


Me rezolvis skribar pri la filmo « Mortal Kombat(o) – Konquest(o) » pro ke ica titulo esas preske perfekta Ido. Malgre la absenteso di la dezinenco –o. Fakte, me tre dubitas ka la autori di ta filmo esas Idisti. Li selektis tala titulo ed ortografio pro ke la radiki esas maxim facile komprenebla internacione, ed ico semblas a me esar bona pruvo pri la universala karaktero di nia idiomo. Adoptita neutra mondolinguo esus probable tre simila ad Ido, se ne Ido ipsa. La citita filmo esas globalista, t.e. ke ol aludas unionita mondo sur la fundamenti dil Usana e Chiniana kulturi. Ol ne indijas celita rasismo, nam en « rejio dil Tero » quale onu nomizas nia globo, onu vidas nur aryana blanki e flava Aziani, sen irga menciono pri altra populi. Anke onu questionas su ofte ka la montrita mondoparto esas Chinianigita Usa od Usanigita Chinia.
私は映画「モータル・コンバット( 死の戦い−征服者)」について書くことに決めました。このテーマ(の単語が)がほとんど完璧なイド語だったからです。その単語の語尾「o」がなかったとしても、です。実のところ、私はこの映画の製作者がイド語の使い手ではないかと疑っています。この製作者は、これらの語根が国際的に最も簡単に理解できるので、このような映画の題名と綴り方を選んだのであり、それが、私には私たちの熟語の普遍的な特徴についての良い証拠ではないかと思えるのです。採用された中立の世界語はイド語自体ではないなら、おそらくイド語にとても似ているかもしれません。この映画は世界主義者的、すなわち、米国文化と中国文化の基礎にして統一された世界を暗示しています。この映画には隠された人種差別はありません。なぜなら、私たちの地球を名付けた「地球王国(rejio dil Tero)」の中には、ほかの民族への言及もなく、ただアーリアの白人と黄色いアジア人だけしかいません。出てくる世界は中国化された米国なのか、もしくは米国化された中国なのかと、しばしば自問するのです。
Pro ke la dicita « Mortal Kombat(o) » esas kombato inter la diabli e la forci di lo mala kontre la « rejio dil Tero », onu ne evitas parolar pri religio. La religio di ca mondo semblas esar ulaspeca Buddhismo mixita kun pagana elementi. Onu vidas kelkaloke Buddhista monakuli ed ico supozigas da me ke la Buddhismo ne nur spontane konceptesas kom la mondoreligio, ma anke ke ol povus tote bone fitar kun Ido.
この「モータル・コンバット」は悪魔たちと『地球王国』に対抗する悪の力との闘いであり、宗教について語ることを避けていません。この世界の宗教は異教徒的要素と混じったある種の仏教に似ています。所々で仏教の僧侶が出てきており、これは仏教が世界宗教として連想されるだけではなく、これはイド語に全くふさわしいと、私には思えるのです。
Se on volas pritraktar la filmo ipsa, ol esas tedanta filmacho, « navet » (napo) quale onu dicas en mea patuazo (pro ke la napo supozesas esar sensapora legumo). La cenaro esas lamentinda e la spektakli pri kombatal arti segun-manière dil pasinta Bruce Lee esas prefere ridinda.
映画自体を取り上げるならば、退屈な駄作映画であり、私の民族語で言うなら「カブ」とでもいえよう(なぜなら、カブは無味の野菜だと思われているのですから)。シナリオは惨憺たるもので、過去のブルース・リー流の立ち回りのシーンの方がむしろ笑える。

Do, me nule konsilas a mea samideani spektar tala hororiganta plorindajo, ma por ni Idisti la titulo esas interesiva. Malgre omno, me ne regretas l’esforco quan me facis por saveskar la kontenajo dil filmacho. Valoras la peno informar su pri la kozi qui pensigas pri l’Idolinguo.
さて、私の同志たちにはこのようなゾッとするお涙頂戴モノの鑑賞をお勧めはしないものの、われらイディストにとって、映画のタイトルは興味深いものです。にもかかわらず、このクソ映画内容をお知らせするために私が行った努力を残念に思います。イド語について考え、知るための努力に、むしろ価値があるのです。

(Artiklo da Jean Martignon (Francia) publikigita en la numero 5/2001 di Letro Internaciona)
(「国際通信」(2001年5月号)に掲載されたジャン・マルティニョン(フランス人)による記事)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます