エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Demonstrativ adjektivi-pronomi. 指示的な形容詞と代名詞

34.
La demonstrativ adjektivi (sequata da substantivo) havas a kom dezinenco ed esas nevariebla, quale la cetera adjektivi :
指示形容詞(名詞に従うもの)は形式語尾「a」を持ち、他の形容詞と同様に、不変である。
ca od ica por l'objekti, di qui on volas indikar explicite la proximeso;
「ca」「ica」は、明確に近称を示したい事物に対するものに使う。
ta od ita por la for a objekti, od ordinare.
「ta」「ita」は、事物に対する距離を示す時、あるいは通常に示す場合に使う。
Ex.:
Me amas ica puerino, ma me odias ita puerulo.
「私はこの少女を愛するが、あの少年を憎んでいる」
Quale en ta exemplo, on opozas l'adjektivo ca al adjektivo ta, kande parolesas pri du enti o kozi, de qui un esas proxima e l'altra esas for a.
この例のように、ひとつは近くにあり、もうひとつが遠くにある、二つの生き物あるいは事物について話す時は、形容詞「ca」を形容詞「ta」と反対の立場に置くのである。
Ma, en la praktiko, on indikas ordinare omna enti od objekti per ta, ita, kande on ne volas tote partikulare indikar la proximeso.
しかし、実践的には、「ta」「ita」を用いて、とくに近称を指示したくない時には、普通に全ての生物あるいは事物を指し示す。
On uzas prefere la formo plu kurta, kande l'eufonio permisas.
快い音の調子が許されるなら、より短い形の方が好まれる。
La pronomi demonstrativa (uzata sole) havas la sama formo kam l'adjektivi;
(単独で使われる)指示代名詞は、形容詞と同じ形態である。
ma plurale li divenas ci, ti, od ici, iti.
しかし複数形では、「ci」「ti」あるいは「ici」「iti」になる。
Kande on bezonas distingar la genro, on prefixigas al formi plu kurta (ca, ta; ci, ti) la personal pronomi il, el, ol:
性を区別する必要がある時は、短い形態(ca,ta; ci,ti)に対して、人称代名詞(il,el,ol)を接頭辞にようにつける。
ilca por maskulo, elca por femino, olca por neutro;
「ilca」は男性単数、「elca」は女性単数、「olca」は中性単数
ilci por maskuli, elci por femini, olci por neutri;
「ilca」は男性複数、「elci」は女性複数、「olci」は中性複数
ilta por maskulo, elta por femino, olta por neutro;
「ilta」は男性単数、「elta」は女性単数、「olta」は中性単数
ilti por maskuli, elti por femini, olti or neutri.
「ilti」は男性複数、「elti」は女性複数、「olti」は中性複数
Fine, ta du pronomi havas neutra formo nedeterminita : co od ico, to od ito.
最後にいえば、この二つの代名詞は不確定の形態「co」「ico」「to」「ito」を持っているということ。
Ex.: me havas du hundi; ica esas malada, e co jenas me; ma ita esas nefatigeble, e to esas tre utila ad me por chasar en (i)ca lando*1.
例:「私は犬を二匹飼っている。こいつは病気だし、このことは私の邪魔になっている;しかしあいつはとても活発で、そのことは、この国で狩猟のためにとても私の役に立っている」
On vidas la difero inter la neutra determinita olca, olta, qua relatas ula objekto definita, e la neutra (i)co, (i)to nedeterminita, qua relatas irga kozo*2 o fakto.
ある限定された事物に関係する、中性の確定的な「olca」「olta」と、任意の事柄に関係する中性の不確定の「ico」「ito」との間には、違いがある。
Por dicernar li praktike, suficas questionar su, kad on darfas adjuntar al pronomo ula substantivo determinita:
それらを実際に見分けるために、ある確定的な名詞に対して、代名詞を添えてみるのがよい。
ica = ica hundo (en l'exemplo supera); ma co e to = ca kozo, ca fakto, ta kozo, ta fakto.
ica=ica hundo(上記の例)だが、「co」と「to」=ca kozo, ca fakto, ta kozo, ta fakto.
Kom antecedenti di la pronomi relativa on uzas la formi en t : (i)ta, (i)ti, (i)to (V. §35).
関係代名詞の先行詞としては、(i)ta, (i)ti, (i)to の形態の中からを使う。(§35を参照のこと)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます