エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Difuzeso di Ido.(イド語の普及)

Atinginte nur en la mezo di 1913 sua plena developeso, Ido vidis quik la milito desorganizar lua societi e grupi.
1913年の中頃にもイド語の発展がピークに達成してしたが、すぐに戦争がイド語の団体やグループを破壊した。
Tamen nun ol esas difuzita en 55 landi di la kin parti dil mondo.
しかし現在、世界の5大陸の55カ国に普及している。
Ol havis kongreso en Wein (1921), Dessau (1922), Cassel (1923), Luxemborg (1924), e Torino (1925).
イド語は、ウエイン(1921年)、デッサウ(1922年)、カッセル(1923年)、ルクセンブルク(1924年)、トリノ(1925年)で大会を開いた。

ベブソンのチャチャ:

幾ら、イド語が素晴らしい言語でも、インターネットなかりせば、普及も復旧もなかった事は間違いありません。
人類の良き未来は人類同士の協力がなければ、不可能です。時間と距離の壁は実に厚い。でもインターネットが出現して、国際語イド語が使えれば、他人種間でこの言語を磨いて行く事が可能になりました。私も簡単な交渉事は多言語で行えますが、レベルの高い交渉は今やイド語を使えなければできません。私が充分に使い熟(こな)せていない言語の相手からも、イド語を通じて複雑で高度な情報を取る事が簡単にできてしまいます。インターネットは道具でしかありませんが、この道具がイド語の活用範囲を拡大して人間の脳を活性化し、今まで不可能だった人種間の協力を実現させつつあるのを毎日感じて幸せな人生になっております。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます