エスペラント語の修正版として開発された人工言語、国際補助語です。

Interjecioni. 間投詞

112.
— L’interjecioni esas onomatopei, o klameski plu o min internaciona quale ha! he! ve! *1 nu! *2 fi! *3 hem! *4 hop! *5 krak *6 krik *7 krik-krak! *8 uf! *9 paf! *10 plump! *11 sus! *12 psit! *13 shut! *14 hu-hu! *15 ba! *16 aye! *17.
間投詞は擬声語であったり、大体が国際的な感嘆(不意に叫んだ言葉)である。「ha!」「he!」「ve!」「nu!」「fi!」「hem!」「hop!」「krak」「krik」「krik-krak!」「uf!」「paf!」「plump!」「sus!」「psit!」「shut!」「hu-hu!」「ba!」「aye!」
Altra vorti apartenanta a diversa gramatikal kategorii darfas uzesar kom interjecioni, quale : ya, yen, vere, certe, brave, bone, (ad)avane, (ad)dope, fore, abase, haltez, tacez, silencez, helpo, sokurso, shamo, kurajo, (o kuraje), adio (o adie)!
様々な文法的なカテゴリーに属している他の語句が、間投詞として使われることもある。「ya」「yen」「vere」「certe」「brave」「bone」「(ad)avane」「(ad)dope」「fore」「abase」「haltez」「tacez」「silencez」「helpo」「sokurso」「shamo」「kurajo, (o kuraje)」「adio (o adie)!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

イド語文法編(4)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます