エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Relativa e questionala adjektivi-pronomi. 関係詞的および疑問詞的な形容詞と代名詞

35.
— Kom pronomi li esas : qua (singulare), qui (plurale), quo (kozo, fakto).
代名詞として、「qua」(単数形)、「qui」(複数形)、「quo」(モノ、事実)がある。
On uzas quo nur kande parolesas pri kozo nedeterminita; on uzas qua pri kozo determinita.
不確定の事について語られる時だけに「qua」が使われ、確定的な事については「quo」が使われる。
Ex. : Me renkontris povra oldulo, qua demandis de me almono.
例:「Me renkontris povra oldulo, qua demandis de me almono」(私に施しを求めた貧しい老いた男に出会った)
Kom adjektivo questionala, qua esas nevariebla, segun la regulo generala dil adjektivi : qua homo venis? qua homi venis?*1.
疑問形容詞として、「qua」は、形容詞の一般的な規則に従って、不変である。:「qua homo venis?」「qua homi venis?」(どの人が来たのか?)
Mem kom pronomo, lu restas nevarianta, se lu esas subjekto : qua venis?
もし「qua」が主語であるなら、代名詞として、不変のままである:「qua venis?」(誰が来たのか?)
Ma, se lu divenas direta komplemento e preiras la subjekto, lu recevas n finala, por preventar omna miskompreno : quan vu vidis? En ta frazo, qua(n) esas komplemento direta ed ol preiras la subjekto vu *2.
しかし、もし「qua」が直接補語になったり、主語の前に来るならば、誤解を防ぐために「qua」の語尾に「n」をつける。:「quan vu vidis?」(あなたは誰に会ったのか?)という文の中では、「qua(n)」は直接補語であり、主語「vu」に先行している。
Kom pronomo relativa, qua recevas la nombro di lua antecedento e la n inversigala, se ol preiras la subjekto : la homi qui venis; la homo quan me vidas; la homi quin me vidas.
関係代名詞として、「qua」は、先行詞の数を受けたり、主語に先行するならば、逆転の「n」を付けたりする。:「la homi quin me vidas」(私が会う人たち)
Same quo recevas la n inversigala se, esante komplemento direta, ol preiras la subjekto : Quo falis? Quon vu vidas? To, quo eventas, dezolas me. To, quon il naracis, interesis ni altagrade*3.
同様に、「quo」ついては、もし直接補語があり、主語の前にくるならば、逆転の「n」を受ける:「Quo falis?」(誰が転んだ?)、「Quon vu vidas?」(あなたは誰に会った?)、「To, quo eventas, dezolas me.」(発生している事件が、私を悩ましている)、「To, quon il naracis, interesis ni altagrade」(彼が語ったことに私達は、とても大きな興味をもった)
Ita, ta, iti, ti ed ilta, ilti; elta, elti; olta, olti uzesas kom antecedenti di qua, qui.
「ita」「ta」「iti」「ti」と「ilta」「ilti」「elta」「elti」「olta」「olti」は、「qua」「quo」の先行詞として使われる。
Ex. : ta qua volas, ti qui volas, ilta qua volas, ilti qui volas, elta qua volas, e. c.
例:「ta qua volas」(望んでいる人)、「ti qui volas」(望んでいる人たち)、「ilta qua volas」(望んでいる彼)、「ilti qui volas」(望んでいる彼ら)、「elta qua volas」(望んでいる彼女)
On prefixigas il, el, ol a qua, qui kande to esas necesa por precizigar, ed aparte por impedar nejusta refero : Ilta qua volas mariajar su ed elta qua volas mariajar su esas plu preciza kam (i)-ta qua volas mariajar su.
正確にするため、とくに不正な参照を防ぐために必要な時、「qua」「qui」に対して「il」「el」「ol」を接頭辞のようにつける。結婚したい彼(ilta)と、結婚したい彼女(elta)は、結婚したいその人(i-ta)より正確だ。
— La matro di mea kuzulo, ad ilqua me parolis; la matro di mea kuzulo, ad elqua me parolis.
「La matro di mea kuzulo, ad ilqua me parolis」(私の従兄弟の母、私はその従兄弟に話しかけている);「la matro di mea kuzulo, ad elqua me parolis」(私の従兄弟の母。私は彼女に話しかけている)
Kun qua sen il e el on ne savus, ka me parolis al kuzulo od al matro.
「il」「el」の付かない「qua」では、私が従兄弟に話しかけているのか、その母親に話しかけているのか、分からない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます