エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Substantivo (名詞)

10.
La substantivo finas en singularo per o, en pluralo per i : tablo, infanto, tabli, infanti *1.
名詞は、単数形で「o」で終わり。複数形では「i」で終わる:tablo, infanto, tabli, infanti.
11
La genro (gramatikala) ne existas en Ido.
イド語では(文法的)性は存在しない。
La substantivo reprezentanta ento anmoza indikas l'animala speco, ma nule la sexuo.
命ある存在を意味する名詞は、動物の種類を指し示しているが、(文法的)性は示さない。
Altravorte, la sexuo di ta ento restas nedeterminita :
言い換えれば、その存在の性は確定しないままである。すなわち
infanto ne indikas maskulo plu multe kam femino; e tale pri omna substantivi di ento amnoza.
「infano」は女性よりも男性を指しているわけではない。命ある存在のすべての名詞は同様である。
Kompreneble omna substantivi di kozi esas neutra.
もちろん、物事のすべての名詞は中性である。
12.
— La sexuo povas esar determinata nur per sufixi :
(文法的)性は、接尾辞によってだけで決定される。
-ul por la maskuli; -in por la femini.
男性としては「-ul」、女性として「-in」を使う。
Exemple : infanto, kato, finko (sexuo nedeterminita);
例えば、「infano」「kato」「finko」の文法的性は確定してない。
infantulo, katulo, finkulo (sexuo maskuli);
「infantulo」「katulo」「finkulo」は男性(雄)。
infantini, katini, finkini (femini);
「infantini」「katini」「finkini」は女性(雌)。
la homo (sexuo nedeterminita : homo ento);
「la homo」は、確定していない性。「homo」という存在。
la homulo (homo maskula);
「la homulo」は、男性の人間。
la homino (homo femina);
「la homino」は、女性の人間。
patro (un del du genitanti) *2;
「patro」は、二人の親の中の一人。
patrulo (la genitanto o patro maskula);
「patrulo」は親、あるいは男性の「patro」。
patrino (la genitanto o patro femina) qua tote darfas nomizesar matro;
「patrino」は、「matro」(母)と称されてもかまわない(親あるいは女性の「patro」のこと)
la patri (la genitanti qui esas o maskula o femina).
「la patri」は男性あるいは女性である親たちのこと。
Ex. : On opinionas sempre plu generale, ke la patri dil Amerikani aborigena esis Aziani.
例。「On opinionas sempre plu generale, ke la patri dil Amerikani aborigena esis Aziani.」
(土着のアメリカ人の父祖たちはアジア人であったと、通常一般的に言われている)。
13.
— Kande la sexuo ja esas indikita da vorto o sufixo, esas tote neutila indikar lu itere :
(文法的)性はすでに単語もしくは接尾辞で示されている時、それを再び示すことは全く役に立たない。
Andreas, mea kuzo, volas esar advokato (nek kuzulo, nek advokatulo).
「Andreas, mea kuzo, volas esar advokato」(私の従兄弟のアンドレアスは、弁護士志望だ)。(「kazulo」でも「advokatulo」でもない)
(訳注:上記の場合「Andreas」という名前は男性の名前なので、その後の語句には、性は不必要だということだ)
—Mea fratino esas sekretario (ne : sekretariino), e mea fratulo esas profesoro (ne : profesorulo).
「Mea fratino esas sekretario, e mea fratulo esas profesoro」(私の姉妹は秘書で、兄弟は教授だ)
(訳注:主語「fratino」「fatulo」で文法的性が限定されているので、その後に語句に性を限定させる必要はない)
—El esas helpanto di medikino (ne : helpantino).
「El esas helpanto di medikino」(彼女は女医の助手だ)
14.
—Kompreneble on ne adjuntas -in a radiko dicanta per su la sexuo feminala : muliero, amazono, subreto, e. c.
女性を表す意味が単語自体にある語根には、「-in」(女性を表す接尾辞)を付けない。「muiero(成人女子)」「amazono(アマゾン=女戦士、女傑)」「subreto(<劇>侍女,その役を演ずる女優)」など。
Same on ne adjuntas -ul a radiko dicanta per su la sexuo maskulala : viro, oficiro, generalo, notario, sacerdoto, e. c. *3.
同じように、男性を表す意味が単語自体にある語根には、「-ul」(女性を表す接尾辞)は付けない。「viro(成人の男性)」「oficiro(【軍】士官)」「notario(公証人)」「sacerdoto(《カトリックなどの》司祭)など。」
Fine on uzas nek -ul, nek -in, kande nulo postulas, ke on konocigez la sexuo.
つまり、誰も性を示すことを要求していない時は、「-ul」も「-in」も使わない。
Exemple, se on skribos a homulo o homino prezidera, samideana, kunlaboranta, e. c., on ne dicos : kara preziderulo, samideanino, kunlaborantulo, ma nur : kara prezidero, samideano, kunlaboranto.
例えば、会長や、同志や、協力者の男女に対して手紙を書くなら、「kara preziderulo」「kara samideanino」「kara kunlaborantulo」とは書かずに、ただ「kara prezidero」「kara samideano」「kara kunlaboranto」とだけ書くだろう。
Ilu ed elu ya perfekte konocas lia sexuo.
彼や彼女はすでに完全に彼らの性を知っているのである。
Precize pro ke prezidero, samideano, kunlaboranto esas per su sensexua, li tote konvenas en tal okaziono, sive por viro, sive por muliero *4.
特に、「prezidero」「samideano」「kunlaboranto」はそれ自体、無性であるので、それらの肩書は、男としてであれ、女としてであれ、そのような場合には、完全に適切なのである。
15.
— Kom honor-titulo (parolante a persono altaranga, o pri olu), on uzas la vorto sinioro (e siniorulo, siniorino, se to esas necesa por evitar konfundo).
(身分の高い人に語る時やその人について語るときの)名誉の肩書(敬称)として、「siniroro」という語句を使う(もし、混同を避ける必要があるなら「siniorulo」「siniorino」を使う)。
On adjuntas, segunbezone, la nomo di lua alta ofico sociala : sinioro rej(ul)o, reg(in)o; sinioro princ(ul)o, princ(in)o *5; sinioro episkopo.
必要に従って(肩書を)つける。社会的に高い職務の人。「sinioro rej(ul)o, reg(in)o」(王陛下、女王陛下)、「inioro princ(ul)o, princ(in)o」(王子殿下、王女殿下)。「sinioro episkopo」((カトリックの)司教殿下)。
Kompreneble on uzas nek -ul, nek -in kande, quale pri episkopo, to esas neutila.
もちろん、「episkopo」(司教)のように中性である時は、「-ul」や「-in」は使わない。
Same on procedas pri sioro, polita titulizo uzata por omna personi a qui, o pri qui on parolas : Sioro Ludovikus R.
同じく、すべての人たちのために使われ、その人についての丁寧な敬称である「sioro」が使われる。例えば、「Sioro Ludovikus R」(ルドビークス・R氏)
Pro ke esas konocata la sexuo dil viro a qua on parolas, on ne dicas a lu siroulo, ma nur sioro.
語られている男の性は知られているので、「siroulo」と言うのではなく、ただ「sioro」といえば良い。
Ma, pro ke la letro destinata a spozulo povus donesar a spozino, od inverse, on enuncas -ul od -in en la adreso, se on skribas a spozi vivanta kune, o se on timas, ke altre agante, la letro ne atingos juste la destinario.
しかし、夫宛の手紙は妻宛に送られるかもしれないし、その逆もあるので、その宛先の中に「-ul」あるいは「-in」を明確にするのである。もし生計を一緒にする夫婦に手紙を書くにしても、あるいは、別の場合、手紙が正しく受取人に届かないおそれがあるからである。
16.
— Siorino uzesas por muliero mariajita e por muliero ne mariajita, kande on skribas o parolas ad eli.
「siorino」は、既婚の女性や未婚の女性のために、彼女らに手紙を書いたり、彼女らに向かって話したりするときに、使われる。
Ma, kande on parolas pri eli, on uzas damo por l'unesma e damzelo por la duesma, se on volas precizigar, ke ita mariajis su, e ke ica esas ankore celiba *6.
しかし、結婚したことや、まだ独身であることを特定したいならば、彼女らについて話す時は、前者(既婚女性)には「damo」を使い、後者(未婚女性)には「damzelo」を使う。
En asemblajo kompozita ek homuli e homini, on dicas a li : siori. Exemple : vua vicini, siori B.
男女混合の集会において、彼らに対して「siori」と呼びかける。たとえば「vua vicini、siori B(あなたの隣人、B家族)」
Pro ke l'expresuro gesiori B. povas indikar la viri e la mulieri dil tota familio B.
「gesiori B」という表現は、B家全体の男女を指し示すことができる。
(komparez gefrati), la sola maniero certa dicar siroulo e siorino B. intermariajita esas : la gespozi B.
(「gefrati(兄弟姉妹)」と比較せよ)、互いに婚姻しているB氏とB女史をさしていう一つの方法としては、「la gespozi B」(B夫妻)がある。

ベブソンのチャチャ:

ボーフロン氏によると、patro は男性の親でも女性の親でも良い事になるが、この当時、エスペラントと張り合ってロジックだけで性を決める風潮に影響されたモノと思われます。エスペラントのシステムは英語を除く欧州語と比較してとても優れたモノだとは思いますが、人間にはロジックだけでは無くて、温かい血の流れた感情とゆうモノがある事をお忘れになっていた様ですね。勿論、正しい解決策は....
patro 父 、matro 母 、genitori 両親 でございます。方や、エスペラントの非感情的冷酷な造語では patro 父 、patrino 母 、gepatri 両親 なんですけどね。私はこんなロボット言語は喋れません。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます