エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Acento tonika.(強勢アクセント)

4.
En Ido, la acento tonika ne esas plualtigo o plulongigo dil sono, ma plufortigo di la voco sur un silabo dil vorti.
イド語では、強勢アクセントは、音の高低もしくは音の長さではなく、単語の一つの音節の上に、声の強勢をおくことである。
On pozas lu sur la lasta silabo dil infinitivi e sur la prelasta silabo di la cetera vorti :amâr, venîr, skribôr; fenêstro, bovîno, malâda, trôno, mêa, puêri, opiniôno, e. c.
不定詞の最終音節と、その他の語句の最後から二番目の音節に、アクセントを置く。:「amâr」、「venîr」、「skribôr」(は最終音節);「fenêstro」、「bovîno」、「malâda」、「trôno」、「mêa」、「puêri」、「opiniôno」など(は最後から二番目の音節)
Ma en plursilaba radiki, i e u nemediate avan vokalo ne darfas recevar l'acento : Kâspia, râdie, fîlii, mistêrio; tênua; êlua, sêxuo, stâtui, lînguo*1.
しかし、もっと多い音節数のある語根では、母音の直前の「i」と「u」にはアクセントを付けなくとも良い。 :「Kâspia」、「râdie」、「fîlii」、「mistêrio」;「tênua」;「êlua」、「sêxuo」、「stâtui」、「lînguo」
Pro ke la finali ia, ie, ii, io, e ua, ue, ui, uo di ca lasta vorti formacas nur un silabo, la prelasta esas reale ta, qua preiras li, ed ol portas la acento tote konforme al regulo*2.
語尾「ia」「ie」「ii」「iiu」「io」と、(上記の)最後の語句の「ua」「ue」「ui」「uo」は一音節を作ります。最後の二番目の音節は実際上、それらの前にくる音節である。さらにそれは規則に従ってアクセントを置く。
En dio, pia, duo, gluo ed altri simila, i e u esas vere la prelasta silabo.
「dio」「pia」「duo」「gluo」などの中の、「i」と「u」は実際、最後の二番目の音節になる。
Li konseque recevas la acento, segun la regulo.
従って、それらは規則に従っている。
Nam li kontenas ne plursilaba, ma unsilaba radiko : di, pi, du, glu.
なぜなら、それらは多音節ではなく単音節の語根を含んでいるからである。:「di」「du」「glu」
Se monosilaba (unsilaba) radiko divenas lasta parto di kompozajo o derivajo, la vokali i, u portas la acento, quale kande li trovesas en simpla vorto.
もし、単音節の語根が構成物、派生物の最後の部分になっているならば、「i」「u」という母音には、単一単語に見出される時のように、アクセントがつく。
Ex. :butontrûo, arborglûo, despîa, cadîe.
例:「butontrûo」、「arborglûo」、「despîa」、「cadîe」
Ma, pro ke la nomi di la sep dii semanala ne esas kompozaji (quale festo-dio, ca-die) li recevas la acento sur la silabo qua preiras di e qua esas reale la prelasta.
しかし、曜日の七つの名前は(「festo-dio」や「ca-die」のように)構成要素ではないので、それらは「di」の前にくる音節上と、実際の最後の二番目の音節の上に、アクセントがつく。
On do pronuncas : sûndio, lûndio,mârdio, jôvdio, venêrdio, satûrdio*3.
従って、次のように発音する。「sûndio」、「lûndio」、「mârdio」、「jôvdio」、「venêrdio」、「satûrdio」
Kande au, eu formacanta diftongo *4 renkontresas kom silabo prelasta, la acento restas sur ta diftongo, kun la chefa esforco dil voco sur a, e.
最後の二番目の音節として、二重母音を形成する「au」「eu」に遭遇する時、そのアクセントは、できるだけ「a」「e」に重きをおいて、その二重母音につく。
Ex. : lâubo, kâuzo, lâuro, nêutra, psêudo.
例:「lâubo」、「kâuzo」、「lâuro」、「nêutra」、「psêudo」
Evitez sorgoze facar ek au, eu du silabi en ta vorti ed altri simila.
これらの単語やその似た単語で、「au」「eu」の二つの音節から作り出すことは慎重に避けるべきである。
En la nombri, inter 20 e 100, la acento restas sur la radiko du, tri, quar e. c.
20と100の間の数字では、そのアクセントを「du」「tri」「quar」などの語根上につける。
Ex. : dûa-dek, (o dûadek), trîa-dek (o trîadek), quâra-dek (o quâradek), e.c.
例:「dûa-dek または dûadek」「trîa-dek または trîadek」「quâra-dek または quâradek」など
— Kompreneble en dek-e-un, dek-e-du, dek-e-tri, e. c. ne la konjunciono e, ma la nombro dek esas acentizata.
もちろん、「dek-e-un」「dek-e-du」「dek-e-tri」などの中では、接続詞「e」ではなく、数詞「dek」にアクセントが置かれる。
La monosilabi darfas esar acentizata o ne (tam en prozo kam en poezio) segun la kuntexto e l'intenco dil autoro *5.
単音節単語はアクセントを付けなくともよいのか、そうでないのかは、(詩の中と同様に散文でも)文脈と作者の意図に従う。
Por eufonio e mem por bona interkompreno, l'acento tonika havas en Ido tre granda importo.
音調の良さと理解しやすさのために、強勢のアクセントはイド語にとって、とても大切である。
Konseque omna Idisti devas tre atencar olu, e la populi qui pozas la acento sur la lasta silabo devas merkar e memorar bone, ke en Ido nur l'infinitivi -ar, -ir, -or (qui esas lasta silabi) darfas kom tala recevar olu.
従って、すべてのイディストたちは大いに注意を払わなければならないし、最終音節にアクセントを置く諸民族は、イド語では不定詞(最後の音節の)「-ar」「-ir」「-or」にだけ、アクセントをおいても良いということを、心に留めて置かなければならない。
Ma, kontraste, altri devas atencar, ke l'aplikado dil acento ne incitez li ad engluto dil silabi finala ed a neklara pronunco di olia vokali.
しかし、対照的に、その他の諸民族たちも、アクセントの応用するにあたり、それらに最終音節が聞こえなくなる(音が飲み込まれる)発音にしたり、その母音の不明瞭な発音にしたりすることを奨励すべきでないと、留意しなければならない。
Nam to genitus grava erori pri la tempi en la verbo, o pri la speco gramatikala dil vorti e lia rolo.
なぜならそれは、動詞の時制について、あるいは語彙の文法的な種類とその役割について、重要な間違いを生じさせるからである。
Kun atenco e sorgo (or mem plu kam linguo nacionala la helpolinguo postulas la du), on tre bone povas konciliar justa acentizo e klara pronunco.
配慮と注意を伴って(しかしながら、民族言語よりも、補助言語の方が、その二つを必要としているのだが…)、正しいアクセントと明確な発音との折り合いをつけたほうがいいのである。
Sentiginte la acento sur la silabo prelasta, evitez sentigar quaze duesma acento sur la dezinenco : Espernt, harmni.
最後の二番目の音節の上にアクセントを感じたら、形式語尾上のいわば第二アクセントを避けるべきである。
Certe la dezinenco devas audesar klare, ma por ico ne esas necesa, ke on acentizez lu anke.
確かに、形式語尾は明確に聞こえるようにしなければならないものの、このために、その形式語尾にもアクセントをつける必要はないのである。
L'Italiana pruvas lo konstante en sua linguo; ni imitez li pri co en Ido *6.
イタリア人はイタリア語で、しきりにそのことを証明している。イド語でも、それを模倣しよう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます